renaissancejapn2020@gmail.com

2021/9/15

FRS/FRB(連邦準備制度銀行)の仕組み  財閥(日本・世界)





クリックすると元のサイズで表示します








クリックすると元のサイズで表示します









FRS/FRB(連邦準準備制度銀行)の仕組み




戦争資金を供給する銀行、中央銀行システム
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2974.html
ジキル島の秘密会議
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2975.html
連邦準備制度への全米反対運動と成立まで
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2975.html
からの続き



連邦準備制度は、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Federal Reserve Boad. FRB)が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Bank. FRB)を統括する形をとっています。 連邦準備制度理事会は、一応連邦議会の下にある政府機関ですが、予算の割当や人事の干渉を受けません。

12の地区に設立された各連邦準部銀行は、民間の金融機関が出資する法人です。 政府や個人や非金融機関の法人は連邦準備銀行には出資できません。

アメリカ合衆国の金融政策である金利、通貨の数量と価格および債券の販売などは、連邦準備制度理事会という表看板ではなく、12ある各連邦準備銀行のなかでの実力ナンバー1の「ニューヨーク連邦準備銀行」第二地区によってきめられていきます。 「ニューヨーク連邦準備銀行」が、連邦準備制度の下で、事実上の実権を握っています。


そして、ナショナル・シティ・バンク、ナショナル・バンク・オブ・コマース、ファースト・ナショナル・バンク、ハノーバー・ナショナル・バンク、チェース・ナショナル・バンクの5行が、この「ニューヨーク連邦準備銀行」の約40%を占める大株主であったことが知られています。 その後、この上位5行の持株比率は50%を超えていきます。

この「上位5行の主な株主たち」は、ロスチャイルド家、モルガン家、クーン・ローブ商会、シフ家、ロックフェラー家、ウォーバーグ家、リーマン・ブラザーズ、ラザール・フレールなどです。 のちに、クーン・ローブ商会は、リーマン・ブラザーズと合併します。

どれもロンドン・コネクション、すなわちロスチャイルド家につながっていて、ロンドンのシティで、マーチャント・バンクとしての営業許可をイングランド銀行から受けている17行のうちの、N・M・ロスチャイルド&サンズ、モルガン・グレンフェル(モルガン家のロンドン支店)、エアザール・フレール、シュローダー銀行、ブラウン・シップレイ(ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのロンドン支店)の5行が、ニューヨーク連邦準備銀行の支配権を握っているニューヨークの「上位5行の主な株主たち」を巧みな資本関係等によって、操っていたとされています。 このアメリカ統治の多重構造の中心が、N・M・ロスチャイルド&サンズでした。



ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html



ニューヨーク以外の11の地区の連邦準備銀行も、似たような株主構造となっていますが、各地区の主要産業を所有または支配している地元の一族によっても株主が所有されます。
地元の一族は、ロスチャイルド家やロックフェラー家の影響下にある外交問題評議会、日米欧三極委員会などの地区協議会も設立していました。 このような状況であったので、ロスチャイルド家やロックフェラー家のアメリカ国内の地方で政治的な展開を妨害することはほとんど不可能でした。

12の地区連邦準備銀行は、金融政策について連邦準備制度理事会に諮問するために、「連邦諮問評議会」の委員を一人づつ選出し、年4回ワシントンで連邦準備制度理事会と会合を開くことになりました。 各委員がそれぞれの地区を代表し、かつ同等の投票権を持っていたので、民主主義が保証されたかのように見えました。 しかしながら、委員に選ばれた地方銀行の一頭取が、ポール・ウォーバーグやJ・P・モルガンたちと正面から意見を衝突させることは土台無理な話でしたし、そもそも彼らの息がかかった委員が選出されていました。

「連邦諮問評議会」の初代会長は、ファースト・ナショナル・バンク・オブ・シカゴの頭取J・B・ファーガンで6年間勤め、次の会長も同じ銀行の公認頭取でした。 ファーガンもロンドン・コネクションの人間でした。「連邦諮問評議会」で、ニューヨーク連邦準備地区を代表した委員は、J・P・モルガンで、後任はその後、10年間にわたってポール・ウォーバーグであり、彼は「連邦諮問評議会」の副会長や会長を努めました。 ふたりは連邦準備制度理事会の会合に、最初の4年間一緒に出席していました。 1920年代を通じて、ポール・ウォーバーグは連邦準備制度理事会の支配的存在でありました。


次の投稿
「中央銀行FRS/FRB 通貨発行プロセス MMT信者が勘違いするマンドレイク・メカニズム」
に続く
















日本の財閥

日本三大財閥(住友・三井・三菱)の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2721.html
政商から脱皮する財閥(住友・三井・三菱) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2722.html
ゴールドマン・サックスと住友財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2932.html
住友財閥の歴史
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2956.html
財閥解体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2957.html
財閥解体と再結集、そしてグループ化
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2958.html
山口財閥・三和グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2959.html
住友銀行の暴走と磯田会長の辞任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2960.html
三井と住友の合弁、そして住友金属工業の「白水会」脱退
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2961.html
住友家・住友グループの特徴
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2962.html
浅野財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2963.html
安田財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2964.html
鴻池財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2965.html
鮎川・久原財閥と日産・日立グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2966.html
三井財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2967.html
三菱財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2968.html
野村財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2969.html
旧鈴木財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2970.html
古河財閥・古河グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2971.html
川崎財閥(薩州財閥) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2972.html
渋沢財閥・一勧グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2973.html

















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html



4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ