renaissancejapn@aol.com

2015/3/8



朝鮮半島の騎馬民族が日本を征服して大和政権を築いたというお馬鹿な話を信じている人を見かけますが、

中国・朝鮮の歴史書にそのような記述は全くないのに対し、日本が新羅や百済を征服した記述は、中国・朝鮮・日本の歴史書にありますし、任那日本府の存在からも、日本側が朝鮮半島南部を支配下においていた事は間違いありません。



----- 中国・朝鮮・日本の文献に記される 「百済・新羅は日本の属国であった証拠」-----



「広開土王碑」には、「もともとは、新羅と百済は高句麗の属民で朝貢していたが、倭が辛卯年(391年)に海を渡り百残・加羅・新羅を破り、臣民としてしまった。」 と公開した碑に刻まれています。


また、朝鮮半島の正史である「三国史記」にも、「397年に百済は倭国に太子を質に出した、402年に新羅は倭国に王子を質に出した」と記述があり、


中国の「宋書倭国伝」には倭王を新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸を軍事的に支配する「安東大将軍」に任じたと記述してあり、


「日本書紀」にも日本が新羅・百済を支配していた記述があります。


全く違った系統の歴史書で話が一致しており、中国・韓国・日本のどの文献にも、日本が朝鮮に支配された記述はなく、日本側が支配していた事は疑いようがありません。


------------------------------------------------------------------


もうひとつ、韓国人がひっくりかえりそうになる事が、韓国の正史「三国史記」に記述されています。


現在の韓国人の直接の祖先である新羅の王が日本人であったことが、朝鮮半島の正史「三国史記」に記されているのです。

新羅初代国王・赫居世(ヒョッキョセ)王は、倭人で海を渡って来たと、朝鮮の古代史「三国史記」に書かれており、新羅の第四代の王である脱解王 (在位:西暦57-80年)の海を渡って倭(日本)からやってきた事が記されています。


朝鮮半島には、金王朝、朴王朝、昔王朝がありますが、この朴王朝と昔王朝をつくったのが、日本人新羅王の赫居世と脱解です。


------------------------------------------------------------------


韓国には正しい歴史認識をもってもらわないかんわな、君もな二階君!


------------------------------------------------------------------


続きを読む
6
タグ: 新羅 百済 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ