renaissancejapn2020@gmail.com

2021/3/22

トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜グラバー、岩崎弥太郎と東京へ 〜  財閥(日本・世界)








クリックすると元のサイズで表示します

明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2816.html








明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2816.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜初恋の人との別れ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2817.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜フレーザーバラを離れる〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2818.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ 〜ギムナジウムへ入学〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2819.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜海の向こうに何がある〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2820.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷との別れ〜内部の矛盾を抱える〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2821.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜 活気に満ちたアバディーン〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2822.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜 ジャディ・マセソン商会〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2823.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜アヘン戦争で飛躍したJM商会〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2824.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜船舶中買業に就職〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2825.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜不快な大都市上海〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2826.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜大平天国の乱〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2827.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立〜マッケンジーの誘い〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2828.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立〜尊王攘夷、倒幕に揺れる日本〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2829.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立〜尊王攘夷、朝廷に内緒で通商条約のサイン〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2830.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜清潔で平和な町長崎〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2831.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜長崎商工会議所設立〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2832.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜謎の人物 ・小曾根英四朗〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2833.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜米国宣教師フルベッキ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2834.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン〜関係本は五万冊に及ぶ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2835.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜スコットランド誕生説〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2836.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜米国位置ドル札になぜピラミッド〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2837.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」 フリーメーソン〜慈善事業へ大貢献〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2838.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜ユダヤ人、ユダヤ教の影響〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2839.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜エルサレム神殿の建造者がメーソンの元祖?〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2840.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜全民族のための宗教へ〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2842.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜ユダヤ教とローマ帝国を批判〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2843.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜十字架の刑へ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2844.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜キリスト教の成立へ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2845.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜原始キリスト教団の活躍〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2846.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜アメリカのユダヤ贔屓〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2847.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜イスラエル、中東戦争に連勝〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2848.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜米国内で大活躍のユダヤ人〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2849.html 
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶の輸出を決心〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2850.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶の商人、大浦慶〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2851.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶葉の再生工場を建設〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2852.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜五代才助に会う〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2853.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜琉球王国の危うい歴史〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2854.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜船舶を一隻受注〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2855.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜横浜へ見学の旅〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2856.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜井伊大老の暗殺〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2857.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜イングランド号、薩摩藩へ無事納入〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2858.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜長崎一の茶葉工場稼働開始〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2859.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜マッケンジーの仕事を引き継ぐ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2860.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜一大茶葉工場を建設〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2861.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜岩崎弥太郎、坂本竜馬に会う〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2862.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜船舶・武器輸出へ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2863.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜茶葉工場の移動命令〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2864.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜グルームとパートナーを組む〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2865.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜三番目の兄、ジェイムズの来日〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2866.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜兄ジェイムスと横浜へ〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2867.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜薩英戦争後、急接近〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2868.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜グラバー邸の完成〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2869.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜隠し部屋があった?〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2870.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜徳川幕府の崩壊〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2871.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜高島炭鉱の経営に乗り出す〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2872.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜所有者転々と変わる〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2873.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜助っ人、岩崎弥太郎〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2874.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜岩崎、三菱商会を設立〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2875.html








からの続き













グラバー、岩崎弥太郎と東京へ

三菱商会は廻漕(海運)会社を目的として設立された。しかし、当時は一般人の旅行客などはとても少なく、主な渡航は江戸時代から続いている三つの廻船だった。

それは、
一、菱垣(ひがき)廻船(大阪が主力で木綿、油、酒、酢、醬油)。
二、樽廻船(灘や伊丹などの酒を江戸へ運ぶ)。
三、北前船(北海道産のニシン、酒、昆布などを大阪へ運ぶ)。

しかし、明治維新により、一般庶民も通行手形などなくても自由に国内旅行を楽しむ時代となった。

海外への渡航も許されるようになると、日本の海運業は急速に発展を遂げていく。 それでも当時、日本の廻漕業者が保有していた船は、その大半が木造の帆船ばかり。

外国船の蒸気船を保有している業者は少なかった。 このため廻船業者も外国の蒸気船確保が重要なポイントになった。

一方、外国の家運会社は日本の海運業界の将来性に目をつけ、いち早く橋頭塁を築いてきた。

その先端を担ったのが、言うまでもなく英国と米国であった。 この英米両国は、新しく日本へ航路を開設、顧客と貨物の両運送を獲得すべく海運会社を設立した。

英国はシロン商会、米国はマウス商会、ドイツはハルトマン商会などである。 一方、弥太郎、グラバーが長崎で親しくしていたオルトは、オルト商会を設立、その都度一隻いくらで船を貸す「貸し船」を展開していた。

狭隘(きょうあい)な国土で天然資源に乏しい日本は、海運、造船の発達なくして日本経済の発展はありえないと痛感、政府は自らの海運会社、造船会社設立に意欲を燃やし始めた。

政府は明治三年一月、幕府から接収した汽船を交付して半官半民の会社を設立したが、メイン航路の東京〜大阪間の運賃をあまりに高く設定したため、利用客は少なく、わずか一年余りで閉鎖を余儀なくされている。

このあと改めて明治五年八月、三井、鴻池、島田組、小野組などに出資させ、「日本国郵便蒸気船会社」(本社東京)を設立した。

これに対して弥太郎の三菱商会はわずか三隻の船でスタートしているが、今後の海運業が期待できるのは、横浜を開港した東京地方だと判断、明治七年四月、本社を中央区日本橋南茅場町に移転した。

と同時に社名も三菱商会から「三菱汽船会社」と改めた。 この間、弥太郎はグラバーを通して、外国商社から借金し、東京へ本社を移した頃には、二十数隻の船舶を保有していたという。

弥太郎が東京へ本社を移管、まっ先にやらねばならないことは、国内の廻漕会社の乱立を一掃することだった。

神戸の大手紀伊国屋とのとの価格競争に勝利した三菱汽船の離散は、政府系が設立した日本国郵便蒸気船会社だった。










日本三大財閥(住友・三井・三菱)の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2721.html
政商から脱皮する財閥(住友・三井・三菱) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2722.html
安田財閥の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2725.html
安田善次郎(2代目)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2726.html
安田財閥と芙蓉グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2727.html
三井財閥本社となった三井家同族会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2743.html
三井財閥と慶応義塾「三田閥」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2745.html
財閥の大陸進出と三井物産の中国ビジネスそしてロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2746.html
三井財閥 益田孝(三井物産設立者)が育成した物産マン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2747.html








次の投稿に続く













財閥(日本・世界)シリーズ のここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html




































































2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ