renaissancejapn@aol.com

2006/6/25

ヤコブの葬儀 と ヨセフの最期  旧約聖書
旧約聖書(創世記第50章1節−26節)

ヨセフは父の顔に伏して泣き、口づけした。
ヨセフは自分の侍医たちに、父のなきがらに薬を塗り、防腐処置をするように命じたので、医者はイスラエルにその処置をした。  そのために四十日を費やした。  この処置をするにはそれだけの日数が必要であった。 エジプト人は七十日の間喪に服した。


喪が明けると、ヨセフはファラオの宮廷に願い出た。

「ぜひともよろしくファラオにお取り次ぎください。  実は、父がわたしに誓わせて、
『わたしは間もなく死ぬ。 そのときは、カナンの土地に用意してある墓にわたしを葬ってくれ』と申しました。 ですから、どうか父を葬りに行かせてください。 わたしはまた帰って参ります。」

ファラオは答えた。 「父上が誓わせたとおりに、葬りに行って来るがよい。」

ヨセフは父を葬りに上って行った。 ヨセフと共に上って行ったのは、ファラオの宮廷の元老である重臣たちすべてとエジプトの国の長老たちすべて、それにヨセフの家族全員と彼の兄弟たち、および父の一族であった。 ただ幼児と、羊と牛の群れはゴシェンの地域に残した。

また戦車も騎兵も共に上って行ったので、それはまことに盛大な行列となった。

一行はヨルダン川の東側にあるゴレン・アタドに着き、そこで非常に荘厳な葬儀を行った。 父の追悼の儀式は七日間にわたって行われた。 その土地に住んでいるカナン人たちは、ゴレン・アタドで行われた追悼の儀式を見て、

「あれは、エジプト流の盛大な追悼の儀式だ」と言った。

それゆえ、その場所の名は、アベル・ミツライム(エジプト流の追悼の儀式)と呼ばれるようになった。 それは、ヨルダン川の東側にある。 それから、ヤコブの息子たちは父に命じられたとおりに行った。 すなわち、ヤコブの息子たちは、父のなきがらをカナンの土地に運び、マクペラの畑の洞穴に葬った。 それは、アブラハムがマムレの前にある畑とともにヘト人エフロンから買い取り、墓地として所有するようになったものである。

ヨセフは父を葬った後、兄弟たちをはじめ、父を葬るために一緒に上って来たすべての人々と共にエジプトに帰った。

ヨセフの兄弟たちは、父が死んでしまったので、ヨセフがことによると自分たちをまだ恨み、昔ヨセフにしたすべての悪に仕返しをするのではないかと思った。

そこで、人を介してヨセフに言った。

「お父さんは亡くなる前に、こう言っていました。 『お前たちはヨセフにこう言いなさい。 確かに、兄たちはお前に悪いことをしたが、どうか兄たちの咎と罪を赦してやってほしい。』お願いです。 どうか、あなたの父の神に仕える僕たちの咎を赦してください。」

これを聞いて、ヨセフは涙を流した。

やがて、兄たち自身もやって来て、ヨセフの前にひれ伏して、

「このとおり、私どもはあなたの僕です」と言うと、

ヨセフは兄たちに言った。

「恐れることはありません。 わたしが神に代わることができましょうか。
あなたがたはわたしに悪をたくらみましたが、神はそれを善に変え、多くの民の命を救うために、今日のようにしてくださったのです。  どうか恐れないでください。 このわたしが、あなたたちとあなたたちの子供を養いましょう。」 

ヨセフはこのように、兄たちを慰め、優しく語りかけた。

ヨセフは父の家族と共にエジプトに住み、百十歳まで生き、エフライムの三代の子孫を見ることができた。 マナセの息子マキルの子供たちも生まれると、ヨセフの膝に抱かれた。

ヨセフは兄弟たちに言った。

「わたしは間もなく死にます。 しかし、神は必ずあなたたちを顧みてくださり、この国からアブラハム、イサク、ヤコブに誓われた土地に導き上ってくださいます。」

それから、ヨセフはイスラエルの息子たちにこう言って誓わせた。

「神は、必ずあなたたちを顧みてくださいます。 そのときには、わたしの骨をここから携えて上ってください。」

ヨセフはこうして、百十歳で死んだ。 人々はエジプトで彼のなきがらに薬を塗り、防腐処置をして、ひつぎに納めた。


0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ