renaissancejapn@aol.com

2012/11/24

実は資源大国 日本 〜海中ウラン〜  環境・エネルギー
クリックすると元のサイズで表示します
海中ウランの捕集、及び分離精製施設


日本は、原子力発電のウランを100%海外から購入していますが、日本近海に黒潮が運んでくるウランの量は、1年間に約520トンもあることが分かりました。 実は、この量は地球上の陸地におけるウランの埋蔵量に匹敵します。

海中に溶けているウランは地上の埋蔵量の1,000倍、さらに、海水に溶けていないウランは海底に1,000倍あると計算されています。 特殊な布にウランを吸着させる技術の世界特許は日本が保有し、すでに原子炉のウラン燃料となる純粋なイエローケーキ16グラムを分離・精製することに世界で初めて成功しています。  


クリックすると元のサイズで表示します
ウラン(イエローケーキ)


経済性も成立しそうであるという事で、この技術が量産レベルで確立できれば、日本は尖閣の石油のみならず、ウランに関しても世界トップクラスの資源大国になります。



日本も資源大国なるぞ。海に眠るウラン
http://www.youtube.com/watch?v=U4ssguJxB3Q
科学技術 日本最強伝説
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1630.html


3

2012/11/23

実は資源大国 日本 〜メタンハイドレード〜  環境・エネルギー
クリックすると元のサイズで表示します
メタンハイドレード


水分子は温度、圧力がある条件になると、ガスの分子を取り込むことができる籠型のマクロ分子構造を形成します。メタンハイドレートは、メタンがこの水分子の籠型のマクロ分子構造内に取り込まれてできた氷状の固体物質で、分子式は CH4•5.75H2O、密度は0.91 g/cm3。

日本に埋蔵するメタンハイドレード資源量は、天然ガス換算で約7兆m3。 これは、日本で消費される天然ガスの約100年分に相当し、日本は世界有数の埋蔵地です。

また、最近の研究では、日本海側の直江津沖では、1日に泡として大気中に放出されるメタンハイドレードの量は、なんと日本が使う天然ガスの1年分であることが分かりました。



脱原発!脱石油!代替資源エネルギー/メタンハイドレート
http://www.youtube.com/watch?v=mdDucYYLOgI


続きを読む
4

2012/11/21

実は資源大国 日本 〜石油〜  環境・エネルギー
クリックすると元のサイズで表示します


日本の排他的経済水域にある尖閣諸島周辺には1000億バレル(1バレル=約159リットル)を超える埋蔵量の石油が眠っており、世界第2位のイラクとほぼ同じ埋蔵量で、金額になおすと約7000兆円。 




続きを読む
3

2012/2/11

自然との共生と堤防  環境・エネルギー
クリックすると元のサイズで表示します
鳥海山(出羽富士)


昨年の3月11日に、東北大震災があり、その津波により、多くの人々が死傷しました。 このような災害を二度と起こすまいと、高い防波堤建設が計画されていますが、現地の方々はお気づきでないかも知れませんが、東北地方の海岸線と山々の自然の美しさは、小笠原諸島と並び、日本に数少なく残っている美しい景観を持つ場所なのです。  


続きを読む
9

2011/8/7

再生可能エネルギー法案  菅も孫も要らない  環境・エネルギー

再生可能エネルギー法案では、太陽電池や風力発電を使った自然エネルギーで発電する会社をつくり、ここで発電された電力は全て、既存の電力会社に買い取らせ、送電線やシステムなどをタダで使わせろというもので、電力会社が赤字が発生した分は、電気代に価格を上乗せし、一般国民が負担しろという、あまりに強引で身勝手なものです。

ここで、お馬鹿な菅と孫は、自分達が頑張らなくてはと思っているようですが、ハッキリ言ってあげましょう。 ド素人の君達はおよびでない。  

既存の電力会社のインフラを使うならば、別に君達がやらなくても、既存の電力会社に一定の自然エネルギー発電を義務付け、既存の電力会社がその分、価格を上乗せしたら言いだけの話です。  それと、既に既存の電力会社でも自然エネルギーでの発電をやってますけど・・・。


わざわざ、太陽光発電や風力発電の技術を持たず、電力送発電網ももたない、全くのド素人のソフトバンクを不必要に儲けさせ電気料金を上げる必要はありません。


再生可能エネルギー法案を推進するにあたり、菅も孫も必要ないのです。 
孫さんよ、姑息な手段で、アホの反日左翼政治家を利用し、金儲けを企むのはやめろ!


君たちがやっている事は、ただのペテンだ !!!



続きを読む
26

2011/8/5

再生可能エネルギー法案 Renaissancejapan案  環境・エネルギー

昭和20年(1945年)8月6日は、広島に原子爆弾が投下された日ですが、原子爆弾と原子力発電を混同した、政治利用を許してはいけません。


極左のアホ菅と孫正義が推進している脱原発をスローガンとした再生エネルギー法案は、単に、アホな反日左翼政治家を使って、孫正義が個人的利益を享受するためのペテンと考えてよいでしょう。


何故なら、巨大な電力を食うソフトバンクのサーバーは原子力発電を推進する韓国に移動し、この6月20日に孫正義は韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領を訪問し、その会談の中で、「脱原発」は日本の話で、韓国での原発推進を高く評価する発言をしている事からも明らかです。


また、原子力発電は地域への寄付などで実はコストが高いとお馬鹿な事を言う人もいますが、これは間違いです。 それなら、再生可能エネルギー法案で、既存の電力会社に高コストな電力を売りつけ、それを国民に負担させるのではなく、

太陽電池と風力発電などの再生可能エネルギーに特化した、第二電力会社をつくり、既存の電力会社に売りつけようとせずに、正々堂々と一般国民に電気を売るビジネスを行えばよいのです。 そして、コストが高かろうが脱原発を唱える人は、この第二電力会社(ソフトバンク)から電気を買うべきでしょう。 

恐らく、電気代は5倍以上になると思いますが、さて脱原発を唱えて、デモなどしている人たちが、どちらから電気を買うのか楽しみです。



何度も言いますが、自然エネルギーの方がよいのは、世界中の誰もが分かっている事で、何十年も前から研究開発や一部実用化を行っているけれども、今の段階では原子力発電に比べ、コストに問題があるので、今日の電力構成になっているだけで、

再生可能エネルギーの方が良い等、今自分が考えついたように言うのはやめて欲しいと思いますし、過去から技術開発に携わってきた人たちに対して失礼です。

脱原発の方が良いなど、当たり前のことを振りかざされてても、それがどうしたというしかありません。


続きを読む
12

2011/4/18

大阪府にも 「 竜巻注意情報 」発表! どないしたらええのん?!  環境・エネルギー

4月18日、19時20分頃、大阪府に竜巻注意報が発表されました。 表題の 「 大阪府にも竜巻注意情報発表! どないしたらええのん?! 」 は、とあるBlogの投稿タイトルですが、何で大阪弁になると、こう真剣味がなくなるのだろう。

ネットによれば、タコ焼きが飛び散り、粉が舞い上がるものと予測されています。
4
タグ: タコ焼き  竜巻

2011/4/17

森の木琴  環境・エネルギー
クリックすると元のサイズで表示します


世界から絶賛されているNTTドコモのCM、「 森の木琴 」、奏でられている曲は、バッハの賛美歌147番、「 主よ、人の望みの喜びよ (Jesu, Joy Of Man's Desiring )」



http://www.youtube.com/watch?v=r83-GBFepj0&feature=related





15

2010/3/20

高速道路無料化とブリヂストン  環境・エネルギー

民主党政権の公約の大きな目玉として、高速道路無料化がありますが、環境問題からは明らかに世界の常識から逆行しています。  


日本政府自身の計算でも、1Km走る時、1人あたりのCO2排出量は、自動車が165gに対し、新幹線は22gと圧倒的に低く、ですから、あの自動車大国アメリカをはじめ、世界各国では高速鉄道網を整備しています。  ちなみに中国では、これをCO2削減の切り札、また経済牽引の重要な政策ととらえており、2020年までに約10兆円(日本円換算)近くの投資を行うと発表しています。

それでは、鳩ポッポと銭ゲバ小沢は、何で、高速道路無料化などを推進しようとするのでしょうか?  税収はなくなるし、物を運ぶコスト、時間を考えても、高速鉄道網のほうが経済効果が大きいにも関わらずです。
続きを読む
10

2009/4/6

アメリカの環境政策-6  環境・エネルギー
JETROのロサンゼルス、日本経済新聞社アメリカ社は、米国市場への展開に意欲的に取り組む企業の情報発信と米国企業とのパートナーリングを応援するプロジェクトを発足しています。 

■期間:2009年1月〜12月(1年間)
■主催:JETROロサンゼルス、Nikkeiアメリカ
■募集対象:環境ビジネスの北米展開を図る日系企業・団体など
■提供するサービスの内容:情報発信と米国企業とのパートナーリング・サポート

http://www.GreenInnovationConnect.net

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ