renaissancejapn2020@gmail.com

2016/9/30

豊洲市場 大恥の 1級建築士 佐藤尚巳  環境・エネルギー

今、大問題となっている豊洲市場の汚染水問題と、その対策として当初計画されている盛土を行っていない地下空間ですが、

都庁では豊洲新市場の問題についてプロジェクトチームの初会合が開か、会議では建築の専門家から新市場の地下に空間が出来ていたことは技術的に正しいという発言も出ました。

「地下空間については、非常に正しい選択であったし、東京都の技術系の役人の方の名誉にかけて正しい選択だったと思う」(1級建築士 佐藤尚巳氏)

ただ、この発言に対しては座長が「発言は慎重に」と、いさめる場面もありました。



これは、28日段階で、地下汚染水の分析を行った結果、基準内であったという記事を受けて、東京都と推進派の市場座長はじめ関係者が、喜んで調子こいたものですが、東京都は29日、豊洲市場(江東区)の地下水から環境基準を超えるベンゼンとヒ素が検出された、と発表しました。


都によると、調査では敷地内の201カ所で濃度を観測。このうち青果棟がある「5街区」の2カ所で、地下水1リットルあたり0・011〜0・014ミリグラムのベンゼン(環境基準は0・01ミリグラム)、別の1カ所では同0・019ミリグラム(同0・01ミリグラム)のヒ素を検出したという事です。


続きを読む
8
タグ: 築地 豊洲 地下空間


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ