renaissancejapn2020@gmail.com

2021/3/2

トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜井伊大老の暗殺〜  財閥(日本・世界)







クリックすると元のサイズで表示します


明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2816.html
















明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2816.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜初恋の人との別れ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2817.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜フレーザーバラを離れる〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2818.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ 〜ギムナジウムへ入学〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2819.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜海の向こうに何がある〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2820.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷との別れ〜内部の矛盾を抱える〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2821.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜 活気に満ちたアバディーン〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2822.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜 ジャディ・マセソン商会〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2823.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜アヘン戦争で飛躍したJM商会〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2824.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜船舶中買業に就職〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2825.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜不快な大都市上海〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2826.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜大平天国の乱〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2827.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立〜マッケンジーの誘い〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2828.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立〜尊王攘夷、倒幕に揺れる日本〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2829.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立〜尊王攘夷、朝廷に内緒で通商条約のサイン〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2830.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜清潔で平和な町長崎〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2831.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜長崎商工会議所設立〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2832.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜謎の人物 ・小曾根英四朗〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2833.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜米国宣教師フルベッキ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2834.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン〜関係本は五万冊に及ぶ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2835.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜スコットランド誕生説〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2836.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜米国位置ドル札になぜピラミッド〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2837.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」 フリーメーソン〜慈善事業へ大貢献〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2838.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜ユダヤ人、ユダヤ教の影響〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2839.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜エルサレム神殿の建造者がメーソンの元祖?〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2840.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜全民族のための宗教へ〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2842.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜ユダヤ教とローマ帝国を批判〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2843.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜十字架の刑へ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2844.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜キリスト教の成立へ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2845.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜原始キリスト教団の活躍〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2846.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜アメリカのユダヤ贔屓〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2847.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜イスラエル、中東戦争に連勝〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2848.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜米国内で大活躍のユダヤ人〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2849.html 
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶の輸出を決心〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2850.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶の商人、大浦慶〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2851.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶葉の再生工場を建設〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2852.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜五代才助に会う〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2853.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜琉球王国の危うい歴史〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2854.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜船舶を一隻受注〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2855.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜横浜へ見学の旅〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2856.html










からの続き












井伊大老の暗殺

グラバーが横浜へ来てから早くも三ケ月目に入った。 安政七年三月三日、この日は関東一円、前日から急激に冷え込み、横浜にも雪が降り始めた。

北海道近くのフレイザーバラに育ったグラバーは寒さにはなれているが、雪はほとんど見た事がない。

「この降り方ではかなり積もるかも知れない」と、部屋の窓をあけて降る雪を眺めていた。 静穏の中、急に大きな、慌ただしい人の声、やがては数頭の馬のいななく声がグラバーの耳に飛び込んできた。

「何か異変でもあったのかな」にわか造りの宿を出て、人や馬の声がする方面へと足を運んだ。

すると頭に白鉢巻きをした武士たち数人がこわばった表情で次々に川崎宿の方向へ馬を疾走させている。

「浪人たちの暴動でもあったのかな」超っ館的にそう思ったグラバーの推量は決して間違ってはいなかった。

降雪のため、いつもと違い路傍にたたずむ商人達に近づいた。 「何があったのですか」、商人達は異人が一人だけなので安心して「何か大事が起こったようです。 しかし何事が起ったのかは全く分かりません」との返事だった。

グラバーは昼近くになったので小雪の降り続ける中、いったん自宅に戻った。 しばらくするとドアをノックする人がいた。 開けるとケズウィックとJM商会の社員二人が立っている。

ケズウィックが「グラバーさ君、街の様子がどうもおかしいんだ。 役人たちが大勢出てきて、商人達に持ち場に早く帰るように命令しているようだ 」。

ケズウィックが「とにかく何かおかしい。 ピストルを用意して私の部屋で様子をみよう」。
グラバー達に江戸城近くで何事が起ったのか、詳しい情報が入ってきたのは翌日(四日)の昼過ぎだった。

報告に来たのは、ケズウィックと親しくしている品川イギリス領事官の一人だった。
「水戸藩の脱藩浪人、二〇数名が江戸城桜田門の近くで老中筆頭(大老)井伊直弼を暗殺したらしい」。

幕府名門の井伊直弼は近江彦根藩の出身、一八一五年(文化十二年)に生まれたが、長男直亮が若死にしたため一八五〇年(嘉永三年)十三代の彦根藩主となった。

老中筆頭の大老となったのは一八五八年(安政五年)だが、この頃の徳川幕府は開国か攘夷か、次期将軍は紀州藩主徳川慶福(よしとみ、後の家茂)か、一橋慶喜にするべきかで大揺れに揺れていた。

井伊大老は開国やむなし、次期将軍は慶福と決め、これに反対、対立する人物を次々に謹慎、登城禁止とした。

また余り身分の高くない尊王の若き志士達(吉田松陰、高野長英など)を死罪とし、徹底弾圧した。これを「安政の大獄」という。

また開国を決心した井伊は、日米修好通商条約を締結するため老中堀田正睦(まさよし)を上洛させたが、異人嫌いの孝明天皇は堀田との面会を拒否、同条約に署名しなかった。

しかし武力、筋力もない朝廷を甘く見ていた井伊は天皇の勅許を得ぬまま、勝手に同条約に署名してしまった。

この井伊大老の違勅が外様大名の雄藩、薩摩、長州、土佐、肥前藩の倒幕運動を誘発、戊辰戦争へと発展する。

グラバーは井伊大老が水戸浪士に殺害されたと知るや、直観的に徳川幕府の権威失墜、外様大名たちの勝利を素早く感じ取っていた。

もっとも。この段階では幕府側は井伊大老の死はひた隠しにし、病気治療中とした。 このため外国人や各藩の大名たちも井伊大老の病中を信じる者が多かった。

暗殺されたと分かったのは一、ニケ月後のことといわれている。









次の投稿に続く












財閥(日本・世界)シリーズ のここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html


2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ