renaissancejapn2020@gmail.com

2021/5/1

海を渡った マーカス・ゴールドマン  財閥(日本・世界)






クリックすると元のサイズで表示します
ゴールドマンサックスとは
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2898.html

本Blogで、ゴールドマン・サックスのシリーズの情報の出所は、「Goldman Sachs」の著者である女性のリサ・エンドリック(Lisa Endlich)氏を中心に、収集したものです。
Lisa Endlich プロフィール
-------------------------
MITでマネイジメントと都市計画の修士号を取得後、ゴールドマン・サックスに入社、外国為替部門のトレーダーとなり、VP(ヴァイスプレジデント)の肩書を得る。 退社後は夫と三人の子供とロサンゼルスに在住。

日本に関する記事は、主に国際ジャーナリスト堤未果氏の著作物を中心に取集したものです。 インターネトでデービッド・アトキンスを敵視する三橋貴明氏と藤井聡氏ですが、彼ら自身も言っていますが、彼女(堤未果)が先生と述べています。彼女の著作物・記事・情報がベースになっているケースが多く見られます。
堤未果 プロフィール
-------------------
東京生まれ、NY度立大学大学院国際関係論学科修士号。 国連、野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍中。














クリックすると元のサイズで表示します
Marcus Goldman (December 9, 1821 – July 20, 1904)



海を渡った マーカス・ゴールドマン

今日の金融界の巨人は、社員も資本もほとんどないまま、一人の移民がひっそりと興した事業が始まりでした。

ゴールドマンは、貧しい小作の牛飼いの息子で、教師でした。
1848年にヨーロッパで保守派の反革命の紛争が起きると、彼はドイツ・ババリア地方のシュワインフルトに近いバーブレベの村を出ました。

27歳の時でした。 何百万人という人々に交じって、マーカスもヨーロッパを後にする決意をしたのです。


数年間、学校で教えて、六週間の大西洋横断の旅費に宛てるお金を貯めると、アメリカに大挙して移住したユダヤ人の最初の一団に加わりました。

クーン家、リーマン家、ローブ家、セリグマン家など、「われわれ仲間」と呼ぶファミリーは、ドイツ系ユダヤ人として銀行業界で既に名を成していました。


彼らはアメリカでの工業化とともに力を増していきました。 しかし、彼らと何の縁もなかったゴールドマンは、ニュージャージーで行商人として働き始めました。





















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ