renaissancejapn2020@gmail.com

2021/1/23

新型コロナの基礎知識 集団免疫獲得信者はアホばかり  医療・美容・健康




クリックすると元のサイズで表示します





日経1月22日の記事によれば、国内で新型コロナウィルスの感染が拡大しており、1月22日午後8時20分までに新たに5035人の感染が確認され、感染者の累計は35万6936人となり、死者は1日で108人増えて、計4981人となった事が報じています。

政府はロックダウンし密閉、密集、密接の「3密」回避、また人の移動制限もしております。 一方でネットでは、上久保靖彦先生(私立兵庫医科大学卒、京都大学大学院特定教授(医学研究科人間健康科学系専攻 癌創薬イノベーション研究室))の集団免疫を既に獲得していると言うお馬鹿な説を信じた若者たちが、ウィルスを巻き散らし被害を拡大させています。


この正月、東大医学部(理V)卒業し、医者をしている息子に新型コロナについていろいろと教わりました。

彼は私の仕事の関係で、オーストリアに住んでいて現地校でドイツ語での教育を受け、高校は帰国し日本の高校に通い、全国模試では全国で2番もとったことのある親が言うのも何ですが、小さい頃から天才と呼ばれる部類の子供で、理解力・洞察力は人より優れています。 現地校でもわずか2ケ月で校長先生から天才の認定を受けました。


彼の主張は一貫して至ってシンプル、新型ウィルス対策はうがいと手洗いが最強で、三密を避け、不必要な移動は避け、ウィルスをまき散らさない、かつ貰わないというものです。



ここで新型コロナウィルスに関しての基礎知識を述べます。 お馬鹿な集団免疫説信者は、基礎知識なしに、ネットのコピペをし拡散しているだけなので、機会があれば教えてあげて下さい。これ以上他人に迷惑をかけてはいけません。





新型コロナウィルスの基礎知識


新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のビリオン(ウイルス粒子)の直径は約80ナノメートル(ナノは10−9)。 重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)の原因となるウイルスと同じコロナウイルス科に属する病原体です。各ビリオンは球体で、ウイルスの遺伝情報であるRNAを、スパイク状のタンパク質の突起が多数取り囲んで保護しています。

球体表面は脂質の被膜に包まれているので、石鹸がウイルス破壊に有効となります。よって前述の理Vを卒業し、医者をしている息子が言うように、うがいと石鹸での手洗いが最強と言われる所以です。  変異ウィルスなどウィルスの種類に関係なく対策できます。 

医者の様に他の人の治療をしたり、薬やワクチンを開発しない一般人はこれだけで十分です。



さらにもっと知りたい人のために続けます。新型コロナウイルス(COVID-19)の起源については、SARS、MERS、AIDS、およびエボラ出血熱のように、動物から人へ伝播可能な感染症(人獣共通感染症)で、おそらく2019年後半に中国の武漢で動物から人への伝播が起こり、宿主はコウモリの可能性が高いと科学者は考えています。 実際、新型コロナウイルスはコウモリから見つかったウイル
スにもっとも近く、遺伝子構造の96%が一致する。コウモリからセンザンコウ(絶滅危惧種で、珍味として食されることもある)を経由して、人へ伝播した可能性もあります。


参考として、米国務省が見解を詳しく述べている動画をみつけましたので紹介します。


2021.01.18 米国務省が明言‼️パンデミックの起源は…!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.youtube.com/watch?v=peXRAGXmZN8


新型コロナウイルスのスパイクタンパク質は、ヒト細胞表面のタンパク質「ACE2」に付着します。ACE2は通常、血圧調整の役割を果たしていますが、新型コロナウイルスが結合すると化学変化を起こしてヒト細胞の細胞膜と新型コロナウイルスの外膜の融合を促し、新型コロナウイルスのRNAが細胞に侵入できるようになります。

その後、新型コロナウイルスは宿主細胞のタンパク質合成システムを乗っ取り、宿主細胞のRNAを新型コロナウイルスの新しいコピーに変換します。 わずか数時間で、1個の細胞に新しいビリオンを数万個形成させることができ、その新しいビリオンが健康な細胞に感染します。

新型コロナウイルスのRNAの一部は、宿主細胞に留まるタンパク質も遺伝情報として指定しています。少なくとも3つのコードが分かっています。 

1つ目は、宿主細胞が攻撃を受けているという信号を免疫系に送信しないようにする。 
2つ目は、宿主細胞に新しく作成されたビリオンの放出を促す。
3つ目は、新型コロナウイルスが宿主細胞の先天性免疫に抵抗するのを助ける。

免疫システムはどのようにして新型コロナウイルスを撃退するのでしょうか?
多くのウイルス感染と同様、体温を上昇させて新型コロナウイルスの死滅を試みます。さらに、白血球がウイルスを追跡して感染した細胞を取り込んで破壊したり、ビリオンが宿主細胞に感染するのを防ぐ抗体を産生したり、感染した細胞にとって有毒な化学物質を作ったりします。

しかし、人によって免疫システムの反応は異なります。 インフルエンザや風邪と同じように、新型コロナウイルス感染症でも声帯より上の上気道のみの感染では簡単に克服できます。上気道より下へ感染が進むと、気管支炎や肺炎などの合併症を引き起こす可能性があります。

呼吸器疾患の病歴のない人は軽度の症状だけで済むことが多いですが、若くて健康な人でも重度感染症を起こした例や、症状が重くなると予想された人でも軽症で済んだ例の報告が数多くあります。

下気道まで新型コロナウイルスの感染が広がる(類似ウイルスのSARSで起こることが多い)と、両方の肺が大きな損傷を受けて呼吸困難に陥ります。過度の飲酒、食事抜き、睡眠不足など免疫システムを低下させる行為はすべて感染症を深刻化する可能性があります。


症状はどのように現れるのでしょうか?
感染症はウイルスと免疫システムの間の競争です。 競争の結果はどこからスタートしたかによって異なります。

最初に感染したウイルス量が少ないほど、ウイルスが増殖して制御不能になる前に免疫システムが感染症を克服できる可能性が高くなります。 ただし、症状の重さと体内のビリオンの数の関係はまだ分かっていません。

感染で肺がひどく損傷を受けると、肺は体内に酸素を届けることができなくなり、人工呼吸器が必要となります。 米国疾病予防管理センター(CDC)は、この状況が新型コロナウイルス感染症患者全体の3%から17%の割合で発生すると推定しています。免疫力の低下が引き起こす二次的な感染も患者の主な死因の1つです。


身体反応が有害になることもあります。 発熱はウイルスを死滅させることが目的ですが、熱が長引くと体内のタンパク質も分解されます。 さらに、免疫システムはウイルスの増殖阻止を目的とした小さなタンパク質「サイトカイン」を分泌します。サイトカインの過剰産生はサイトカインストームと呼ばれ、致命的な過剰炎症反応を引き起こすことがあります。


治療とワクチンはどのように機能するのでしょうか?
ワクチンは基本的に、不活化ウイルス、弱毒化ウイルス、ウイルスの一部、ウイルスタンパク質を利用したものなど約6種類ある。いずれも、ウイルス成分を体内に取り込み、特定の血液細胞に抗体の産生を促すことを目的としています。ワクチンを接種していればウイルスに感染したとしても、免疫システムはそのウイルスを阻止する準備が整っています。

これまで、新しい人獣共通感染症のワクチンを迅速に製造することは困難でした。多くの試行錯誤が必要となるからであります。 ワクチンの臨床試験を最近開始したモデルナ(Moderna)は、ウイルスから遺伝物質をコピーして人工ナノ粒子に加えるという新しいアプローチを採用しています。

このアプローチではウイルス自体は必要なく、遺伝子配列だけに基づいてワクチンを作成することが可能になります。これはさほど新しいアイデアではありませんが、このようにして作られたRNAワクチンが免疫システムから十分な反応を引き起こせるほど強力かどうかは不明です。ワクチンに毒性がないことをまず証明した後、臨床試験で効果を立証することになるでしょう。

ほかの抗ウイルス治療では、ウイルスの拡散を遅らせるためにさまざまな方策を使用するが、どの治療方法がどれほど効果的であるかはまだ明らかではありません。 一般的な抗マラリア薬のクロロキンとヒドロキシクロロキンは、新型コロナウイルスがRNAを宿主細胞へ放出するのを阻害する可能性がある。日本で開発されたファビピラビル(商品名はアビガン)は、ウイルスによるゲノム複製を防ぐことができるかもしれません。

しかし軽症患者にしか効かないという事から、本当に薬と言えるのか? 普通の風邪のようにアビガンを飲まなくても治っていたんじゃないかの疑問があり、日本や中国でアビガン有効の論文が次々と取り消されました。


アメリカのレムデシビルを日本政府が緊急に承認したのは、アビガンは飲み薬であり感染患者は強いのどの痛みを訴え(ガラスの破片が刺さったような痛みも報告)ており、入院して人工呼吸器をつけて点滴を受けざえうを得ないから点滴のなかにでも入れられる注射薬剤のレムデシビルをまず承認したに過ぎません。  きわめて合理的な判断だと言えます。

HIV治療で一般的に使われ、MERSに対して効果があったロピナビルとリトナビルの併用療法は、細胞がウイルスタンパク質を生成するのを防ぎます。 高血圧治療用の降圧薬を使って、新型コロナウイルスが結合するACE2タンパク質を標的にできると考える人もいます。

別の有望なアプローチとして、新型コロナウイルスに感染して回復した患者から血清を採って血清に含まれる抗体を使用する方法もあります。

医療従事者向けの一時的な免疫や、感染患者の体内でのウイルス増殖防止に役立つ可能性があります。このアプローチは過去に他のウイルス性疾患に対して効果がありましたが、新型コロナウイルスに対してどれほど効果があるかはまだわかっていません。



当たり前ですが、人それぞれ(年齢、健康状態、疾患の有無)で、ウィルスもそれぞれでその組み合わせで、一概に述べれるものではありません。

ウィルスが変位する主原因は、体内でのRNAのコピーミスです。 熱や酸素ですぐに失効するものもあれば、長く宿主である人の中で増殖するウィルスもある確率で出来ます。 しかしながら、変異したウィルスの遺伝子配列だけ見て、毒性がどのくらい強いか、感染力の強さを知る技術は現在存在しておらず、感染した宿主の患者が早く死ねば毒性が強かった、長生きすれば毒性が弱かったと言っているの過ぎません。

お馬鹿先生が変異ウィルスは、人に寄生して長生きしたいから弱毒だと言っているケースも見受けますが、そんな事実はなく、たまたまの結果で人が長生きしたか、早死にしたかでしか分からないのです。当たり前ですがRNAウィルスは意思を持ちません。


一般論ですがDNAウィルスは修復酵素を持つのに対し、RNAウィルスは修復酵素をもたないので変異が起こり易いとされています。

また変異には特定の酵素が関与していることは分かっており、この酵素を制御する事で変異を制御する研究もあるようで、最近メディアを賑わしている欧米企業のワクチンには2004年か2014年か忘れましたが、ノーベル賞受賞した研究成内容が使われているようです。

ワクチンは安全とか危険とか言うネット民がいますが、君はどんな成分が入っているのか産業スパイでも使って調べたのか? また人(人種、性別、年齢、健康状態、疾患の有無など)を使った治験でも自分でやったのか? と聞きたいものです。 現実はネット民ごときが論じること自体ナンセンスで、一歩間違いうと誤った情報を垂れ流し、多くの人々に多大な迷惑をかける可能性がある事を考えるべきでしょう。


集団免疫を獲得しているから大丈夫という誤った情報は、昨年春頃から拡散され昨年秋には収束すると先生及び信者は断言し、今も言っている阿呆がおります。

大体にして上述の通り、ある確率で変異ウィルスは必ず発生し、新型コロナでの変異種は数百種類から数千種類あるとMITは報告しています。集団免疫獲得説の先生や信者はわずか3種類程度のウィルスで論じており、それだけでも大前提が間違っていると言わざるを得ません。


何より、最近のパンデミック、国内で1日で100件を超える死者、累計で4980人の死亡者数、また
現在の感染者数67650人、累計357096人の感染者で重症者も多く、医療崩壊している現実を見れば、集団免疫獲得説は間違いであることは明らかであり、論じるまでもありません。


このように現実を正しく認識する事が出来ず、判断能力の悪い人には共通点があります。 何事も失敗の原因の本質は、根拠なき楽観です。  恋愛・結婚然り、受験然り、ビジネス然り、政治も然りです。 これが分からない人は何度も失敗を繰り返します。 


6

2021/1/23

ベアリング財閥  財閥(日本・世界)





クリックすると元のサイズで表示します
ベアリングス銀行を創設した初代準男爵フランシス・ベアリング(左)




ベアリング家

ベアリング家(英語: Baring family)は、イギリスの財閥・貴族。

1762年創業のベアリングス銀行を1995年の経営破綻まで同族経営した財閥として著名である。貴族の爵位も数多く有しており、2020年現在、爵位を持つベアリング家にノースブルック男爵家、アシュバートン男爵家、レヴェルストーク男爵家、クローマー伯爵家、グレンデールのホウィック男爵家の5家が存在する。 ホープ商会とルイジアナ買収をファイナンスした。




ベアリング家の歴史

ドイツ・ブレーメン出身のジョン・ベアリング(1697-1748)が1717年にイギリス西部エクセターに移民したのに始まる。彼はエクセターの有力者ヴォウラー家の娘と結婚し、お茶、コーヒー、砂糖、スパイスなど様々な分野を手掛け、事業を拡大させた。彼が死去した時にはすでにベアリング家は西部有数の資産家になっていた。

1762年にジョンの息子であるフランシス・ベアリング(1740-1810)がロンドン・シティにおいて最古のマーチャント・バンク(英語版)ベアリングス銀行を創設した]。ベアリングス銀行は大英帝国拡張の時流に乗って貿易商人たちの手形の引受で業績を伸ばしていき、1793年までにはロンドン最有力の引受業者に成長した[2]。また彼はイギリス東インド会社役員や庶民院議員など公職もよく務めたため、その功績で1793年にグレートブリテン準男爵位「ロンドンのベアリング準男爵(Baronet Baring, of London)」に叙されている。


1762年に初代準男爵サー・フランシス・ベアリング(1740-1810)によってロンドン・シティにおいて最古のマーチャント・バンク(英語版)として創設された[1][2]。ベアリングス銀行は大英帝国拡張の時流に乗って貿易商人たちの手形の引受で業績を伸ばしていき、1793年までにはロンドン最有力の引受業者に成長した。

19世紀初めのフランシスの引退後、長男第2代準男爵トマス・ベアリング(英語版)(1772-1848)、次男初代アシュバートン男爵アレクサンダー・ベアリング(1774-1848)、三男ヘンリー・ベアリング(英語版)(1777-1848)の3人が銀行を受け継いだのに伴い、1807年に「ベアリング・ブラザーズ(Baring Brothers & Co)」と社名を変更している。



ベアリングス銀行は、早い段階でアメリカの将来性に目をつけてアメリカ進出を行った。とりわけ19世紀に入ってフランシスの次男アレクサンダー(1774-1848)がベアリングス銀行の経営を主導するようになるとそれを強力に推し進めるようになった。


ベアリングス銀行は建国されたばかりのアメリカ合衆国のロンドンにおける代理人となり、1803年にはアメリカがフランスからルイジアナを買収できるよう取り計らい、その代金であるアメリカ政府債の発行の引受を行っている。

18世紀末から19世紀初頭の戦争(フランス革命戦争・ナポレオン戦争)もベアリング家にとって大きなビジネスチャンスとなった。この戦争でベアリングス銀行はイギリス戦時公債の最大の引受会社となり、また戦後もフランスの賠償金の公債の引受を行った。

フランス復古王政の宰相である第5代リシュリュー公爵アルマン・エマニュエル・ド・ヴィニュロー・デュ・プレシはこの頃のベアリング家の繁栄を指して「ヨーロッパには6つの強国がある。イギリス、フランス、プロイセン、オーストリア、ロシア、そしてベアリング・ブラザーズだ」と評している。

アレクサンダーは通商長官を務めるなど政界でも活躍し、1835年には連合王国貴族爵位「カウンティ・オブ・デヴォンにおけるアシュバートンのアシュバートン男爵(Baron Ashburton, of Ashburton in the County of Devon)」に叙せられた。これがベアリング家に与えられた最初の貴族爵位であった。


クリックすると元のサイズで表示します
アメリカ進出を推し進めた初代アシュバートン男爵アレクサンダー・ベアリング

初代レヴェルストーク卿の弟イヴリン(1841-1917)は1883年から1907年にかけてイギリスの半植民地エジプトにおいてエジプト総領事を務め、エジプトを実質的に統治した。その功績で1901年に連合王国貴族「カウンティ・オブ・ノーフォークにおけるクローマー伯爵(Earl of Cromer, in the County of Norfolk)」に叙されている。これは現存するベアリング家の爵位の中で最も高位の物である。

初代クローマー伯の三男イヴリン(1903-1973)も植民地行政官として活躍し、南ローデシア総督
(在職1942-1944)やケニア総督(英語版)(在職1952-1959)等を務め、1960年に連合王国貴族「カウンティ・オブ・ノーサンバーランドにおけるホウィックのグレンデールのホウィック男爵(Baron Howick of Glendale, of Howick, in the County of Northumberland)」に叙されている。


ベアリングス銀行は、アルゼンチン進出で打撃を受けたものの、19世紀末から20世紀初頭にかけては業績を回復させ、特にアメリカビジネスで大きな成功を収めた。またロシア、カナダ、ベルギー、トルコ、日本、清などと関係を深めた。日本との関係では1902年の鉄道建設費の調達や1905年の日露戦争の戦費調達にベアリングス銀行が大きく貢献している。

しかし二度の世界大戦によってイギリスの国際的地位は大幅に低下し、ポンドは下落、ロンドンでの外債発行も激減した。これによってベアリング家のみならずイギリスのマーチャントバンク業界そのものが衰退を余儀なくされた]。ベアリングス銀行は1970年代以降、投資顧問・資産管理・企業の合併や買収などに活路を見出さんとするようになり、特に1980年代の金融ビッグバン以降にはトレーディングに特化した投資銀行化していく。

日本株の高騰で大きな利益をあげたが、日本のバブル崩壊で大打撃を被った。さらに1995年にはシンガポール支店のニック・リーソンによる架空取引の損失、阪神淡路大震災に伴う日本株大幅下落、その穴を埋めるべくリーソンがさらに行った取引において取り返しのつかない致命的打撃を被り、1995年2月、ベアリングス銀行は破産した。

こうしてベアリングス銀行は233年の歴史に幕を閉じたが、ベアリング家が貴族であることは変わらず、2020年現在も5家のベアリング家が連綿として爵位を継承し続けている。この5家という数はイギリス貴族の家系の中でも最多の部類に属する。
                                    wiki




中国での阿片貿易を元々仕切っていてのはベアリングズ兄弟商会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2802.html















財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク(ロスチャイルドの鉱山会社)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html
エドモン・ド・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2659.html
ロイター通信 と ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2660.html
タイタニック と ロスチャイルド縁戚関係の3財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2663.html
太陽の沈まない帝国スペイン と ハプスブルグ帝国
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2664.html
アルマダの海戦 スペイン無敵艦隊の敗北
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2665.html
石見(いわみ)銀山・ポトシ銀山 と ブリオリズム
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2668.html
スペイン vs オランダの代理戦争だった 豊臣 vs 徳川
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2669.html
フランス革命 と マリー・アントワネット 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2670.html
フランスを脱出するデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2671.html
アメリカに渡ったデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2672.html
デュポン社の設立とナポレオン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2673.html
アメリカ独立戦争と銀行 そしてデュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2674.html
政商としてのデュポンの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2676.html
南北戦争 と デュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2677.html
風と共に去りぬ と モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2678.html
モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2679.html
(予告編) 第一世界大戦とモルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2680.html
第一次世界大戦とモルガン財閥 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2682.html
ロシア革命とユダヤ人迫害(ポグロム) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2683.html
日露戦争とクーン・ローブ商会・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2684.html
ロシア革命 と明石大佐 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2685.html
ハリウッド映画産業とユダヤ人、そしてジャポニズム  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2686.html
Break Time 愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2687.html
ハリウッド と ナチス  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2688.html
2つの結婚行進曲 メンデルスゾーンとワグナー 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2689.html
アイネ・クライネ・ナッハト・ムジークが普及したのは第一次世界大戦後のレコード
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2690.html
Break time オペラ鑑賞 セビリアの理髪師
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2691.html
Break time  オペラ鑑賞  フィガロの結婚
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2692.html
「魔笛」モーツアルトとフリーメーソン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2693.html
セシル・ローズとデビアス社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2694.html
哲学者プラトンと共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2695.html
ミルナーズ・キンダーガルテン(ミルナーの幼稚園)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2696.html
セシル・ローズ=ミルナーグループのメディア支配
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2697.html
番外編  爆笑  第一回米大統領候補者討論会 メカバイデン登場 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2698.html
セシル・ローズの秘密ネットワークに加わるロックフェラー、モルガン、ラザールフレール  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2699.html
クーデンホーフ・ミツコ (青山光子)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2700.html
ロックフェラー財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2701.html
英国きっての政治・金融権力者に上り詰めたミルナー卿
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2702.html
1919年ノーベル平和賞 ウィルソン大統領
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2703.html
2019年は国際政治学 生誕100周年
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2704.html
日露戦争とロシア革命そして共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2705.html
銀行のルーツと戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2706.html
イングランド銀行と紙幣銀行券
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2707.html
緊急拡散希望 トランプ神演説
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2708.html
FRB(米国連邦準備制度理事会)設立 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2709.html
コミンテルン(国際共産主義活動組織)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2710.html
アメリカと日本を狙うコミンテルン(国際共産主義活動組織) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2711.html
ジョージタウン大学とキャロル・キグリー教授
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2712.html
モルガンに仕切られるCFR(外交問題評議会)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2713.html
ニュー・リパブリック誌の創刊 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2714.html
JPモルガンと円卓会議Grによる米国大学支配
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2715.html
オール・ソウルズ・カレッジ (オックスフォード大学) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2716.htm
ミルナー円卓会議グループと共産主義・社会主義グループの連携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2717.html
財団のルーツ ピーボディ財団
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2718.html
第一次世界大戦と日本の財閥(新興財閥の台頭)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2719.html
第一次大戦までの鈴木商店
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2720.html
日本三大財閥(住友・三井・三菱)の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2721.html
政商から脱皮する財閥(住友・三井・三菱) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2722.html
広告、プロパガンダの父  エドワード・バーネイズ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2723.html
第一次大戦後の好景気以後の世界大恐慌・関東大震災とコミンテルンの共産主義革命 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2724.html
安田財閥の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2725.html
安田善次郎(2代目)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2726.html
安田財閥と芙蓉グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2727.html
帝国主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2728.html
太平洋問題調査会(IPR)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2729.html
実はまともな法輪功と大紀元時報(Epoch Times)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2730.html
黒人革命家と共産主義思想
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2731.html
約束の地カナンとは何か
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2732.html
ノアの呪い 黒人差別と支配者ユダヤ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
The FACT 中国とバイデン家 ( China and Biden Family)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2734.html
新興保守系NSNS パーラー(Parler)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2735.html
世界の超大国 日本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2736.html
Break Time はやぶさ映像と音楽
https://www.youtube.com/watch?v=S_siFzO9P5k
警察の化身 元FBI W・クレオン・スクーセン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2738.html
モルガン・ロックフェラー・カーネギー財団は中国を共産主義陣営に売り渡した
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2739.html
共産主義者の陰謀よりもさらに大きな謀略がある
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2740.html
サンフランシスコ平和条約 米国メンバーに潜む共産主義者とCFR関係者
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2742.html
三井財閥本社となった三井家同族会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2743.html
Break Time  追憶【訳詞付】- バーブラ・ストライザンド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2744.html
三井財閥と慶応義塾「三田閥」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2745.html
財閥の大陸進出と三井物産の中国ビジネスそしてロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2746.html
三井財閥 益田孝(三井物産設立者)が育成した物産マン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2747.html
アメリカ建国時から戦っていた愛国者vsエスタブリッシュメントそしてロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2748.html
トランプの名演説
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2749.html
CIA、米民主党と原子力産業、そしてロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2750.html
ヨハネの黙示録
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2751.html
ヨハネの黙示録 聖書の説明
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2752.html
ロシア革命とユダヤ人
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2753.html
巨大権力集団はどのように形成されるか イングランド銀行とFRB、銀行一族王朝そして共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2754.html
ロスチャイルドとモルガンの関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2755.html
ベルモント財閥とロスチャイルド、モルガンそしてペリー提督
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2756.html
アメリカに渡ったモルガン一族の先祖
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2757.html
J・P・モルガンの誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2758.html
J・P・モルガン一世の悪事とモルガン商会解散
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2759.html
普仏戦争(ナポレオン3世)の公債引き受けで国際投資銀行の地位を確立するJ・S・モルガン商会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2760.html
ドレクセル・モルガン商会の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2761.html
アングロサクソン系国際シンジケートvsユダヤ系国際シンジケート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2762.html
J・P・モルガンによる鉄道支配とバンダービルド、そしてUSスチール支配とカーネギー
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2763.html
J・P・モルガンとエジソンの出会い、GE設立そして三井財閥
https://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/postmsg?edit=2764
J・Pモルガンとアメリカビッグビジネス時代そしてATT支配
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2765.html
GMを支配するデュポン財閥、そしてモルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2766.html
結局はロスチャイルドに躍らせていたJ・P・モルガン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2767.html
クリスマスソング・ジングルベルとモルガン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2768.html
Merry Christmas!
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2769.html
ドルの起源
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2770.html
MMT信者はアホばかり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2771.html
トランプ名演説集 + イヴァンカ名演説
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2772.html
貨幣の種類
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2773.html
貨幣の種類 0.原始社会の物々交換
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2774.html
貨幣の種類 1.商品貨幣 そして金とタバコ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2775.html
商品貨幣の王者は金(ゴールド)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2776.html
通貨の種類 2. 預かり証貨幣
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2777.html
通貨の種類 3.不換紙幣 そしてMMT
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2778.html
貨幣の種類 4.部分準備貨幣
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2779.html
FRS(連邦準備制度)の機構と機能
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2780.html
ウォーバーグ財閥とクーン・ローブ財閥そしてFRS/FRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2781.html
アメリカ最初の中央銀行は北米銀行(Bank of North America)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2782.html
アメリカ最初の政党(共和党)が結成
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2783.html
ローズの遺言、ラスキン、ミルナー卿、そして円卓会議
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2784.html
東部エスタブリッシュメント
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2785.html
1857年ウォール街恐慌とロスチャイルドのモルガン、ピーボディ支援
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2786.html
南北戦争直前、欧州列強に狙われるアメリカ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2787.html
ロシアも参戦していたアメリカ南北戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2788.html
ロスチャイルドのアメリカ進出と南北戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2789.html
グリーンバック紙幣と南北戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2790.html
リンカーン暗殺と「黄金の輪の騎士団」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2791.html 
巨大財閥の100年 動画
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2792.html
合衆国銀行とロスチャイルドそしてトランプ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2793.html
アスター財閥とウォール街
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2794.html
アメリカ独立革命とトマス・ペインの「コモンセンス」 そしてフリーメーソン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2795.html
Breaktime リラックスピアノ音楽
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2796.html
ジャーディン・マセソン商会と阿片そしてHSBC
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2797.html
ジェームス・サッスーン卿
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2798.html
サッスーン財閥と阿片そして上海
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2799.html
ファーストレディー最後の演説 メラニアトランプ日本語字幕
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2800.html
トランプ大統領 ホワイトハウス最後の別れの挨拶
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2801.html
中国での阿片貿易を元々仕切っていてのはベアリングズ兄弟商会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2802.html
ベアリング財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2803.html

2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ