renaissancejapn@aol.com

2012/3/12

邪馬台国と卑弥呼-211  熊野大社      邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
熊野大社(熊野坐神社) 島根県松江市八雲町熊野


「出雲国風土記」には熊野大社と記され、その後「延喜式神名帳」では熊野坐神社と記された神社が、出雲東部の意宇郡にありました。 この神社こそ、出雲で最も歴史と権威がある神社であり、出雲西部にある杵築大社(明治4年から出雲大社と呼ばれる)は記紀神話編集の時代に創られたものです。

出雲国は行政も杵築大社の祭祀もずっと出雲臣(出雲国造家)が支配してきました。 その居住地も、出雲国の行政を司る国庁の所在地も、すべて出雲東部の意宇郡にあり、杵築大社(出雲大社)のある西部の出雲郡ではありません。

出雲西部は開発の遅れた地域で、豪族ではなく、小族長や農民達のいた地域でしたが、大和王権の命令で大社がつくられ、オオムナチが祀られる事になります。

出雲氏が祭政の拠点を意宇郡から杵築に移したのは、出雲国造果安(はたやす)のとき(708-721)で、その時期に古事記も撰上されています。


続きを読む
3

2012/3/11

邪馬台国と卑弥呼-210  古事記で創られた大国主命  邪馬台国と卑弥呼

何度も言うので、島根県の方々は気分を悪くされるかも知れませんが、「出雲国風土記」に
は、スサノオのヤマタノオロチ神話もなければ、アマテラスにまつわる話も、因幡の白兎の話、オオクニヌシの国譲りの話もありません。 

それどころか、オオクニヌシという名前も一切なく、あるのはオオナムチ(大己貴)であり、上記の出雲神話と言われているものは、全て古事記が編纂されるときに、過大に脚色され、オオクニヌシは古事記で創られたものです。

その理由は、藤原(中臣)氏による祭政の掌握のためのストーリーづくりにあり、彼らはそのためにつくられたメインキャストであるといえます。 これについては、次以降の投稿で説明します。

三輪山の西麓や南麓には出雲の名が残っており、出雲系の支族が住んでいた事が知られております。 島根県を支配した出雲族のルーツは、奈良の三輪山(さらにいうなら中国江南からやってきた海人族で、阿波・淡路島を経由してやってきた?)にあり、

大和朝廷との戦いに敗れ、根の国(出雲国)に流された、もしくは大和朝廷に取り入り、出雲国を支配するために派遣されたものと、私は考えています。

実際、出雲を支配していたのは出雲大社(明治4年までは杵築大社と呼ばれている)のある西側ではなく、東側の意宇郡に出雲氏は行政官と神宮司をかねて支配してきたのです。 すなわち、オオムナチと出雲系の豪族を封じこめるために、杵築大社をつくり、出雲氏が管理監督していた可能性も高いと思います。

スサノオは、島根の須佐神社に祀られた実在の人物でさほどビッグでもなく、オオムナチは三輪山に最初に入った人で、そのオオムナチを破ったのが、大和朝廷で、そのオオムナチを
出雲の杵築大社(明治4年から出雲大社)に島流しにして封印したのだと思います。 

また、そしてオオクニヌシは既に全国にいた地方豪族の総称(国津神)であり、既に武力・話し合いで破った彼らの恨みの霊魂をすべて祀るために創ったのが杵築大社だと思います。

伊勢神宮や杵築大社が創建されたのは、記紀神話がつくられたた時期であり、三輪山から見て太陽が昇る東に伊勢神宮、太陽が沈む西(=根の国)に杵築大社を古事記編纂にあわせて
創ったのではないでしょうか。 

そして、旧勢力を全て杵築大社に封じ込めた。 だから全国にオオクニヌシを祀る神社があり、また出雲には全国の神々が集まる神在月がある。 そして、古事記でオオクニヌシをハデに大きくみせ、旧勢力の神社に祀る事で、その地方の人々に優越感を持たせ納得させる。

と同時に、そんな素晴らしい神から、天津族は国譲りを受けたとし、さらに天津族、大和朝廷の権威をさらに高めようとしたに違いありません。 

しかしながら、古事記をよく読んでみると、藤原(中臣)氏の巧みさが見え隠れします。 それは、大国主命から国譲りを受けさせた最大の功労者は建御雷神(たけみかずち)であり、彼は藤原(中臣)氏の祖先で、鹿島神宮のご祭神で、白い鹿に乗って奈良の春日大社にやってきて、春日大社のご祭神でもあります。 

以後、鹿は神の使いとされ保護され、今では奈良公園には約1200頭生息しています。 

そして、天皇家に対する最大の功労者と正当化された藤原氏が、影で天皇家を操り、我が世を謳歌してゆくのです。



続きを読む
5

2012/3/10

邪馬台国と卑弥呼-209  ギリシアから日本に来た神々  邪馬台国と卑弥呼

知の回廊 第78回『ギリシアから日本に来た神々』
http://www.youtube.com/watch?v=IdxJe1MqVaE&feature=relmfu
邪馬台国と卑弥呼-3  日本神話とギリシア神話
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1250.html



続きを読む
4

2012/3/7

邪馬台国と卑弥呼-208  日本最古の水田稲作 菜畑遺跡  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
菜畑遺跡のジオラマ 


菜畑(なばたけ)遺跡は、福岡市博多区にある板付遺跡と共に、日本で最初に水稲耕作が行われた遺跡で、佐賀県唐津市の西南部、JR唐津駅から西に2キロメートルほどのところにあります。  BC6世紀頃、灌漑設備を作って水田を耕作し、ブタを飼い、漁をし、メロン・モモも栽培していたようです。



菜畑遺跡
http://www.youtube.com/watch?v=A7_JoISeJ24
苗家美
http://www.youtube.com/watch?v=_hLaJFjqjPQ&feature=related


続きを読む
3

2012/3/5

邪馬台国と卑弥呼-207  大麻山と阿波忌部  邪馬台国と卑弥呼

記紀神話に登場する出雲の有名人を祀る神社が、阿波(徳島県)には全てありますが、出雲(島根県)の神社には全て揃っていないというお話をしました。


邪馬台国と卑弥呼-65  出雲国風土記と記紀神話の不一致
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1313.html
邪馬台国と卑弥呼-70  阿波忌部
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1319.html
邪馬台国と卑弥呼-64  阿波 多祁御奈刀弥神社 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1312.html
邪馬台国と卑弥呼-63  阿波 伊射奈美(いざなみ)神社
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1311.html
邪馬台国と卑弥呼-62  邪馬台国 阿波説
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1310.html


記紀神話では、日本の国土で最初に出来たのは淡路島。 阿波忌部は、麻、穀、栗、蚕、和紙、農業、織物などの殖産興業に関わる技術集団&海洋民で、徳島県の吉野川流域から大和(奈良県)に進出し、大和国造(国造:自治体のトップ)や伊勢国造になるとともに全国各地に開拓事業を行った氏族で、天皇即位式である、大嘗祭に使われる麁服(あらたえ)は、現代も阿波の三木家が代々御衣御殿人(みぞみあらかんど)として、大麻で織り製作し天皇家へ貢進(みつぎものをさしあげること)を続けています。  

大麻は字の如く、麻薬ですが、シャーマンの卑弥呼にもつながるものです。


邪馬台国と卑弥呼-78  デルフォイの神託と卑弥呼 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1331.html


西日本にある大麻山は、徳島県鳴門市、香川県三豊市、香川県小豆島町、そして島根県浜田市だけで、島根県の大麻山にまつわる伝説として、古代、阿波の忌部族が現在の島根県浜田市西部に植民してきた事が記されています。



続きを読む
4

2012/2/27

邪馬台国と卑弥呼-206  卑弥呼の「末裔の墓」 考古学マニアも知らない奈良の古墳が脚光  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
茅原大墓古墳で発見された国内最古の「盾持ち人埴輪」=平成23年2月、奈良県桜井


産経新聞 2月26日(日)15時11分配信

邪馬台国の女王、卑弥呼の墓ともいわれる箸墓(はしはか)古墳近くにある奈良県桜井市の茅原大墓(ちはらおおはか)古墳。 考古学マニアの間でもあまり知られていない古墳が、邪馬台国の末路にかかわるカギを握るとして、近年の発掘で脚光を浴びている。

一帯は3世紀後半の最古級の前方後円墳が多いが、茅原大墓古墳だけはなぜか4世紀末と飛び抜けて新しい。 ヤマト王権は4世紀末に大阪平野に移動したため、王権発祥の地は一気に衰退したが、茅原大墓古墳は「卑弥呼の末裔(まつえい)」として最後の輝きを見せた。(小畑三秋)


続きを読む
7

2012/2/25

邪馬台国と卑弥呼-205  かな文字 と ヘブライ文字    邪馬台国と卑弥呼

古代日本は、中国江南や中近東、特にユダヤの影響を強く受けている事を書いてきましたが、数々の考古学的証拠やDNAなどの科学的証拠から、信じていただけたと考えています。


日本文明
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1082.html
邪馬台国と卑弥呼-204  かな文字 と ユダヤ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1082.html   
邪馬台国と卑弥呼-203  日本神話と淮南子、三五暦記
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1590.html


かな文字とへブライ語の強い類似性で、明らかに漢字が伝わる前に、ヘブライ語が日本に伝わっていた事は、明らかです。 

これに、現在のヘブライ語と形がぜんぜん違うと反論する人をみかけますが、ヘブライ語の歴史・変遷を何も知らないお馬鹿が、恥ずかしげも無くこういうことをいうのです。 今から説明します。



続きを読む
10

2012/2/24

邪馬台国と卑弥呼-204  かな文字 と ユダヤ   邪馬台国と卑弥呼

古代日本において不思議なのが、日本文化を決定したといえる「かな文字」です。 中国から輸入した漢字が変形していったと一般に言われていますが、とてもそうとは思えません。

あまりに大きな違いは、漢字が「複雑な表意文字」に対し、ひらがなは「西洋のようなアルファベット文字」であります。 また、文法も全く異なります。

 

邪馬台国と卑弥呼-53  日本語の起源
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1300.html
日本語 と ヘブライ語
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/276.html
日本 と ユダヤ の良く似た風習
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/277.html


続きを読む
10

2012/2/20

邪馬台国と卑弥呼-203  日本神話と淮南子、三五暦記   邪馬台国と卑弥呼

日本神話における天地創造神話は、バビロニア神話と同じように、先ず「混沌」があり、「日本書紀」は、道教の「淮南子(えなんじ:BC2世紀、前漢の淮南王、劉安の著)」と「三五暦記(さんごれきき:3世紀、呉の徐整が編纂した神話集)」の影響を大きく受けている事が知られています。


続きを読む
8

2012/2/19

邪馬台国と卑弥呼-202  江南からの製鉄技術  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
画文帯環状神獣鏡 埼玉県稲荷山古墳出土

クリックすると元のサイズで表示します
呉鏡の鉛同位体分布図



埼玉県稲荷山古墳出土の鉄剣は新日鉄研究所の調査結果、中国の鉄鉱石で、技術も江南で行われていた炒鋼法(しょうこうほう)であることが分かり、また呉の赤烏(せきう:238-251←邪馬台国の時期)の紀年銘をもつ画文帯神獣鏡が日本で出土しています。

稲作・味噌・醤油・納豆・餅・鵜飼などが、中国江南から日本に伝わった事は今日常識となっており、織物も揚子江河口の江南地方から伝わり、日本の蚕が今日でも江南系であることが知られています。

この事実からも、日本の弥生人のルーツは、長江文明の人々であり、今日では少数民族となった苗族と考えられます。 長江文明を引き継ぎ、今日、大きな国家をつくっているのは日本だけで、我々日本人は長江文明を築いた人々の末裔ということも出来ます。



苗家美
http://www.youtube.com/watch?v=_hLaJFjqjPQ&feature=related
Hmong Miao song
http://www.youtube.com/watch?v=FM74XdWTXMo&feature=related
The Miao Kingdom Special Collection
http://www.youtube.com/watch?v=nUUMm_5if54&feature=related



続きを読む
5


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ