renaissancejapn2020@gmail.com

2014/11/24

京都紅葉 源光庵  観光・旅行
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
京都 源光庵


昨日、天気が良かったので、嫁さんと京都洛北にある源光庵に行ってきました。

本当に息をのむような美しさですが、お堂の中での写真は禁止されており、上の写真はネットから拾ったものです。






源光庵の外の景色は、道を挟んだお向かいです。

クリックすると元のサイズで表示します


源光庵の庭は、写真撮影を禁止されていませんので、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



道を下って今宮神社に向かう途中にある、文化二年(1805年)創業の松野醤油店、昔ながらの製法なので、江戸時代の醤油の味を知ることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.matsunoshouyu.co.jp/kodawari/

さしみ醤油を一本買いました。



歩いて、今宮神社にいくと、七五三の可愛い子供たちがいました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



今宮神社は、平安京遷都後に、京の都に蔓延した疫病を鎮めるために、朝廷が創建した社が起源で、「玉の輿のお守り」が有名です。  西陣の八百屋の娘「お玉」が徳川三代将軍家光に見初められ、五代将軍の綱吉の生母・桂昌院(けいしょういん)として、大奥で権勢をふるいました。

桂昌院(お玉)が生まれ育った西陣の氏神が今宮神社です。 「玉の輿」という言葉がありますが、この「お玉」の話からきています。  良縁に巡り合いたい女性は、ぜひ、ここのお守りを!


クリックすると元のサイズで表示します
桂昌院

クリックすると元のサイズで表示します
玉の輿のお守り

 


クリックするとAmazon.comに跳びます




今宮神社でのお約束が、東門前にある2件の「あぶり餅」の店、一和(一文字屋和助)とかざり屋で、向かい合って建っています。

創業は、一和が1000年前(平安中期)、かざり屋が400年前です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
かざり屋



あぶり餅は、親指大のお餅に、きな粉をまぶしてから、炭火であぶり、甘辛い白味噌だれをたっぷり絡ませたもので、疾病除けとして古くから重宝されおり、千利休も茶菓子かわりに用いたこともあります。


クリックすると元のサイズで表示します
あぶり餅




そして、さらに南に歩くと、正中2年(1325年)創立の大徳寺があります。 境内には仏殿や法堂(はっとう)をはじめとする中心伽藍のほか、20か寺を超える塔頭が立ち並び、近世寺院の雰囲気を残しています。

大徳寺は多くの名僧を輩出し、茶の湯文化とも縁が深く、日本の文化に多大な影響を与え続けてきた寺院で、

本坊および塔頭寺院には、建造物・庭園・障壁画・茶道具・中国伝来の書画など、多くの文化財を残しています。

 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
大徳寺



大徳寺の中には、総見院(そうけんいん)があります。 本能寺の変の100日後に、大徳寺において大葬礼が行われましたが、その喪主は信長の遺児で秀吉養子の秀勝。 その後、織田信長の1周忌に間に合うよう秀吉が建立(天正11年:1583年)したのが、総見院です。


クリックすると元のサイズで表示します
総見院



次に市バスに乗り、祇園方面に行き、ねねの道を歩いていると、舞妓さん?が歩いていました。

クリックすると元のサイズで表示します



そして、祇園の花見小路にある「祇園西坂」に行きましたが、美味しく、金額も良心的だったので、祇園の夜を十分満喫する事ができました。



クリックすると元のサイズで表示します
祇園 花見小路

クリックすると元のサイズで表示します
祇園西坂



少し歩き疲れましたが、本当に楽しい、充実した一日でした。  日本に京都があって良かったとつくづく思いました。



4
タグ: 京都 紅葉 源光庵

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ