renaissancejapn2020@gmail.com

2020/9/7

アルマダの海戦 スペイン無敵艦隊の敗北  財閥(日本・世界)














クリックすると元のサイズで表示します

















クリックすると元のサイズで表示します
アルマダの海戦  1588年










エリザベス1世(在位 1558-1603)が即位した頃は、イングランドは借金地獄に陥っており、王室の領地まで切り売りしなければならない有様でした。 






 そこで、エリザベス1世は、他国の財産を横取りしても許されるという滅茶苦茶な免許(私掠免許)を海賊達に与え、金銀財宝を積んだスペイン船を襲撃・略奪させ、その利益の一部を王室に納めさせていました。 





 これが後に、イギリスの海外侵略の原動力となり、大英帝国の基礎を築きあげることになります。





この時、私掠免許を貰って活躍した有名な海賊がドレーク船長で、彼がスペイン船から略奪した戦利品の額は、イングランドの国家予算に匹敵するものでありました。 




アルマダの海戦は、1588年にスペイン無敵艦隊と、イギリス艦隊の間で起こった武力衝突ですが、この原因はスペインが植民地から自国に物資を移送する途中で、何度も英国の海賊に襲われたため、イングランドの女王エリザベス1世に海賊船を取り締まるよう申し入れましたが、上述の如く、エリザベス1世は聞き入れるどころか海賊行為に加担していた事、




またスペインを支配下においていたハプスブルグ家の覇権を、イギリス・オランダ・フランスなどが手を組み、崩そうとしていた事、さらにはカトリックvsプロテスタントの宗教戦争の一面もあります。






海賊のフランシス・ドレークは、元々は奴隷貿易を生業としていましたが、やがて自分の船を持ち船長となるとスペイン船を襲う海賊行為を始め、上述の如く、スペイン船を襲い、巨額な金銀財宝を略奪した褒美として、エリザベス1世によってナイトの称号を貰い、貴族になりました。  





さらに、イングランド海軍の中将に任命され、1588年のアルマダ海戦ではイギリス艦隊副司令官に任命され、イングランド艦隊の実質的な指揮をとり、火のついた船を敵艦隊に送り込むという海賊らしい戦法により、スペイン無敵艦隊を壊滅させ、大勝利を得る事になりました。







クリックすると元のサイズで表示します
ドレーク船長 と ゴールデン・ハインド号








西欧の海上権を失ったスペインは、1603年にオランダに独立を許し、1640年にはスペインが支配していたポルトガルもスペインから離れ、イギリスやフランスからも圧力を加えられ、スペインはこのときすでに「太陽の沈まない帝国」の面影がすでになくなっておりました。 








クリックすると元のサイズで表示します





太陽の沈まない国スペイン と ハプスブルグ帝国
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2664.html








ここに、スペインをも支配していた神聖ローマ帝国のハブスブルグ家の覇権は、オランダ、フランス、イギリスに移ってゆく事になります。 そして、宗教面ではカトリックからプロテスタントが力を持つようになりました。






スペイン無益艦隊と言う言葉は、アルマダ海戦に勝利したイギリスが皮肉を込めてつくった言葉です。


















カテゴリ 「財閥(日本・世界)」の投稿記事
-------------------------------------------------------------------


財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html
エドモン・ド・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2659.html
ロイター通信 と ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2660.html
タイタニック と ロスチャイルド縁戚関係の3財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2663.html
太陽の沈まない国スペイン と ハプスブルグ帝国
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2664.html



3

2020/9/7

太陽の沈まない帝国国スペイン と ハプスブルグ帝国  財閥(日本・世界)









クリックすると元のサイズで表示します 




















クリックすると元のサイズで表示します
太陽の沈まない帝国 スペイン

















クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します    

   スペイン国旗       スペイン国章     神聖ローマ帝国国旗     国章 


スペインの国旗は、「血と金の旗」といわれ、黄は6世紀頃の西ゴート王の勇敢さをたたえる色といわれていて、 中央左にある紋章(国章)は5つの王国(カスティーリャ、レオン、アラゴン、ナバラ、グラナダそれぞれの王国)の紋章を組み合わて作ったもので、両側の柱は「ヘラクレスの柱」といわれ、スペインと中南米の領土を表しています。

中央にはブルボン家の象徴であるスペイン王フアン・カルロス1世のユリ紋章があしらわれていて、中央にはブルボン家の象徴であるスペイン王フアン・カルロス1世のユリ紋章があしらわれています。

紋章の両側にある柱は「ヘラクレスの柱」といい、ジブラルタル海峡の両岸を表しています。 柱に巻き付いているリボンには、ラテン語で国のモットー「さらに彼方へ(Plus Ultra)」と書かれています。 
 













スペインとハブスブルグの歴史


中世ヨーロッパを500年にわたり支配したハブスブルグ帝国(神聖ローマ帝国) と 太陽の沈まない国スペイン王国 は、今日でいう財閥ではありませんが、間違いなく世界No.1の莫大な富を手にしていたと言えるでしょう。






1479年、カスティリャ女王とアラゴン王の結婚により誕生したスペイン王国。






さらにスペイン王国は、両王の間に生まれた娘とオーストリアのハプスブルク家フィリップが結婚、その子カルロス1世が王となり、カール5世として神聖ローマ皇帝を兼ねました。







その後、ハプスブルク家はスペインとオーストリアに分かれますが、スペイン王を継いだフェリペ2世はアメリカ大陸やネーデルラント(現在のベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3か国)などを領有。








1571年にオスマン帝国をレパントの海戦で破り、地中海の制海権を握ると、80年には母方の血筋であったポルトガル王位をついで、アジア貿易も支配下に収め、これにより全世界に拠点を獲得したスペインは、「太陽の沈まぬ国」と呼ばれました。







この頃、フェリペ2世はカトリックの擁護者として、対抗宗教改革を推進して他国の内政に干渉し、自国内のユダヤ人やイスラム教徒を迫害しています。






そのため、国内経済で中心的な役割を果たしていたユダヤ人やイスラム教徒が国外に流出してしまいます。 また、属領のネーデルラント(オランダ)では、新教徒カルヴァン派の反乱「オランダ独立戦争」を招きました。







オランダ独立戦争による新教徒との争いや、イスラム諸国との戦争、さらには宮廷での浪費によって、中南米などからもたらされた富は消え、スペインの国内産業は育たず、






そして、88年にはスペイン無敵艦隊が「アルマダの海戦」で、イングランドやネーデルラントの軍に敗北し、大西洋での制海権を失ってしまいます。








アルマダの海戦 スペイン無敵艦隊の敗北
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2665.html








その後のスペインは、プロテスタントの反乱である三十年戦争(1618〜48年)や、国内の権力争いによるスペイン継承戦争(1701〜13年)などにより、疲弊していきます。






1700年、ルイ14世(フランス王)の孫のフェリペ5世(スペイン王)(在位1700〜1724、1724〜1746)をスペイン王に即位させたことからスペイン継承戦争が起こりました。 




この戦争で、イギリス・オーストリア、オランダなどが連合してフランスと対抗。






1713年に締結されたユトレヒト条約では、フェリペ5世(スペイン王)の王位は承認されましたが、フランスとスペインの合同は認められず、






逆にイギリスは、スペインからはジブラルタルなどを、フランスからは、カナダの一部や
ニューファンドランドなどを獲得することになります。





そのうえ、こうしたたび重なる戦争でフランスの王室財政は、ルイ14世の末期にはしだいに悪化していき、これがフランス革命の原因となります。





結果として、次々と支配地域を失っていき、急速に勢力を衰退させていき、スペインの黄金世紀は終焉を迎える事になりました。










一方ロスチャイルドは、しっかりとこのスペインの富を利用して巨大財閥になってゆきます。





金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
リオ・ティント・ジンク  (ロスチャイルドの鉱山会社)

https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html








また、後述しますが、ユダヤ人を追い出した国家は坂道を転げ落ちるように没落しています。



イスラエルと終末預言 −ユダヤ民族が迫害された理由− 高原剛一郎
(ユダヤ人を迎え入れた国は空前の繁栄し、追い出した国は坂道を転げるように没落)

https://www.youtube.com/watch?v=Xs32VhoNCmA&t=653s








クリックすると元のサイズで表示します
ハプスブルグ家 マリア・テレジア  11歳





















カテゴリ 「財閥(日本・世界)」の投稿記事
-------------------------------------------------------------------


財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html
エドモン・ド・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2659.html
ロイター通信 と ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2660.html
タイタニック と ロスチャイルド縁戚関係の3財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2663.html


4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ