renaissancejapn2020@gmail.com

2020/9/9

スペイン vs オランダの代理戦争だった 豊臣 vs 徳川  財閥(日本・世界)













クリックすると元のサイズで表示します 

               VS

クリックすると元のサイズで表示します













クリックすると元のサイズで表示します

「大坂夏の陣図屏風」(通称:黒田屏風、大阪城天守閣所蔵、重要文化財)-









関ヶ原の戦い(1600年)の後、豊臣vs徳川の最終決着をつけたのが、大阪冬の陣(1614年11月)と夏の陣(1615年5月)です。



これは、太陽の沈むことのないペイン帝国とオランダ東インド会社を擁する新興国オランダの代理戦争で、この大阪の陣が、世界史を変える事になります。  







【日本史】戦国時代の新事実!織田信長VS宣教師の日本征服計画〜激動の世界と日本〜1
https://www.youtube.com/watch?v=CO2lODOV2As
戦国〜激動の世界と日本〜(2) ジャパン・シルバーを獲得せよ 予告編
https://www.youtube.com/watch?v=uFc5uqxCD2E
戦国〜激動の世界と日本〜(2)▽ジャパン・シルバーを獲得せよ、NHKスペシャル
http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=tapex007&prgid=60418523&categid=39313452









クリックすると元のサイズで表示します
オランダ東インド会社の旗









オランダ東インド会社
----------------------------------------------------


オランダ東インド会社は、と呼ばれるVerenigde Oostindischeカンパニーオランダ語やVOCを、その主な目的17世紀と18世紀を通じて、貿易、探査、および植民地化した会社でした。これは、1602年に作成され、最初の、そして最も成功した国際企業の一つと考えられている1800年まで続きました。その高さでは、オランダ東インド会社は、多くの異なる国で本部を設置香辛料貿易を独占していたし、戦争を始める受刑者を起訴、条約を交渉し、コロニーを確立することができたという点で半政府の権限を持っていました。



16世紀の間に、香辛料貿易はヨーロッパ全土で成長していたが、それは主にポルトガル人によって支配されました。しかし、1500年代後半で、ポルトガルは、トラブルの需要を満たすのに十分なスパイスを供給し、価格が上昇したが持つようになりました。これは、ポルトガルがオランダ共和国は当時のスペインとの戦争であったため、香辛料貿易を入力するオランダの動機1580年にスペインと合体するという事実と組み合わせます。



1598によってオランダは、多くの取引船を送出し、1599年3月にジェイコブバン首の艦隊は、スパイス諸島(モルッカ諸島の到達するために最初になったインドネシア)。1602年オランダ政府は、オランダの香辛料貿易で利益を安定させ、独占を形成するための努力で(オランダ東インド会社として後で知られている)米国東インド会社の作成を後援しました。創業当時、オランダ東インド会社は、砦を構築軍隊を維持し、条約を作るために力を与えられました。憲章は21年続くことでした。



最初の永久的なオランダの交易はバンテン、西ジャワ、インドネシアで1603年に設立されました。今日、このエリアにはバタビア、インドネシアです。この最初の和解に続き、オランダ東インド会社は早い1600年代を通じて、いくつかのより多くの入植地を設定します。その初期本部はアンボン、インドネシア1610年から1619年にありました。



1611年から1617年にオランダ東インド会社は、イギリス東インド会社からの香辛料貿易での厳しい競争を持っていました。1620年両社はAmboyna大虐殺はイギリス東インド会社がアジアの他のエリアにインドネシアからの交易所を移動させたときに1623年まで続いたパートナーシップを開始しました。


1620年代を通じて、オランダ東インド会社は、さらにインドネシアの島々を植民地化し、輸出用クローブやナツメグを成長オランダのプランテーションの存在は、地域全体で成長しました。この時、オランダ東インド会社は、他のヨーロッパの商社のように、スパイスを購入する金と銀を使用していました。金属を得るために、同社は他のヨーロッパ諸国との貿易黒字を作成する必要がありました。唯一他のヨーロッパ諸国からの金と銀を取得周りを取得するには、オランダ東インド会社の総督、ヤン・ピーテルスゾーン・クーンは、資金調達の可能性アジア、それらの利益内の取引システムを作成するための計画を思い付いたヨーロッパの香辛料貿易を。


結局、オランダ東インド会社は、アジア全域で取引されました。1640年に同社は、セイロンにその範囲を拡大しました。このエリアには、以前ポルトガル人によって支配されたと1659でオランダ東インド会社は、ほぼ全体スリランカの海岸を占めていました。


1652年にオランダ東インド会社はまた、東アジアへ航行する船に物資を提供するために、南部アフリカの喜望峰で前哨基地を設立しました。その後、この前哨はケープ植民地と呼ばれる植民地となりました。オランダ東インド会社は拡大を続けとして、交易所は少数を示すためにペルシャ、ベンガル、マラッカ、サイアム、フォルモサ(台湾)とマラバルが含まれる場所に設立されました。1669によってオランダ東インド会社は、世界で最も裕福な会社でした。


半ば1600年代におけるその成果にもかかわらず、1670年でオランダ東インド会社の経済的成功と成長は、日本との貿易の減少と1672年には1666の後、中国との絹の貿易の損失から始まる、減少し始めた第三アングロ-Dutch戦争は、ヨーロッパとの貿易を中断し、1680sには、他の欧州の取引企業は成長し、オランダ東インド会社への圧力を増加し始めました。さらに、アジアのスパイスや他の商品のためのヨーロッパの需要は、18世紀の半ばに変わり始めました。


18世紀の変わり目にオランダ東インド会社は、電力に短い復活を持っていたが、1780年に別の戦争はイギリスで勃発し、会社は深刻な財政難を持つようになりました。この間の会社は、理由(パートナーシップの新時代に向けて)オランダ政府からの支援を生き残りました。

その問題にもかかわらず、オランダ東インド会社のチャーターは後でそれが再び同社の電力が大幅に減少したものの、この時点では12月31日、1800年まで更新した1798年の終わり、会社までオランダ政府によってリニューアルしました従業員の行くと本部を解体させ始めました。次第にそれもその植民地を失い、最終的には、オランダ東インド会社が姿を消しました。


  www.GREELANE.COM オランダ東インド会社の台頭と衰退より引用


--------------------------------------------------



台湾とインドネシアがオランダの植民地であったことは有名ですが、タイワンという名前を付けたのもオランダ。 台湾は昔から中国の領土だったと勘違いしている人がおおいのですが、歴代のの中国王朝はは大陸国家で台湾には全く興味がなく、領土を主張し始めたのは近年の事です。





東京発信・Cool Eyes】第21回 歴史学者・宮脇淳子 台湾を語る
305,198 views•Aug 28, 2018
https://www.youtube.com/watch?v=J-MM1p7gPXw&t=1515s





また、案外知られていないのが、オランダはナポレオンに滅ぼされ、オランダと言う国はなくなり、その間、インドネシアはイギリスが統治しました。






さらに、イギリス東インド会社とオランダ東インド会社の間で、東南アジアの植民地争いをしていましたが、お互いの話し合いにより、オランダはインドネシアを、シンガポールをイギリスが植民地として合意しました。 



地政学的には、シンガポールの方が重要であることをイギリスは知っていたのです。









(スペイン関係 参考)


太陽の沈まない帝国スペイン と ハプスブルグ帝国
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2664.html
アルマダの海戦 スペイン無敵艦隊の敗北
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2665.html
石見(いわみ)銀山・ポトシ銀山 と ブリオリズム
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2668.html
リオ・ティント・ジンク(ロスチャイルドの鉱山会社)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html



















カテゴリ 「財閥(日本・世界)」の投稿記事
-----------------------------------------------------


財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク(ロスチャイルドの鉱山会社)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html
エドモン・ド・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2659.html
ロイター通信 と ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2660.html
タイタニック と ロスチャイルド縁戚関係の3財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2663.html
太陽の沈まない帝国スペイン と ハプスブルグ帝国
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2664.html
アルマダの海戦 スペイン無敵艦隊の敗北
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2665.html
石見(いわみ)銀山・ポトシ銀山 と ブリオリズム
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2668.html


3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ