renaissancejapn@aol.com

2006/9/25

ユダ王 ダビデ  旧約聖書
         旧約聖書(サムエル記下第2章1節−32節)

その後ダビデは主に託宣を求めて言った。 「どこかユダの町に上るべきでしょうか。」
主は言われた。 「上れ。」

更にダビデは尋ねた。 「どこへ上ればよいのでしょうか。」
「ヘブロンへ」 と主はお答えになった。


そこでダビデは二人の妻、イズレエルのアヒノアムとカルメルのナバルの妻であったアビガイルを連れて、ヘブロンへ上った。  ダビデは彼に従っていた兵をその家族と共に連れて上った。  こうして彼らはヘブロンの町々に住んだ。

ユダの人々はそこに来て、ダビデに油を注ぎ、ユダの家の王とした。 

ギレアドのヤベシュの人々がサウルを葬ったと知らされたとき、 ダビデはギレアドのヤベシュの人々に使者を送ってこう言わせた。  「あなたがたが主に祝福されますように。 あなたがたは主君サウルに忠実を尽くし、彼を葬りました。  今、主があなたがたに慈しみとまことを尽くしてくださいますように。 わたしも、そうしたあなたがたの働きに報いたいと思います。   力を奮い起こし、勇敢な者となってください。 あなたがたの主君サウルは亡くなられましたが、ユダの家はこのわたしに油を注いで自分たちの王としました。」

サウルの軍の司令官、ネルの子アブネルは、サウルの子イシュ・ボシェトを擁立してマハナイムに移り、彼をギレアド、アシュル人、イズレエル、エフライム、ベニヤミン、すなわち全イスラエルの王とした。

サウルの子イシュ・ボシェトは四十歳でイスラエルの王となり、二年間王位にあった。  だが、ユダの家はダビデに従った。  ダビデがユダの家の王としてヘブロンにとどまった期間は七年六か月であった。  

ネルの子アブネルは、サウルの子イシュ・ボシェトの家臣と共にマハナイムを出て、ギブオンに向かった。  一方、ツェルヤの子ヨアブとダビデの家臣も出陣した。 両軍はギブオンの池で出会い、一方は池のこちら側に、他方は向こう側にとどまった。
アブネルはヨアブに申し入れた。  「若者を立てて、我々の前で勝負させてはどうか。」  「よかろう」  とヨアブは言った。

ベニヤミン族とサウルの子イシュ・ボシェトの側から十二人、ダビデの家臣からも十二人、同数の者が立って次々と出て行った。  彼らはそれぞれ相手の頭をとらえ、剣を相手の脇腹に突き刺し、皆共に倒れた。 その場所はヘルカト・ツリムと呼ばれ、ギブオンにある。   その日、激しい戦いが続き、アブネルとイスラエルの兵がダビデの家臣に打ち負かされた。

ツェルヤの三人の息子、ヨアブ、アビシャイ、アサエルも戦いに加わっていたが、アサエルは野のかもしかのように足が速く、アブネルを追跡し、右にも左にもそれることなくアブネルの後を追った。   アブネルは振り向いて言った。 「お前はアサエルだな。」「そうだ」と彼は答えた。

「右か左にそれて若者の一人でも捕らえ、身につけているものを奪ったらどうだ」  とアブネルは言ったが、アサエルはアブネルを追って離れようとしなかった。

アブネルは重ねてアサエルに言った。  「追うのはやめてくれ。 お前を地に打ち倒すわけにはいかない。 お前の兄、ヨアブに顔向けできないではないか。」

だがアサエルは頑として離れなかった。 アブネルは槍の石突きでアサエルの下腹を突いた。 槍は背中まで突き抜け、アサエルは倒れ、その場で死んだ。 アサエルが倒れて死んでいる所まで来た者は皆、立ち止まったが、ヨアブとアビシャイはアブネルを追い続けた。  夕暮れ時となって、彼らはギブオンの荒れ野に続くギアの入り口にあったアンマの丘に着いた。

ベニヤミン族はアブネルに合流し、一団となって一つの丘の頂にとどまった。  アブネルはヨアブに呼びかけて言った。  「いつまで剣の餌食とし合うのか。悲惨な結末になることを知らぬわけではあるまい。 いつになったら、兄弟を追うのはやめよ、と兵士に命じるのか。」

ヨアブは答えた。  「神は生きておられる。 もしお前がそう言い出さなかったなら、兵士は朝までその兄弟を追い続けたことだろう。」

ヨアブは角笛を吹いた。  兵士は皆、イスラエル軍を追うことをやめ、それ以上戦いを続けなかった。

アブネルとその兵はアラバを夜通し歩いてヨルダン川を渡り、更に午前中も歩いて、マハナイムに着いた。    ヨアブはアブネルの追跡から戻り、兵士を皆集合させた。  ダビデの家臣のうち十九人とアサエルが欠けていた。

ダビデの家臣はベニヤミン族とアブネルの兵のうち三百六十人を打ち殺した。  アサエルはベツレヘムに運ばれ、父の墓に葬られた。ヨアブとその兵は夜通し歩いて、明け方ヘブロンに着いた。

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ