renaissancejapn@aol.com

2015/10/8

祝 ノーベル物理学賞 梶田隆章 先生  科学技術
クリックすると元のサイズで表示します


東京大学宇宙線研究所長・教授かつ、同研究所附属宇宙ニュートリノ観測情報融合センター長の梶田隆章(かじた たかあき)先生が、10月6日、ノーベル物理学賞を受賞しました。

梶田先生は素粒子のニュートリノに質量があることを、観測装置「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛騨市)を使って実証、1998年6月の国際会議で発表しました。 観測データが蓄積された2003年6月には質量の存在が確実なものとなり、「ニュートリノの質量はゼロ」という前提で組み立てられた現代物理学の見直しを迫る成果として世界的に注目を集めました。

日本人受賞者としては、10月5日の医学生理学賞の大村智(さとし)・北里大特別栄誉教授(80)に続き2日連続で嬉しい知らせです。 それにしても梶田先生は56歳と若くしての快挙です。

おめでとうございます。


3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ