renaissancejapn@aol.com

2009/12/30

マキアヴェリ  -39  国家編-6  マキアヴェリ 

都市であろうと、国家であろうと、規模の大きな組織体ならば、時が経つにつれて欠陥があらわれてくるのを避けることはできない。
続きを読む
7

2009/12/22

マキアヴェリ  -38  国家編-5  マキアヴェリ 

いくつかの民族は、なぜ自分たちの土地を捨てて他国に侵入し、そこで国を創るのかの理由だが、これは戦争の一種と見るべきであろう。
続きを読む
6

2009/12/21

マキアヴェリ  -37  国家編-4  マキアヴェリ 

弱体な共和国にあらわれる最も悪い傾向は、何ごとにつけても優柔不断であるということである。

故に、この種の国家の打ち出す政策は、何かの圧力に屈したあげく、やむをえず為された物になる。 もしも、その中に良策があったとしても、それも為政者の思慮によるものではなく、あくまでも圧力の結果に過ぎないのだ。







--------------------------------------------------------------------------








続きを読む
4

2009/12/18

マキアヴェリ  -36  国家編-3  マキアヴェリ 

弱体な国家は、常に優柔不断である。  そして、決断に手間どる事は、これまた常に有害である。

続きを読む
3

2009/12/15

マキアヴェリ  -35  国家編-2  マキアヴェリ 

民衆ほど軽薄で首尾一貫とはほど遠いものはないとは、ティトゥス・リヴィウスの評価であるが、他の多くの歴史家も、これと同じ事を書いている。  まったく、歴史上の彼らの行動を見れば、民衆が誰かを死刑にしたのに、同じ民衆がその直後に後悔して涙を流す、という場面に始終出会う。
続きを読む
3

2009/12/14

マキアヴェリ  -34  国家編-1   マキアヴェリ 

ここでは、民衆(ポポロ)に関して、次の2つの事に注目して欲しいのだ。
続きを読む
1

2009/12/11

マキアヴェリ  -33  君主編-16  マキアヴェリ 

優れた指揮官ならば、次のことを実行しなければならない。
続きを読む
3

2009/12/9

マキアヴェリ  -32  君主編-15  マキアヴェリ 

君主が民衆の憎しみを買うのは、どういう理由によるのだろうか。
続きを読む
2

2009/12/7

マキアヴェリ  -31  君主編-14  マキアヴェリ 

女が原因で国が滅びた例はいくつもあげることができるが、アリストテレスも専制君主が破滅する原因の一つとして女をあげている。
続きを読む
2

2009/12/5

マイキヴェリ  -30  君主編-13  マキアヴェリ 

ハンニバルとスキピオは、部下の心をつかむのに、まったく正反対の方法をとったが、何故両者とも同じ効果をあげることができたのであろうか。
続きを読む
5


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ