renaissancejapn2020@gmail.com

2020/9/1

Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅  財閥(日本・世界)







クリックすると元のサイズで表示します










クリックすると元のサイズで表示します
Baron Ferdinand James de Rothschild(1839-1898)







フェルディナンド・ジェームズ・ド・ロスチャイルド男爵(英語: Baron Ferdinand James de Rothschild、は、オーストリア出身のイギリスの政治家、地主。  ウィーン・ロスチャイルド家に生まれましたが、イギリスに移住・帰化し、同国で庶民院議員を務めました。 



1839年12月17日、ウィーン・ロートシルト家第2代当主アンゼルム・フォン・ロスチャイルド男爵とその夫人シャルロッテ(ロンドン家の祖ネイサン・メイアー・ロスチャイルドの長女)の間の三男としてフランス・パリに生まれます。



1865年にロンドン・ロスチャイルド家第2代当主ライオネル・ド・ロスチャイルド男爵の娘であるイヴェリナ(フェルディナンドの従姉にあたる)と結婚しましたが、彼女はその翌年に死去してしまいます。



フェルディナンドは亡き妻を記念してロンドンのサウスワーク・ブリッジ・ロードにイヴェリナ・ロンドン小児科病院を建設して寄付しました。



フェルディナンドは、若妻をお産で失った悲しみもあって、イギリスに定住する事に決め、1874年マルボロ公爵がバッキンガムシャーに売り出していた広大な土地(2500エーカー=1080ヘクタール)を20万ポンドで購入し、標高200メートルの小高い丘に6年以上の歳月をかけて邸宅、ワデスドン館を建てました。











クリックすると元のサイズで表示します
Waddesdon Manor ( ワデスドン館 ) フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅


ロスチャイルド男爵家、遊宴の地 ワデズドン・マナーを征く
https://www.japanjournals.com/feature/holiday/11196-waddesdon.html?cookie_7322f43f046a00f75ec149fe9a9d99a8=accepted











イギリスにありながらフランス風の城に見えますが、ウィーン生まれでヨーロッパ中の城を見ているフェルディナンドが感銘を受けたフランスのロアール川流域のマントノン城やシャンポール城、ブロア城などの素晴らしい部分を取り入れ、古い城の改修を得意とするフランス人城郭建築家G・H・ディスティアールに依頼して建てたからです。





建物に使った石材は、古代ローマ人の温泉の石造建築で知られるバース(後に英語の風呂=バスの語源となる)で採掘し、これを運ぶために最寄の鉄道から、丘のふもとまで線路を引き、庭園もフランス人造園家エリ・レネが基本設計したものであります。



バッキンガムシャーの荒地に突然現れたフランス風の豪奢なワデスドン館は社交界の話題となり、ロンドン中心から60キロも離れているにも関わらず、いつも来客があり、各国の王、元首、英政界の名士、作家のヘンリー・ジェームズ、ギー・ド・モーバッサンの名前もありました。



ワデスドン館にはどんなに大勢の来客があっても、大小220もの部屋があったため、困る事はありませんでした。



この噂は、ヴィクトリア女王(1837-1901)の耳にも届き、好奇心に駆られた女王は1890年にワデスデン館を訪問し、春の一日を楽しんでいます。



館を巡る自然は四季それぞれに趣があるとはいえ、春には谷間や斜面全体に植え込まれた水仙などの花が咲き誇り、女王は一休みした後、子馬に引かれた馬車で庭を散策し、感嘆の声をあげたといわれています。




彼の死後、館は独身だった妹のアリス・ロスチャイルドが継承しますが、彼女の死後、1920年代初めにロスチャイルド家のフランス分家出身のジェームズ・ロスチャイルドが継承し、彼自身のコレクションをこの館に持ち込みました。




彼は1957年に亡くなり、ワデスドン・マナーはナショナル・トラストに譲り渡されましたが、今日なおロスチャイルド公(Lord Rothchild)は、ワデスドン・マナーの運営維持・修復にかかわっています。
















カテゴリ 「財閥(日本・世界)」の投稿記事
-------------------------------------------------------------------


財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html







4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ