renaissancejapn2020@gmail.com

2020/10/8

日露戦争とロシア革命そして共産主義  財閥(日本・世界)


共産主義思想は古代ギリシアの理想主義者の哲学者プラトン(BC427年−347年)が源流である事は既に紹介しました。 

ただ、プラトンの言う共産主義は極めてエリート主義による独裁であり、現代の様に能力がない・金がなく貧乏であるなど、恨みや嫉妬心から弱者が強者に抱く感情(ルサンチマン)とは全く異なります。



哲学者プラトンと共産主義 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2695.html



このプラトンの影響を強く受けたラジョン・ラスキンが、オックスフォード大学在学生に
彼らが特権的支配階級の一員であると語りかけました。

ラスキンの授業は衝撃的で、彼の就任記念講義は、一人の大学生セシル・ローズによって手書きで記録され、彼は30年間それを手放しませんでした。


セシル・ローズは、英語圏の人々を結集して世界中の全居住地を彼らの支配下に置くという野望を持ち、ローズは莫大な私財の一部を寄贈してオックスフォード大学にローズ奨学金を設立し、ラスキンの望み通りに英国支配階級の伝統を英語圏に広めようとしました。


そして、ローズは秘密ネットワークを組織し指揮を執り、その幹部メンバーにいたのがアルフレッド・ミルナー卿、アーサー・バルフォア卿、ハリー・ジョンソン卿、ロスチャイルド卿、アルバート・グレー卿。 またミルナー卿は「円卓会議(ラウンドテーブル)」として知られる支援組織も外郭団体もつくりました。

グループはローズ死んだ1902年以降、ミルナーがローズ遺産の筆頭管財人となります。


1879年から1905年にかけて、南アフリカ総督兼高等弁務官としてミルナーは、オックスフォードやトインビー・ホールを中心に若者たちを集めて統治運営を手伝わせました。 彼の影響力によって若者たちは政府や国際金融の要職に就き、1939年頃には英国の帝国主義的外交に辣腕を振るうようになります。

南アフリカでミルナーに仕えた彼らは1901年まで「ミルナーズ・キンダーガルテン(ミルナーの幼稚園)」と呼ばれています。


1909年から1913年にかけて彼らは英国の主だった属領や米国で円卓会議グループという半ば秘密結社を組織しました。

彼らは私信のやりとりや煩雑な相互訪問によって、あるいは1910年にエイブ・ベリー卿の資金で創設された影響力のある季刊誌『ラウンド・テーブル』を通じて連絡を絶やしませんでした。

1919年、おもにエイブ・ベリー卿やアスター一族(タイムズの社主:ウォール街をつくった一族)から資金援助された彼らは「王立国際問題研究所(チャタム。ハウス)」を設立します。


国際問題に関する同じような機関が、英国の主だった自治領やアメリカ合衆国で1919年から1927年にかけて相次いで設立されました。 米国では「外交問題評議会(CFR)」が、1925年以後に「太平洋問題調査会(IPR)」という似かよった組織が太平洋地域の12ケ国に設立されましたが、基本的には英国の各自治領に置かれていた円卓会議グループと王立国際問題研究所との抱き合わせであります。





セシル・ローズとデビアス社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2694.html
ミルナーズ・キンダーガルテン(ミルナーの幼稚園)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2696.html
セシル・ローズ=ミルナーグループのメディア支配
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2697.html
セシル・ローズの秘密ネットワークに加わるロックフェラー、モルガン、ラザールフレール  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2699.html
クーデンホーフ・ミツコ 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2700.html
ロックフェラー財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2701.html
英国きっての政治・金融権力者に上り詰めたミルナー卿
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2702.html
1919年ノーベル平和賞 ウィルソン大統領
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2703.html
2019年は国際政治学 生誕100周年
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2704.html











国際金融グループと共産主義
-------------------------------------------------

1930年代の米国で巨産主義に大きな力を与えたのは、精力的な左翼主義者の実行力でも、共産主義者の力でもなく、国際金融資本グループの力であり、既に国際金融資本グループは既にロシアの革命家たちにながらく資金援助しています。


戸ロッキーは英国の金融家から借りた資金を1907年にいくらか返却したと自伝で語っていますし、1917年までは革命資金の大半を、ロスチャイルド・ロンドン家の代理人モルガン=とスチャイルド=ローズ連合のジョージ・ブキャナン卿やアルフレッド・ミルナー卿がやりくりしていました。


米国のある金融家がトロッキー、レーニンをはじめとする共産主義指導者にボルシェビキのロシア征服資金として約2000万ドルを拠出しました。  クーン・ローブ商会のジェイコブ・シフであります。 この2000万ドルという額は1949年2月3日。ニューヨーク・ジャーナル・アメリカン誌でジェイコブ・シフn孫が証言しております。





風と共に去りぬ と モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2678.html
モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2680.html
第一次世界大戦とモルガン財閥 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2682.html
ロシア革命とユダヤ人迫害(ポグロム) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2683.html
日露戦争とクーン・ローブ商会・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2684.html
ロシア革命 と明石大佐 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2685.html
ハリウッド映画産業とユダヤ人、そしてジャポニズム  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2686.html




共産主義者のロシア占領を支援した国際銀行家には、他にストックホルムにあるナイ・バンケンのオーラフ・アシュバーグ、ライン・ウェストファリアン・シンジケート、のちにヨーロッパ資金の筆頭はドイツのマックス・ウォーバーグであり、彼の2人兄弟フェリックスとポールは既にニューヨーク進出を果たしていました。

フェリックス・ウォーバーグはジェイコブ・シフの、ポール・ウォーバーグはソロモン・ローブのそれぞれ女婿となり、そろってクーン・ローブ商会の共同経営者となっています。  ポールは、米国の連邦準備制度(FRB)の主導的役割を果たした人物です。



共産主義革命に流れたウォーバーグ家とシフ家の資金はかなりものであり、1918年から1922年にかけてレーニンは6億ルーブル以上に相当する金をクーン・ローブ商会とシフの会社に送りました。







日露戦争の時、日本が戦費の調達に困っていたとき、融資をしてくれたのが、イルミナティとフリーメーソン大東社のメンバーで、名門クーン・ローブ商会のジェイコブ(ヤコブ)・ヘンリー・シフと、ロスチャイルドであります。 



結局、4回の起債により、日本は日露戦争の戦費の約70%に相当する資金を調達をする事ができますが、シフと、ロスチャイルドが融資をしてくれなければ、日本はロシアに勝利する事はできなかったでしょう。 



日本政府は、この功績に報いるため、1906年春にシフ夫妻を日本に招待し、明治天皇が晩餐
会を催して、わざわざシフを謁見しています。














 
                        日英同盟  

日清戦争に勝利し、韓国を併合した日本は、満州から朝鮮半島へと触手を伸ばすロシアと対峙するようになりますが、当時のロシアは世界No.1の陸軍を有する帝国で、とても日本単独で戦える相手ではありませんでした。 


イギリスとしても世界戦略の一環で、東アジアの植民地権益を守るためには、ロシアの南下を何としても妨げねばならないので、利害の一致した両国は、1902年(明治35年)に日英同盟を結ぶ事になります。


日英同盟がなければ、日本がロシアに勝つことは先ず無かったと思われますが、在英日本公使の林董(はやしただす)と イギリス外相の第5代ランズダウン候のフリーメーソン人脈もあった事が忘れてはなりません。  


日本の外務省の英国大使には、フリーメーソンが多く、日英同盟に調印した林董(はやしただす)駐英公使は、記録に残っている日本人初のイギリスのフリーメーソンメンバーで、ロンドンにある 「エンパーヤー・ロッジNo.2108」 に所属し、ロッジマスターにまで登りつめました。 


日英同盟は、アーネスト・サトウが日本を去った2年後である1902年(明治35年)1月30日に、林董(はやしただす)駐英公使と、イギリスのペティ・フィッツモーリス外相(フリーメーソン)により調印されましたが、林がフリーメーソンでなかったら、日英同盟は無かったかも知れません。

ちなみに、フリーメーソンの駐英大使には、宮中の松平恒雄伯爵(宮内大臣、衆院議長、元駐英大使)、幣原喜重郎男爵(元首相、元駐英大使)もいます。
















     
       日露戦争とクーン・ローブ商会、ロスチャイルドからの融資

日英同盟を結んだ日本は、ロシアに満州から引き上げるよう要求しましたが、ロシア軍は言うことを聞かず、1904年(明治37年)2月8日、日本はロシア軍の基地であった旅順と仁川を攻撃し、次の日にロシアに宣戦布告しました。


ロシアとの開戦が決まったものの、日本は戦費不足で日銀総裁の副総裁の高橋是清を、戦費調達のために欧米に派遣しましたが、誰も戦時公債の起債に応じてはくれませんでしたが、そこに救いの手を伸ばしてくれたのが、クーン・ローブ商会のユダヤ人金融家でフリーメーソンのジェイコブ・ヘンリー・シフでありました。


当時、ロシア帝国ではユダヤ人の迫害(ポグロム)が行われており、これに嫌悪したユダヤ人資本家のロスチャイルドやジェイコブ・シフが日本を支援してくれたわけですが、実はこの時、ロスチャイルドに一度融資を断られていますが、これは当時ロスチャイルドはロシアのバグー油田の利権を持っていたので、正面きってロシアを敵に回す事が出来なかった為であります。




  
               ロシア革命とユダヤ人迫害(ポグロム) 
      
          https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2683.html




しかしながら、当時ロシアではユダヤ人迫害が激しく、これに激しい怒りを感じていたロスチャイルドは、直接日本の公債を引き受けるのではなく、代理人を立てました。 ロスチャイルド家の口利きで登場したのが、ニューヨークで「クーン・ローブ商会」を経営するユダヤ人資本家ジェイコブ・ヘンリー・シフでありました。


ジェイコブ・ヘンリー・シフとはどうのような人物かといえば、1847年フランクフルトに生まれ、ロスチャイルドとは縁戚関係にあります。 


初代ロスチャイルドのマイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは、フランクフルトでいくらか裕福になると、 「グリーン・シールド(緑の盾)」 と呼ばれる家に引越し、その家の半分はロスチャイルド家が住み、


もう半分はシフ家が住み、後年シフ家はロスチャイルドの代理人として、重要な役割を果たすことになり、他のロスチャイルドの代理人と同様に大富豪となり、政治的にも重要な有力者となります。


ジェイコブ・シフは1865年(慶応元年)にニューヨークに派遣され、ニューヨークについて10年後に、彼はイルミナティ系クーン・ローブ商会の共同経営者となり、その10年後には社長となり、アメリカにおけるロスチャイルドの総支配人の地位にあり、セントラル・トラスト・カンパニー、ウェスタ−ン・ユニオン、ウェルス・ファーゴ・カンパニーの取締役でもありました。





日本は戦争を遂行するには、1億5000万円の外貨を支払わねばならないのに対し、手元にある資金は5200万円。 


シティで調達した500万ポンド(約5000万円)とシフから融資を受けた500万ポンド(5000万円)で何とか戦争が出来るようになりました。


シフは、全米ユダヤ人協会の会長で、ユダヤ人を弾圧するロシアを懲らしめるために、日本に協力したのです。  






こうして、日本の公債1000万ポンド(1億円)は、アメリカとイギリスで発行されることとなり、ロスチャイルド銀行は下請けに入って手数料を稼ぎました。


戦費の調達のメドがついた日本政府は、戦争の長期化を予想し、その後もポンド建ての外債を発行しました。  第3回と第4回目の外債発行には、ロンドンとパリのロスチャイルド家が発行団に名を連ね、調達総額は約8億2000万円。  


その資金で武器、弾薬、戦艦を購入し、ロシアとの戦いを勝ち抜く事ができました。


日露戦争では、旅順の203高地を陥落させ、さらに奉天でも大勝利を収め、1905年5月27日日本海海戦ではバルチック艦隊を打ち破り、アメリカ大統領のルーズベルトに仲裁してもらい、8月にアメリカの軍港ポーツマスで講和条約が結ばれましたが、これをポーツマス条約と言います。






      ポーツマス条約の内容は、以下のようなものです。

1)朝鮮の監督は日本が行う
2)ロシアが中国から借りていた、満州の旅順・大連は日本が借りる。
3)南満州鉄道を日本に譲る
4)南樺太と、北洋漁業の権利を日本が貰う。










                   日露戦争の本当の勝者 

しかし、シフとロスチャイルドにとっては、これはあくまでもビジネスであり、単にロシア憎しだけで、日本の戦時公債を引き受けたのではありません。


当時の公債の金利相場は、年2〜3%であったのに対し、4回の公債発行のうち、初回の2回分の金利は6%、後2回は1905年元旦の旅順陥落、奉天の戦いの勝利、そして日本海海戦の勝利を受け、それぞれ3000ポンドを4.5%の金利で引受けられ、ロンドン家ロスチャイルドとパリ家ロスチャイルド家が発行団に名を連ねています。


しかしながら、戦争に勝ちながらも賠償金をとれなかった日本に於いて、国民は政府に腹をたて、講和条約に反対する運動が起こり、東京・横浜・京都・神戸などの都市では、大きな騒ぎが起こりました。  


日本はクーン・ローブ商会のシフや、ロスチャイルドからお金を借りて戦っていましたが、国民に耐乏を強いて、資金的にも限界で、これ以上戦う体力は持っておらず、戦況は有利であるるものの、既に戦う力をもっていなかった日本としては、いかに早く戦争を終了し、講和に持ってゆくかが重要であったのです。


ロスチャイルドグループから多額の借金をして、ロスチャイルドグループのヴィッカースなどの兵器会社から高価な戦艦や兵器を購入し、そして日露戦争に勝利したにも関わらず、日本は多額の金利支払いに苦しめられることになりました。



日本がこの借金を払い終えたのは、バブル経済に浮かれていた1986年の事でした。


日露戦争の本当の勝者は、ロスチャイルドであったと言っても過言ではないでしょう。












カテゴリ 「財閥(日本・世界)」の投稿記事
-----------------------------------------------------


財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク(ロスチャイルドの鉱山会社)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html
エドモン・ド・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2659.html
ロイター通信 と ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2660.html
タイタニック と ロスチャイルド縁戚関係の3財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2663.html
太陽の沈まない帝国スペイン と ハプスブルグ帝国
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2664.html
アルマダの海戦 スペイン無敵艦隊の敗北
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2665.html
石見(いわみ)銀山・ポトシ銀山 と ブリオリズム
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2668.html
スペイン vs オランダの代理戦争だった 豊臣 vs 徳川
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2669.html
フランス革命 と マリー・アントワネット 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2670.html
フランスを脱出するデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2671.html
アメリカに渡ったデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2672.html
デュポン社の設立とナポレオン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2673.html
アメリカ独立戦争と銀行 そしてデュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2674.html
政商としてのデュポンの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2676.html
南北戦争 と デュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2677.html
風と共に去りぬ と モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2678.html
モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2679.html
(予告編) 第一世界大戦とモルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2680.html
第一次世界大戦とモルガン財閥 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2682.html
ロシア革命とユダヤ人迫害(ポグロム) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2683.html
日露戦争とクーン・ローブ商会・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2684.html
ロシア革命 と明石大佐 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2685.html
ハリウッド映画産業とユダヤ人、そしてジャポニズム  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2686.html
Break Time 愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2687.html
ハリウッド と ナチス  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2688.html
2つの結婚行進曲 メンデルスゾーンとワグナー 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2689.html
アイネ・クライネ・ナッハト・ムジークが普及したのは第一次世界大戦後のレコード
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2690.html
Break time オペラ鑑賞 セビリアの理髪師
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2691.html
Break time  オペラ鑑賞  フィガロの結婚
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2692.html
「魔笛」モーツアルトとフリーメーソン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2693.html
セシル・ローズとデビアス社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2694.html
哲学者プラトンと共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2695.html
ミルナーズ・キンダーガルテン(ミルナーの幼稚園)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2696.html
セシル・ローズ=ミルナーグループのメディア支配
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2697.html
番外編  爆笑  第一回米大統領候補者討論会 メカバイデン登場 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2698.html
セシル・ローズの秘密ネットワークに加わるロックフェラー、モルガン、ラザールフレール  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2699.html
クーデンホーフ・ミツコ(青山光子) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2700.html
ロックフェラー財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2701.html
英国きっての政治・金融権力者に上り詰めたミルナー卿
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2702.html
1919年ノーベル平和賞 ウィルソン大統領
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2703.html
2019年は国際政治学 生誕100周年
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2704.html
日露戦争とロシア革命そして共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2705.html




2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ