renaissancejapn2020@gmail.com

2022/1/30

馬渕睦夫氏が語る今の国際情勢  財閥(日本・世界)


クリックすると元のサイズで表示します

https://www.youtube.com/watch?v=hj8EsTqbT14



安倍・高市・青山・岸田、及びその信者はよく聴きなさい。








デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html

4

2022/1/28

心霊写真を科学する  科学技術


クリックすると元のサイズで表示します




この図にあるように、400nm以下の波長光を昆虫は見ることが出来ますが、人間には見えません。

人間が見える光の波長は、可視光といって、400nm〜700nmです。


700nmより波長が長い光は、人間には見えませんが、カメラなら検知することが出来ます。



ちなみに、1nm(ナノメートル)=100万分の1mm(ミリメートル)






心霊写真を科学する

心霊写真の特徴は人には見えなかったのにカメラに写っていたと言うものです。
という事は、本当に幽霊なるものがいるとすれば700nmより波長の長い光(電磁波)を発している事になります。

早稲田大学の大槻教授がしきりにただのプラズマ現象と宣伝していましたが、火の玉ならまだしも、心霊写真なるものは明らかにただの光ではなく人の顔がくっきりと写っています。

捏造合成も考えられますが、多くの場合、中学生とか主婦が写した写真もあり、彼らがそんな高度な合成写真を作る技術を持っているとは思えません。

という事はやはり、心霊写真というものはあり、今後700nm以上の波長を放つ幽霊?の研究が必要でしょう。




もう一つのグレートリセット
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3000.html



6

2022/1/26

ロスチャイルド邸 ワデスドン・マナ-  財閥(日本・世界)






クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ワデズドンマナー ロスチャイルド家の週末ハウス Visit Rothschild's Waddesdon Manor 
https://www.youtube.com/watch?v=vp-3T9I5844




3

2022/1/19

冬休み限定版 「火の鳥」  映画・音楽・アニメ





クリックすると元のサイズで表示します


こんなん見つけましたけど。
冬休み限定 アニメーション 「火の鳥」

火の鳥 1話『黎明編 その一』
https://www.youtube.com/watch?v=gzDyWaXRP4g
火の鳥 2話『黎明編 その二』
https://www.youtube.com/watch?v=jcke8KAtFIs
火の鳥 3話『黎明編 その三』
https://www.youtube.com/watch?v=HqIA0GQUwAM
火の鳥 4話『黎明編 その四』
https://www.youtube.com/watch?v=aPndSKN0mog
額田王(ぬかだのおおきみ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/21.html

火の鳥 5話『復活編 その一』
https://www.youtube.com/watch?v=GG_5sCzlh0k
火の鳥 6話『復活編 その二』
https://www.youtube.com/watch?v=eGWq9pFQcdA
火の鳥 7話『異形編』
https://www.youtube.com/watch?v=56zlOakHkno
火の鳥 8話『太陽編 その一』
https://www.youtube.com/watch?v=_FC_JQ18YIk
火の鳥 9話『太陽編 その二』
https://www.youtube.com/watch?v=RIBXzuwuZXs
火の鳥 10話『太陽編 その三』
https://www.youtube.com/watch?v=Scn-qWAUzBY
火の鳥 11話『太陽編 その四』
https://www.youtube.com/watch?v=9weEj9IHXHY
火の鳥 12話『未来編 その一』
https://www.youtube.com/watch?v=PzJ6PTKaX04
火の鳥 13話『未来編 その二』
https://www.youtube.com/watch?v=yXnQH106N78



火の鳥 羽衣編 【公式アニメch アニメログ】
https://www.youtube.com/watch?v=vPpC_UtYkhY
手塚治虫が語る「火の鳥」の正体!火の鳥とはいったい何者なのか?「火の鳥」誕生の秘密解説!
https://www.youtube.com/watch?v=WQ4E0R2kqts
【火の鳥まとめ】全エピソード解説!火の鳥をおすすめする理由!全日本人必読書の魅力を語ります
https://www.youtube.com/watch?v=-BR2yFHdd78






もう一つのグレートリセット: 地球人類史とテクノロジー
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3000.html






デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html

4

2022/1/18

アメリカ経済を、8本の足で、がんじがらめに支配する巨大なタコ(クラーケン)  財閥(日本・世界)





クリックすると元のサイズで表示します
クラーケン(Kraken)
北欧に伝わる伝説の海の巨大生物。 天地創造の時に生まれ、世の終わりまで生き続けるという。 二匹(タコとイカ?)おり、タコの姿になることもあり、時には大漁をもたらす。






クリックすると元のサイズで表示します








アメリカ経済を、8本の足で、がんじがらめに支配する巨大なタコ


アメリカは元々、イギリスの植民地。 同じアングロサクソンで英語を母国とする両国ですが、アメリカはイギリスから独立するために多くの若者の血を流しています。特に第一次大戦を境に、世界の覇権は、大英帝国からアメリカに移り、イギリスのプライド、そしてお互いライバルとして様々な産業分野で対立しています。

アメリカ内部でも、WASP・ロックフェラー財閥をバックの米保守本流派(=共和党)とユダヤ系国際金融財閥・ロスチャイルド財閥をバックのシオニスト派(=米民主党)は激しく対立しています。

100年前、ロスチャイルドをアメリカの人々は、アメリカ経済を8本の足でがんじがらめに支配する巨大なタコに喩(たと)えました。







N・ロックフェラーの告白 : ロックフェラー一族の財産すべてがロスチャイルドの支配下にある事実
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3027.html
2012年ロックフェラーを飲み込むロスチャイルド。そして資本提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3014.html
2013年EU誕生、ロスチャイルドとロックフェラーの歴史的和解
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3016.html







ロスチャイルドシリーズ


VISA Card vs Master Card 、そして提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3017.html
ロスチャイルドとロックフェラー、和歴史的解の背景 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3018.html
ロシア革命、共産主義者達を支援したロスチャイルド財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3019.html


朱鎔基(しゅようき)副首相、北京でNMロスチャルド銀行会長=イブリン・ロスチャイルドと会見 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3020.html
東アジアにおける大英帝国・旧利権の崩壊
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3021.html
米ロックフェラー財閥も英ロスチャイルド財閥も元はドイツ出身
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3022.html
ジェイムズ・ベーカーとジョージ・ソロス、そしてカーライルGr
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3023.html
米民主党はユダヤ人と黒人のための政党、そしてオバマ大統領の誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3024.html
プラザ合意
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3025.html
長銀(現・新生銀行)、リップルウッド、そしてSBIホールディングス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3026.html





ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク(ロスチャイルドの鉱山会社)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html
エドモン・ド・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2659.html
ロイター通信 と ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2660.html
タイタニック と ロスチャイルド縁戚関係の3財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2663.html
ロシア革命とユダヤ人迫害(ポグロム) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2683.html
日露戦争とクーン・ローブ商会・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2684.html
ロシア革命 と明石大佐 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2685.html
ハリウッド と ナチス  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2688.html
2つの結婚行進曲 メンデルスゾーンとワグナー 
セシル・ローズとデビアス社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2694.html
哲学者プラトンと共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2695.html
ミルナーズ・キンダーガルテン(ミルナーの幼稚園)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2696.html
セシル・ローズ=ミルナーグループのメディア支配
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2697.html
セシル・ローズの秘密ネットワークに加わるロックフェラー、モルガン、ラザールフレール  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2699.html
英国きっての政治・金融権力者に上り詰めたミルナー卿
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2702.html



ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html











デジタル新世界「グレートリセット」シリーズ

デジタル新世界「グレート・リセット」と ID2020
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2979.html
デジタル新世界「グレート・リセット」と ロックフェラー財団のコロナ・パンデミック予言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2980.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 ショック・ドクトリンhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2981.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 牧島かれん・デジタル大臣に就任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2983.html
安倍政権下での日中スーパーシティ協力覚書締結
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2984.html
公共が消えた自治体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2985.html
4600億円利権「GIGAスクール構想」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2986.html
オンライン教育というドル箱
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2987.html
デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html
新韓銀行とゆうちょ銀行の提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2990.html
NTTクレジットカード決済システム「CAFIS」そして全国銀行協会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2991.html
デジタル庁をチェックせよ 安倍・高市は保守か?
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2992.html
RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIP 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html
ダボス会議、javascript:dispOptionForm('tmplArea');アトランティック・カウンシル、ビルダーバーグ会議、三極委員会、そして宮澤喜一
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2995.html
中国の経済発展はロックフェラーが決めた
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2997.html
岸信介、安倍晋三の中韓利権と日中関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2998.html
朝鮮・李王朝に嫁入りした、梨本宮家・方子(なしもとみや・まさこ) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2999.html
もう一つのグレートリセット
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3000.html
安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html


国際金融財閥のグレートリセットシリーズ開始
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3002.html
米保守本流派 vsシオニスト派-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3003.html
米保守本流派 vs シオニスト派-2 石油利権
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3004.html
米保守本流派 vs シオニスト派-3 通信社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3005.html
米保守本流派 vs シオニスト派-4 メディア 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3006.html
米保守本流派 vs シオニスト派-5 証券・投資銀行
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3007.html
米保守本流派 vs シオニスト派-6 銀行(金融)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3008.html
米保守本流派 vs シオニスト派-7 産業
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3009.html
ニクソン訪中、日中国交回復そしてカーギル
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3010.html
ニクソンと毛沢東、カーターとトウ小平、そしてロックフェラー財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3011.html
不気味な「アメリカ解体」 発言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3012.html
ジョージ・ソロス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3013.html
2012年ロックフェラーを飲み込むロスチャイルド。そして資本提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3014.html
2013年EU誕生、ロスチャイルドとロックフェラーの歴史的和解
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3016.html
VISA Card vs Master Card 、そして提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3017.html
ロスチャイルドとロックフェラー、和歴史的解の背景 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3018.html
ロシア革命、共産主義者達を支援したロスチャイルド財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3019.html
朱鎔基(しゅようき)副首相、北京でNMロスチャルド銀行会長=イブリン・ロスチャイルドと会見 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3020.html
東アジアにおける大英帝国・旧利権の崩壊
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3021.html
米ロックフェラー財閥も英ロスチャイルド財閥も元はドイツ出身
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3022.html
ジェイムズ・ベーカーとジョージ・ソロス、そしてカーライルGr
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3023.html
米民主党はユダヤ人と黒人のための政党、そしてオバマ大統領の誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3024.html
プラザ合意
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3025.html
長銀(現・新生銀行)、リップルウッド、そしてSBIホールディングス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3026.html
N・ロックフェラーの告白 : ロックフェラー一族の財産すべてがロスチャイルドの支配下にある事実
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3027.html
アメリカ経済を、8本の足で、がんじがらめに支配する巨大なタコ(クラーケン)  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3028.html


デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html

5

2022/1/16

N・ロックフェラーの告白 : ロックフェラー一族の財産すべてがロスチャイルドの支配下にある事実  財閥(日本・世界)





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します
ネルソン・アルドリッチ・ロックフェラー(1908-1979)
Nelson Aldrich Rockefeller

1908年7月8日、メイン州バー・ハーバーで生まれる。ジョン・ロックフェラー2世の次男で、姉が1人、その後、弟が3人生まれた。父方の祖父はスタンダード石油の創業者ジョン・ロックフェラー、母方の祖父は共和党保守派の実力者、ネルソン・W・オルドリッチ上院議員(ロードアイランド州選出)である。またアーカンソー州知事を務めた(1967年-1971年)ウィンスロップ・ロックフェラーは四男、チェース・マンハッタン銀行のCEOを務めたデイヴィッド・ロックフェラーは五男で末弟である。ジェイ・ロックフェラー上院議員(民主党、ウェストヴァージニア州選出、1985年-)は兄ジョン・ロックフェラー3世の子で、甥に当たる。 wiki






ネルソン・ロックフェラーの告白 : ロックフェラー一族の財産すべてがロスチャイルドの支配下にある事実

ニクソン大統領がウォーターゲート事件を仕掛けられて退任し、副大統領のジェラルド・フォードが大統領になりました。 フォードは1974年、ネルソン・ロックフェラーを副大統領に指名。

上院の諮問委員会に出席したネルソン・ロックフェラーは、所得税をただの1ドルも納めていない事を指摘されました。 ネルソン・ロックフェラーは財政担当役員のディルワースを承認台に立たせ、ロックフェラー一族の財産すべてがロスチャイルドの支配下にある事実を証言させました。

ロックフェラー財団から役員手当を支給されているだけだと、ネルソン・ロックフェラーは「告白」したのです。

国以来、間違いなくアメリカを支配し続けたのは、イギリスのロンドン・シティに住みついたロスチャイルドを中心とする国際金融寡頭勢力です。 アメリカ人にはその姿を鮮明に知ることはできません。 内部に入る敵を知るのは難しいからです。

その内部の敵は、巧妙に姿を隠し、メディアを支配し、事実を隠し続けています。 彼らは大西洋の向こう側からFRBとウォール街を支配し、ロンドン・シティ=ウォール街枢軸を形成しているのです。 この枢軸があbbグロサクソン主義を採用し、全世界を実質、この地球上を支配しています。 恐らく後100年は、アングロサクソンの時代は続くでしょう。

考えても見て下さい、彼らの金融資本力、軍事力、産業力、地下資源、食料支配、情報力、メディア統制、っして政治力。 何一つとっても隙はありません。


ロックフェラー財団から生活費を貰っていただけの落ち目の90歳を超えた老人のデイヴィッド・ロックフェラー(1915-2017、101歳没)を「世界皇帝」に仕立てて、表舞台に立たせ、彼らは世界秩序(ワールド・オーダー)を常に考えていたし、今もそうです。我々は気が付かないだけで、彼らの掌のひらの上で踊らされ続けているのです。







「世界皇帝」デイヴィッド・ロックフェラーが語った2012年の世界


クリックすると元のサイズで表示します

David Rockfeller(1915-2017)、101歳没


デイヴィッド・ロックフェラーは、1990年4月(マリンズ『世界権力構造の秘密』)。

執筆者たちは、世界がいま経済的相互依存を超えて環境的相互依存へ、つまり両者の相互調和へと移行し津tあることを明らかにしている。 ジム・マクニール(報告書執筆者)はリオへの道すがら、私に助言を行った。 リオはこれまで開催された会議の中で最大のサミット会議となるだろう。

この会議は、世界共同体n安全かつ持続的な未来を保証するために、国家的および国際的な経済課題に必要とされる基本的変化と、わが国の統治機関に必要とされる基本的変化とを産み出す政治的資格をもつことになるだろう。

2012年までに、こうした変化がわれわれの経済的・政治的生活に完全に溶け込まなければならない。



D・ロックフェラーは何故、1990年の時点で、「・・・2012年までに」と述べたのでしょうか? それは12年後のロックフェラー財閥とロスチャイルド財閥の和解、激しく争ってきた双方のグループ企業の連携というダイナミックな歴史的な出来事で、後になって分かるのです。


これは、ロスチャイルドを中心とする国際金融寡頭勢力が2012年までに、新しい世界共同体を創り出す計画を持っており、デイヴィッド・ロックフェラーにその趣旨を伝えていたと言う事です。

「・・・世界共同体に安全かつ持続的な未来を保証する」とは、新しい新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)を2012年までにつくり、この秩序に従う者には安全と持続的な未来を保証すると言う事です。

一方で、この秩序に反抗する者たちはどうなるのか。彼らは貧窮生活を続けるか、この世から葬り去られるだけの話です。


12というすうじがやたらでてきますが、何か暗示しているのでしょね。 イスラエル12氏族、イエス・キリストもユダヤ人ですが、弟子の数は12人。 関係ないかもしれませんが、マヤの歴では決定的な移行が2012年12月12日に起ると予言する人もいます。



2012年ロックフェラーを飲み込むロスチャイルド。そして資本提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3014.html
2013年EU誕生、ロスチャイルドとロックフェラーの歴史的和解
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3016.html
VISA Card vs Master Card 、そして提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3017.html
ロスチャイルドとロックフェラー、和歴史的解の背景 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3018.html
ロシア革命、共産主義者達を支援したロスチャイルド財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3019.html
朱鎔基(しゅようき)副首相、北京でNMロスチャルド銀行会長=イブリン・ロスチャイルドと会見 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3020.html
東アジアにおける大英帝国・旧利権の崩壊
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3021.html
米ロックフェラー財閥も英ロスチャイルド財閥も元はドイツ出身
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3022.html

























デジタル新世界「グレートリセット」シリーズ

デジタル新世界「グレート・リセット」と ID2020
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2979.html
デジタル新世界「グレート・リセット」と ロックフェラー財団のコロナ・パンデミック予言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2980.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 ショック・ドクトリンhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2981.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 牧島かれん・デジタル大臣に就任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2983.html
安倍政権下での日中スーパーシティ協力覚書締結
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2984.html
公共が消えた自治体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2985.html
4600億円利権「GIGAスクール構想」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2986.html
オンライン教育というドル箱
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2987.html
デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html
新韓銀行とゆうちょ銀行の提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2990.html
NTTクレジットカード決済システム「CAFIS」そして全国銀行協会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2991.html
デジタル庁をチェックせよ 安倍・高市は保守か?
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2992.html
RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIP 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html
ダボス会議、javascript:dispOptionForm('tmplArea');アトランティック・カウンシル、ビルダーバーグ会議、三極委員会、そして宮澤喜一
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2995.html
中国の経済発展はロックフェラーが決めた
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2997.html
岸信介、安倍晋三の中韓利権と日中関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2998.html
朝鮮・李王朝に嫁入りした、梨本宮家・方子(なしもとみや・まさこ) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2999.html
もう一つのグレートリセット
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3000.html
安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html


国際金融財閥のグレートリセットシリーズ開始
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3002.html
米保守本流派 vsシオニスト派-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3003.html
米保守本流派 vs シオニスト派-2 石油利権
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3004.html
米保守本流派 vs シオニスト派-3 通信社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3005.html
米保守本流派 vs シオニスト派-4 メディア 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3006.html
米保守本流派 vs シオニスト派-5 証券・投資銀行
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3007.html
米保守本流派 vs シオニスト派-6 銀行(金融)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3008.html
米保守本流派 vs シオニスト派-7 産業
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3009.html
ニクソン訪中、日中国交回復そしてカーギル
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3010.html
ニクソンと毛沢東、カーターとトウ小平、そしてロックフェラー財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3011.html
不気味な「アメリカ解体」 発言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3012.html
ジョージ・ソロス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3013.html
2012年ロックフェラーを飲み込むロスチャイルド。そして資本提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3014.html
2013年EU誕生、ロスチャイルドとロックフェラーの歴史的和解
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3016.html
VISA Card vs Master Card 、そして提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3017.html
ロスチャイルドとロックフェラー、和歴史的解の背景 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3018.html
ロシア革命、共産主義者達を支援したロスチャイルド財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3019.html
朱鎔基(しゅようき)副首相、北京でNMロスチャルド銀行会長=イブリン・ロスチャイルドと会見 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3020.html
東アジアにおける大英帝国・旧利権の崩壊
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3021.html
米ロックフェラー財閥も英ロスチャイルド財閥も元はドイツ出身
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3022.html
ジェイムズ・ベーカーとジョージ・ソロス、そしてカーライルGr
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3023.html
米民主党はユダヤ人と黒人のための政党、そしてオバマ大統領の誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3024.html
プラザ合意
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3025.html
長銀(現・新生銀行)、リップルウッド、そしてSBIホールディングス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3026.html
N・ロックフェラーの告白 : ロックフェラー一族の財産すべてがロスチャイルドの支配下にある事実
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3027.html



デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html















日本の財閥

日本三大財閥(住友・三井・三菱)の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2721.html
政商から脱皮する財閥(住友・三井・三菱) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2722.html
ゴールドマン・サックスと住友財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2932.html
住友財閥の歴史
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2956.html
財閥解体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2957.html
財閥解体と再結集、そしてグループ化
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2958.html
山口財閥・三和グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2959.html
住友銀行の暴走と磯田会長の辞任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2960.html
三井と住友の合弁、そして住友金属工業の「白水会」脱退
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2961.html
住友家・住友グループの特徴
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2962.html
浅野財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2963.html
安田財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2964.html
鴻池財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2965.html
鮎川・久原財閥と日産・日立グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2966.html
三井財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2967.html
三菱財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2968.html
野村財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2969.html
旧鈴木財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2970.html
古河財閥・古河グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2971.html
川崎財閥(薩州財閥) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2972.html
渋沢財閥・一勧グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2973.html



ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html
3

2022/1/12

長銀(現・新生銀行)、リップルウッド、そしてSBIホールディングス  財閥(日本・世界)





クリックすると元のサイズで表示します




ジョージ・ソロス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3013.html
2012年ロックフェラーを飲み込むロスチャイルド。そして資本提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3014.html
2013年EU誕生、ロスチャイルドとロックフェラーの歴史的和解
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3016.html
VISA Card vs Master Card 、そして提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3017.html

ロスチャイルドとロックフェラー、和歴史的解の背景 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3018.html
ロシア革命、共産主義者達を支援したロスチャイルド財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3019.html
朱鎔基(しゅようき)副首相、北京でNMロスチャルド銀行会長=イブリン・ロスチャイルドと会見 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3020.html
東アジアにおける大英帝国・旧利権の崩壊
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3021.html
米ロックフェラー財閥も英ロスチャイルド財閥も元はドイツ出身
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3022.html
ジェイムズ・ベーカーとジョージ・ソロス、そしてカーライルGr
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3023.html
米民主党はユダヤ人と黒人のための政党、そしてオバマ大統領の誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3024.html
プラザ合意
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3025.html

からの続き







安倍政権での親中政策

習近平を国賓で招待した親中の安倍政権。 安倍首相は、親中で有名な二階を幹事長に据え、2016年には高市早苗を総務大臣に任命し、ソフトバンクと組み(癒着)Huaweiの基地局を大量導入。

安倍首相は、尖閣防衛をアメリカにお願いしておきながら、トランプ(アメリカ)を裏切り、習近平を国賓で招待、そして安倍政権下で日本の国土を中国に売り渡しました。


「基地周辺の土地買収、中国系など外資が700件 政府が確認」 出所 産経ニュース



高市早苗は、松下政経塾卒業後、反日・親中韓の小沢一郎率いる新進党に入党し、小沢と組んで反日活動をしていたバリバリのリベラルド左翼。 先日再婚でメディアを賑わせました相手の松本拓も小沢率いる新進党に入党し小沢と反日活動を行っていたド左翼。 ド左翼同士、話が合うのでしょう。








Huawei

2017年のソフトバンクのメーカー別基地局のシェアは、Huawei59.9%、エリクソン1.2%、ノキア15.5%、ZTE8.1%(総務省データ)とあるように高市は演説とは異なり、安倍同様になかなかの親中ぶりを発揮しています。 これにより、中国はスパイ活動をお請わなくても、政府・個人情報、および通信のやり取りは全てHuaweiのデーターセンターに蓄積され、中国政府、Huaweiに合法的に筒抜け。 これは小沢が韓国人女性を秘書につけ、政治情報を合法的に韓国に筒抜けにした手口と同じです。


技術的にHuaweiでなければならなかったわけではありません。 その証拠に同時期の高市総大臣下で、NTTdocomoやKDDIの基地局にHuaweiは全く採用されていません。

2017年のNTTdocomoとKDDIが採用した基地局のシェアは、

・NTTdocomoでは富士通38.5%、NEC38.5%、ノキア21.4%、エリクソン1.6% 。

・KDDIでは、サムソン66.3%、エリクソン37.4%、ノキア6.3%
とHuaweiはありません。Huaweiなど必要がないという論より証拠です。

というか、元々携帯電話は基地局は第一世代からエリクソン、ノキア、モトローラがシェアを牛耳っており、日本国内でもNECと富士通は十分すぎる実績がありあります。




こんな記事も。
「安倍晋三が担ぐ高市早苗」が安倍派でものすごく嫌われる理由
2021.11.23 週刊ダイヤモンド記事






そして、2019年1月、安倍政権下の二階派の片山さつき・地方創生担当大臣(当時)は中国の監視社会化されたスーパーシティを自ら訪問し視察。 同8月、安倍政権下で安倍-片山主導で、中国政府との間で日中間でのスーパーシティ構想に関する情報共有などの協力を強化する覚書を交わしています。












ユニクロ


ご存知の通り、ユニクロはウィグル問題で、欧米先進国で不買運動されているコテコテの親中の企業です。 安倍首相とユニクロの柳井社長はお友達、ユニクロ(ファーストリティロング)の株を大量に日銀に購入させ、柳井社長は、個人資産が大企業の売上げレべルの数兆円となり、世界的大富豪になりました。

そしてユニクロの一番の大株主は日銀で、20%以上を保有しているという異常さで、欧米先進国もこのインチキに非難。

またソフトバンクが3ケ月で7001憶円の大赤字を出し、倒産が噂された時も日銀に大量に株を購入させ買い支えました。

そして誰もが知る、ソフトバンクが巨額の利益をあげてもペテン禿(自分で言っている)こと、孫社長は1銭たりとも税金を支払っていないと言う事実。








安倍・高市・SBIホールディングス北尾社長の悪だくみ


安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html
習近平国賓 → Huawei →PayPay→ CIPS → RCEP →デジタル人民元

Huawei導入そのものも問題ですが、実はこれをきっかけに、日本にとってもっと重要な大問題が発生しており、どうしようもないレベルにまで来ているので、未だ分かっていない人が多いようなので紹介します、









【CAFIS(キャフィス)、NTTの独占だった安心安全のクレジットカード決済システム】

VISAカードなどクレジットカード決済のシステムはNTT(旧電電公社)が開発したCAFIS(キャフィス)が国内独占市場でした。

サービスを開始した1984年から一度もトラブルなく、1回の手数料3.15円という安価、一度も値上げした事のない安心・安全のシステム。 安倍政権で法改正までして、PayPay(大株主は中国ノアリババ)が導入され、NTTのCAFISの牙城は崩されました。PayPayハッキングを受けた?とし、2000万件の情報流出。

PayPayは政府支援の下急拡大し、気が付けば、現在3000万人以上の登録者数。

SBIホールディングスの北尾吉孝社長は、2019年、民間企業の経営者として初めて中国投資協会の戦略投資高級顧問に就任。 同年、ソフトバンクとyahooが設立したPayPayと提携し、2020年にはCAFISを通さなくても住信SBIネット銀行からの入金サービス開始。

ご存知、安倍さんとお友達の国家戦略特区の中心メンバーの竹中平蔵は、PayPayと業務提携するSBIホールディングスの社会取締役。 また人材派遣業の会社パソナの会長。

この癒着により日本では今日の非正規化が進み、このコロナ下で、非正規社員がいとも簡単に解雇となり、職を失い、多くの20代の働き盛りの若者たちがホームレスを強いられていいます。

またパソナは外国人労働者斡旋事業をもやっており、多くの外国人労働者が日本に流入し、日本人若者の職を奪っています。 学生さんや主婦が生活費稼ぐためのコンビニでのバイトなど。











【CIPS(デジタル人民元クロスボーダー決済システム)】

国際貿易・為替取引での国際銀行間の取引(送金など)はご存知のSWIFTを使ったドル決済が世界標準。

安倍政権下で三菱UFJ銀行とみずほ銀行の中国法人を筆頭にCIPSに参加させて、CIPSに参加する銀行数が一番多いのが日本という現実。

これまた、ドル決済のSWIFTの牙城の一角を崩しました。RCEPでデジタル人民元決裁の大きな波がやってこようとしています。







【一帯一路・RCEPも安倍政権】

>中国が一帯一路を提唱したのが2013年、そしてRCEPは21012年11月に交渉開始と、ほぼ同時期に始まっています。 この2つは繋がっており、中国の世界覇権掌握のための政策です。

日本では、第一次安倍内閣(2007年に成立)第二次安倍内閣(2012年12月16日成立)以降、主に安倍政権が交渉に当たってきました。

2019年12月22日に北京で第12回日中韓経済貿易大臣会合が開催され、日本の経済産業省は「RCEPについては、RCEPの早期署名に向け、2019年11月に発出された共同首脳声明に基づいてより一層の努力をすることで一致」と発表。

2020年7月30日、親中になびく安倍政権を米シンクタンクCSISが非難。
2020年8月23日安倍首相は入院もしていませんでしたが健康を理由に電撃辞任。 日米関係に何が起こっているのか自明です。


2020年9月26日、菅政権発足。
基本、安倍政権の政策を引き継ぐ菅政権で、2020年11月15日、第4回脳会議がテレビ会議で開催され、その席上で地域的な包括的経済連携協定の署名式が行われました。

日本は、茂木外務大臣は別途署名を済ませており、署名式においては、菅総理大臣立ち会いの下、梶山経済産業大臣が署名し、両大臣の連署となっています。


このように安倍政権下で全て決まっていた事なのであります。



RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIP 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html

クリックすると元のサイズで表示します









極めつけはこれです。







【新生銀行をSBIホールディングスが買収】

>安倍首相が習近平を国賓で招待したのが2019年、前記のようにRCEPに合意したのも2019年、そしてSBIホールディングスが新生銀行の株を大量に購入しはじめたのも2019年、

そして安倍政権の政策を引き継ぐ菅政権下の021年9月に、北尾吉孝社長が率いるSBIが新生銀行にTOBを仕掛け、

2021年自民党の総裁選が行われているドサクサにSBIは新生銀行を子会社化。 新生銀行は202022年2月初旬にも臨時株主総会を開催予定。

SBIが提案した会長候補の五味広文元金融庁長官、社長候補の川島克哉SBI副社長らが選任されるのは確実な情勢である事が、2021年12月7日に報じられています。


SBI、新生銀を連結子会社化 来年2月に新体制
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021121701041&g=eco



まだ何が起こるかはしばらく様子を見ないと分かりませんが、日本政府とSBIはこの新生銀行を第4のメガバンクにし、デジタル人民元を導入するつもりであると予想します。








それでは、この新生銀行(元は国有であった日本長期信用銀行)の成立ちを説明したいと思います。 これまたドラスチックで、まさに、金融のグレートリセットです。






長期信用銀行銀(現・新生銀行)、リップルウッド・ホールディングス、そしてゴールドマン・サックス

1998年に経営破綻し、一時国有化された日本長期信用銀行(現・新生銀行)を、日本政府は米投資・米企業再生ファンドのリップルウッドや、他国の銀行から成る投資組合「ニューLTCBパートナーズ」(New LTCB Partners CV)に10億円で売却しました。

代表取締役(2004年(平成16年)6月の委員会等設置会社移行に伴い代表執行役)会長兼社長にエクソンモービルやシティバンクで日本代表を務めた八城政基が就任。同年6月に「新生銀行」に改称。

新生銀行の取締役会には、スタンフォード大学のMichael Boskin博士、サンタンデール銀行会長のEmilio Botin、リップルウッドのTimothy C. Collins、新日鉄(新日本製鐵)(現・日本製鉄)名誉会長の今井敬、日銀の可児滋、三菱商事の槙原稔、UBSペインウェーバーのDonald B. Marron、メロン・フィナンシャル会長兼社長のMartin G. McGuinn、ロックフェラーグループ元会長のDavid Rockefeller Jr.、他5名と、超豪華メンバーが席を占めました。

この売却のアドバイザーが、ロスチャイルド財閥が背後にいる、巨大ユダヤ系投資銀行のゴールドマン・サックス、
及びそれと並ぶモルガン・スタンレーでした。

ゴールドマン・サックスは2003年には三井住友フィナンシャルグループの増資引き受けをしました。

ゴールドマン・サックスの日本法人が投資している例を列記すると切りがありません。

2003年にはダイエーから4件のホテルを買収。 2004年にはソフトバンクによる日本テレコム買収でソフトバンクのアドバイザーになっています。 2006年には三洋電機の優先株も引き受け、三洋電機は実質的にゴールドマン・サックスの支配下に置かれました。

ゴールドマン・サックスとは、三井住友FGが行動を共にしており、ソフトバンクはゴールドマン・サックスのグループ企業になっていました。 ゴールドマン・サックスが投資しているのは、日本の企業だけではありません。

中国の奥雄商業銀行・中国商用銀行の株式25億8000万ドル(5.8%)相当を取得いています。同行は2006年10月に上場し、世界最大のIPO(新規株式公開)となりました。

中国商用銀行と三井住友FGがゴールドマン・サックスのアジアにおける戦略パートナーです。








ウォーレン・バフェットとゴールドマン・サックス

リーマン・ショック後も、ゴールドマン・サックスに投資しているウォーレン・バフェット率いる米バークシャー・ハザウェイ者ですが、かつて日本株を暴落させた日経平均オプションの「プット売り」に挑戦しています。

2009年6月末の元本の想定総額は375億ドル。 米欧株のプット売りと並んで日本が入っています。

このプット売り手側は、株価が一段と下がると損失を被りますが、一定水準を維持すれば権利料(プレミアム)で安定的に稼げます。


この問題は、日本経済新聞(2009年10月6日付け)の「不均衡是正の罠」という記事に出ています。

この「新日軽平均オプション」のプット売りを作ったのは、ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーの2強の投資銀行。 いつの日か、日本の株価が暴落する。 そのために大きな罠が仕掛けられたのです。

「米欧株のプット売りと並んで日本が入っているというのは、世界中の株価を同時に暴落させて大儲けしようとする金融マフィア(彼らは金融サイエンティストと呼んでいる)が確実に存在している事を証明しています。
誰も株価が暴落して嬉しいわけないですからね。

米バークシャー・ハザウェイ者の背後にいるのはゴールドマン・サックス。ウォーレン・バフェットはジョージ・ソロスととmに金融マフィア(金融サイエンティスト)の端くれ。


ゴールドマン・サックスが日本で活躍し続けるのは、株価大暴落後の底値での日本買いを狙っているからです。

1989年12月29日、日本の株式市場は3万8915円の史上最高値でしたが、21990年に入ると大暴落しました。

我々日本人は、ユダヤ英金融資本の金融マフィア(金融サイエンティスト)によるマネーゲームと、

安倍・高市・そSBIホールディングス北尾吉孝らによる、第4のメガバンクができ、Huawei導入 、中国版TPPのRCEP、RCEP、PayPay、CIPS、デジタル人民元を使わされ、中国の植民地にならないように戦い続けなければならないのです。

事実関係は上述の通り。 全てFACT情報。






















デジタル新世界「グレートリセット」シリーズ

デジタル新世界「グレート・リセット」と ID2020
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2979.html
デジタル新世界「グレート・リセット」と ロックフェラー財団のコロナ・パンデミック予言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2980.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 ショック・ドクトリンhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2981.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 牧島かれん・デジタル大臣に就任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2983.html
安倍政権下での日中スーパーシティ協力覚書締結
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2984.html
公共が消えた自治体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2985.html
4600億円利権「GIGAスクール構想」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2986.html
オンライン教育というドル箱
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2987.html
デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html
新韓銀行とゆうちょ銀行の提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2990.html
NTTクレジットカード決済システム「CAFIS」そして全国銀行協会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2991.html
デジタル庁をチェックせよ 安倍・高市は保守か?
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2992.html
RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIP 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html
ダボス会議、javascript:dispOptionForm('tmplArea');アトランティック・カウンシル、ビルダーバーグ会議、三極委員会、そして宮澤喜一
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2995.html
中国の経済発展はロックフェラーが決めた
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2997.html
岸信介、安倍晋三の中韓利権と日中関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2998.html
朝鮮・李王朝に嫁入りした、梨本宮家・方子(なしもとみや・まさこ) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2999.html
もう一つのグレートリセット
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3000.html
安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html


国際金融財閥のグレートリセットシリーズ開始
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3002.html
米保守本流派 vsシオニスト派-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3003.html
米保守本流派 vs シオニスト派-2 石油利権
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3004.html
米保守本流派 vs シオニスト派-3 通信社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3005.html
米保守本流派 vs シオニスト派-4 メディア 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3006.html
米保守本流派 vs シオニスト派-5 証券・投資銀行
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3007.html
米保守本流派 vs シオニスト派-6 銀行(金融)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3008.html
米保守本流派 vs シオニスト派-7 産業
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3009.html
ニクソン訪中、日中国交回復そしてカーギル
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3010.html
ニクソンと毛沢東、カーターとトウ小平、そしてロックフェラー財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3011.html
不気味な「アメリカ解体」 発言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3012.html
ジョージ・ソロス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3013.html
2012年ロックフェラーを飲み込むロスチャイルド。そして資本提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3014.html
2013年EU誕生、ロスチャイルドとロックフェラーの歴史的和解
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3016.html
VISA Card vs Master Card 、そして提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3017.html
ロスチャイルドとロックフェラー、和歴史的解の背景 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3018.html
ロシア革命、共産主義者達を支援したロスチャイルド財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3019.html
朱鎔基(しゅようき)副首相、北京でNMロスチャルド銀行会長=イブリン・ロスチャイルドと会見 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3020.html
東アジアにおける大英帝国・旧利権の崩壊
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3021.html
米ロックフェラー財閥も英ロスチャイルド財閥も元はドイツ出身
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3022.html
ジェイムズ・ベーカーとジョージ・ソロス、そしてカーライルGr
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3023.html
米民主党はユダヤ人と黒人のための政党、そしてオバマ大統領の誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3024.html
プラザ合意
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3025.html
長銀(現・新生銀行)、リップルウッド、そしてSBIホールディングス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3026.html



デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html















日本の財閥

日本三大財閥(住友・三井・三菱)の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2721.html
政商から脱皮する財閥(住友・三井・三菱) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2722.html
ゴールドマン・サックスと住友財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2932.html
住友財閥の歴史
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2956.html
財閥解体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2957.html
財閥解体と再結集、そしてグループ化
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2958.html
山口財閥・三和グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2959.html
住友銀行の暴走と磯田会長の辞任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2960.html
三井と住友の合弁、そして住友金属工業の「白水会」脱退
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2961.html
住友家・住友グループの特徴
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2962.html
浅野財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2963.html
安田財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2964.html
鴻池財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2965.html
鮎川・久原財閥と日産・日立グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2966.html
三井財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2967.html
三菱財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2968.html
野村財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2969.html
旧鈴木財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2970.html
古河財閥・古河グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2971.html
川崎財閥(薩州財閥) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2972.html
渋沢財閥・一勧グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2973.html



ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html


4

2022/1/10

プラザ合意  財閥(日本・世界)






クリックすると元のサイズで表示します
ジェイムズ・アディソン・ベイカー(James Addison Baker, 1930年- )
レーガン政権下でのプラザ合意当時は財務長官
後のブッシュ政権下では国務長官






1985年9月22日、米英日独仏の先進5ケ国の蔵相、中央銀行総裁がニューヨークのプラザホテルに集まり、主要通貨の対米ドル切り上げを決めました。 世にいう「プラザ合意」です。

会議に出席したのは、アメリカ財務長官のジェイムズ・ベイカー、イギリス蔵相のナイジェル・ローソン、日本の竹下登蔵相、西ドイツ財務相のゲルハルト・シュトルテンベルク、フランス経済財政相のピエール・ベ、レゴヴォワ。



日本はアメリカの財務長官ジェイムス・ベーカーの圧力に屈し、円高・ドル安政策に同意。 この合意の後に、1ドル=250円だった為替レートが149円まで急上昇しました。

また、アメリカは日本銀行の政策金利を下げさせました。 日本の公定歩合は2.5%まで下がります。 この公定歩合引き下げにより、異本のマーケットに流動性が生まれ、膨大な資金が株式市場に溢れました。

株式市場は活気づき、株価は上昇。その株価上昇指数は年率40%にも達しました。 また、不動産市場に円が溢れて巨大な金融バブルが生まれました。

円高が進む中、輸出は減少しましたが、企業は銀行から低金利の融資を得て株式市場に投資。 後に落とされるも知らずに・・・。 株価はさらに上昇し、日本の銀行は世界の大銀行の上位を独占するようになりました。 強大な金融力を持つに至った日本の銀行や大企業は、海外の不動産を次々と買収。 日本人の土地神話の誕生です。 アホか?


1989年12月29日、日本の株式市場は3万8915円とい市場最高値をつけました。 この株価がどうして暴落したのか? ロスチャイルドの代理人であるアメリカのモルガン・スタンレーを中心とする投資銀行が株価指数のオプション取引という新しい金融商品を売り出しました。

モルガン一族は英国ウェールズ出身の敬虔なプロテスタント、いわゆるWASPですが、ユダヤ人差別でアメリカ市場に参入できなかったロスチャイルドがモルガンを代理人としてアメリカ市場に参入し、巨大になったのがモルガン財閥です。



アメリカに渡ったモルガン一族の先祖
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2757.html
J・P・モルガンの誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2758.html


ロスチャイルドとモルガンの関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2755.html
ベルモント財閥とロスチャイルド、モルガンそしてペリー提督
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2756.html
ゴールドマン・サックスと NMロスチャイルド、そしてベルモント財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2913.html



日経平均株価の指数が下がればアメリカの勝ち、逆に指数が上がれば日本の勝ち。 上昇を続ける株価に踊らされた日本の保険会社などが、この新商品をこぞって購入。 これまたロスチャイルドの子飼いのユダヤ系金融投資銀行のゴールドマン・サックスは日経指数が下がりだせば利益が支払われる日経プットワラントを世界中に売り出しました。

その1ケ月後、日本の株式市場は全面崩壊し始めます。 日本は、ユダヤ系金融資本とつながるアメリカの政治家に見事に騙されたわけです。 ゴールドマン・サックスと金融マフィア(彼らは金融サイエンティストと呼んでいます)が日本経済を弱体化させるために売った芝居でした。

これで第二次世界大戦での敗北に匹敵する財産を日本は失いました。 1990年からの10年間は「失われた10年」と呼ばれています。またしても、すべての価値感がお金の、ユダヤ系のゴールドマン・サックスにしてやられてしまったのです。


前回の投稿のリーマン・ショックでは、バブル崩壊の前には、ヘリコプター・ベンこと、ユダヤ人のベンジャミン・バーナンキがバブルを創り出し、

プラザ合意後のバブルはユダヤ金融財閥ロスチャイルドのアメリカでの代理人のモルガンがしっかりとバブルを創り出し、

その後、怪しげな金融商品で、バブル崩壊・企業倒産で儲けるようにして金融マフィア(彼らは金融サイエンティストと呼んでいますが)よって、大不況が創り出されているわけです。

ちなみにゴールドマン・サックスは、ユダヤ人のマーカス・ゴールドマンが江戸時代後期の1848年にドイツからアメリカに渡る事を決心しアメリカに渡った移民で、明治2年(1869年)にニューヨーク、マンハッタンの南にあるパインストリートにマーカス・ゴールドマン商店を開業したのが最初の創業。ちなみに南北戦争が終わったのが、江戸末期の1865年。

末娘ルイーザがドイツのバイエルン地方から移住してきたユダヤ人サム・サックスと結婚。 明治15年(1882年)、マーカス・ゴールドマンは義理の息子サム・サックスを家業に招き入れ、社名をM・ゴールドマン・アンドサックスと改名したのが、コールドマン・サックス社のスタートです。



米民主党はユダヤ人と黒人のための政党、そしてオバマ大統領の誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3024.html











デジタル新世界「グレートリセット」シリーズ

デジタル新世界「グレート・リセット」と ID2020
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2979.html
デジタル新世界「グレート・リセット」と ロックフェラー財団のコロナ・パンデミック予言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2980.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 ショック・ドクトリンhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2981.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 牧島かれん・デジタル大臣に就任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2983.html
安倍政権下での日中スーパーシティ協力覚書締結
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2984.html
公共が消えた自治体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2985.html
4600億円利権「GIGAスクール構想」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2986.html
オンライン教育というドル箱
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2987.html
デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html
新韓銀行とゆうちょ銀行の提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2990.html
NTTクレジットカード決済システム「CAFIS」そして全国銀行協会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2991.html
デジタル庁をチェックせよ 安倍・高市は保守か?
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2992.html
RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIP 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html
ダボス会議、javascript:dispOptionForm('tmplArea');アトランティック・カウンシル、ビルダーバーグ会議、三極委員会、そして宮澤喜一
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2995.html
中国の経済発展はロックフェラーが決めた
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2997.html
岸信介、安倍晋三の中韓利権と日中関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2998.html
朝鮮・李王朝に嫁入りした、梨本宮家・方子(なしもとみや・まさこ) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2999.html
もう一つのグレートリセット
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3000.html
安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html


国際金融財閥のグレートリセットシリーズ開始
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3002.html
米保守本流派 vsシオニスト派-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3003.html
米保守本流派 vs シオニスト派-2 石油利権
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3004.html
米保守本流派 vs シオニスト派-3 通信社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3005.html
米保守本流派 vs シオニスト派-4 メディア 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3006.html
米保守本流派 vs シオニスト派-5 証券・投資銀行
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3007.html
米保守本流派 vs シオニスト派-6 銀行(金融)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3008.html
米保守本流派 vs シオニスト派-7 産業
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3009.html
ニクソン訪中、日中国交回復そしてカーギル
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3010.html
ニクソンと毛沢東、カーターとトウ小平、そしてロックフェラー財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3011.html
不気味な「アメリカ解体」 発言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3012.html
ジョージ・ソロス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3013.html
2012年ロックフェラーを飲み込むロスチャイルド。そして資本提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3014.html
2013年EU誕生、ロスチャイルドとロックフェラーの歴史的和解
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3016.html
VISA Card vs Master Card 、そして提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3017.html
ロスチャイルドとロックフェラー、和歴史的解の背景 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3018.html
ロシア革命、共産主義者達を支援したロスチャイルド財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3019.html
朱鎔基(しゅようき)副首相、北京でNMロスチャルド銀行会長=イブリン・ロスチャイルドと会見 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3020.html
東アジアにおける大英帝国・旧利権の崩壊
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3021.html
米ロックフェラー財閥も英ロスチャイルド財閥も元はドイツ出身
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3022.html
ジェイムズ・ベーカーとジョージ・ソロス、そしてカーライルGr
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3023.html
米民主党はユダヤ人と黒人のための政党、そしてオバマ大統領の誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3024.html
プラザ合意
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3025.html


デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html















日本の財閥

日本三大財閥(住友・三井・三菱)の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2721.html
政商から脱皮する財閥(住友・三井・三菱) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2722.html
ゴールドマン・サックスと住友財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2932.html
住友財閥の歴史
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2956.html
財閥解体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2957.html
財閥解体と再結集、そしてグループ化
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2958.html
山口財閥・三和グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2959.html
住友銀行の暴走と磯田会長の辞任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2960.html
三井と住友の合弁、そして住友金属工業の「白水会」脱退
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2961.html
住友家・住友グループの特徴
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2962.html
浅野財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2963.html
安田財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2964.html
鴻池財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2965.html
鮎川・久原財閥と日産・日立グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2966.html
三井財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2967.html
三菱財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2968.html
野村財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2969.html
旧鈴木財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2970.html
古河財閥・古河グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2971.html
川崎財閥(薩州財閥) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2972.html
渋沢財閥・一勧グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2973.html



ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html







4

2022/1/4

米民主党はユダヤ人と黒人のための政党、そしてオバマ大統領の誕生  財閥(日本・世界)







クリックすると元のサイズで表示します








米民主党はユダヤ人と黒人のための政党

米民主党はユダヤ人と黒人のための政党で約8割がこの支持層。しかし、財界の経営者などはユダヤ系であっても、共和党支持者が多いのも事実。

ちなみに、デュポン財閥、8代目当主にあたるBenjyamin DuPont氏は共和党支持者。実は小生、デュポン財閥の8代目当主にあたるBenjamin Franklin DuPont氏のボストンにある会社でイノベーションについて1週間缶詰めで、他の大企業の方々含めてディスカッションさせて頂く機会を得ました。 キャノンの副社長(元東大教授、日本TI社長)も一緒でした。

氏を京都にお招きした際、デュポン社としては米民主党支持ですが、Ben DuPont氏 は共和党支持なので、昼食にコカコーラを出すべきかペプシコーラを出すべきか迷いましたが、氏はこだわらないという事で、コカコーラと京都のサンドイッチセットでおもてなしさせて頂きました。







ユダヤに支配されている米民主党

分化的には、ユダヤ人は白人キリスト教徒(WASP)中心のアメリカ社会に於いては、宗教的に差別対象の人達です。 リベラルな社会でないと、自分たちが迫害されるという潜在的甲府間を持っています。

黒人をはじめとするマイノリティ(少数派)が、福祉の充実と平等の精神を求めて、米民主党地盤を築いているのは理解できます。ユダヤ人富裕層からすれば、社会福祉拡大は、社会的平和を買うための、必要経費と考えているのでしょう。

全米で約600万人しかいないユダヤ系市民ですが、マスコミ、学会、法曹界、小売り業、金融業、芸能界(特に映画)で圧倒的な力を持っていて、ユダヤ系市民の約8割は民主党支持で、彼らは民主党政治家のブレーンの大部分を占め、同時に最大の資金源です。

頭脳労働の分野では、ユダヤ人が多い事は主血の事実。 安全保障(軍事・防衛)、経済の2つの主要政策領域での政治家のブレーンを見ると、特に民主党ではユダヤ系が圧倒的に多いのが事実です。








アメリカにある主要ユダヤ系ロビイスト団体


➀アメリカ・イスラエル広報委員会(AIPAC=America-Israel Public Affairs
Commitee)、政治上重要なロビイスト団体。

A安全保障問題ユダヤ研究所(通称ジンサJINSA=Jewish Institute for National Security Affairs)、右派=タカ派的なイスラエル支援組織。

B反中傷連盟(ADL=Anti-Dfamation League)反ユダヤ主義と戦う伝統的組織。

Cサイモン・ヴィーセンタール・センター(SWC=Simon Wiesenthal Cener)、ロサンゼルスに本部を置き、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の記録保存や反ユダヤ杉の監視を行い国際的影響力を持つ組織。同センターはロサンゼルス、エルサレム。ニューヨーク、トロント。マイアミ、シカゴ、パリ。ブエノスアイレスなど世界中に事務所を持ち、世界中で活動する泣く子も黙る団体です。








ユダヤロビーと安倍晋三・高市早苗

日本でも、国際情勢に疎い阿呆達が反ユダヤ的行動・発言を行い、撤回させられたり、政治的に葬られています。

・1995年1月、文芸春秋『マルコポーロ』がホロコーストを否認する記事を掲載したとし、廃刊。

・1999年5月、週刊ポストにユダヤ陰謀論の記事が掲載されたと抗議し、トヨタ自動車ら日本の大手企業に対し、週刊ポストへの広告費を支払わないよう要求。

・2013年12月、エイブラハム・クーパー副所長は安倍晋三首相の靖国神社参拝に対して猛抗議。 戦争犯罪や人道に対する犯罪を知る人も老齢化しており、今回が最後のチャンスと警告。 安倍首相の祖父が・岸信介がA級戦犯にも関わらず米国に寝返り、罪を逃れたという背景もあります。

そしてアメリカに尻尾を振り日米安保締結。 小泉純一首相の場合、6回も靖国神社参拝しても世界から何もおとがめなし、安倍首相の場合、1回の参拝でラストチャンスという最大の同盟国アメリカから警告を受け、アメリカ・EU・イギリス・オーストラリア・ロシア・中国・韓国、そしてさらに台湾にまで非難を受け、世界は反日一色。以後、安倍首相は靖国神社への参拝ゼロ。これが外交の安倍の真実。

・2014年同副所長から従軍慰安婦の件でも、修正主義者として安倍首相は非難され、自ら否定していた従軍慰安婦の存在を180度ひっくり返し、従軍慰安婦の存在を認め、お詫びと反省、謝罪と賠償金で、2016年8月31日に日韓従軍慰安婦問題合意。日本政府は韓国政府が設立する慰安婦を支援するための財団に10億円拠出。 元慰安婦には1人当たり約1億ウォン(約1000万円)、遺族には2000万ウォンの現金支給。

これにより、世界に作られた慰安婦像など問題は収まるどころか、パリのジャパンEXPOでは韓国外相まで出席し、安倍首相が居ん婦の存在を認めたとPR。

・2016年10月、欅坂46がライブで着用していた衣装がナチスの制服に小k持していると非難、秋元康やレコード会社に謝罪要求。 結果、謝罪し、欅坂メンバーはイスラエル大使館でナチス研修。

・2018年11月、「防弾少年団(BTS)がナチス風いしょうを着ていたと謝罪要求。 結果、謝罪」

・2011年7月、2020年東京オリンピックの開会式と閉会式のショーディレクターを務める予定だった小林賢太郎に対し、過去に結成していたお笑いコンビ「ラーメンズ」によるコントの中でホロコーストを揶揄するような発言があったことを指摘し、「反ユダヤ主義の発言」として非難する声明を発表。翌22日、東京五輪組織委員会は小林をショーディレクターから解任したことを発表。 ちなみに2020東京オリンピックの大会組織委員会の名誉最高顧問は安倍晋三前首相。

・高市早苗は、松下政経塾卒業後、反日・親中韓の小沢一郎率いる新進党に入党し、小沢と反日活動をしていたバリバリの左翼。

小沢の人気がなくなり高市は自民党に鞍替えし、過去の黒歴史を消し去るかの如く右翼を演じ、何を思ったかヒトラー礼賛しネオナチと2ショット写真。欧米から強い批判を受けています。

彼女の再婚相手の松本拓も新進党に入党し、小沢と反日活動していたド左翼。 彼も自民党に鞍替えし、親中の二階派に所属。

自民党総裁選で、高市早苗が候補者と聞くと、欧米からものすごい批判がありましたね。100%あり得ませんが、仮に彼女が首相になれば、2013年の安倍首相や現在の中国の習近平の様に、また第2次大戦中の日本のように世界から袋叩きにあい、国際社会から反日一色だっだでしょう。

自民党の先生方もそのくらいの常識は分かっているから、岸田さんが総裁に選ばれたんですけどね。 この背景には、菅首相が電撃辞任した直後、ご存知の通り、安倍・麻生は岸田で決まりと公言していました。

ところがモリトモ問題で公文書を改竄(かいざん)さされた近畿財務局の赤木さんが自殺した件で、真相を知りたいと赤木さんの奥さんが訴訟していてました。 国民の声もそうで、国民を敵に回したくない岸田さんは、調査して真相を明らかにしてほしいと発言。

これに慌てた安倍首相は、突然岸田を総裁に推すのは辞め、高市早苗を総裁に推薦すると言い出しました。 そして安倍フォンで細田派(現安倍派)の議員に圧力をかけ高市早苗に投票するよう指示し、多くの票を集めました。

今度は、これに慌てた岸田さんが、発言を撤回し、自分が捜査に選ばれても、赤木さんの件を調査しないと公言。 そして安倍元首相は、当初の岸田指示に戻り、総裁選の自民党議員による最終投票はでは岸田さんの圧勝により、第100代の岸田総理大臣が誕生しました。









黒人アメリカ大統領バラク・オバマの誕生


クリックすると元のサイズで表示します

バラク・フセイン・オバマ2世(英語: Barack Hussein Obama II) 1961-
第44代 アメリカ合衆国大統領、米民主党、任期 2009年1月20日ー2017年1月20日

初のアフリカ系・有色人種・ハワイ生まれの大統領


もう十分述べてきたように、オバマは極論すれば、ユダ人・黒人のための政党である米民主党だからこそ大統領候補に選ばれ、国際金融財閥の雄であるロスチャイルド率いるユダヤ資本の豊富な資金により大統領になれたのです。 彼が共和党なら大統領候補にすら選ばれなかったでしょう。 これも国際政治の中では、グレート・リセットの一つと言えます。


そして大統領に就任するや否や、日本の安倍首相に対しての冷たい対応、世界中が反日・反安倍一色になった事も十分理解できると思います。 また安倍首相の鉄が来無き政治思想で、日本・日本国民の事より、自分自身の信条をイオも簡単に曲げてきた歴史、すなわち靖国神社参拝を一度だけで取りやめ、韓国の従軍安慰問題では一転して、従軍慰安婦の存在を認め謝罪と反省、そして賠償金。 さらには露骨に日本を侵略してくる中国の習近平を国賓で招待、などなど。 どこが保守の政治家でしょうか?



それではオバマ政権に巣食うユダヤ勢力を見て行きましょう。 その前に、好不況を自由に創り出せる中央銀行の話を少し。



大英帝国の中央銀行・イングランド銀行とアメリカの中央銀行RFRB

ご存知の通り、大英帝国、及びポンド紙幣発行権を有する中央銀行(実は国家でなくただの民間銀行)であるイングランド銀行を陰で操っていたのはユダヤ系国際金融財閥のロスチャイルド財閥。 実質イギリスを政治的にも操っていたのは金融都市にシティ。

そして、アメリカの政治を陰で操っているのはウォール街。 ドル紙幣発行権を持つ中央銀行のFRB(これまたロスチャイルド財閥、その親戚のクーンローブ財閥、ロスチャイルドがユダヤ差別でアメリカ市場に参入できなかったので、代理人として使ったモルガン財閥、ロックフェラー財閥などが所有する実は100%民間銀行)です。

中央銀行は通貨発行量、金利を決める権利を有しているので、バブルによる好況やバブル崩壊による不況も自由に作り出せます。 バブル経済は通貨発行量を増やし、法定金利を下げる。 法定金利とは中央銀行が民間銀行にお金を貸し出す時の金利の事です。 そうすると自動的に民間銀行も企業に低い金利でお金を貸し出すので景気は上がります。 逆にインフレを抑えるため、通貨発行量を下げ、金利を上げるとバブルは崩壊し、不況を創り出す事もできます。

わざわざ不況にして何が嬉しいのかと言えば、巨大財閥はただ同然になった金融機関や民間企業の株オ買い占め、自分の物に出来ます。 そして中央銀行を支配しているのは彼らなので、その後法定金利を下げ、通貨発行量を増やせば、自分たちが所有する会社の業績は上がり株価も上がり資産は増えます。

第一次大戦後により、世界の覇権は大英帝国からアメリカに移り、アメリカは黄金の920年代と呼ばれる空前の好況をenjoyしました。 ところがその10年後の1930年には教科書でも習う世界大不況です。 この時もマージンローンというインチキ金融商品を売りつけ、人工的に大不況を創り出しました。 1980年代バブル経済で浮かれていた日本も、日銀が急に通貨発行量を抑え、金利を3%→6%に上げたため、バブルは崩壊し、国有企業である長銀の株は暴落し、アメリカのユダヤ人勢力など国際金融機関にバ州され、新生銀行となりました。 その役員には、ロックフェラー財閥の当主であるD・ロックフェラーもいた事をご存知でしょうか? 詳しく知りたい人は、次の記事にアクセスしてください。


マージン・ローン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/792.html


それでは本題のアメリカの歴史上初の黒人大統領であるバラク・オバマが誕生至した背景を紹介します。









オバマ大統領誕生とウォール街

オバマ政権が誕生したのが2009年、その前の年に起ったのがリーマンショック(2008年0月15日に米投資銀行ローマン・ブラザーズ・ホールディングズ破綻を皮切りに起きた世界規模の金融危機)。

金融危機の震源地だったウォール街で、引き金となったリーマン・ブラザーズのCEOは日本円で350億円の報酬を手に辞めて行きました。 被害に遭った米国民の税金で救われたAIG社のCEOが受け取った報酬は300億円。

普通なら審査を通らない低所得者層に住宅ローンを組ませ、そのリスクを保険商品として売り、有名大学の教授や格付け会社がグルとなって危ない商品と知りながらトリプルAの評価を付ける。

こうして彼らはぼろ儲けし、そのコストをアメリカの納税者に押し付けました。 そんな中、一人の若い黒人の上院議員が、「この腐りきったシステムにメスを入れ、アメリカを救う」と高らかに宣言し、多くの人々を驚かせました。 アフリカ系アメリカ人のバラク・オバマです。

オバマが大統領に立候補した際、「アメリカはウォール街に乗っ取られた。自分が大統領になったら必ず、証券会社を、ウォール街を規制する。 アメリカ人の手に実体経済を取り戻して見せると公言」。

ウォール街のマネーゲームですべてを失った人々や腐敗した金権政治に激怒した人々、失業率が毎月0.5%ずつ上昇する深刻な経済危機の中、犠牲になっていた国民はオバマに熱狂しました。 彼がウォール街とグルだと言う事も知らずに。




結果、民主党は上下院で多数を取り、「チェンジ」を旗印にしたオバマ大統領が誕生しました。 ところが、「チェンジ」は彼の公約の方だったのです。




元凶だったゴールドマン。サックス(ユダヤ系)も、モルガン・スタンレーも、銀行持ち株会社に代わり、そこに政府の規制が入る予定でしたが、強欲金融業界にメスをいれてくれる筈のオバマ大統領の就任式で、一番前の席にずらりと顔を揃えて座ったのは、他ならぬウォール街の大物たちでした。 彼らはあの就任式の開催に数百万ドルも寄付していたのです。

ゴールドマン・サックスは、毎日百万ドル(1億円)ずつ国会議員や司法関係者にバラまき、自分たちの手足を縛る金融改革を全力で阻止しました。 「ロビイストの入閣を禁止する」という公約は大嘘だったのです。

そもそも「政治献金問題に手を着ける」どころか、オバマは業界から史上最高額の政治献金を集めて大統領になった大統領でした。 オバマが大統領になる前の2008年の政治献金内訳を見ると、上位に並ぶのは、大手金融機関です。

ゴールドマン・サックスはオバマ献金リストの第二位。
この時集めた7億5千万ドルという政治献金はあの時点では史上最高額でしたが、二期目の選挙では10億ドルに跳ね上がりました。



ゴールドマン・サックスは上層部の経営幹部には共和党支持者と民主党支持者が同数になるよう配置しています。 選挙の結果が出るのは投票日ではなく、既に決まっているのです。









オバマ新政権の人事

オバマ大統領は当選すると、さっそく選挙でたっぷりと献金してくれた人々に向かって、ドアを大きくきながら、っジョセフ・スティグリッツやポール・クルーグマンなどの金融改革を主張していた専門家は全員閉め出しました。

その結果、まず手始めに財務省首席補佐官にゴールドマン・サックスのロビイスト、ニューヨーク連邦銀行の総裁に、ゴールドマン・サックスのチーフエコノミストを任命。

さらに、リーマン・ショックの原因となった「デリバティブ」という金融派生商品を規制する商品先物取引委員会の委員長にゴールドマン・サックス幹部、国家経済会議の議長にはゴールドマン・サックスのコンサルタント、国務次官にはゴールドマン・サックスの副会長、・・・と、空前のゴールドマン・サックス祭り(ユダヤ祭り)が繰り広げられました。

国家安全舗装会議の経済政策のトップには、シティグループの幹部が、国務副長官にはモルガン・スタンレーの再興総務責任者がそれぞれ就任。










ヘリコプター・ベンとオバマ、そしてゴールドマンサックス

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ベンジャミン・シャロム・バーナンキ(Benjamin Shalom “Ben” Bernanke、1953年 - )
マクロ経済学者、第14代連邦準備制度理事会 (FRB) 議長(在任:2006年 - 2014年)
FRBに大量ドルを発行させ市場にばら撒いたことから、ヘリコプター・ベンの異名を持つ。
ヘリコプターで空から札ビラをばら撒いた比喩。しかし実態はその金は同じユダヤ系のゴールドマン・サックスへ。


2006年2月6日、FRBの金融政策の最高意思決定機関であるFOMC(連邦公開市場委員会)の会議室で、ユダヤ系アメリカ人であるベンジャミン・シャロム・バーナンキの宣誓式が厳かに執り行われました。

ユダヤ系アメリカ人のグリーンスパンに次いでの第14代FRB議長にベン・バーナンキは就任しました。 実はグリーンスパンの前のボルガーもユダヤ系アメリカ人です。 すなわち、
FRBの金融政策の最高意思決定機関であるFOMC(連邦公開市場委員会)の議長は3代続けてユダヤ人。 アメリカの金融界がユダヤ人勢力に支配されている事を示す良い例です。

バーナンキの任期満了は2010年1月31日ですが、オバマ大統領はバーナンキの再任を認めました。大統領と連邦議会が認めれば、最長で2020年1月31日まで議長を継続する事ができます。



ゴールドマン・サックスは、RMBS(住宅ローン担保証券)の販売などの住宅ローン関連ビジネスの分野では後発だったので、最高経営責任者(CEO)のヘンリー・ポールソンは、先行する競争相手に追いつく意味もあり、一時はRMSの販売で業界トップ10にランクインするほど積極的な展開を図っていました。

ところが、ポールソンCEOが財務長官に転身し、ロイド・ブランクファインイン社長がゴールドマン・サックスのCEOに昇格した2006年6月頃から戦略が変わり始めます。

ゴールドマン・サックスはこの2006年12月を境にして、サブプライム関連商品の価格下落に備えて「空売り」を仕掛けました。 2007年の公判から大手金融機関がサブプライム関連商品の損失で軒並み赤字転落や大幅減益に喘ぐ(いわゆるリーマン・ショック)のを尻目に、ゴールドマン・サックスだけは前年比14%増しの32.2億ドル営業利益を上げています。


ゴールドマン・サックスはモルガン・スタンレーと共に、2008年9月21日で、銀行(銀行持ち株会社)となっています。 しかし、2年間は投資銀行業務を行う事を、FRBとSEC(米証券取引委員会)から認められました。

1年前には総額165億ドル、世界に約2万6500人いる社員1人平均で62万ドル(約7300万円)ものボーナスを払い、ブランクファイン会長兼CEOは5340万ドル(約63億円)と、ウォール街史上で最高額のボーナスを受け取ったと話題になりましたが、2007年にはさらに記録を更新して6790万ドル(約77億円)が支払われることになりました。 まさに一人勝ち状態です。

2008年12月14日付けの米経済紙「ウォールストリート・ジャーナル」はゴールドマン・サックスのサブプライム対応を「絶妙のタイミングだった」と論評。 これに対しブランクファインCEOは2007年11月、「市場の潮目が変わる直前に市場から撤退した。 しかし同じ事がまた起こる事はないだろう」と語り、幸運を強調しました。

ゴールドマン・サックスはユダヤ繋がりで、裏で糸を引いているのはロスチャイルド財閥
新自由主義の経済学者ミルトン・クルーグマン、FRBの最高意思決定機関FOMA議長であるユダヤ人のボルガー、グリーンスパン、バーナンキ共に政財界を巻き込んだ同じユダヤチームであるだけなのです。

いつも絶妙のタイミングをしているのは、何故、常勝のゴールドマン・サックスである事実を見ても分かろうかと言うものです。


ウォールストリート・ジャーナル「金融ビジネス」(2009年冬号)の記事を紹介します。

金融危機が深まるにつれ、ベン・バーナンキ議長率いるFRBは、金融機関や企業を勝者と敗者に選別しながら資金供給を行ってきた、 その過程は、金融(Monetary Policy)と産業政策(industrial policy)を合体させたMondustrial policy だとテイラー教授は言う。 それは(中央銀行の)マネー創造によってファイナンスされた介入体制である。



オバマ政権下、2009年4〜6月期、7月4日のゴールドマン・サックスの発表によると、同期の純利益は34億3500万ドル(約3200億円)、粗利益は137億6100万ドル(1兆2800億円)。従業員(計2万9400人)に対して、1人平均22万6000ドル(約2102万円)のボーナスを支給しました。 このボーナスはたったの3ケ月分に対してです。

ゴールドマン・サックスは公的資金100億ドル(9300億円)を2009年6月に完済しています。同期の利益の74%は、株式、債券、通貨、商品などの自己勘定取引(トレーディング)であります。

ゴールドマン・サックスは普通の銀行になりましたが、実態は巨大なヘッジファンドと化したであります。 普通の銀行となると同時に、2008年11月から2009年3月までに調達した負債(30億ドル)についても政府保証を持っています。









最後に

2008年のリーマン・ショックで、ユダヤ系米保険大手大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の208年12月期通期決算は992億8900万ドル(約9兆7000億円)の大赤字。そして公的支援を受け、実質国有化。 CDSがらみの負債をアメリカ政府とFRBが肩代わりしました。

AIGの株価は最盛期には1000ドルを超えていましたが、ついには1ドルを切りますが倒産はしていません。 それではAIGの大株主(20〜30%)であったゴールドマン・サックスは大損したのでしょうか? 大損どころか、高値で売り逃げ大儲けしました。

米紙ニューヨーク・タイムズのグレッチェン・モーゲン氏ら報道関係者は、AIGへの1730億ドルの援助について調査し報道する快挙を成し遂げました。 それによると、この1730億ドル、日本円にして17兆円に近い額が支払われたのは、ほとんどが金融機関。

ゴールドマン・サックスに129億ドル、ソシエテ・ジェネラルに119億ドル、ドイツ銀行に118億ドル、バークレイズに85億ドル、メリルリンチに68億ドル、バンク・オブ・アメリカに52億ドル、UBSに50億ドル、BNPパリバに49億ドルなどとなっていて、ほとんどがCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)絡み。


CDSについて簡単に説明して絶きます。
銀行なら 通常なら絶対に融資しないような、倒産リスクが高い企業に、あえてお金を貸す。 それを証券化して商品にして、そこにリスクを全部乗せて他の人に売ってしまう。
それから、その倒産しそうな企業に保険のようなものをかけ、企業が倒産したら、お金が入るように設定して完了。リスクを売買するわけです。

ゴールドマン・サックスら金融マフィアが倒産リスクを抱えたAIGのような企業にその情報を伝えず、多額の利益を上げていた事が、後になって明るみに出ました。 すなわちカモにしていた訳ですね。

ワシントンには文字通り札束が降り注ぎ、国とうまいオバマ大統領が就任式で語った薄っぺらい言葉は夢物語で終わりました。

あの酷いリーマン・ショックの後でも、何故、オバマ政権で、ゴールドマン・サックスはじめ、金融業の大物たちが誰一人処罰されず、EUのようにボーナスも没収されず、その後ものうのうと政界や財界で活躍しているのか?

何故、オバマ就任後に肝心の金融業界にチェンジができなかったのはこれでわかった事でしょう。














おまけ 他人事でない、コロナで弱った日本の地方銀行と中小企業そしてゴールドマンサックス

ゴールドマン・サックスと言えば、日本では、安倍政権でIRやインバウンドを進めた元ゴールドマン・サックスのトップ(共同運営パートナー)のデービッド・アトキンソンです。

彼は安倍政権の時から、日本の中小企業を「生産性が低い」と批判し、再編して数を半分に減らすべきだと主張し続けています。


尖閣防衛をアメリカに頼んでおきながらトランプ(アメリカ)と日本国民を裏切り、日本を露骨に侵略してくる習近平を国賓で招いたり、国際貿易や為替取引に使われる、ドル決済が世界標準のSWIFT(国際銀行間通信協会)を崩そうとする中国に加担し、「CIPS(人民元クロスボーダー決済システム)」を導入。

ちなみに現在すべての国際送金は、ベルギーに本社のあるSWIFTを通じて一度ドル決済を通す仕組みになっていて、200以上の国・地域と1万1000社以上の銀行や証券会社、市場インフラなどが参加するSWFITは世界標準となっています。

しかし、親中の安倍政権では、既に三菱UFJ銀行とみずほ銀行の中国法人を筆頭に、CIPSに参加する銀行数が世界で最も多い国となっていて、中国の「一対一路」、またデジタル人民元の導入に大きく貢献しています。

実は、今年から施行されるRCEP(中国主導のTPP)も既に安倍政権下で決定されているものです。 安倍信者が岸田ガー、岸田ガー、岸田が親中とネットで騒いでいますが。w


RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIPS 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html


2016年の安倍政権下で総務大臣に就任した高市早苗を使い、シフトバンクと組みHuawei基地局を大量導入しました。 ちなみに、2017年総務省報告の実績値では、ソフトバンク基地局のメーカー別シェアは、Huawei59.9%、エリクソン1.2%、ノキア15.5%、ZTE8.1%。
演説とは異なりなかなかの親中ぶりです。

技術的にHuaweiが優れていたからではありません、何故なら同時期,NTTdocomoとKDDIの基地局におけるHuaweiのシェアはゼロ。 そりゃそうです、携帯電話の第一世代から基地局のシェアはモトローラ、エリクソン、ノキアが牛耳り、そして見本国内ではNECや富士通も大きな実績があり、Huaweiなど使う必要はこれっぽちもなく、特に米中対立が激しくなってるのにHuaweiを採用する必然性は全くありません。 はっきり言って中国との癒着です。

それと、VISAなどクレジットカード決済には、NTT(旧電電公社が)開発したCAFIS(キャフィス)というシステムが日本国内では独占的に使われてきました。 1984年にサービスを開始して以来、一回の手数料が3.15円と安価で、料金改定も一度もなく、一度もトラブルもない安心・安全のシステムです。

これについても法改正までしてソフトバンクのPayPay(大株主は中国のアリババ)と癒着し、大規模な宣伝。 見事にNTTのCAFISはソフトバンクのPayPayに独占市場を崩され、安倍・高市新jyが彼らが保守とのプロパガンダを行う中、本件もあまり国民に知られることなく、PayPayは急拡大し 現在の登録者数は3900万人。

この安倍・高市が癒着するソフトバンクのカンターは、SBIホールディングスの北尾吉孝代表取締役社長まで明らかになっており、中国との闇は深いものがあります。 北尾氏は2019年、民間企業の経営者として初めて中国投資協会の戦略投資最高顧問に就任。 同年ソフトバンクとヤフーが設立したPayPayと提携し、翌2020年にはCAFISを通さなくても住信SBIネット銀行から入金サービスを開始。


NTTクレジットカード決済システム「CAFIS」そして全国銀行協会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2991.html


PayPay 急拡大の背景は、手数料ゼロで阿呆なお魚さんの脳みその中小のお店・国民を釣りあげたのです。 確か昨年末から今年にかけて、値上げすると公表してましたようね。 そして楽天がこの情報を聞きつけ手数料ゼロで楽天Payを発表。 しかしまたいつかは値上げsれるのは当然です。 政府でないのですから税金を当てい出来ない民間企業は当面の赤字戦略によるシェア拡大は限界があります。

NTTのCAFISにという頑張っビ風穴を明け、PayPayのようなノンバンクの決済業者が、すでに確立され安全に定評のある全国の銀行ネットワークに参入する道筋をつけたのが、PayPayの提携会社であるSBIホールディングスの北尾社長とゴールドマン・サックスのアトキンソンとお友達で有名なSBIホーうディングスの社外取締役である竹中平蔵。



親中になびく安倍首相は米シンクタンクCSISから非難され、電撃辞任し、菅政権が誕生しました。


安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html
安倍政権下での日中スーパーシティ協力覚書締結
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2984.html
デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html
岸信介、安倍晋三の中韓利権と日中関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2998.html
新韓銀行とゆうちょ銀行の提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2990.html




コロナで弱る地方銀行と中小企業、そしてゴールドマン・サックスの話に戻しましょう。

私の知る限り、安倍元首相とゴールドマン・サックスとのf回関係は、小泉政権で安倍さんが幹事長を務めた時からだと思います。

郵政民営化とゴールドマン・サックス、そして竹中平蔵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2901.html
【重要】安倍首相、CFR(外交問題評議会)でのスピーチ 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2903.html
日本国民の年金を運用するウォール街
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2905.html
ソフトバンク、日銀、そしてゴールドマン・サックス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2907.html
水道事業売却、種子法廃止、国土売却、IR、習近平国賓、女系天皇、そして自民終わりの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2902.html
中国に売却される日本の国土とお馬鹿首相
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2906.html





元ゴールドマン・サックスのトップ(共同運営パートナー)のデービッド・アトキンソンが、安倍政権の時から、日本の中小企業を「生産性が低い」と批判し、再編して数を半分に減らすべきだと主張し続けている事は既に述べました。

日本政府は彼の助言に従って、2020年7月11日に企業の再編を促す「成長戦略実行計画」を閣議決定しましたが、アトキンソン氏の真のターゲットは、日本の中小企業を守っていた「中小企業法」の廃止です。

成立すれば、秀逸な技術を持つ日本の中小企業は淘汰され、M&Aが盛んになり、ウォール街に巨額の手数料が流れ込みます。 準備に余念のないゴールドマン・サックスは、早々と日本で富裕層向け資産運用ビジネスへの参入を決定済みです。


皆さんはGCAという日本の会社をご存でしょうか? M&Aアドバイザーとして東証一部上場企業で、日本で一番社員の平均給料が高かった会社です。 ちなみに社員の平均年収は一人当たり2000万円以上。

創業者で、代表取締役の渡辺社長とは、私は、仕事で付き合いがありました。 写真の如く温和でかつ仕事のできる人で、M&Aの業界で極めて著名な人物です。


クリックすると元のサイズで表示します
GCA 代表取締役 渡辺章博(1959-)
https://www.gcaglobal.co.jp/person/akihiro-watanabe/


2021年8月2日付の日本経済新聞の記事「M&A助言のGCA買収、米投資銀行が発表 680億円」が報道されました。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC02B700S1A800C2000000/
米独立系投資銀行のフーリハン・ローキーは3日、M&A(合併・買収)助言のGCAを買収すると発表した。1株1380円でTOB(株式公開買い付け)をし、完全子会社化を目指す。買収額は約680億円となる。新型コロナウイルス収束後に日本企業のM&Aが増加するとみて、日本企業とのつながりが深いGCAを買収して体制を整える。・・・


これも恐らくは、今から日本の地方銀行や中小企業がアメリカ企業に買収されてゆく布石のように思われます。


















デジタル新世界「グレートリセット」シリーズ

デジタル新世界「グレート・リセット」と ID2020
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2979.html
デジタル新世界「グレート・リセット」と ロックフェラー財団のコロナ・パンデミック予言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2980.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 ショック・ドクトリンhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2981.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 牧島かれん・デジタル大臣に就任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2983.html
安倍政権下での日中スーパーシティ協力覚書締結
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2984.html
公共が消えた自治体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2985.html
4600億円利権「GIGAスクール構想」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2986.html
オンライン教育というドル箱
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2987.html
デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html
新韓銀行とゆうちょ銀行の提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2990.html
NTTクレジットカード決済システム「CAFIS」そして全国銀行協会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2991.html
デジタル庁をチェックせよ 安倍・高市は保守か?
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2992.html
RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIP 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html
ダボス会議、javascript:dispOptionForm('tmplArea');アトランティック・カウンシル、ビルダーバーグ会議、三極委員会、そして宮澤喜一
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2995.html
中国の経済発展はロックフェラーが決めた
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2997.html
岸信介、安倍晋三の中韓利権と日中関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2998.html
朝鮮・李王朝に嫁入りした、梨本宮家・方子(なしもとみや・まさこ) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2999.html
もう一つのグレートリセット
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3000.html
安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html


国際金融財閥のグレートリセットシリーズ開始
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3002.html
米保守本流派 vsシオニスト派-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3003.html
米保守本流派 vs シオニスト派-2 石油利権
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3004.html
米保守本流派 vs シオニスト派-3 通信社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3005.html
米保守本流派 vs シオニスト派-4 メディア 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3006.html
米保守本流派 vs シオニスト派-5 証券・投資銀行
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3007.html
米保守本流派 vs シオニスト派-6 銀行(金融)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3008.html
米保守本流派 vs シオニスト派-7 産業
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3009.html
ニクソン訪中、日中国交回復そしてカーギル
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3010.html
ニクソンと毛沢東、カーターとトウ小平、そしてロックフェラー財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3011.html
不気味な「アメリカ解体」 発言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3012.html
ジョージ・ソロス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3013.html
2012年ロックフェラーを飲み込むロスチャイルド。そして資本提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3014.html
2013年EU誕生、ロスチャイルドとロックフェラーの歴史的和解
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3016.html
VISA Card vs Master Card 、そして提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3017.html
ロスチャイルドとロックフェラー、和歴史的解の背景 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3018.html
ロシア革命、共産主義者達を支援したロスチャイルド財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3019.html
朱鎔基(しゅようき)副首相、北京でNMロスチャルド銀行会長=イブリン・ロスチャイルドと会見 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3020.html
東アジアにおける大英帝国・旧利権の崩壊
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3021.html
米ロックフェラー財閥も英ロスチャイルド財閥も元はドイツ出身
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3022.html
ジェイムズ・ベーカーとジョージ・ソロス、そしてカーライルGr
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3023.html
米民主党はユダヤ人と黒人のための政党、そしてオバマ大統領の誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3024.html


デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html















日本の財閥

日本三大財閥(住友・三井・三菱)の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2721.html
政商から脱皮する財閥(住友・三井・三菱) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2722.html
ゴールドマン・サックスと住友財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2932.html
住友財閥の歴史
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2956.html
財閥解体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2957.html
財閥解体と再結集、そしてグループ化
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2958.html
山口財閥・三和グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2959.html
住友銀行の暴走と磯田会長の辞任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2960.html
三井と住友の合弁、そして住友金属工業の「白水会」脱退
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2961.html
住友家・住友グループの特徴
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2962.html
浅野財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2963.html
安田財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2964.html
鴻池財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2965.html
鮎川・久原財閥と日産・日立グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2966.html
三井財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2967.html
三菱財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2968.html
野村財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2969.html
旧鈴木財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2970.html
古河財閥・古河グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2971.html
川崎財閥(薩州財閥) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2972.html
渋沢財閥・一勧グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2973.html



ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html


5

2022/1/2

ジェイムズ・ベーカーとジョージ・ソロス、そしてカーライルGr  財閥(日本・世界)







クリックすると元のサイズで表示します








クリックすると元のサイズで表示します
ジェイムズ・ベーカー James Baker(1930-)
レーガン政権で財務長官、ブッシュ政権で国務長官を務める



クリックすると元のサイズで表示します
ジョージ・ソロス George Soros(1930-)
ユダヤ人投資家、哲学者
「イングランド銀行を潰した男」の異名を持つ

ジョージ・ソロス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3013.html











ジェイムズ・ベーカーとジョージ・ソロス、そしてカーライルGr

ロックフェラーとロスチャイルドの和解を受けて、1993年9月に、従来では考えられなかったような事が起きました。

ユダヤ人投機家として有名なあのジョージ・ソロスが米保守本流の実力者ジェイムズ・ベーカーとがっちり手を組んだのです。

ご存知、ジョージ・ソロスはハンガリー生まれの投資家(投機家)。 17歳の時にロンドンに渡り、さらに1956年にアメリカに移住し、投資顧問会社で働き、39歳のときにクオンタム・ファンドを設立。 1992年の欧州通貨危機では、ポンド売りで12億ドルを儲け、
EMS(ヨーロッパ通貨制度)に大きなダメージを与えました。

彼の投資顧問会社ソロス・ファンド・マネイジメントの資産は約80億ドル。 ソロスはハンガリー=東欧系ユダヤ人の立場を代表しつつ、ロスチャイルド等とつるんで投機戦を仕掛けてきた、ユダヤ=シオニストの金融家です。


1993年9月30日付『フィナンシャル・タイムズ』は、ジェイムズ・ベーカー元国務長官が、投資会社カーライル・グループの7人のパートナーの一人になった事実を報じました。
カーライル・グループは、レーガン政権、ブッシュ政権の元高官を中心に組織されている米保守本流派を代表する投資会社です。

カーライル・グループ(The Carlyle Group)は、1987年にメロン財閥の投資によって設立。 「カーライル」の名前は、ニューヨークの有名なホテルにちなんで名付けられました。現在、メロン家は同グループの株の約20%を所有しています。

カーライル・グループでは、当時、企業買収を目的に、カーライル・パートナーズという名称の資金を、5億ドルを目標に集めていましたが、1993年9月27日付『ウォール・ストリート・ジャーナル』によれば、この資金にジョージ・ソロスが1億ドルを出資する事が決定したと、書かれています。

ロスチャイルドやゴールドスミスと連携して動いてきた一匹狼のソロスでしたが、ついにカーライル・グループと協力関係に入ったのです。 ソロスと提携関係に入ったカーライル・グループに、ベーカー国務長官が加わることになったのです。

実はこのk-ライル・グループには共和党の重鎮たちが入っています。 ベーカー国務長官はもとより、レーガン政権で国防長官を務めたフランク・カールリッチがカーライル社に天下り会長になっていますし、ブッシュ政権下の予算管理局長のリチャード・ダーマン。 レーガン政権の国家安全保障担当大統領補佐官のアルトン・キール、他。


カーライル・グループの投資戦略の一つは、先進国、旧共産圏、第三世界を問わず、軍事分野も含めて、民営化されていく有望な国有企業の株を買っていくものであります。 いずれにしろ、これでソロスは単なる一匹狼の投機家ではなくなりました。

1994年1月31日付『フィナンシャル・タイムズ』によれば、ジョージ・ソロスが米GEの金入子会社(GEキャピタル)と合弁で、第三世界向け投資ファンドを設立するとの事で、1993年のカーライル・グループとの提携に続く、ソロスの変身第二弾です。 ロックフェラーとロスチャイルドの和解の新しい潮流のなかで、ユダヤ人ソロスが、米保守本流のGEの金融子会社と組み、しかもその資金運用先は第三世界。 米財界保守本流のロックフェラー財閥が望む「第三世界開発」の方向性そのものであります。











デジタル新世界「グレートリセット」シリーズ


デジタル新世界「グレート・リセット」と ID2020
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2979.html
デジタル新世界「グレート・リセット」と ロックフェラー財団のコロナ・パンデミック予言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2980.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 ショック・ドクトリンhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2981.html
デジタル新世界「グレート・リセット」 牧島かれん・デジタル大臣に就任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2983.html
安倍政権下での日中スーパーシティ協力覚書締結
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2984.html
公共が消えた自治体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2985.html
4600億円利権「GIGAスクール構想」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2986.html
オンライン教育というドル箱
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2987.html
デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html
新韓銀行とゆうちょ銀行の提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2990.html
NTTクレジットカード決済システム「CAFIS」そして全国銀行協会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2991.html
デジタル庁をチェックせよ 安倍・高市は保守か?
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2992.html
RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIP 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html
ダボス会議、javascript:dispOptionForm('tmplArea');アトランティック・カウンシル、ビルダーバーグ会議、三極委員会、そして宮澤喜一
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2995.html
中国の経済発展はロックフェラーが決めた
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2997.html
岸信介、安倍晋三の中韓利権と日中関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2998.html
朝鮮・李王朝に嫁入りした、梨本宮家・方子(なしもとみや・まさこ) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2999.html
もう一つのグレートリセット
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3000.html
安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html


国際金融財閥のグレートリセットシリーズ開始
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3002.html
米保守本流派 vsシオニスト派-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3003.html
米保守本流派 vs シオニスト派-2 石油利権
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3004.html
米保守本流派 vs シオニスト派-3 通信社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3005.html
米保守本流派 vs シオニスト派-4 メディア 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3006.html
米保守本流派 vs シオニスト派-5 証券・投資銀行
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3007.html
米保守本流派 vs シオニスト派-6 銀行(金融)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3008.html
米保守本流派 vs シオニスト派-7 産業
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3009.html
ニクソン訪中、日中国交回復そしてカーギル
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3010.html
ニクソンと毛沢東、カーターとトウ小平、そしてロックフェラー財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3011.html
不気味な「アメリカ解体」 発言
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3012.html
ジョージ・ソロス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3013.html
2012年ロックフェラーを飲み込むロスチャイルド。そして資本提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3014.html
2013年EU誕生、ロスチャイルドとロックフェラーの歴史的和解
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3016.html
VISA Card vs Master Card 、そして提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3017.html
ロスチャイルドとロックフェラー、和歴史的解の背景 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3018.html
ロシア革命、共産主義者達を支援したロスチャイルド財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3019.html
朱鎔基(しゅようき)副首相、北京でNMロスチャルド銀行会長=イブリン・ロスチャイルドと会見 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3020.html
東アジアにおける大英帝国・旧利権の崩壊
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3021.html
米ロックフェラー財閥も英ロスチャイルド財閥も元はドイツ出身
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3022.html
ジェイムズ・ベーカーとジョージ・ソロス、そしてカーライルGr
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3023.html



デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html















日本の財閥

日本三大財閥(住友・三井・三菱)の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2721.html
政商から脱皮する財閥(住友・三井・三菱) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2722.html
ゴールドマン・サックスと住友財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2932.html
住友財閥の歴史
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2956.html
財閥解体
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2957.html
財閥解体と再結集、そしてグループ化
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2958.html
山口財閥・三和グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2959.html
住友銀行の暴走と磯田会長の辞任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2960.html
三井と住友の合弁、そして住友金属工業の「白水会」脱退
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2961.html
住友家・住友グループの特徴
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2962.html
浅野財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2963.html
安田財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2964.html
鴻池財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2965.html
鮎川・久原財閥と日産・日立グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2966.html
三井財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2967.html
三菱財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2968.html
野村財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2969.html
旧鈴木財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2970.html
古河財閥・古河グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2971.html
川崎財閥(薩州財閥) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2972.html
渋沢財閥・一勧グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2973.html



ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html






4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ