renaissancejapn@aol.com

2015/11/3

早稲田大学に非はないのか?  教育
クリックすると元のサイズで表示します
小保方晴子氏の博士号取り消しについて、記者会見する早稲田大学の鎌田薫総長(左)
=2日午後、東京都新宿区


早稲田大学は11月2日、STAP細胞論文の著者だった小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)が、2011年に早大で取得した博士号の取り消しが確定したと発表しました。

しかしながら、博士号を授与したのは早稲田大学で、その論文を信じて理研もSTAP細胞があるものだと思い、不幸が重なったわけで、大学がちゃんと審査して博士号を与えていなければ、今回、世界に恥をさらすこともなく、ノーベル賞に一番近いといわれた日本の頭脳、理研の笹井博士が自殺することもありませんでした。

すべての博士論文をつぶさに審査しろとは言いませんが、ノーベル賞を受賞したiPS細胞よりもすごい成果と言っているわけですから、疑いをもち、再現性など含めて、慎重に審査するのは当たり前です。


確かに、コピペ、捏造した小保方さんが悪いのは当然ですが、その不正はネット民がみつけたものです。

ここで小保方さんだけを悪者にするならば、早稲田大学は、またネット民に見つけてもらうつもりでしょうか?

世界に恥をさらしたのは、小保方さん以上に早稲田大学であり、博士課程を持つに値しない三流大学だと世間にイメージを与えたのであります。

早稲田大学から博士号をもらった、山口大大学院理工学研究科の坂井伸之教授が、早稲田大学の対応に疑問を感じ、早稲田の博士号は恥ずかしいと、「博士学位の返上願」も昨年出されている始末です。 


今回の件で、最も処分されなければならないのは、大学側でしょう。 


また、小保方さんをさんざんに叩くアホメディアですが、早稲田大学はメディア関係に多くの卒業生を輩出しているので有名です。 文系のアホ共が、南京大虐殺、従軍慰安婦、百人切りなど反日の絶造記事を書き続けてきたのもコイツらです。  いつの間にか、捏造OKの風土が理系にまで汚染されてきたのでしょう。

今日では嘘が明らかになった南京大虐殺、従軍慰安婦、そして資本主義は崩れ、共産主義になると、根拠もない思い込みの論文を書いた人の博士号も取り消さなければなりませんね。 事実とは異なり、根拠のない思い込みや悪質なプロパガンダだったのですから。


団塊世代と左翼思想
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/188.html
カールマルクス
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/668.html



アホメディアの記者たちよ、小保方さんを叩くまえに、お前らの卒論みせてみ。 コピペと捏造のオンパレードだろうが!




7

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ