renaissancejapn@aol.com

2007/9/23

破滅に向かうイラン  国際政治・金融・企業
ロイター通信の報道によれば、イランは22日首都テヘラン郊外で大規模な軍事パレードを実施し、ミサイルなどの各種兵器を公開。  また西側諸国に対し、同国の核活動に対して攻撃を行った場合は後悔することになると警告しました。

イランは昔ペルシア帝国であった場所で、古代日本はペルシアから大きな文明の影響を受けており、近代でもイランは親日国家であったことからも、我々も好印象を持っている国だけに、イスラム教に凝り固まったお馬鹿な大統領によって、イラン国民が破滅への道を歩まされていることは残念でありません。

ちなみに、イスラム教が興ったのはAD7世紀と新しく、古代ペルシアはイスラム教ではありません。

また、アメリカの中東戦略の中で、イランを攻撃する口実を与えてしまい、彼らの思うツボにはまっている事をこの大統領は分からないのでしょうか?

--------------------------------------------------------------------------
イランが大規模な軍事パレードを実施、西側諸国をけん制  
9月23日15時37分配信 ロイター

[テヘラン 22日 ロイター] イランは22日、首都テヘラン郊外で大規模な軍事パレードを開催し、ミサイルなどの各種兵器を公開した。また西側諸国に対し、同国の核活動に対して攻撃を行った場合は後悔することになると警告した。  革命防衛隊のアリ・ジャファリ司令官は記者団に対し「われわれの敵へのメッセージは『それはするな』ということだ。イラクで後悔しているように、彼らは悔いることになるだろう」と述べた。
 フランスのクシュネル外相は16日、対イラン戦争の可能性に備える必要があるとの見解を示していた。 イランの国営テレビによると、最高指導者ハメネイ師も同様の警告を発した。  ハメネイ師はアハマディネジャド大統領など指導者らとの会合で、同国を攻撃すれば、誰であろうと「報いを受けることになる」と語った。
--------------------------------------------------------------------------


幼稚なイスラム指導者
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/543.html

イカレた大統領
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/516.html

アメリカの中東戦略-7 〜ロシア編〜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/488.html

アメリカの中東戦略-6 〜東アジア編〜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/486.html

アメリカの中東戦略-5 〜イラン編〜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/485.html

アメリカの中東戦略-4 〜北朝鮮編〜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/484.html

アメリカの中東戦略-3 〜イラク編〜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/483.html

アメリカの中東戦略-2 〜中国編〜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/482.html

アメリカの中東戦略-1 〜日本編〜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/481.html

中東情勢
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/145.html

アメリカの国際戦略
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/144.html

イスラム教
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/124.html

イスラム教の問題点-1
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/119.html

イスラム教の問題点-2
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/120.html

2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ