renaissancejapn@aol.com

2019/3/28

日本の政府研究機関の実力は?  科学技術

サイバーセキュリティはいうまでもなく国家にとって重要な課題で、東京五輪でも心配の種です。

日本の政府系研究機関である産総研やNICTでもサイバーセキュリティの研究をPRしていますが、
ニュースでは、ビットコインで北朝鮮にハッキングされて盗まれた、中国からもハッキング受け、政府系組織のHPが改ざんされた、またトヨタのレクサスが外国人素人にキーのハッキングを受けて簡単に盗まれているというニュースがメディア・TVで報道されています。

という事はトヨタの技術者のレベルは外国人素人以下、また産総研やNICTの研究所の技術レベルは北朝鮮の政府系研究以下という事なのだろうか?



本当に、産総研やNICTは、先ずは国家間のサイバーセキュリティと大げさな事は望みませんので、本当に優秀で高い技術力があると自称するなら、先ずは個人レベルのPCのサイバーセキュリティソフトを開発し、ベンチャー企業でも作り、日本国内限定でOKなので、販売して欲しいと思います。



私は、日本の政府系研究機関、トヨタの技術力に関してかなり懐疑的です。



6

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ