renaissancejapn@aol.com

2006/6/25

危篤のヤコブ  旧約聖書
旧約聖書(創世記第48章1節−22節)

これらのことの後で、ヨセフに、「お父上が御病気です」との知らせが入ったので、ヨセフは二人の息子マナセとエフライムを連れて行った。

ある人がヤコブに、「御子息のヨセフさまが、ただいまお見えになりました」と知らせると、イスラエルは力を奮い起こして、寝台の上に座った。


ヤコブはヨセフに言った。 

「全能の神がカナン地方のルズでわたしに現れて、わたしを祝福してくださったとき、こう言われた。 

『あなたの子孫を繁栄させ、数を増やし あなたを諸国民の群れとしよう。 この土地をあなたに続く子孫に 永遠の所有地として与えよう。』

今、わたしがエジプトのお前のところに来る前に、エジプトの国で生まれたお前の二人の息子をわたしの子供にしたい。エフライムとマナセは、ルベンやシメオンと同じように、わたしの子となるが、その後に生まれる者はお前のものとしてよい。 しかし、彼らの嗣業の土地は兄たちの名で呼ばれるであろう。

わたしはパダンから帰る途中、ラケルに死なれてしまった。 あれはカナン地方で、エフラトまで行くには、まだかなりの道のりがある途中でのことだった。 わたしはラケルを、エフラト、つまり今のベツレヘムへ向かう道のほとりに葬った。」


イスラエルは、ヨセフの息子たちを見ながら、「これは誰か」と尋ねた。

ヨセフが父に、「神が、ここで授けてくださったわたしの息子です」と答えると、父は、「ここへ連れて来なさい。彼らを祝福しよう」と言った。

イスラエルの目は老齢のためかすんでよく見えなかったので、ヨセフが二人の息子を父のもとに近寄らせると、父は彼らに口づけをして抱き締めた。

イスラエルはヨセフに言った。

「お前の顔さえ見ることができようとは思わなかったのに、なんと、神はお前の子供たちをも見させてくださった。」

ヨセフは彼らを父の膝から離し、地にひれ伏して拝した。

ヨセフは二人の息子のうち、エフライムを自分の右手でイスラエルの左手に向かわせ、マナセを自分の左手でイスラエルの右手に向かわせ、二人を近寄らせた。

イスラエルは右手を伸ばして、弟であるエフライムの頭の上に置き、左手をマナセの頭の上に置いた。つまり、マナセが長男であるのに、彼は両手を交差して置いたのである。

そして、ヨセフを祝福して言った。 

「わたしの先祖アブラハムとイサクが その御前に歩んだ神よ。 わたしの生涯を今日まで 導かれた牧者なる神よ。 わたしをあらゆる苦しみから 贖われた御使いよ。 どうか、この子供たちの上に 祝福をお与えください。 どうか、わたしの名と わたしの先祖アブラハム、イサクの名が 彼らによって覚えられますように。 どうか、彼らがこの地上に 数多く増え続けますように。」

ヨセフは、父が右手をエフライムの頭の上に置いているのを見て、不満に思い、父の手を取ってエフライムの頭からマナセの頭へ移そうとした。

ヨセフは父に言った。 

「父上、そうではありません。これが長男ですから、右手をこれの頭の上に置いてください。」

ところが、父はそれを拒んで言った。 

「いや、分かっている。 わたしの子よ、わたしには分かっている。 この子も一つの民となり、大きくなるであろう。 しかし、弟の方が彼よりも大きくなり、その子孫は国々に満ちるものとなる。」

その日、父は彼らを祝福して言った。

「あなたによって イスラエルは人を祝福して言うであろう。 
『どうか、神があなたを エフライムとマナセのように してくださるように。』」 

彼はこのように、エフライムをマナセの上に立てたのである。

イスラエルはヨセフに言った。

「間もなく、わたしは死ぬ。だが、神がお前たちと共にいてくださり、きっとお前たちを先祖の国に導き帰らせてくださる。  わたしは、お前に兄弟たちよりも多く、わたしが剣と弓をもってアモリ人の手から取った一つの分け前(シェケム)を与えることにする。」

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ