renaissancejapn@aol.com

2009/3/27

アメリカの環境政策-1  環境・エネルギー
エネルギー・環境政策の要綱 : New Energy for America (2008年8月発表)


目標
T. 10年間で中東/ヴェネズエラからの石油輸入量に相当する石油消費を削減
U. 米国製造業を環境技術集約型に。 500万人のグリーン雇用を創出
V. 2012年までに発電量の10%、2025年までに25%を再生可能エネルギーでまかなう
W. 温室効果ガスの排出量を2020年までに05年比14%削減、2050年までに同83%削減
X. 気候変動問題に関し、米国が国際的なリーダーシップを発揮する


*再生可能エネルギーとは、太陽光、風力などのように、エネルギー源がほぼ無限に
 供給されるものをいいます。 化石燃料は使うと減ってしまい、再生できませんが、
 太陽光や風力などは、エネルギー源が減らないので、再生可能エネルギーと呼ばれ
 ます。 日本語的にはなじみのない言葉ですが、英語の直訳(Renewable Energy)
 です。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ