renaissancejapn2020@gmail.com

2020/9/4

エドモン・ド・ロスチャイルド  財閥(日本・世界)








クリックすると元のサイズで表示します










クリックすると元のサイズで表示します
Edmond Benjamin James de Rothschild ( 1845 - 1934 ) 





ロスチャイルド・フランス家の、エドモン・ド・ロスチャイルド男爵は、 シオニズムの強力な支援者で、彼の惜しみない寄付によってイスラエル建国が果せたといっても過言ではなく、 「現代イスラエルの父 」 として、イスラエルの人々に慕われています。




ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html





そして、エドモン・ド・ロスチャイルド男爵を称えて、発行されたイスラエルの記念切手もあります。



クリックすると元のサイズで表示します






ユダヤ人が、ロシアなどヨーロッパ北東部に本格的に移住するようになったのは、ライン川沿いで十字軍のキリスト教兵士による虐殺が行われた11世紀以降の事で、ユダヤ人は、きこりや行商をして生活をしていました。



ロシア皇帝が、税金の取立てにユダヤ人を使うようになり、圧制に苦しむ民衆は、その鬱憤をユダヤ人に向け、また秘密警察も、民衆のロシア皇帝に対する怒りをユダヤ人に向けてそらすために、民衆を扇動。



こうした状況下で、1871年にウクライナ地方のオデッサを手始めに、 「ポグロム」
が起こるようになりますが、ポグロムとはロシア語で、「略奪・殺人を伴う暴動」の意味であります。



混乱する社会情勢の中で、最も弱いユダヤ人をスケープゴートにする、ロシア民衆のポグロムは、1920年代まで繰り返し発生し、ポグロムのために、住む場所さへ無くしたユダヤ人は大量に国外に逃れることになります。



その流れには、新天地アメリカに向かうものと、パレスチナに向かう2つがありましたが、後者は自らの国家を再建する以外に、ユダヤ民族は生き残ることができないとする「 シオニズム 」 の胎動でありました。





シオニズム-1
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/585.html
シオニズム-2
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/586.html





当時、パレスチナはオスマントルコの領地で、人口は半ば遊牧民のアラブ人が46万人、ユダヤ人が2万〜2万5千人で、このうち1万5千人ほどがエルサレム周辺に住み、残りはガリラヤ地方とヘブロンに住んでいました。



1881年、ロシアから101人の移民が、地中海に面した港町ヤッフォに到着しますが、水不足や疫病で、入植の試みはことごとく失敗に終わり、絶望の淵に立たされている時、パレスチナの使者から切迫した事情を聞いたパリのエドモン・ド・ロスチャイルド男爵が3万フランの援助を寄せましたが、これがエドモンドのパレスチナへの関わりの始まりです。



入植者は、この援助金のおかげて、持ちこたえて生き延びることが出来、それを伝え聞いたロシアから新たな移民が続きましたが、この時のエドモンの寛大な援助なくしてはユダヤ人の祖国帰還運動は挫折して今日のイスラエルはなかったであろうとされています。



ユダヤ人によるエルサレムのシオンの丘への帰還運動(シオニズム)は、テオドール・ヘルツェルが、1894年にパリでフランス陸軍砲兵大尉アルフレッド・ドレフュスがユダヤ人ゆえに、スパイ罪を着せられたのを目撃してから始まったものですが、エドモン男爵の援助はそれ以前からのものでした。



エドモン男爵はそれ以降、入植地の維持に援助するだけでなく、パレスチナの土地にあった作物を研究し、入植運動が成功するように、あらゆる手を尽くしました。



巨額の資金を入植地に送るうちに、エドモン男爵は自らも入植地を開拓し始め。旧約聖書が語るパレスチナを、 「密と乳の滴る地」 にする夢を膨らませ、1887年フランスのマルセーユから自家用ヨットでヤッフォに到着し、死ぬまでパレスチナのユダヤ人の入植活動に没頭しました。



彼の支援のおかげで、100もの入植地が成功をおさめ、そこではブドウ、オレンジ、アーモンド、オリーブ、ジャスミン、ハッカ、煙草などが栽培されるようになりました。



これは、エルサレムがローマ軍に破壊されてから初めての、ユダヤ人による本格的な農作物の収穫でありました。



ヘルツェルらが、1897年にスイスのバーゼルで第一回シオニスト大会を開いて以降、入植運動はイスラエル建国のための政治活動へと変質してゆきますが、エドモン男爵は終始慈善事業家としての立場を崩さず、政治的にはシオニズムに距離を置く態度をとります。



しかしながら、20世紀に入って、ロシアとその支配下の東欧で、ポグロムが激しさを増し、ロンドン・ロスチャイルド家の当主、ナサニエルは祖国建設運動に理解を示すようになり、イギリス政府の説得に動き出しました。



ロスチャイルド家のイスラエル建国への働きかけは、第一次世界大戦終結と同時に急速に高まり、ロスチャイルドを含む数人の有力なユダヤ人は、第一次世界大戦終結の際、敗戦国ドイツに課せられた条約の文言を任せられました。



条約により、ロスチャイルド家はドイツが所有していたオスマントルコ領地のパレスチナの「鉄道権」を得、 ロンドンのロスチャイルド家は、トルコ共和国に約1億ポンドの貸し付けを行なっており、第一次世界大戦後、敗戦国側だったためにトルコ政府が崩壊すると、ロスチャイルド家はそのトルコに対する貸し付けの未払いを理由に、パレスチナに対する権利を要求。



また、ロンドンのロスチャイルド家はイギリス政府内の代理人を通して、イスラエル建国へとつながる階段を強固に築き、



第一次世界大戦後、イギリスはパレスチナに対する「委任統治権」を与えられましたが、政府はロスチャイルド家の命ずるところに従いました。



1917年11月2日、フリーメーソンのイギリス外相バルフォアは、ロンドン・ロスチャイルド家のライオネル・ロスチャイルド宛に、 



第一次世界大戦後、イギリスはパレスチナに対する「委任統治権」を与えられましたが、政府はロスチャイルド家の命ずるところに従いました。




1917年11月2日、フリーメーソンのイギリス外相バルフォアは、ロンドン・ロスチャイルド家のライオネル・ロスチャイルド宛に、 



「イギリス政府はパレスチナでのユダヤ人の国家建設を支持し、努力する」 



事を約束した手紙を出しましたが、これが有名な「バルフォア宣言」であります。





クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

左は外相バルフォア、中央はバルフォア宣言文、右はライオネル・ロスチャイルド





そして、第二次世界大戦が終わり、イギリスはパレスチナ問題を国連に任せると宣言し、1947年11月29日、ニューヨークの国連本部で、国連総会ではパレスチナをアラブ人とユダヤ人の2つの国に分割し、エルサレムと周辺を国際監視下に置くという処置が採択され、半年後にイスラエルは建国を宣言しました。




イスラエル国歌 (Hatikvah =希望)
http://www.youtube.com/watch?v=H6WMtyuAazc&feature=related
Barbra Streisand Sings Hatikvah
http://www.youtube.com/watch?v=RHy29bn4zeE




エドモン男爵は、何度目かのパレスチナ訪問の時に、この地を永眠の場所に選び、それは海岸沿いの斜面に自然に出来た洞窟の一つで、ヘブロンの洞窟に眠るイスラエル民族の祖アブラハムにならおうとしたのかも知れません。



入植の人々を助けて、イスラエル建国の基礎を築いたエドモン・ド・ロスチャイルド男爵夫妻は、今も地中海を見下ろす、ラマト・ハナディーヴの洞窟に眠っており、その周辺は男爵の記念公園になっています。















カテゴリ 「財閥(日本・世界)」の投稿記事
-------------------------------------------------------------------


財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html



4

2020/9/4

ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥   財閥(日本・世界)








クリックすると元のサイズで表示します











帝政ロシア時代に、ロシアにはグンツブルグという 「ロシアのロスチャイルド」 と呼ばれる財閥があり、帝政ロシアの首都としてピョートル大帝が創建した 「ペテルスブルグ」 に居を構えていました。 


 ペテルスブルグは、第一次大戦でロシアはドイツと一戦を構えたのでドイツ語のブルグがグラードに名前を変えられ、レーニンのロシア革命後、ペテル(ピョートル大帝)の名前がレーニンに置き換えられレーニングラードとなっています。




労働者達のための社会主義革命であった筈のロシア革命ですが、社会主義者たちの正体を見やぶるのに時間はかからず、グンツブルグ財閥は解体されるかと思いきや、権力を握った社会主義者たちは、グンツブルグやロスチャイルドなどの財閥との関係を深め、他の共産主義国(チェコ・北朝鮮・中国・etc)がそうであったように、権力者たちはとんでもないお金持ちとなり、それに逆らう一般市民・労働者達は徹底的に弾圧・大量虐殺されてゆきました。




ちなみに、グンツブルグ財閥は19世紀初頭のロシア帝国で大金融帝国を築き上げ、鉄道を建設した財閥で、ジェームズ・ロスチャイルドと血のつながりを持ち、阿片を支配していたサッスーン財閥、投資銀行ラザールフレールの創業者一族でウォール街で収入トップのデヴィッド・ウェイル家、アメリカの鉱山一族せりグマン家、トルコの鉄道王ヒルシュ家、そして1990年代に世界ユダヤ人会議の会長を務めるシーグラム・ウィスキーのブロンフマン家とも縁戚関係にあります。




ウラジミール・(ゴールドマン)・レーニンの両親はどちらもドイツ系ユダヤ人、本名はゴールドマンで1870年にオデッサで生まれ、ハイアム・ゴールドマンとしてユダヤ割礼を受けましたが、ロスチャイルドやロックフェラーから資金援助を受けて、反ユダヤの皇帝ロマノフ王朝を倒し、ロシア革命を起こし、ソ連をつくりました。



第一次世界大戦中の19147年にボルシェビキ革命が成功して、翌年にニコライ2世とその家族が全員銃殺されますが、その結果、ロシアのロマノフ家が保有していた世界最大の金塊は、超安価でイギリス(ロスチャイルド)に流れます。 



スターリンの改名前の苗字は、Djugashviliで、これは、グルジア語で「ユダヤの息子」という意味の典型的なユダヤの苗字であります。



また彼は、3度結婚していますが、3人の妻は全てユダヤ人で、3人目の妻ローザ・カガノヴィッチは、11世紀にロシア・ウクライナで滅亡したユダヤ・アシュケナージ国家、ハザール王国の王家の娘であり、




スターリンの出生や権力を持つにいたった背景には大きな謎がありますが、スターリンの実の父親が、パリのロスチャイルド家のエドモン・ド・ロスチャイルド男爵ではなかったのかとする説があり、この説は、スターリンにまつわる多くの疑問を説明してくれます。




スターリンの父親は未だ不明ですが、1870年代、当時パリ・ロスチャイルド家は、ロシアでの石油開発に乗り出しており、パリ・ロスチャイルド家の当主、James (Yakov) de Rothschildの末子、エドモンド・ド・ロスチャイルド男爵は、このロシアの油田開発を担当しており、彼は、油田地帯への移動にヨットを使い、黒海を帆走してたどり着く先には、グルジアのゴリがあり、ゴリは、スターリンの生誕の地であります。



スターリンの母親、Kekeは、グルジアのゴリの富裕なユダヤ人ワイン商、Yakov Egnatashviliのもとで、洗濯女として働いており、ワイン鑑定家のエドモン・ド・ロスチャイルドがそこでみそめたという話が有力で、



スターリンが自分の長男に、エドモンの父親と同じ名前、ヤコブをつけたのも、その根拠の一つとされています。





エドモン・ド・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2659.html







また、一度も額に汗して働いた事のないカール・マルクスも、常にお金持ちを狙い、お金持ちに擦り寄った生き方をしましたが、どうも社会主義者の方々は、お金持ちがお好きなようです。


カール・マルクス
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1116.html








米大統領選2020で当初立候補していた社会主義者バーニー・サンダース爺さんも、トランプの金権政治を非難していましたが、貧乏人・若者の味方のふりして金を巻き上げる億万長者。


社会主義者バーニー・サンダース 実は億万長者
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2520.html
さすが金集めのうまいバーニー・サンダース
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2521.html

 



アメリカ南北戦争で黒人を奴隷化していたのは南軍でユダヤ資本をバックとする民主党で、ご存知の通り北軍で共和党のリンカーンが黒人(混血含む)奴隷の廃止宣言したのです。


もっと詳しく説明すると、

アメリカ合衆国の第16代大統領リンカーンは、南北戦争の激戦が続く中、まず1862年9月に奴隷解放予備宣言を出し、翌63年1月1日までに南部諸州が連邦に復帰しなければ、その日を期して黒人奴隷を解放すると宣言しました。

しかし南部諸州の動きはなかったので、予定通り1863年1月1日、奴隷解放宣言を発表しました。

これによって南北戦争の目的は、南部の分離阻止の戦いから、黒人奴隷の解放というアメリカン・デモクラシー擁護と社会変革の為への戦いへと性格を転換させる事になりました。

奴隷解放宣言は、1865年1月、アメリカ合衆国憲法修正第13条として連邦議会で可決され、南北戦争の終結と、リンカーンの暗殺後の同年12月に4分の3の州が批准したことによって発効。

戦争による多大の犠牲を出しながら、北部の勝利に終わったことによって、建国以来の大問題であったアメリカの黒人奴隷制問題は一応の決着を見ることとなり、アメリカの奴隷制は廃止されました

。しかし、黒人に対する差別は依然として南部を中心に根強く残り、戦後に南部諸州が復興する過程で新たなかたちでの黒人差別が復活し、より明確な平等を実現させる黒人への公民権の付与は20世紀を通じてアメリカの課題となっていきます。

 

だから米民主党のジョー・バイデンは友人にKKK出身者がいて、大統領選で黒人を利用しお金集めも共和党のトランプより多く集めていますよ。







米民主党のバックにはユダヤ系財閥、ウォールストリート、ハリウッドがいるのでNY市長・州知事は民主党、カリフォルニアも然り。



日本もそうですが民主党に騙されてはダメです。 


























カテゴリ 「財閥(日本・世界)」の投稿記事
-------------------------------------------------------------------


財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html





4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ