renaissancejapn@aol.com

2016/7/17

東京都知事選-5 小池百合子で決まり  日本・天皇・神道・記紀神話
クリックすると元のサイズで表示します
女性初の東京都知事 誕生


参議院選挙の結果を見てもわかるように、良識ある国民の民意により、反日政党は壊滅的になりました。 次は都知事選ですが、自民党内の反日利権集団(内田、石原、森、増田、etc)vs東京都政正常化・クリーン化を図る集団(小池、若狭、自民党有志、etc)の戦いであります。



韓国とズブズブの「自民党都連の闇」が本気でヤバイ!!猪瀬元都知事がとんでもない大暴露!
https://www.youtube.com/watch?v=mVAppMH-ThA



自民党の大物衆議院議員である若狭勝(弁護士、元東京地裁特捜部副部長)が除名覚悟で小池陣営についてきた事から大きく潮目が変わってきました。 多くの自民党員が除名できるもんなら、除名してみろ! とどんどん小池陣営についてきている事が報道されています。



クリックすると元のサイズで表示します
強力な正義の味方登場 若狭勝(弁護士、元検事、元東京地裁特捜部副部長) 



都連の“時代錯誤お触れ”に反発 小池氏に自民、公明から続々援軍
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160717-00000030-spnannex-soci



仮に増田が当選したとしても、また国民・東京都民に引きずり降ろされるだけの話です。

秋田県知事時代に日本と韓国を海底ケーブルで繋ぎ韓国へ電力を供給する「日韓グリッド接続構想」や「ソウル市道路陥没予防支援」「韓国旅行観光支援」等のプロジェクトを提案。  



【韓国経済】「日本に7兆円出してもらって韓国復活だ!」と勝手な事業計画中!
https://www.youtube.com/watch?v=9DByUH3vcJQ



朝鮮学校の問題に関しても、白紙とは言ったものの土地貸与の否定はせず。 民団・総連のイベントに出席。 西松建設との疑惑。 知事時代は出張年間100日以上でファーストクラス利用。

増田が当選すると、東京五輪の日韓共催を言いだしかねず、日韓都民の税金を使って、日韓トンネルへの巨額投資、また朝鮮学校への土地貸与もやるんじゃないでしょうか。

こんなのを当選させると、とんでもないことが起こります。

また致命的なのは、公職選挙法、憲法に違反する、個人への投票強制で、石原・内田は逮捕される可能性もあり、何より自民党の大方針の外国人参政権に賛成しているのですから、国民・東京都民からの反発必至です。




結論ですが、東京都知事にふさわしいのは、正論を貫き通す、小池百合子女史しかいないでしょう。  自民党・東京都に巣食う反日利権集団を潰し、クリーン化・正常化する絶好のチャンスです。





東京都知事選-1 自民都議連終わりの始まり   
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2231.html
東京都知事選-2 政治オンチ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2233.html
東京都知事選-3 分裂選挙
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2234.html
東京都知事選-4 見損なったぞ 石原伸晃
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2235.html
東京都知事選-5 小池百合子で決まり
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2236.html




都知事選 3候補による混戦 9割が「関心」 電話世論調査
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160717-00000716-fnn-soci
・・・調査によると、現時点では、小池氏が1歩リードしていて、民進・共産・社民・生活の党推薦の鳥越氏、自民・公明党と日本のこころ推薦の増田氏が追う展開となっている。・・・
また、自民党の支持層が、小池氏と増田氏に割れる状況になっている。・・・

⇒当たり前だろ。都民・国民・自民党支持者を怒らせてしまっているのだから。 今回の都連の罪は大きい。



日本を守る八咫烏  Renaissancejapan


7

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ