renaissancejapn@aol.com

2019/4/3

新元号決定 「令和」  日本・天皇・神道・記紀神話

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2019年4月1日に、菅官房長官から、平成に変わる、5月1日から適用する新元号が、 「令和」であることが発表され、その後、安倍首相からその言葉の説明がありました。


新しい元号の「令和」は、日本の『万葉集』の「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」という一節から取られたもので、これまで247ある元号はすべて中国の古典からとられてきましたが、今回、初めて、日本の古典から選ばれたとしています。

また、、「令和には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」などとする談話を発表しました。




個人的には、凛とした印象で、安倍首相のいう意味であれば素晴らしい元号だと思っており、好感を持っています。 何かと災害の多かった平成ですが、心機一転、頑張りましょう。




                日本を守る八咫烏Renaissancejapan






3
タグ: 日本 天皇 元号

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ