renaissancejapn@aol.com

2005/9/21

ミュンヘン ビール祭り  観光・旅行
クリックすると元のサイズで表示します

MB仲間のウツボネ姐さんが、オクトーバーフェストの記事を書かれていたので、本場の様子もご紹介したいと思います。  ミュンヘンは、南ドイツのバイエルン州の州都であります。  バイエルンの特徴は、自由闊達で明るく人なつこい性格の人が多く、12世紀以来、南ドイツに花開いたドイツ宮廷文化の中心でもあった為、ドイツ人としてのアイデンティティよりも、バイエルンである事を誇りに思っている人たちです。

毎年9月の終わりから、10月のはじめにかけてオクトーバーフェスト(Oktoberfest)と呼ばれるビール祭りが開催されます。 世界中から約600万人の観光客が押し寄せ、消費されるビールは約500万リットル、約50万羽の鶏が食べつくされます。


ミュンヘンの街全体も盛り上がりますが、正確にはOktoberfestとは、テレージエンビーゼ(Theresienwiese)と呼ばれる広場に、ビールメーカー各社がテントで簡易のビアホールをいっぱい建て、そこで催されるビール祭りの事です。 また、道端ではマスやスズキなどの魚も豪快に焼いていて、ついつい匂いに誘われ、そのビアホールに入ってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



多くの人が押し寄せるので、席の確保が困難であり、先ず午前中から会場に入っておく必要があります。 朝の11時くらいの会場の様子がこの写真です。

クリックすると元のサイズで表示します


ところがお昼を過ぎると、既にこのような状態になり、席を離れると、2度と座る事はできません。 また、あちこちでバンドが乗り乗りの曲を演奏し、盛り上がってくると椅子や机の上でお立ち状態となり、肩を組んで歌ったり、踊りはじめます。 カントリーミュージックですが、ロックンロール以上にアップテンポで盛り上がる曲です。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



日本のビアホールで大ジョッキは0.5リットルですが、こちらでは1リットルで、夕方になるまでに3-5杯くらいは飲んでいるので、皆なかなり酔っ払っている状態です。

この混雑の中で、皆が肩を組んで歌ったり、踊りだすという事は、隣のお姉さんのオッパイやお腹や腰がガンガンぶつかってくるわけで、酔いにまかせて結構下ネタの会話もしてきます。  「拙者とて武士のはしくれ、滅多な事は致さぬが・・・ 、 おじさんを挑発するのもいい加減にしておきなさい!」 という感じです。 夕方でこれですから、夜になると・・・、後はご想像にお任せいたします。


0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2005/10/10  10:24

 
いざミュンヘンへ

ストラスブールよりミュンヘンまでTJVにゆれれること約4時間
いつも国境を越える列車に乗ると 異文化の匂いと音がする

ドイツ人は陽気で元気でマメだ
4時間陽気に話し続けるおじさんたち・・・
車掌さんはマメにチケットの確認に来る。
フランスでは1度確認したら良い方で、ほとんどが1度も確認無し!!が多く
ただ乗りに味を占めた私は 1度見つかって怒られたことがある(;^_^A

(MUNCHEN到着!!)
Montpellierのステイ先でもらった 花のぬいぐるみと恒例の記念撮影☆彡


思えば、リュック一つで旅立つ私にイジーズがくれたこの... 

2005/9/22  15:34

 
東京・日比谷公園内で↓今日から4日間開催のイベントに行って来ました〜♪

東京オクトーバーフェスト in 日比谷  http://www.oktoberfest.jp/

明日は17:30〜、金・土は正午からってことですが、会場は狭いしテーブルや
座席の数がとーーっても少ないので、早目に場所取りor「見物」と割り切って
お出かけになられるのがよろしいかと思います。

ヘタな写真ですが、貼っときますね。

(↓噴水の手前からメインテントを見たところ)



(↓メインテント内のテーブル席の様子)



(もっとキレイな、本場の写真&解説はコチラ →http://www.oktoberfest.de)

(もっともっとキレイで詳しい本場の写真&解説は、trackbackをご覧ください♪)今年と来年は、「ドイツ年」だそうで、そういえば大分前に電車の中吊りか何かで
見た記憶があるんですが、この「ドイツ年」って1999〜2000年にドイツで開催された
「日本年」に呼応する形での「日本におけるドイツ年2005/2006」なのだそうです。
日本各地での展覧会やら演奏会・シンポジウムなど、実に300を越えるイベントなどが
現在進行中ということなのですが、、、経済効果のほどは如何なもんなんでしょうか。。

・・・・・てゆーか、日本ってイベント企画ヘタっぴーだよねぇ・・・・(^^;

愛知万博では、ドイツ館が「自然の叡智賞・金賞」受賞だそうで。。
どなたかご覧になられた方、いらっしゃいます? 
Web上の案内見た限りでは、どうもパッとしない感じなんですけど。

ちなみに、「ドイツ年」の日本側推進賛助委員会委員長は、あの中曽根康弘氏。
結構な “ご挨拶” の隣に「最近撮ったんじゃないでしょ?」って感じの御写真があって、
懐かしいなぁ・・・・と、ちょっとシミジミした気分になりました。(過去の人扱い)

本場ドイツ・ミュンヘンでの今年の「オクトーバーフェスト」も現在開催中!!
                          (※9月17日〜10月3日まで)
1810年、バイエルン皇太子(後のルートヴィッヒ1世)と王女テレーゼの結婚式が、
その始まりだそうで、その伝統を受け継いで1000人ものパレードがオープニングを
飾り、世界各国から毎年600万人が集まるという本物の「オクトーバーフェスト」には、
私もいつか絶対行ってみたい! (でも・・・・あと数年はきっと無理・・・・泣)


日比谷の方は、、、、まぁ、お近くの方は、話のタネに是非どうぞ♪ってトコかな。。


そうそう、↓メルケルさんは首相になれるかな・・・? 

http://news.goo.ne.jp/news/reuters/kokusai/20050921/JAPAN-188264.html?C=S


あー、ちかれた。

 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ