renaissancejapn2020@gmail.com

2022/6/25

岸・安部・高市が保守?冗談もほどほどに  国際政治・金融・企業


クリックすると元のサイズで表示します
ケーディスと鳥尾鶴代(子爵夫人)当時の日本政府(岸信介ら)がGHQに尻尾を振り妾に。ケーディスが帰国後、彼女は「バー鳥尾夫人」を開業。常連客には安部晋太郎(安部晋三の父)も。

クリックすると元のサイズで表示します
RAA( Recreation and Amusement Association:特殊慰安施設協会)
岸信介・笹川良一らが設立した米軍兵士・GHQ兵士向け慰安婦組織。1日何十人もの客を取らされ、肉体精神を病む日本人女性たちが多くでて、皮肉にも辞めさせてのが米国のキリスト教会・女性人権団体そしてGHQ。 外貨をぼろ稼ぎし岸・笹川らは国民が飢えに苦しむ中、贅沢の限り。この資金が後の自民党設立の資金に。


---------------------------------------------------



アメリカに尖閣防衛をお願いしておきながらトランプ(アメリカ)を裏切り日本を露骨に侵略してくる習近平を国賓で招待したヘタレの親中、安倍首相。 世界史に残るお馬鹿首相。 


★中国に売却される日本の国土とお馬鹿首相
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2906.html




---------------------------------------------------



★中国高校生友好交流大使500人訪日団第1陣による安倍総理大臣表敬  外務省HP
https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/cn/page4_001520.html


★来日外国人犯罪の検挙状況  警視庁HP
https://www.npa.go.jp/hakusyo/r03/honbun/html/x3332000.html



そして中国人留学生やベトナムからの移民大量受け入れ。 1人受け入れるとパソナに5万円、安倍首相の懐には、さすはに報じられていませんが,、相場として推定10%?。

だから犯罪者でも誰でも受け入れており、その利権は年間200億円以上と報じられてます。 警視庁のレポートでは在日ベトナム人と在日中国人が日本における犯罪件数N.0.1とNo.2。 まさに、安倍・二階の日本の売国破壊活動。




---------------------------------------------------



おまけに2回も増税し長期デフレを招いた安倍政権。 ジャパンハンドラーの米シンクタンクCSISに親中になびく安倍政権が公に非難され、安部首相は電撃辞任。 菅政権の誕生となりました。 以後、菅政権・岸田政権では親米・反中の政策。




---------------------------------------------------


2016年安倍政権で総務大臣に就任した高市早苗。演説とは真逆で、ソフトバンクと癒着し反日中国のHuawei基地局を大量導入。 

高市は松下政経塾卒業後、反日親中の小沢一郎率いる新進党に入党し、小沢と反日活動やっていたバリバリの左翼。


高市と再婚で話題となった山本拓、彼も新進党に入党し、反日活動やっていたバリバリの左翼。 そして高市の実の弟は山本拓の秘書。 一族挙げての実は反日親中左翼。 

どちらも国民からそっぽをむけられ自民当に鞍替え。高市はヒトラー礼賛したり、ネオナチとの2shot写真をネットで公開するなど無理して保守のふり。 山本拓は親中で有名な二階派に所属。 分かりやすいでしょ。


★安倍・高市・ソフトバンク北尾の反日悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html



---------------------------------------------------


安部・高市が保守で、岸田政権が親中とデマ流す人多いけど、今回の日米首脳会談をみても完全に親米・反中であることは明白。


★日米首脳会談2022 まとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3060.html




---------------------------------------------------



【自民党の安倍・高市と新興宗教団体の闇】

★自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 立正佼成会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3055.html
クリックすると元のサイズで表示します
立正佼成会 大聖堂



★自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 朝鮮系カルト 統一教会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3056.html

クリックすると元のサイズで表示します




--------------------------------------------------



[岸信介と蒋介石と密な関係]

反日の蒋介石は夫人の宋美麗(浙江財閥の当主・宗嘉樹の三女)をアメリカに送り込み、その財閥金をアメリカにばらまき、アメリカ全土を回り自ら英語で演説し、反日プロパガンダ、そして抗日戦への協力依頼。 蒋介石はアメリカ国内のキリスト協会を煽り、反日プロパガンダ。 日米開戦の原因の一つ。 こういう人たちと岸信介氏は交遊関係がりました。 とにかく日清・日露戦争で得た満州(中国)と朝鮮半島利権と深く関係していると考えれば分かり易い。




[岸信介と日韓関係: 梨本宮方子様を李王朝と結婚を画策し、それが現実に ]

クリックすると元のサイズで表示します


日清・日露戦争で得た、満州・朝鮮半島利権に深く関与。岸信介は親韓で、椎名悦三郎・瀬島龍三・笹川良一・児玉誉士夫ら満州人脈を形成し、日韓協力委員会を組織。

日韓併合後、宮家の梨本宮(なしもとみや)の方子(まさこ)様を李王朝のお嫁さんに送り出して、李方子となることを画策。そして、それは現実に。wiki 李方子参照。

そして孫の安倍晋三政権で起こった小室圭・秋篠宮眞子様の結婚関係。 何故か自称保守の安倍晋三は宮内庁に、母親方が韓国人の小室圭の身体検査をさせず、女系天皇の議論スタート。 2人はめでたく?ゴールイン。





---------------------------------------------------




[A級戦犯・岸信介の満州国時代の盟友・東条英機への裏切りと、日本の婦女子を裏切り騙した慰安婦組織RAA ]

岸が戦争遂行の中枢にいたことは疑いようがありません。そんな岸を戦勝国が犯罪者リストから外すわけがないのです。

にもかかわらず、岸は満州時代の盟友・東条英機の絞首刑が執行された翌日の1948(昭和23)年12月24日に不起訴処分で釈放されました。

東条の絞首刑と岸の生還、明暗を分けたというには余りにも落差の大き過ぎる結末でした。岸の満州時代の上司であり、東条内閣では内閣書記官長として共に支えてきた星野直樹は終身禁固刑に処せられました。

そして岸信介は差阿片王・里見浦と阿片利権でぼろ儲け。岸信介は、1942年4月の翼賛選挙で、当時の資金で、500万円を里美に依頼していたほど2人は公私にわたり親密な関係であったことが分かっています。


満州では岸は星野よりはるかに手を汚し、阿片取引にも主導的役割で関与。 閣僚として戦争遂行にかかわった度合いも、岸のほうが大きかったはずであります。当然、研究者やジャーナリストにとってもこの処遇の違いは興味の対象となる。岸はなぜ、戦犯を逃れたのか。

いうまでもなく、日本を裏切りGHQ(アメリカ)に寝返り、尻尾を振り。取引して巣鴨刑務所から釈放されました。



----------------------------------------------------



岸信介の最も酷い日本国民への裏切りはRAA( Recreation and Amusement Association:特殊慰安施設協会)の設立です。

RAAの直訳は「余暇・娯楽協会」と実態とは大きく異なり、こうして日本の政治家たちは国民をだまし続けているのです。これが」保守右翼とされる政治家のやることでしょうか?

東京大空襲や2発の原爆投下で、日本国土は廃墟と化し餓死者まで数多く出ている中、戦勝国アメリカのGHQ・兵士たち向けの売春慰安所です。 彼らは人(慰安婦)集めのため、朝日新聞・毎日新聞に故国を要求するも一度は拒否されました。  当時の旭・毎日も岸と鬼畜米英と戦争を煽っていたからです。 

結局は朝日・毎日とも広告を出し、わずか3日後にRAAは開設することが、決められました。 慰安婦たちにはGHQ向けの売春とは知らせれずにお国の復興のためにというスローガンで日本の婦女子は集められました。

銀座7丁目の料理屋「行楽」に本部をおいたRAAは、「新日本女性に告ぐ」「戦後処理の国家的緊急課施設の一端として進駐軍慰安の大事業に参加する新日本女性の率先協力を求む」「女事務員募集」「年齢18歳以上25歳まで」「宿舎・衣服・食料など全部支給する」と募集を開始。

ところが実態は売春であることが知らされ、白人・黒人のアメリカ兵相手の売春行為に、また1日に何十人も客を取らされ、精神を病み気が狂うう女性が数多く出ました。 

そりゃゃそうです1945年8月15日までは鬼畜米英と日本の政治家達から煽られ、彼女らも戦っていたのですから。

このRAAはすぐに閉鎖(1946年3月)されますが、その閉鎖に尽力したのが、皮肉にもアメリカのキリスト教会と女性人権団体。

笹川良一、岸信介らはこのRAAからあがってくる巨額のお金(外貨ドル)で贅沢の限りを尽くし、これが自民党の設立の費用の一部に充てられました。

世界の中で、戦勝国が敗戦国の女性を使った売春慰安所はあっても、敗戦国の政治家が自ら自国民の女性を使い、戦勝国の兵向けに売春慰安所をつくった例はないそうです。 


------------------------------------------------------------


日本の保守と多くの国民が信じる政治家のクズっぷりが分かります。ここらの情報はスタンフォード大学フーバー研究所に一級の一次資料が数多くあり、西教授が近年、翻訳・公開し始めてくれています。


また、詳しくは本の値段が300円と高いですが、「占領神話の崩壊」西悦男・岡崎匡文著
中央公論新社発行 を購入してぜひ読んでください。 吉田茂・岸信介・笹川良一・児玉・田中隆吉・鮎川義介らの悪事の数々が、フーバー研究所にある一級の一次資料を翻訳した事実の記事を紹介してくれています。

彼ら後に自民党を設立し、エセ保守とし政権幹部にのし上がってきた人たちの事が700Pにわたり紹介してくれています。

女性を利用したのはERAAだけではありません。 長州出身の子爵・鳥尾敬光夫人である美人で有名な鳥尾鶴代さんもGHQに差し出し、岸信介らは戦勝国のアメリカに尻尾を振っています。この腐れどもが。 情けないオッサンらです。



-----------------------------------------------------------------



クリックすると元のサイズで表示します
ケーディスと鳥尾鶴代(子爵夫人)


マッカーサーの第一子分がホイットニー、そのまた第一子分がケーディス。 鳥尾夫人をケーディスの妾にしたのです。 日本の皇族宮家女性を朝鮮李家に嫁がせるなど反日やりたい放題。岸信介のどこが保守ですか?

ケ-ディスがアメリカに帰国したのち、鳥尾夫人は銀座8丁目に「バー鳥尾夫人」を開業し大繁盛。
この店には安部晋太郎(安部晋三の父・岸信介のちょうじょと結婚)もよく顔を出していたことが記録されています。

RAAが解体され、家族の女性を手駒にしていた楢橋渡。GHQの高級将校を下半身から丸め込んだ楢橋書記長「接待部長」は大出世を遂げました。




まだまだえげつない下品な話がこの一族に多いのですが、岸・安部・高市信者にまた異常に腹が立ってきましたのでここらにしておきます。 紹介した本を読んでください。



----------------------------------------------------------------



【安倍元総理の新韓政策・従軍慰安婦を認めてしまった】

[新韓銀行とゆうちょ銀行の大型提携]

最近の話では、韓国の大手銀行・親韓銀行とゆうちょ銀行を提携させました。 ゆうちょ銀行は9800万人の個人の顧客を持つ、日本最大のプラットフォーム。 この提携で、ゆうちょ銀行に口座を持つ我々日本人顧客の個人情報が韓国に流れるリスクを背負う事になります。

日本では新韓銀行が100%出資する現地法人の「SBJ銀行」として全国展開している外資系銀行。 羽田空港や福岡空港内にも支店を持ち、住宅ローンも提供。 現在の代表取締役の富屋誠一郎は安倍政権下の2016年6月に財務省を退官した後、SBJ銀行顧問として迎えられ、その後同行のトップに就任した安倍首相肝煎りの人物。


そして、自ら従軍慰安婦など存在しないと言い切り、私も安部首相にはコロッとだまされ、従軍慰安婦問題で反日プロパガンダしてくる勢力と他ts買っていましたが、なんと安倍晋三首相自らが従軍慰安婦の存在を認め、韓国に尻振り。 そしてお金まで払いました。 
pR,
毎年パリで開催されるジャパンEXPOには韓国外相までブースに登場し、日本の安倍首相も従軍慰安婦を認めているとPR。  この問題で反日勢と戦っていた私たちは安倍首相が認めたという事実をだされると何も言えなくなってしまいました。 

だめだこりゃ、このオッサンは。




-----------------------------------------------------------



おまけ(最新記事)



2021.11.23
「安倍晋三が担ぐ高市早苗」が安倍派でものすごく嫌われる理由【DOL】
https://diamond.jp/articles/-/288390?utm_source=daily_dol&utm_medium=email&utm_campaign=20211123


2021.12.03 01:06
特捜部が密かに狙う日大ルート・安倍利権!?
https://access-journal.jp/63109


2021.10.06 18:25
日大・不正資金還流、関与疑惑の医療法人理事長と安倍元首相の“ただならぬ関係”

https://biz-journal.jp/2021/10/post_255542.html




----------------------------------------------------------





★水道事業売却、種子法廃止、国土売却、IR、習近平国賓、女系天皇、そして自民終わりの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2902.html

★【重要】安倍首相、CFR(外交問題評議会)でのスピーチ 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2903.html

★日本国民の年金を運用するウォール街
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2905.html

★中国に売却される日本の国土とお馬鹿首相
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2906.html

★ソフトバンク、日銀、そしてゴールドマン・サックス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2907.html

★安倍・高市・ソフトバンク北尾の反日悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html

★岸信介、安倍晋三の中韓利権と日中関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2998.html

★朝鮮・李王朝に嫁入りした、梨本宮家・方子(なしもとみや・まさこ) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2999.html

★日本の総理大臣の長州閥、イスラエルの兵器商人・アイゼンベルグ、そして自民党の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3053.html

令和の長州(山口)内乱 安倍晋三の“息の根”を止めろ。元秘書が立憲から出馬
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3054.html

★自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 立正佼成会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3055.html

★自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 朝鮮系カルト 統一教会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3056.html

★日銀にユニクロの株を大量に購入させ、中国とつながる柳井社長を世界的大富豪にした安倍政権
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3057.html

★家具業界のユニクロ 次はニトリ社長を大富豪に ニトリと安倍元首相 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3058.html

★今、政財界で最も注目される2人の女性政治家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3059.html

★日米首脳会談2022 まとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3060.html

★ジャパン ハンドラー CFR & CSIS
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3061.html

★★★日本の政界を牛耳っている真の黒幕 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3063.html

★トーマス・グラバー  ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3064.html

★★★日本の政界を支配する華麗なる一族とユダヤマネー 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3065.html




---------------------------------------------------



★デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html
★ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
★モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
★デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
★ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
★日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

★財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
★財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html




3

2022/6/15

日本の政界を支配する華麗なる一族とユダヤマネー  国際政治・金融・企業


クリックすると元のサイズで表示します

麻生太郎(1940年9月20日- )81歳
第92代 内閣総理大臣、安倍・菅・岸田政権で財務大臣
前職 :麻生セメント代表取締役社長
出生地:福岡県 飯塚市
学歴 :学習院大学卒業
    スタンフォード大学大学院
    ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院
特技 :クレー射撃でモントリオールオリンピックに出場
配偶者:麻生ちか子
子女 :麻生将豊(長男)
    麻生彩子(長女)
親族 :
立花種道(高祖父)  筑後三池藩第5代藩主
大久保利通(高祖父) 薩摩藩鹿児島城下士
大久保満寿子(高祖母)
三島通庸(高祖父)  政治家
麻生太吉(曾祖父)  実業家、政治家
加納久宜(曾祖父)  政治家
竹内綱(曾祖父)   実業家、政治家
牧野伸顕(曾祖父)  政治家
吉田健三(養曾祖父) 実業家
麻生太郎(祖父)   実業家
吉田茂(祖父)    政治家、第45・48・49・50・51代内閣総理大臣
吉田雪子(祖母)
加納久朗(大伯父)
竹内明太郎(大伯父)
吉田健一(伯父)
麻生太賀吉(父)
麻生和子(母)吉田茂元首相の三女、自由民権運動の闘士竹内綱、牧野伸顕伯爵の孫、明治の元    
       勲大久保利通、元警視総監三島通庸子爵の曾孫
鈴木善幸(岳父)
鈴木俊一(義弟)
麻生巌(長男)株式会社麻生社長、元ドワンゴ取締役
麻生健(次男)学校法人麻生塾の理事長
麻生泰(弟)株式会社麻生会長及び麻生ラファージュセメント社長
三笠宮ともひとしんのうひ信子(三妹)
三笠宮ともひとしんのう(義弟)

遠縁の親戚
橋本龍太郎(麻生の祖母夏子の兄で子爵の加納久朗の孫久美子が龍太郎の妻)
安倍晋三(麻生の祖父吉田茂の長女桜子の夫・吉田寛が岸信介(安倍の祖父)のいとことなるため)
堀内光雄(麻生と堀内の長男・光一郎の妻で衆議院議員の詔子の母・絢子がはとことなるため)
宮澤喜一(麻生の義父鈴木善幸の長男鈴木俊一の妻が宮澤喜一のいとことなるため)
宮澤家はブリヂストンの石橋家と親戚であり、この石橋家を通して鳩山家ともつながる。また従兄弟・野田玲二郎の義伯母が鳩山秀夫に嫁いでいるため[261]、麻生家は鳩山家と二重につながっている。



クリックすると元のサイズで表示します

麻生千賀子 (1950-)
麻生太郎夫人
学歴:日本女子大学家政学部卒業



クリックすると元のサイズで表示します

三笠宮ともひとしんのうひ信子 (1955-)
麻生太郎の三妹
役職 東京慈恵会総裁
日本赤十字社名誉副総裁
日本童謡学会名誉総裁
日本ばら会名誉総裁
他多数
学歴:松濤幼稚園に入園、聖心女子学院初等科、中等科を経て、英国・ランカシャーのインデペンデント・スクール、ロスリンハウス・コレッジ(Roselyn House College)


クリックすると元のサイズで表示します

麻生彩子(1988-)
麻生太郎の娘
学歴:聖心女子学院を経て東京大学文学部卒業

ロスチャイルド・パリ家の7代目当主アレクサンドル・ド・ロスチャイルド(1980-)に嫁ぐ
ロスチャイルド・パリ家7代目当主に当たるAlexandoros・Rothchild(通称Alex・Rothschild)(1980ー)に嫁いでいます。ちなみにAlex氏は日本ロスチャイルドの社長を務め、現在は日本ロスチャイルド(ジャパン・ロスチャイルドの会長)。

Alexandrede Rothschild氏ですが、着任するにあたり、平成25年(2013年)11月7日(木)に、赤坂のANA インターコンチネンタル東京 37階で、Aexandrede Rothscild氏と関係者による面談会がありました。プライベートな会合なので、もちろんメディアでは報道されていません。


情報が錯そうしていますが、夫はフレデリック・デホン (Frederic Dehon) ロスチャイルド・フランス分家 デホングループ ヴェオリア・エンバイロメント という噂もあります。 

安部政権下で水道民営化が強引に推し進められましたが、その利権を受注したのがロスチャイルドGrの水会社のVEOLLIA(ベオリア)社で、世界的に有名な会社でWater Balon(水男爵)と称されている企業です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ロスチャイルドの家系図
私は全て持っているのですが、膨大な資料となるのでここでは簡単に、各分家(5人の子供達)の始まりの人物名、そして今残ってるのはロンドン家とパリ家だけなので、断絶した分家の最後の人物名と年(西暦)だけを主介します。


ロスチャイルド財閥の祖は、
フランクフルトのゲットーで生まれたマイヤー・アムシェル(1743-1812)で、5人の息子達がヨーロッパ5ケ所に散り、兄弟力を合わせて活動しました。

フランクフルト家は
アムシェル・マイヤー(1773−1855)1年に始まり、ミンナ・カロリーネ(1857-1903)で断絶。

ウィーン家は、
ソロモン・マイヤー(1774-1855に始まり、アルベルト(1922-1938)で断絶。

ロンドン家は、
ネイサン・マイヤー(1777-1836)に始まり、現在はジェームズ・A・ヴィクター(1985-)

ナポリ家は、
カール・マイヤー(1788-1855)に始まり、ヴィルヘルム・カール(1828-1901)で断絶。

パリ家は、
ジェームズ・マイヤー(1792-1868)に始まり、現在はアレクサンドル(1980-)がパリ家7代目当主となっております。






クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ワデズドンマナー ロスチャイルド家の週末ハウス Visit Rothschild's Waddesdon Manor 
https://www.youtube.com/watch?v=vp-3T9I5844







クリックすると元のサイズで表示します

麻生泰(ゆたか)(1946-)
株式会社麻生会長
麻生セメント会長
慶應義塾理事兼評議員会評議員
九州経済連合会名誉会長
学歴: 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
オックスフォード大学ニューカレッジ卒業
親族:第92代内閣総理大臣麻生太郎は兄。三笠宮ともひとしんのうひ信子(妹)







クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 
1982年月1日付 『ニューヨーク・タイムズ』 紙に載ったアイゼンベルグの数少ないインタビュー記事が紹介されています。

クリックすると元のサイズで表示します

Shaul Nehamia Eisenberg(1921-1997) 
ユダヤ人
シャウル アイゼンベルグ(英語読みではショール アイゼンバーグ)

第二次世界大戦が終わり、1948年にイスラエル国家が成立。 建国間もないイスラエルでは、建設、金融、造船、自動車、機械、軍事、航空、食料、化学等あらゆる産業は、アイゼンベルグ社が創立し、事業が軌道に乗ると民間に払い下げるという形で産業復興が行われていました。 

「アイゼンベルグ社」は、ロスチャイルドの代理人として設立された会社であり、世界グローバルに展開する巨大セメント会社であるラファージュホルシム(LafargeHolcim Ltd.)はスイス・ザンクト・ガレン州・Rapperswil-Jonaに本拠を置き、世界90ケ国でセメント、骨材、コンクリートなどの製造・販売を行う企業。

2015年7月、スイスのホルシム(Holcim Ltd.)とフランスのラファージュ(Lafarge S.A.)の経営統合により設立されました。メキシコのセメックスなどと共に、セメントメジャーの筆頭に挙げられます。スイス証券取引所、ユーロネクスト・パリ上場企業(SIx:LHN、Euronext:LHN)。

日本での事業は、株式会社麻生との合弁会社である麻生セメントによって行われています。



日本に対する情報工作がどのような形で進められるかをより広い角度から眺めるために、政治、金融面での単なる情報工作の枠を超えた秘密工作の中身を見る必要がある。それにはイスラエルの誇る一人の人物が携わっている。

その人物の名前はショール・アイゼンベルグ。極東で過去50年間工作に従事してきた億万長者である。彼はイスラエルのためだけではなく、アメリカの情報組織のためにも働いてきた。事実、アイゼンベルグは極東での米・イスラエル共同作戦の橋渡しをする重要人物の一人だった。だが、彼の活動や事業は極東にとどまらない。これから見るように、アイゼンベルグの世界を股にかけた行動力は、国家や文化といった彼のアイデンティティーを超えたもので、静かなる 「へンリー・キッシンジャー」 とさえ言うことができる。

ビジネスマンと言うにはあまりにも秘密の部分が多いアイゼンベルグという人物を正しく捉えるには、彼の出生地、1926年のドイツのミュンへンにまで遡らなけれぱならない。何人かのイスラエルのジャーナリストが彼の出生の真実を探ろうと試みたが、イスラエル当局から咎められた。そうしたイスラエルのジャーナリストの一人、イーガール・ラヴィブは、アイゼンベルグが組織犯罪に関与していた多くの事件を暴露しようとした件で三ヵ月の禁固刑に処せられた。こういった妨害があったにせよ、彼の出生地はミュンへンだと推定される。彼の両親は、ポーランドに属するガリチアのユダヤ人で、19世紀終わりごろにドイツへやって来た。

彼の子供時代、それにそのころの彼の両親のことは秘密のままである。だが、アイゼンベルグ一家はナチが政権を取ってからも急いで脱出することはせず、1938年までドイツに留まっていた。少年だったアイゼンベルグは、1938年から39年にかけて出国を計画した。ドイツアルプス越えの脱出は難しくはない。偽旅券を手に彼はとうとうスイスに逃れた。そして猛威をふるうドイツ軍を避けながら、スイスから西ヨーロッパに移動を開始した。彼に関する記録を見ても、どのようにして彼がこのヨーロッパにまたがる逃避行を無事やりおおせたのかは決して分からない。いずれにしても、1940年の終わりにはアイゼンベルグはオランダにいた。


戦時下のドイツを脱出

ここで注目する必要があるのは、1938年以降にドイツから脱出できたユダヤ人がほとんどいなかったという事実である。ドイツにおいてはナチの手でユダヤ人法が1933年から34年にかけて制定された後、1936年からはユダヤ人狩りと強制収容所への移送が始まった。1938年までに、在独ユダヤ人は事実上全員が収容所に送り込まれつつあった。ドイツにいたもう一人のユダヤ人、ハインツ(後にへンリー)・キッシンジャーも、同胞が被った運命を逃れるべく1938年にドイツを脱出したというのは、何とも皮肉である。

当時のドイツ国内で一体何が起こっており、また何百万人ものユダヤ人が脱出できなかったにもかかわらず、特定のユダヤ人がどうしてドイツから出国できたのかを理解するためには、今まで語られていなかったことを話す必要がある。どのようにしてキッシンジャー一家は脱出できたのか。ゲシュタボが捕えにやって来る前に、ショール・アイゼンベルグのような比較的貧しい労働者階級のユダヤ人がどうして脱出することができたのか。

ヨーロッパにおけるシオニストの組織は比較的弱体であり、ユダヤ人の移民を担当するユダヤ機関で、その頭文字を取ってモサドと呼ばれていた組織には、ヨーロッパのユダヤ人を救うだけの資金も能力もほとんどなかった。ドイツにいたユダヤ人の間では、シオニズムは大きな運動にはならなかった。彼らは自分たちが良きドイツ人としてドイツに同化していると思っており、その多くは第一次世界大戦ではドイツのために戦った。したがって、アイゼンベルグやキッシンジャーのケースはもっと注意深く調べてみる必要がある。

歴史的に見て、ドイツにいたユダヤ人はドイツ共産党を牛耳っていた。社会民主主義者、共産主義者を問わず、労働者階級による政治運動が始まった当初から、ドイツのユダヤ人はこの運動を主導し支配してきた。また、当時ドイツのユダヤ人の多くはドイツ共産党(KPD)の党員であり、モスクワの支配下にあった地下組織の共産主義インターナショナル(コミンテルン)に参加していた。コミンテルン、それにソ連中枢のスパイ機関(NKVD)とソ連軍情報部(GRU)第四局は、幹部諜報部員をヨーロッパから徴募するという秘密の方針を立てていた。モスクワと関係のある家族に特に目がつけられ、多くの場合、単に個々人の機知や賢明さに基づいてヨーロッパから連れ出された。

キッシンジャーとは何者か

だが、ドイツのユダヤ人には脱出のための特別の手が差し出された。シオニスト機関は、在独ユダヤ人についてはパレスチナに喜んで移住する者だけを受け入れた。つまり後にイスラエル国家となるパレスチナに移ることを約束した者だけを助けたのである。

国際救助委員会といった組織を通じて何とか脱出しようとした人々もいたが、彼らはソ連や英米の諜報員の人たちだった。したがって、アイゼンベルグとかキッシンジャーのような人たちが、少年時代にこういった情報組織の一つにその才能ゆえに抜擢され、後にこの情報組織とのコネで出世したということは充分有り得る。

いずれにしても、アイゼンベルグとキッシンジャーの両者について言えるのは、二人のナチス・ドイツから脱出した経緯、そして後に情報合戦の国際舞台で大きな役割を果たすようになったことを考え併せるとき、もともといかなる基盤もなかったところからどうしてかかる権力者の地位にまで上りつめることができたのかが、不可解だということである。ところでキッシンジャーは大々的に名前が売れ、世間の脚光を一身に浴びているのに対し、アイゼンベルグの方は全くその逆である。

上海から日本ヘ

世界が第二次世界大戦に突入した後、アイゼンベルグはオランダを出て中国の上海に移ろうとした。一体全体、どういうわけでアイゼンベルグのような人間が、上海のような場所で骨を埋めようなどと考えたのか。当時の上海は陰謀が渦巻く世界、堕落、生き馬の目を抜く激烈なビジネスといったことが同時に起こる所として、その評判は凄じいものだった。

上海に行こうとしたことは、アイゼンベルグのミステリーの中でも極めて興味深く、かつ陰謀の臭いのするところである。というのは、上海は、日本、ソ連、イギリス、ドイツ、アメリカをはじめ、すべての国の対中諜報活動の拠点が置かれた街であったからである。この街はまた、ロシア人とユダヤ人亡命者の世界最大の共同体が存在した場所でもあった。

上海は、当時の主だった情報機関のために働いていた工作員や情報提供者、スパイたちの巣窟だった。そして亡命ユダヤ人の多くは、コミンテルンやGRUの情報組織のメンバーだった。イギリス人のために活動した者もいたし、日本人のために働くようになった者も一部いた。

ゾルゲと共に日本潜入

ソ連が上海で行った極めて重要なスパイ工作は、アメリカ人女性のアグネス・スメドレーを使ったものである。裕福なアメリカの上層階級出身のスメドレーは、共産主義運動に参加し、その後極東におけるソ連の諜報活動の中でも最も重要な工作に従事するため上海へやって来た。彼女を操っていたのがかの悪名高いソ連スパイ、リヒャルト・ゾルゲだった。ゾルゲは当初コミンテルンのために働いていたが、後にGRU第四局に移った。当時の日本の政策を潰すために、彼は日本人だけではなく中国人の共産主義者、ドイツ系ユダヤ人、その他のヨーロッパ人たちを採用した。

1920年代から1930年代にかけ、従来からあった上海のソ連情報組織は、この工作によって強化された。共産主義者は様々な政治工作を仕掛け、第四局も極めて巧妙な秘密工作を行った。それによってクレムリンは、この地域における日本軍の作戦に関する詳細な情報を入手することができた。彼らは日本による真珠湾攻撃に関する情報も事前に入手していた。


リヒャルト・ゾルゲは、ソ連のGRU第四局の中心的工作員であった。アイゼンベルグがゾルゲの率いる諜報グループの一員だったという直接的な証拠はないにしても、ゾルゲが東京の在日ドイツ大使館におけるソビエト・スパイのトップになったときに、彼が日本に移ったことは極めて深い興味をそそる事実である。ゾルゲは、日本に入り込むために、それまでの8年間を自らの偽装のために費やしている。彼は日本国内での活動のために人脈を作り、要員を徴募し、訓練を行っていた。その人脈の中にショール・アイゼンベルグも含まれていたと思われる。

永野重雄氏とのコンタクト

1940年に来日した彼は、日本財界の大物の一人である永野重雄氏と出会う。永野氏は新日本製鉄の創始者で、戦後における日本経済の復興を指導した人物である。

戦時中アイゼンベルグが何を行っていたかについての記録はないし、彼もそれを明らかにすることを拒んでいる。だが終戦直後、永野氏との関係を通じてアイゼンベルグは、当時の日本で大手としては唯一の金属と武器のスクラップ会社を設立した。


 アイゼンベルグは日本国籍を有していた。アメリカ進駐軍当局は、占領下の日本人がある種の事業を始めることは禁じていたが、アイゼンベルグに対してはそれを全く自由に始めて良いと認めた。彼が一大事業集団を築き上げることになった手初めの大プロジェクトは、オーストラリアとフィリピンから鉄鉱石を買付け、それを日本の鉄鋼メーカー、とりわけ新日本製鉄の前身である八幡製鉄に売るというものだった。彼の事業は急拡大し、また日本の製鉄業界と進駐軍双方に持っていたコネを通じて、アイゼンベルグは日本財界による戦後初の訪米を計画た。彼はアメリカ政府との交渉においては日本の製鉄業界を代表して事に当たった。

この訪米旅行に際し、アイゼンベルグはスクラップ金属事業と軍事機密を扱う事業を興し、それらを統合した。彼は帰国後は、進駐軍当局向けに台所の流し台から浴槽まで様々な家庭用品をつくる工場を三つ建てた。また彼は、事業拡大とともに日本国内での政治権力をも手にするようになった。日本人が独立した力を行使できないような場合には、アイゼンベルグが大抵その肩代りを行った。












クリックすると元のサイズで表示します

Load James Sassoon(1955- )
ジェームス・サッスーン卿
(ユダヤ人


ロンドン生まれ
職業 政治家、実業家、銀行、投資銀行家
政党のメンバー 保守党
貴族院のメンバー (2010-)
ジャーディン・マセソン・ホールディングス取締役
元英国財務省商務大臣

三菱UFJ グローバル・アドバイザリーボード委員

ジェームス・サッスーン卿は、ジャーディン・マセソン商会とともに中国での阿片ビジネスで巨万の富を築き上げたサッスーン財閥一族の子孫。ちなみにどちらもロスチャイルド一族とは親戚関係。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サッスーンハウス

サッスーン財閥と阿片そして上海
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2799.html










今、政財界で最も注目される2人の女性政治家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3059.html

日本の政界を牛耳っている真の黒幕 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3063.html

日本の総理大臣の長州閥、イスラエルの兵器商人・アイゼンベルグ、そして自民党の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3053.html

日米首脳会談2022 まとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3060.html

ジャパン ハンドラー CFR & CSIS
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3061.html

トーマス・グラバー  ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3064.html
日本の政界を支配する華麗なる一族とユダヤマネー 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3065.html







デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html

デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html


ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html











7

2022/6/10

トーマス・グラバー  ここまでのまとめ  国際政治・金融・企業
クリックすると元のサイズで表示します

明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2816.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜初恋の人との別れ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2817.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜フレーザーバラを離れる〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2818.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ 〜ギムナジウムへ入学〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2819.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜海の向こうに何がある〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2820.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷との別れ〜内部の矛盾を抱える〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2821.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜 活気に満ちたアバディーン〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2822.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜ジャディ・マセソン商会〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2823.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜アヘン戦争で飛躍したJM商会〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2824.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜船舶中買業に就職〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2825.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜不快な大都市上海〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2826.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜大平天国の乱〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2828.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立ち〜マッケンジーの誘い〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2828.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立〜尊王攘夷、倒幕に揺れる日本〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2829.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立〜尊王攘夷、朝廷に内緒で通商条約のサイン〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2830.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜清潔で平和な町長崎〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2831.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜長崎商工会議所設立〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2832.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜謎の人物 ・小曾根英四朗〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2833.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜米国宣教師フルベッキ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2834.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜関係本は五万冊に及ぶ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2835.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜スコットランド誕生説〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2836.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜米国一ドル札になぜピラミッド〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2837.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」 フリーメーソン〜慈善事業へ大貢献〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2838.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜ユダヤ人、ユダヤ教の影響〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2839.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜エルサレム神殿の建造者がメーソンの元祖?〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2840.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜ユダヤ教とローマ帝国を批判〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2843.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜十字架の刑へ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2844.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜キリスト教の成立へ〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2845.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜原始キリスト教団の活躍〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2846.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜アメリカのユダヤ贔屓〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2847.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜イスラエル、中東戦争に連勝〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2848.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜米国内で大活躍のユダヤ人〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2849.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶の輸出を決心〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2850.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶の商人、大浦慶〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2851.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶葉の再生工場を建設〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2852.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜五代才助に会う〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2853.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜琉球王国の危うい歴史〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2854.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜船舶を一隻受注〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2855.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜横浜へ見学の旅〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2856.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜井伊大老の暗殺〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2857.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜イングランド号、薩摩藩へ無事納入〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2858.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜長崎一の茶葉工場稼働開始〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2859.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜マッケンジーの仕事を引き継ぐ〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2860.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜一大茶葉工場を建設〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2861.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜岩崎弥太郎、坂本竜馬に会う〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2862.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜船舶・武器輸出へ〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2863.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜グルームとパートナーを組む〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2865.html
トーマス・グラバー : グラバー商会の稼働開始〜三番目の兄、ジェイムズの来日〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2866.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜兄ジェイムスと横浜へ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2867.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜薩英戦争後、急接近〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2868.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜グラバー邸の完成〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2869.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜隠し部屋があった?〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2870.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜徳川幕府の崩壊〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2871.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜高島炭鉱の経営に乗り出す〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2872.html
トーマス・グラバー: グラバー商会の稼働開始〜所有者転々と変わる〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2873.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜助っ人、岩崎弥太郎〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2874.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜岩崎、三菱商会を設立〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2875.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜グラバー、岩崎弥太郎と東京へ 〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2876.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜台湾征伐、西南の役で大活躍 〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2877.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜三菱の弥太郎、海運の独占企業へ 〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2878.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜三菱、外国汽船を駆逐 〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2879.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜キリンビール設立に貢献 〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2880.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜グラバー、弥之助、三菱のピンチに立ち向かう 〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2881.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜三菱、政府の借金返済 〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2882.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜日本郵船の誕生 〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2883.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜鹿鳴館の名誉館長へ 〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2884.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜外国人破格の勲二等を受賞 〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2885.html
トーマス・グラバー: グラバー三菱、岩崎との再会〜グラバー、最後に見た夢は 〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2886.html
明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍 〜参考文献〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2887.html
トーマス・グラバー まとめ  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2888.html
三菱人物伝 トーマス・グラバー
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2889.html

日本の政界を牛耳っている真の黒幕 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3063.html











デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html

ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html
トーマス・グラバー  ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3064.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html
3

2022/5/30

ジャパン ハンドラー CFR & CSIS  国際政治・金融・企業


クリックすると元のサイズで表示します




CFR(外交問題評議会: Council on Foreign Relations)

略称 CFR
設立 1921年
種類 シンクタンク
所在地
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
会長 リチャード・ハース
ウェブサイト www.cfr.org


外交問題評議会(がいこうもんだいひょうぎかい、Council on Foreign Relations, 略称はCFR)は、アメリカ合衆国のシンクタンクを含む超党派組織。

1921年に設立され、外交問題・世界情勢を分析・研究する非営利の会員制組織であり、アメリカの対外政策決定に対して著しい影響力を持つと言われている。超党派の組織であり、外交誌『フォーリン・アフェアーズ』の刊行などで知られる。本部所在地はニューヨーク。会員はアメリカ政府関係者、公的機関、議会、国際金融機関、大企業、大学、コンサルティング・ファーム等に多数存在する。

評議会員の主張の多くは、外交問題評議会の「凝縮された政策提言」への叩き台に使われるケースが多いとする意見がある[1]。また、『フォーリン・アフェアーズ』には米国の重要な外交案件が示されるとする意見がある。


設立

クリックすると元のサイズで表示します
大調査」を主宰したエドワード・マンデル・ハウス

外交問題評議会の起源は、ウッドロウ・ウィルソン大統領の外交ブレーンだったエドワード・マンデル・ハウス大佐が主宰した「大調査(Inquiry)」グループに求められる。同グループは1917年から1918年にかけて第一次世界大戦後の戦後国際秩序を検討するため、国務省とは別個に招集された知識人グループであり、ウォルター・リップマンが参加したことでも知られる。

「大調査」グループはその一部がパリ講和会議にも随員として加わり、講和会議に参加していた英国の外交官、研究者らと意気投合した。米英両国の人士は1919年5月30日、講和実現後もその知的交流を継続させるため米英両国共同の国際問題研究機関を設置し、ニューヨークとロンドンにそれぞれの支部を設置することで同意した。


初代議長となったエリフ・ルート
英国側は翌1920年に王立国際問題研究所としてこの組織を早々に樹立するが、米国側では資金難からその設立が難航、ようやく1921年2月3日に「大調査」グループと、1918年6月に設立され、実業家、国際弁護士らが主宰していた資金力豊富なサロン「外交問題評議会」の合流が合意され、同年7月29日に評議会の名が残されて現在の外交問題評議会が総勢75名で発足することとなった。初代議長にはサロン時代の会長を務めていた元国務長官エリフ・ルートを迎えている。なお、この設立の際にメンバーは「米国市民に限るべき」という議論が旧外交問題評議会会員達から上がったことから、王立国際問題研究所とは袂を分かつこととなる[3]。現在も会員は合衆国市民と永住権獲得者に限定されている。


活動

外交問題評議会の設立目的は「アメリカに影響を与えうる国際問題についての会議を継続的に行なう」とされた。現状分析と共に、国民世論の啓発に主眼が置かれたことが特色であり、この方針は現在でも継続されている[3]。「議論においては特にメンバー間のコンセンサスを求めない」とはしているものの、穏健派的・国際主義的な論調が多いのが特徴と言える。このような性格のため、ウィリアム・ボラーなどの孤立主義者の参加をめぐり、会内で激しい抵抗が生じたこともあった。

外交問題評議会は当初は「研究グループ(Study Group)」「討論グループ(Discussion Group)」の二つのプログラムから構成された。のちに組織外の議論も啓発するべく、1922年9月には『フォーリン・アフェアーズ』誌が刊行されている。著名人を招待した講演会もたびたび企画され、同年秋にジョルジュ・クレマンソー元仏首相が招待されたことを皮切りに、継続的になされることとなった。1937年からは地方で国際問題を討議するフォーラムとして、「外交問題委員会(Committee on Foreign Relations)」が組織され、現在は約四十都市に展開されている。

第二次世界大戦中には国務省からの依頼を受け、「戦争と平和」研究プロジェクトと題された長期研究プロジェクトを組織、戦争の推移、および戦後秩序に関する調査研究を四つのグループで実施し、約700のメモランダムを作成・提出した。このときの調査メンバーの一部は後にサンフランシスコ講和会議にも出席している。戦後の復興期も各種の研究プロジェクトを設置し、『フォーリン・アフェアーズ』誌でも活発な議論を展開した。この時期の研究は戦後体制構築に知的な影響を与えたとされる。代表的なものとして、ジョージ・ケナンによる論文「ソ連の行動の源泉(X論文)」がある。同論文は『フォーリン・アフェアーズ』誌1947年7月号に掲載された。

また、1950年代には核戦略に関する研究プロジェクトを実施、当時のアイゼンハワー政権が提唱した「大量報復戦略」を批判し、核兵器・通常兵器を柔軟に運用する「制限戦争」を提言する調査報告をまとめた。この調査報告のとりまとめ役となった会員・ハーヴァード大学教授のヘンリー・キッシンジャーは『核兵器と外交政策』という題名の著書としてこの報告を発表し、同書は全米でベストセラーになるとともに、キッシンジャー自身の知名度も高めることとなった。なお、「大量報復戦略」をはじめて公言したジョン・フォスター・ダレス国務長官の演説もまた、1954年1月1日に外交問題評議会においてなされたものだった。

現在も約50名ほどの研究員を有しており、複数の研究プロジェクトを実施している。日本でも良く知られているマイケル・グリーン (政治学者)は元上席研究員である。また、『フォーリン・アフェアーズ』誌は米国および諸外国の主要政治家が外交ビジョンを発表する場として重要視されており、2008年の大統領選挙でも候補者として名が取りざたされたバラック・オバマ、ヒラリー・クリントン、ジョン・マケイン、ジョン・エドワーズ、ミット・ロムニーのいずれもが論文を寄せており、その影響力は無視できないとされる。


会員・関係者

名誉会長はデイヴィッド・ロックフェラー。会長はリチャード・ハース(前国務省政策企画局長)。理事長はピーター・G・ピーターソン(元商務長官、ブラックストーン・グループ会長)。

2007年11月11日、ハースはCFRジャパン・プログラムのシンポジウム出席のため他のパネリストと共に来日している。
ピーターソンはソニーの企業買収仲介(コロンビア ピクチャーズ等)でも知られている。リーマン・ブラザーズ・クーン・ローブ会長職にあったが、ギリシャ系の人物であり、長いギリシャ風の姓(Petropoulos)を英語で通りの良い北欧系の姓に変えていると言う[9]。
会員数は約4000名であり、企業会員も多い。創立当初からの著名な会員として、ウォルター・リップマンやジョン・フォスター・ダレス(アイゼンハワー政権国務長官)、その弟でCIA長官を務めたアレン・ダレスなどがいる。社交クラブにユダヤ系アメリカ人の入会が認められていなかった頃より、かれらにその門戸を開いていたことでも知られている。

世界には、華麗な「雲上人脈」が形成されており、その人脈の基盤はキリスト教である。 ロックフェラー家はキリスト教徒(バプテスト教会)。アメリカは、ブルー・ブラッド(Blue blood)、ビジネス・クラス(Business Class、大企業経営陣、高級官僚)、ミドル・クラス(Middle Class、大企業管理職層、自営業者、専門職)、ワーカー(Worker、残り全て)の4つの階層(階級)から成り立つと言う。

「アメリカ政府中枢の外交問題評議会メンバー」の小項目にある通り、創立以来アメリカ政界にも会員は多く、ヒラリー・クリントンやジョン・マケインも会員を公言している。ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌスも会員として知られる。

2008年3月31日、バラック・オバマは会員ではないと発言している。
日本における会員・関係者としては、佐藤栄作首相の「密使」として知られる若泉敬や、長島昭久(上席研究員を経験)、International Advisory Board(IAB、国際諮問委員会)のメンバーには行天豊雄(元財務官)、小林陽太郎(三極委員会太平洋アジアグループ委員長)、緒方貞子(元国連難民高等弁務官)らがいる[13]。また、橋本龍太郎は1996年9月24日、外交問題評議会(ニューヨーク)において講演を行った。


財源

資金源は会員会費、出版物収入、個人、財団などからの寄付などからなり、米国および他国政府からの金銭的補助を受けていない。現在の収入は企業会員からの会費が中心となっている[4]。


財閥との関係

イギリスの王立国際問題研究所はイギリスの勢力圏内に秘密結社として多数の円卓会議を結成して謀略活動に当たらせた。欧米各地の円卓会議のネットワークは、ロックフェラー、ロスチャイルド、モルガン商会、カーネギーなど当時の財閥を結びつける役割も果たした。

ニューヨークの外交問題評議会本部ビルはロックフェラー財閥関係者から寄付された。

(※1945年以来使用されているハロルド・プラット・ハウスは、スタンダード石油の重役で会員だったハロルド・I・プラットの未亡人から寄贈されたものである。ジョン・ロックフェラー2世はこの邸宅の改装資金の寄付金集めに尽力している。)
外交問題評議会のメンバーと、ロックフェラー財閥とモルガン財閥は、政府や有名大学、マスコミを支配して国際主義を浸透させるために、アメリカの伝統的文化基盤を徹底的に破壊した。



影の世界政府

マーシャル・プランとNATO体制構築は、ヨーロッパの対米従属を確保する政策として、外交問題評議会会員であるジョージ・ケナン、ウォルター・リップマンらにより推進された。

イラン・コントラ事件など、CIAの謀略工作には外交問題評議会メンバーが関与していることが多い。

外交問題評議会はビルダーバーグ会議とも連携している。

外交問題評議会の政策目標のひとつとして、「国際連合世界政府」の権力と軍事力(=国連平和維持軍)を、どの個々の国家も対抗できない水準に強化するとともに、アメリカ自身も含めて統治権と軍備を放棄させて「国際連合世界政府」のもとに全て移管させるという世界統一構想がある

ジミー・カーター政権下で、外交問題評議会はほぼアメリカ政府の権力機構を全般的に掌握した。アメリカの二大政党制の中枢は外交問題評議会によって強く結合されており、実質的な一党独裁を確立した。

(※第二次大戦直後から冷戦の開始、朝鮮戦争、ベトナム戦争の開始時点までは外交問題評議会の外交政策フォーラムとしてのコンセンサス形成力は抜群であり、民主共和両党の外交エリートを集め、超党派主義で対共産主義の冷戦を戦い抜く基盤を作った。

しかし、ベトナム戦争での国論分裂の時代から外交政策形成力は著しく低下している。日米欧委員会・外交問題評議会陰謀論は、いわゆる「ロックフェラー陰謀論」のバリエーションであるとする意見がある。)















CSIS(戦略国際問題研究所:Center for Strategic and International Studies)

略称 CSIS
設立 1962年
種類 シンクタンク
所在地
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
所長 ジョン・ヘイムリ
議長 トーマス・プリッツカー
ウェブサイト www.csis.org

戦略国際問題研究所(せんりゃくこくさいもんだいけんきゅうじょ、英語: Center for Strategic and International Studies, CSIS)は、アメリカ合衆国のワシントンD.C.に本部を置くシンクタンクである。

1962年にジョージタウン大学が設けた戦略国際問題研究所(CSIS)が、後に学外組織として発展したものである。現在のフルタイム常勤職員は220人。議長はトーマス・プリッツカー(Thomas J. Pritzker)、所長兼CEOはジョン・ヘイムリ(John J. Hamre)。

全世界のシンクタンクをランク付けしたペンシルベニア大学によるレポート(Go to think tank indexの2014年版)によれば、CSISは防衛、国家安全保障(Table 14) で世界第1位、外交政策、国際関係論(Table 31) で第5位、革新的政策提言(Table 44) の総合では第4位(全米で3位)にランクされており[3] 。ワシントンでもシンクタンクとして認知されている。

公式には超党派を標榜し、民主党、共和党を含む幅広い人材が関与している。USニューズ&ワールド・レポートは「中道」(centrist)と表現している。



沿革

「ジョージタウン大学戦略国際問題研究所」は、イエズス会の神父エドマンド・アロイシャス・ウォルシュ(英語版)(Edmund Aloysius Walsh、1885年10月10日 - 1956年10月31日)が、1919年に同大学内に創った「エドマンド・A・ウォルシュ外交学院」が改組されたものである。ウォルシュは地政学者カール・ハウスホーファーの弟子であり、その学問をアメリカに移植することを目的とした組織であった。

設立にあたっては、アーレイ・バークおよびデイビッド・マンカー・アブシャイア(David Manker Abshire)[注釈 1]が主導[注釈 2]。1987年にジョージタウン大学から独立した研究機関となった。設立の経緯から、アメリカ陸軍などアメリカの国家安全保障グループとの繋がりを強みとする。


組織

理事長には、1999年よりサム・ナンが、同研究所所長最高経営責任者には、2000年4月よりジョン・ヘイムリがついている。また、ヘンリー・キッシンジャーやカーラ・ヒルズ、リチャード・アーミテージ、ズビグニュー・ブレジンスキーが理事を務め、顧問にはキッシンジャーと弟子のブレント・スコウクロフトがいる。彼らの多くはアメリカ国家安全保障会議の国家安全保障問題担当大統領補佐官でもあった。

イラク戦争後の“復興”において、リポート「より賢い平和(A Wiser Peace)」を作成し、時のアメリカ合衆国国防長官ドナルド・ラムズフェルドに提出した。


日本との関連

日本人では小泉進次郎や、浜田和幸、辻清人、渡部恒雄などが一時籍を置いた。現在では日本から多くの将来有望な若手官僚や政治家(候補含む)がCSISに出向して学んでくる慣習が確立している。日本部には、防衛省、公安調査庁、内閣官房、内閣情報調査室の職員の他、日本貿易振興機構や損害保険会社、日本電信電話の職員も、客員研究員として名を連ねている。

CSISは日本では公益財団法人東京財団(日本財団の下部組織)と協力関係にある。東京財団の他にも笹川平和財団、特定非営利活動法人世界開発協力機構が、パシフィックフォーラム CSISを通じてフェローシップ・プログラムの提携を行っている。また、2011年には日本経済新聞社と共同で「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」の創設を発表し、2012年に立ち上げた。

稲盛財団理事長の稲盛和夫は国際評議員を務め、2002年4月1日には政界・経済界等の若手リーダーを養成するための設立基金500万ドルを財団から寄付し、「アブシャイア・イナモリ リーダーシップ・アカデミー」(Abshire-Inamori Leadership Academy:略称AILA)をCSIS内に共同で設立した。パシフィックフォーラム CSISでは、半田晴久と稲盛の他、オリックス元会長の宮内義彦が日本在住の理事を務めている。

CSISは日本の子宮頸がんワクチンの接種、推進に関する報告書[9]の発行なども行ってきている。

CSISは2020年7月下旬に米国務省の「グローバル関与センター」の支援で作成した報告書「日本における中国の影響力」において、自民党の今井尚哉首相補佐官が二階俊博幹事長と連携し、「二階・今井派」として安倍首相に中国への姿勢を融和的にするよう説得してきたと指摘した。

また、中国の沖縄への関与については、細谷雄一の発言からの引用として「中国は日本に影響を及ぼすため間接的な手法を採用している。

例えば沖縄独立と米軍撤退を追求するため沖縄の新聞に資金提供し、影響を及ぼすことを通じて沖縄の運動にも影響を及ぼすような秘匿ルートがある」と述べていた。

細谷は沖縄タイムスの取材に対し、「誤解を招きかねない表現になった。中国が沖縄の新聞に資金提供しているという根拠や認識はない」、「中国が大きな予算を使って対日世論工作を展開していて、米軍基地がある沖縄が主戦場なのはよく知られた事実だが、手法はあくまで間接的だ」とし、CSISに対し修正を求めたと語った。沖縄タイムスも、本紙が中国政府から資金提供を受けた事実は無いとコメントした。 出所 Wiki











今、政財界で最も注目される2人の女性政治家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3059.html
日本の総理大臣の長州閥、イスラエルの兵器商人・アイゼンベルグ、そして自民党の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3053.html
日米首脳会談2022 まとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3060.html






デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html


ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html
4

2022/5/24

日米首脳会談2022 まとめ  国際政治・金融・企業


クリックすると元のサイズで表示します


日米首脳会議後に共同会見 「日本の常任理事国入り」を支持表明 来年のG7サミットを広島で開催と発表
https://news.ntv.co.jp/category/politics/cec246c253834540ad03aff2c347996c


クリックすると元のサイズで表示します

【海外の反応】天皇陛下とバイデン大統領の皇居での会見に米国から称賛と感嘆の声が殺到!その訳とは!?(すごいぞJAPAN!)
https://www.youtube.com/watch?v=1bgT3B_2jxM



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バイデン大統領来日編〜テレビ取材の裏側C〜
https://www.youtube.com/watch?v=tmpuoGfprDw

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


裕子首相夫人が外交デビュー 伝えた「日本の美」
https://www.sankei.com/article/20220524-T5Z4TUQ47ROAVF4VYQIOQS2PKY/

【海外の反応】岸田総理とバイデン大統領との夕食会の料理メニューと日本らしいおもてなしが海外で話題に!→「アメリカナイズされた創作懐石料理とは
https://www.youtube.com/watch?v=GJzeA9XAK18


岸田総理大臣の英語力−歴代首相の中でもトップクラス?!
https://www.youtube.com/watch?v=ewr6f5KeSD0





クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


【ノーカット】日米豪印クアッド首脳会合後 岸田総理会見(2022年5月24日)
https://www.youtube.com/watch?v=xrVW_xASObY







無事、日米首脳会談、そしてクアッド首脳会合が無事成功裏に終わりました。


岸田が親中・岸田ガー、岸田ガーと騒いでいた、事実に基づかない情報を垂れ流しまくっていた思い込みの激しいお馬鹿たち(ダイレクト出版・国際政治学者の藤井厳喜氏やルネサンスTV、Will・文化人放送局、自民党参議院議員の青山繁晴氏、定職についていないであろう安倍・高市信者のお馬鹿youtuberたち)は、どんな思いで、今回の会談と事実の報道を見ているのだろう。 今回会談は事実でないとでも?w


この国の問題は、いい歳して、幼児化した言論界・政治家のオッサン・爺さんたち。もっと常識的な大人としてののマナーを身につけなさい! 情けない。






習近平を国賓で招待した安倍首相、安倍政権下で総務大臣に就任するなりソフトバンクと癒着し、Huawei基地局を大量導入した安倍・高市の方がよほど反日・親中に思えますがね。



現実を直視できない人たちです。
何事も失敗の原因の本質は 「根拠なき楽観!」 これが分からない人は、失敗を繰り返します。













★中国に売却される日本の国土とお馬鹿首相
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2906.html
★水道事業売却、種子法廃止、国土売却、IR、習近平国賓、女系天皇、そして自民終わりの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2902.html
★【重要】安倍首相、CFR(外交問題評議会)でのスピーチ 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2903.html

★日本国民の年金を運用するウォール街
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2905.html
★ソフトバンク、日銀、そしてゴールドマン・サックス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2907.html


★安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html



★自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 立正佼成会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3055.html
★自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 朝鮮系カルト 統一教会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3056.html


★日銀にユニクロの株を大量に購入させ、中国とつながる柳井社長を世界的大富豪にした安倍政権
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3057.html
★家具業界のユニクロ 次はニトリ社長を大富豪に ニトリと安倍元首相 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3058.html



★今、政財界で最も注目される2人の女性政治家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3059.html

★日本の総理大臣の長州閥、イスラエルの兵器商人・アイゼンベルグ、そして自民党の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3053.html

★日本の政界を牛耳っている真の黒幕 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3063.html

★日本の政界を支配する華麗なる一族とユダヤマネー 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3065.html


















デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html


ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html




6

2022/5/16

今、政財界で最も注目される2人の女性政治家  国際政治・金融・企業


クリックすると元のサイズで表示します

松川るい(安倍派) 政界で女性初の総理に最も近いとされる人物

東大法学部卒、5ケ国語堪能な元外交官、元防衛大臣政務官 兼 内閣府大臣政務官。
実家が医者なので、元々は東大理V志望し、合格する実力を持ちながら国際政治に興味を持ち法学部に転向。 理系・文系ともに日本Topレベルの頭脳を持つ 才色兼備の中道保守。

日本における、女性活躍を推進する旗振り役のリーダー的存在。

発起人として、安倍元首相、岸田首相など派閥を超えて25名が名を連ね、「松川るいを育てる会」政治パーティが、今月末、大阪の某一流ホテルで開催されます。 いよいよ政界で本格始動。






クリックすると元のサイズで表示します
ジョージタウン大学 ポトマック川サイドより

https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2712.html


所在地      :ワシントンDC
旧称        :ジョージタウン・カレッジ(1789年–1815年)
設立年      :1789年1月23日
創立者      :ジョン・キャロル
宗教的提携関係:カトリック(イエズス会)

教員数       : 2,173人
学生総数     :19,005人
学部生       : 7,463人
大学院生     :11,542人




松川氏は、外務省時代、米国ジョージタウン大学国際関係大学院に留学し、修士課程を修了し、修士号を取得しています。 昔は日本の外務省もエリートといえばハーバードでしたが、今日では世界中の国々で将来の大統領や首相になる人物はこの大学に留学させています。 米国のクリントン大統領もこの大学の卒業生です。



一昔前であれば国際金融財閥とかDSといえば陰謀の代名詞でしたが、リアリズムとして今日、世界の政治経済を動かしているのは彼らである事は常識として知られています。

実は、ョージタウン大学には、現在は亡くなられていますが名物のキグリー教授がいて、彼はDS側の人間で、そのリアルな国際政治を教えているから、各国の政府もTopエリートをこの大学に留学させ、学ばせているのです。

現在、国際政治学に関しては、ジョージタウン大学は世界のTOPレベルの大学と評価されています。

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカの著名な政治系シンクタンクである戦略国際問題研究所 (Center for Strategic and International Studies, CSIS) は同大学の元付属機関であり、現在は学外組織となっています。

ジャパン ハンドラー CFR & CSIS
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3061.html





















クリックすると元のサイズで表示します

牧島かれん (麻生派) 今世紀最大級の巨大な権力と利権の館・デジタル庁、デジタル大臣。
異例の若さでの大抜擢。 言うまでもなく将来の女性総理候補。

デジタル新世界「グレート・リセット」 牧島かれん・デジタル大臣に就任
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2983.html


以下、2つの記事は直接デジタル庁に直接関係する記事ではなく、世界の動向です。

デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html













日本の政界を牛耳っている真の黒幕
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3063.html
日米首脳会談2022 まとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3060.html


















デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html


ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html


5

2022/5/12

家具業界のユニクロ 次はニトリ社長を大富豪に ニトリと安倍元首相  国際政治・金融・企業

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

似鳥昭雄(1944- 樺太生まれ)


・日本チェーンストア協会理事
・北海道経済連合会常任理事
・社団法人北海道日中経済友好協会会長



2021年の長者番付によると、似鳥昭雄氏の個人資産額は5,730憶円。 ソフトバンクの孫正義氏(4兆8,920億円)やファーストリティリング(ユニクロの持ち株会社)の柳井正氏(4兆6,270億円)と並び、日本人大富豪第8位にランクイン。

2020年の資産額は4,280億円で9位だったので、この1年で資産を大きく伸ばし、順位を上げています。


【ゲスト 似鳥昭雄】寺島実郎の世界を知る力対談篇〜時代との対話〜#5(2021年8月22日放送)
https://www.youtube.com/watch?v=wrTVU87vHzQ&t=293s








【中国・韓国関連には援助するが、地元山口企業を裏切る安倍元首相】

日経BP発行の、なぜ倒産 平成倒産史編という本に書いてありますが、安倍さんの地元山口県の長門市にあう創業150年の歴史を持つ老舗旅館「白木屋(現 白木屋グランドホテル)」が倒産しています。

わずかの金ですが安倍政権は支援をしないままでした。2000年の経常損益はわずか6000万円の赤字。 従業員の給料、税金などの負担で資金繰りは苦しくなり、創業家一族が私財を投入し会長500万円、斜塔400万円、専務が100万円をそれぞれ出すことを家族会議で決めました。 ユニクロ、ソフトバンクに日銀に数兆円の株を買わせたのに比べあまりに小さな金額。

とどめをさされたのが東日本大震災で伴う2013年の改正耐震改修促進法の施行。 試算すると5億円の負担が見込まれ、14年初め、創業者一族は自己破産。 くどいようですが、ユニクロ・ソフトバンク・東北復興の予算に比べてあまりに小さい金額ですが、安倍さんは支援を全くせず、150年の歴史を持つ山口県の老舗旅館は幕を閉じました。







【山口の地元企業には援助せず、ニトリ・似鳥昭雄会長を世界的大富豪にしようとする安倍政権】


安倍さんはかなり薄情なところがあり、山口県長門市にある白木屋グランドホテル(150年の歴史を持つ老舗旅館白木屋)にわずかの金すら支援せずに倒産させています。

ユニクロには日銀に数兆円の株を買わせ柳井さんは世界の大富豪になりましたが、白木屋は経常損益6000万円で、一族の会長500万円、社長400万円、専務100万円私財を投げ打ち急場を凌ぎ再建を図ろうと家族会議で決まりましたが、安倍政権は全く支援せず。

とどめをさしたのが2013年の改正耐震改修促進法の施行です。 これにより耐震補強に5億円必要な事が分かり2014年自己破産申請、1月30日には従業員全員解雇、しかし最後までおもてなしをしたいと全員が最終日まで出勤、料理に使う食材も取引先が今までの感謝の気持と無償提供し、結果従業員全員で最後のお客様を玄関で見送る事が出来ました。

この時も安倍政権・安倍首相は全く支援せず。 自民党内でも非難されています。



令和の長州(山口)内乱 安倍晋三の“息の根”を止めろ。元秘書が立憲から出馬
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3054.html










一方、ユニクロ柳井社長がウィグルを利用し日銀を使って世界の大富豪となったのと同様、私が注目しているのは、同じコースを歩もうとしているのがニトリの似鳥昭雄社長です。

ご存知の通り、ニトリは家具メーカーですが2022年に1000店舗、売上1兆円、2032年には3000店舗、売上3兆円の大風呂敷を広げています。

アパレル関係に手を出す事が報じられております。 またユニクロと同じく安倍-中国ウィグル、日銀利用を考えているのでしょう。





実は似鳥昭雄社長は安倍さんと関係が深く、安倍政権への大口献金者です。




2017年4月18日の首相動静にも書かれていますが、東京・赤坂の日本料理店「津やま」で安倍首相と、似鳥昭雄会長、長内順一元衆議院議員が午後8時4分から会食していたことが報じられています。

また同じく首相動静に2013年11月4日と2014年4月6日、神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場「スリーハンドレッドクラブ」でゴルフした事も報じられています。 ニトリの接待ゴルフでしょう。

似鳥は安倍政権への大口献金者とも知られており、アジア・プレス・ネットワーク(2016年6月2日付)は、ニトリグループが、この4年間に安倍首相を筆頭に安倍政権閣僚6人に2170万円政治献金し、安倍総理については2011年から毎年献金を受け取っており、額が多かったのは2014年で480万円だったと報じています。

既に似鳥昭雄会長個人の資産総額は、2018年段階で5030億円。日本を代表する大富豪ですが、安倍さんとつるんで中国ウィグルと日銀を使って、ユニクロ・柳井氏の様に、世界の大富豪になろうとしています。











安倍長期政権の理由




➀内閣官房に、内閣府人事局を創設し、官僚の人事権を握り、国会で官僚に安倍さんに不利な証言をしないようにした。

これにより、後に公文書改竄事件が相次ぎます。 悲惨だったのは近畿財務局の赤木さんが公文書改竄させられ自殺。 赤木さんの奥さんが主人はどんなことする人間ではないと真相を調査するための裁判を起こしています。








A日銀にETFを使って日系企業の株を大量に購入させ、日経平均を吊り上げ、本当はボロボロの日本経済ですが、経済政策がうまくいているように見せかけた。

ウィグル問題で、欧米から不買運動が起きているユニクロ(ファーストリティリング)株を大量に日銀に買わせ、

お友達の柳井社長は個人資産が数兆円と、まるで大企業の売り上げレベルで、世界の大富豪の仲間入り。

またユニクロ株の一番の大株主は二日銀で20.6%という異常さ。 欧米から非難されています。




2019年11月16日のソフトバンクの決算発表会。 2019年7〜9月期連結決算で7001億円の大赤字。 さすがに倒産危機となったソフトバンク。

これまたETFを使い日銀に大量にソフトバンク株を購入させ、日銀が大株主となり支援。 アメリカの3大格付け会社のソフトバンク株の評価は購入するのは危険という『ジャンク株』扱い。

しかし、インチキで日本格付け研究所にA評価をつけさせ、国民の目をそらせ、ソフトバンクを支援しました。

そしてご存知の通り、ソフトバンクがどんなに巨額の利益を上げようが、孫正義社長は税金を一銭も払っていないと言う事実。

ちなみにゴールドマンサックスは孫社長の娘を社員に雇っており、そこら安倍首相・ゴールドマンサックス・ソフトバンクの癒着が明らかになっています。





そして2016年安倍政権下で総務大臣に就任した親中の高市早苗は演説とは全く逆に、ソフトバンクと癒着し、中国のHuawei基地局を大量導入したとういう事実。

ちなみに、SBIホールディングスの北尾吉孝社長は、2019年、民間企業の経営者として初めて中国投資協会の戦略投資高級顧問に就任。




多くの人が勘違いしているけど、高市は松下政経塾卒業後、反日親中の小沢一郎率いる新市党に入党し、彼と反日やっていたバリバリの左翼。

最近話題となった山本拓との再婚ですが、彼も新進党🅂で反日活動していた左翼主義者。

どちらも国民からそっぽを向かれ自民党に鞍替え。 山本拓は親中の二階派に所属。 分かり易い。 また、高市の実の弟は山本拓の秘書してました。

全て事実ですよ。 自分でも調べてみてください。




安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html




【重要】安倍首相、CFR(外交問題評議会)でのスピーチ 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2903.html
日本国民の年金を運用するウォール街
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2905.html











B電通を使ったTV・メディアによるプロパガンダ

Wiki 電通参照 政権内に電通社員・出身者を引き入れ内部情報をリーク。 そして電通のロビービジネス。

電通側からのお返しとして、国内でも有数の高給の電通への就職は一部の本当のエリートを除き、安倍さんの息のかかった自民党のボンボン、そして自民党政治家のコネというインチキ。








C立正佼成会や統一教会など新興宗教団体との癒着による票集め


自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 立正佼成会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3055.html
自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 朝鮮系カルト 統一教会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3056.html








D明治維新以来の長州閥とイスラエル兵器商人アイゼンベグロビー、そして吉田茂を祖父に持つ麻生家との親戚関係


日本の総理大臣の長州閥、イスラエルの兵器商人・アイゼンベルグ、そして自民党の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3053.html
日本の首相一族の系譜
http://konohana-sakuyahime.cocolog-nifty.com/blog/syusyoukeifu.html













小泉・安倍の新自由主義の犠牲者 20代の真面目に働く若者と母子家庭のお母さんのホームレス


小泉・安倍と癒着する人材派遣業パソナの竹中平蔵、そしてゴールドマン・サックス。

彼らによって社員の非正規化が進められ、コロナ下で真面目に働く20代の若者たちが、いとも簡単に解雇され、ホームレスとなっています。

また、パートで家計を支える母子家庭のお母さんたちもいとも感に解雇されています。 youtuberが彼らに顔出しでインタビューしている動画が多くあります。 最近、気付いたのですが、何故か多くが削除されているのに気づきました。



この日銀や中国を使ったインチキ政策で、一部の政治家と癒着した企業の経営者が世界的大富豪になっている事実を見ると、日本のインチキ政治がいかに腐っているか分かります。

私は昔から一貫した保守で自民党支持者ですが、他の政党はもっと酷いので、今回の選挙でも自民党に投票せざるを得ないのが現状です。 同じ思いをしている一般国民は多いと思います。


日本は、岸田政権が進める脱新自由主義、デジタルに力を入れなければならないのは時代にの必然でしょう。


また、一方で、自民党には本当に日本の事を思い、国際政治の世界で通用する(活躍できる)優秀な人材もいて、彼らを支援して、日本を良くせねばなりません。 誰に投票すべきか? 次の投稿で紹介したいと思います。





イギルスでも、新自由主義の旗振り役のサッチャー政権でどうなりましたか?
あの大英帝国が 国民の中間層は全て貧困層に、国家は経済的にも政治もボロボロ。 格差は拡大の一方。 日本と同じです。


今回の参議戦でも安倍会長に尻尾を振り、安倍派の新自由主義を唱える議員は国民の怒り洗礼を受け、落選は必至です。














令和の長州(山口)内乱 安倍晋三の“息の根”を止めろ。元秘書が立憲から出馬
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3054.html

親中 安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html

中国に売却される日本の国土とお馬鹿首相
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2906.html
安倍政権下での日中スーパーシティ協力覚書締結
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2984.html
RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIP 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html
デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html
水道事業売却、種子法廃止、国土売却、IR、習近平国賓、女系天皇、そして自民終わりの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2902.html
【重要】安倍首相、CFR(外交問題評議会)でのスピーチ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2903.html
日本国民の年金を運用するウォール街
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2905.html
ソフトバンク、日銀、そしてゴールドマン・サックス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2907.html


新韓銀行とゆうちょ銀行の提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2990.html

慰安婦問題、日韓が合意=日本政府「責任を痛感」−人道支援へ10億円財団
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_seisaku-gaikou-ianhu-detail



★日本の総理大臣の長州閥、イスラエルの兵器商人・アイゼンベルグ、そして自民党の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3053.html
★日本の首相一族の系譜
http://konohana-sakuyahime.cocolog-nifty.com/blog/syusyoukeifu.html
★自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 立正佼成会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3055.html
★自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 朝鮮系カルト 統一教会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3056.html
★家具業界のユニクロ 次はニトリ社長を大富豪に ニトリと安倍元首相 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3058.html














デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html


ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html


5

2022/5/11

日銀にユニクロの株を大量に購入させ、中国とつながる柳井社長を世界的大富豪にした安倍政権  国際政治・金融・企業

クリックすると元のサイズで表示します

柳井 正(1949年2月7日-(73歳) 山口県出身

・株式会社ファーストリテイリング(ユニクロの持ち株会社) 代表取締役会長兼社長
・株式会社ユニクロ 代表取締役会長兼社長
・株式会社ジーユー 取締役会長


ユニクロ(ファーストリティリング)はウィグルでの強制労働を利用して空拡した会社で、アメリカ・フランスから不買運動されています。

しかしながら柳井社長は5兆円を超す、大企業の売り上げレベルの個人資産を持ち、、いきなり世界の大富豪の仲間入りしました。

この背景には安倍政権がETFにファーストリティリングを組入れ、日銀にユニクロの大量の株を購入させたからです。


クリックすると元のサイズで表示します
ユニクロ 柳井正社長の自宅 2.5兆円の豪邸



調べて貰えれば分かりますが、ユニクロの一番の大株主は日銀で20%以上保有しています。ウィグル問題の他、このインチキにも欧米から非難されています。普通、日銀使うか?という話です。


またソフトバンクの孫社長(自称 ペテン禿も同じ)、2019年4半期(3ケ月)で7001億円の赤字を出したソフトバンク。

アメリカの格付け会社ではジャンク株評価(買ってはいけない株)、世界中から売り浴びせられ倒産がささやかれました。 それを支えたのが親中・親韓の安倍さん、

日銀にソフトバンクの大量の株を購入させ買い支えました。 ソフトバンクが巨額に利益を出した時は、ペテン禿は一銭も税金を払わないと言う有名な事実。



クリックすると元のサイズで表示します
ソフトバンク宮殿・孫正義さんの自宅が破格の広大さで気絶しそう
https://www.youtube.com/watch?v=wroRBwMhuus


ソフトバンクだけを買い支えると国民から突き上げを食うのでETFという制度を作り、一般国民には分からなくしていますがETFで、日銀にソフトバンク株を1兆円単位の株を日銀に買わせています。



クリックすると元のサイズで表示します
安倍元首相



アメリカに尖閣防衛をお願いしておきながら、日本を露骨に侵略してくる習近平を、国賓で招待し、日本国土を中国に売却しまくり、


中国に売却される日本の国土とお馬鹿首相
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2906.html
安倍政権下での日中スーパーシティ協力覚書締結
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2984.html
RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIP 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html
デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html
水道事業売却、種子法廃止、国土売却、IR、習近平国賓、女系天皇、そして自民終わりの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2902.html
【重要】安倍首相、CFR(外交問題評議会)でのスピーチ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2903.html

日本国民の年金を運用するウォール街
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2905.html
ソフトバンク、日銀、そしてゴールドマン・サックス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2907.html


また韓国に対しては従軍慰安婦の存在を日本国内では否定しておきながら、韓国政府に対し公式に認め、お金まで払った安倍元首相。また韓国の大手銀行新韓銀行と日本のゆうちょ銀行の提携まで行った親中韓の政治家です。




新韓銀行とゆうちょ銀行の提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2990.html



慰安婦問題、日韓が合意=日本政府「責任を痛感」−人道支援へ10億円財団
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_seisaku-gaikou-ianhu-detail
出所 時事ドットコムニュース 2015.12.28

実はこの従軍慰安婦の存在を公式に認めた件について、私は個人的に腹をたてています。 何故なら、安倍さんを信じ、従軍慰安婦などで反日渦巻くアメリカの掲示板(当時はyoutubeがなかった頃)に、私含め数人の有志達が火消しを行い、ほぼ米中韓の反日主義者達を論破して収まっていたからです。

安倍首相が日本軍の関与を公式に認めてしまってからは、形勢は一気に逆転し、米中韓の反日主義者達からは、日本の安倍首相が公式に求めているじゃないかと、また反日勢が勢いをつけました。 またフランスのパリで毎年行われている親日が集まる催しjapanEXPOには韓国政府のブースが新設され、韓国外相まで参加し、安倍首相が従軍慰安婦を公式に認めたとPR・反日プロパガンダ。

会場に来ていたフランス人母娘は、全く知らなかった日本は酷いと言っていたインタビューは世界に配信され、日本のニュースでも見た人は多いと思います。

自民党が選挙にに大敗し野党に転じた時も、昔から一貫した保守だった私は組織票含む多くの有権者に働きかけ安倍さんの支援を行いました。 ところが何が起こったか、? 安倍政権が誕生し、習近平国賓招待、中国に日本国土を売却しまくり、韓国従軍慰安婦を公式に認め謝罪、水道民営化など反日政策のオンパレード。



以降、私は自民党支持には変わりないですが、安倍首相、また安倍・高市信者の阿呆共を許さないアンチに代わりました。


自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 立正佼成会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3055.html
自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 朝鮮系カルト 統一教会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3056.html

親中 安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html




親中になびく安倍政権を米シンクタンクCSIS(ジャパンハンドラー)に公式非難された直後。安倍首相は電撃辞任。 菅政権の誕生となり、以後菅政権・岸田政権では親米・反中・反露政策がとられています。

クリックすると元のサイズで表示します

【馬渕睦夫】私の官僚の経験から首相がどのようにして世界の情報を得ているのかを教えます【ひとりがたり】
https://www.youtube.com/watch?v=uebkoNzxhUY

元外交官・ウクライナ大使の馬渕氏も、米CSISのコメントは安倍首相に対する最終通告と言っています。






安倍長期政権の理由




➀内閣官房に、内閣府人事局を創設し、官僚の人事権を握り、国会で官僚に安倍さんに不利な証言をしないようにした。




A日銀にETFを使って日系企業の株を大量に購入させ、日経平均を吊り上げ、本当はボロボロの日本経済ですが、経済政策がうまくいているように見せかけた。

ウィグル問題で、欧米から不買運動が起きているユニクロ(ファーストリティリング)株を大量に日銀に買わせ、お友達の柳井社長は個人資産が数兆円と世界ン大富豪の仲間入り。 またユニクロ株の一番の大株主は二日銀で20.6%という異常さ。 欧米から非難されています。




B電通を使ったTV・メディアによるプロパガンダ

Wiki 電通参照





C立正佼成会や統一教会など新興宗教団体との癒着による票集め


自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 立正佼成会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3055.html
自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 朝鮮系カルト 統一教会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3056.html




D明治維新以来の長州閥とイスラエル兵器商人アイゼンベグロビー、そして吉田茂を祖父に持つ麻生家との親戚関係


日本の総理大臣の長州閥、イスラエルの兵器商人・アイゼンベルグ、そして自民党の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3053.html
日本の首相一族の系譜
http://konohana-sakuyahime.cocolog-nifty.com/blog/syusyoukeifu.html















デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html


ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html


4

2022/5/7

自民党が反日民主党化した理由 ~宗教編~ 立正佼成会   国際政治・金融・企業

クリックすると元のサイズで表示します
立正佼成会大聖堂 東京都杉並区和田二丁目11番1号

クリックすると元のサイズで表示します
立正佼成学園

クリックすると元のサイズで表示します
安倍元首相

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



立正佼成会(りっしょうこうせいかい)は、霊友会から派生した日蓮系・法華系の新宗教である。文化庁『宗教年鑑 令和3年版』における信者数は、2,220,381人

関連組織 佼成学園、佼成病院
アメリカ合衆国、ブラジル、台湾、韓国、香港、オーストラリア、シンガポール、ロシア、スイス、イギリス、タイ、バングラデシュ、ネパール、スリランカ、インドに同会の拠点がある。ここ数年は東南アジア地域において教勢の伸出が盛んである。 wiki



【自民党が、反日民主党化した理由】 立正佼成会・安倍・蓮舫

大企業の管理職になると、選挙の時期に自民党の支援団体にあいさつ回りをさされます。 その時、必ず挨拶に行かされるのが新興宗教団体の「立正佼成会」。


『立正佼成会』という、戦後創立された、反日の日蓮系新興宗教団体があるんだけど、旧民主党の支持母体です。

wikiにもあるように、「2004年の参院選では民主党から比例区で初出馬した藤末健三を支援し、当選後も機関紙に定期的に投稿するなど関係を強めている。

他に、前朝鮮日報 (韓国4大新聞の一つ) 日本支社長の白眞勲も同時に推薦を受けて参院選に出馬・当選、タレントの蓮舫も支援を受け当選した。」これだけ聞いても怪しさ満点の団体でしょ。

実は安倍元首相は幹事長時代に、この団体に選挙応援を依頼しに訪問したことが公式に記録されています。 だから反日、親中・親朝鮮半島の政策を取らざるを得ない

また安倍さんと反日の統一教会との深い関係はご存知の通り。 wikiで統一教会読んでごらん。 それで、蓮舫の支持母体に侵入してきた安倍さんに蓮舫は激怒

さらにややこしいのは、安倍さんは、公明党(日蓮系の創価学会がバック)に選挙応援もお願いしていますが、立正佼成会と創価学会は仲が悪い。

日本を露骨に侵略してくる習近平を国賓で招いた事実をみても明らかでしょ。 安倍さんを保守と信じるお馬鹿さん達がいますが大間違い。 安倍さんは親中・親朝鮮半島。

北朝鮮拉致被害者の件でも、一度でも北朝鮮訪問し、Top会談しましたか? 軍事力を背景に拉致被害者を取り戻そうとしたことが一度でもありましたか?


また、もっとややこしいのは、世界の中でも最貧国の一つである中国を今日の様に経済発展させたのは、米共和党のバックでもあるロックフェラー財閥。 1972年2月に共和党のニクソン大統領が北京の毛沢東を訪問し、中国に経済発展、技術供与を約束しました。

当時は、米ソ冷戦の真っただ中、中ソ分断を目的とし、中国に接近し、事実上米中同盟と言って良いほど親密な仲となりました。

ロックフェラーは宗教に近いくらい資本主義の信奉者で、資本主義こそが世界を豊かにし、世界平和をもたらすと考えていたのです。 その際、毛沢東にはアメリカに共産主義を持ち込まない事、台湾やその他の地域に侵略行動を起こさない事を約束させました。 中国からは日本が台湾侵略しない事をアメリカが見張る事を約束させられました。

また、この背景。及び日中国交回復には、ソ連はじめ東側諸国の食糧問題で、アメリカが小麦の大量輸出を穀物メジャーのカーギル社を通じて行った事もあります。 これにより日本も田中角栄が中国・韓国寄りにならざるを得なくなったのです。


中国の経済発展はロックフェラーが決めた
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2997.html
ニクソン訪中、日中国交回復そしてカーギル
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3010.html
ニクソンと毛沢東、カーターとトウ小平、そしてロックフェラー財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3011.html


これに加えて、ロックフェラー財閥とロスチャイルド財閥が和解し、当時経済発展著しく科学技術・経済で欧米諸国を脅かしていた日本を封じ込める背景もありました。


2012年ロックフェラーを飲み込むロスチャイルド。そして資本提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3014.html
2013年EU誕生、ロスチャイルドとロックフェラーの歴史的和解
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3016.html
VISA Card vs Master Card 、そして提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3017.html
ロスチャイルドとロックフェラー、和歴史的解の背景 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3018.html
ロシア革命、共産主義者達を支援したロスチャイルド財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3019.html
朱鎔基(しゅようき)副首相、北京でNMロスチャルド銀行会長=イブリン・ロスチャイルドと会見 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3020.html
東アジアにおける大英帝国・旧利権の崩壊
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3021.html
米ロックフェラー財閥も英ロスチャイルド財閥も元はドイツ出身
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3022.html
ジェイムズ・ベーカーとジョージ・ソロス、そしてカーライルGr
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3023.html
米民主党はユダヤ人と黒人のための政党、そしてオバマ大統領の誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3024.html
プラザ合意
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3025.html
長銀(現・新生銀行)、リップルウッド、そしてSBIホールディングス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3026.html
N・ロックフェラーの告白 : ロックフェラー一族の財産すべてがロスチャイルドの支配下にある事実
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3027.html
アメリカ経済を、8本の足で、がんじがらめに支配する巨大なタコ(クラーケン)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3028.html



さらに、岸信介首相からの安部晋三首相に連なる親中・親朝鮮半島の利権の背景もあります。


日本の総理大臣の長州閥、イスラエルの兵器商人・アイゼンベルグ、そして自民党の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3053.html
岸信介、安倍晋三の中韓利権と日中関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2998.html
朝鮮・李王朝に嫁入りした、梨本宮家・方子(なしもとみや・まさこ) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2999.html


【重要】安倍首相、CFR(外交問題評議会)でのスピーチ 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2903.html


中国に売却される日本の国土とお馬鹿首相
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2906.html
安倍政権下での日中スーパーシティ協力覚書締結
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2984.html
RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIP 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html
デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html
新韓銀行とゆうちょ銀行の提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2990.html
水道事業売却、種子法廃止、国土売却、IR、習近平国賓、女系天皇、そして自民終わりの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2902.html
【重要】安倍首相、CFR(外交問題評議会)でのスピーチ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2903.html

日本国民の年金を運用するウォール街
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2905.html
ソフトバンク、日銀、そしてゴールドマン・サックス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2907.html
安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html
グレートリセット・ダボス会議での岸田首相演説
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3038.html
岸田政権 デジタル田園都市構想 5.7兆円で地方のIT実装を推進
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3039.html
日本の総理大臣の長州閥、イスラエルの兵器商人・アイゼンベルグ、そして自民党の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3053.html
令和の長州(山口)内乱 安倍晋三の“息の根”を止めろ。元秘書が立憲から出馬
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3054.html




モルガンに仕切られるCFR(外交問題評議会)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2713.html
ジョージタウン大学とキャロル・キグリー教授
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2712.html
サンフランシスコ平和条約 米国メンバーに潜む共産主義者とCFR関係者
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2742.html



しかしながら、経済発展した中国は調子に乗り、習近平がロックフェラーとの約束をすべて破ったため、ロックフェラー財閥は激怒。 欧米諸国は反中になっているのが、現在の欧米諸国と中国の関係です。


これにより親中政策をとってきた、習近平を国賓で招待した安倍政権を、米シンクタンクCSISが公に非難した直後、安倍首相は電撃辞任。 菅政権の誕生tなり、菅政権、岸田政権は欧米諸国と歩調を合わせ反中政策をとっています。














9.11テロの真実とアフガニスタン、そして米国中東からの離脱の背景
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3050.html
ロシア・ウクライナ問題の真相、ユダヤ系新興財閥と欧米軍需産業
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3051.html
プーチンとロシア正教
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3052.html



デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html


ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html
4

2022/5/7

令和の長州(山口)内乱 安倍晋三の“息の根”を止めろ。元秘書が立憲から出馬  国際政治・金融・企業

クリックすると元のサイズで表示します
安倍晋三 元首相
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
秋山賢治 安倍元首相の秘書




7月の参院選で、安倍元首相のお膝元・山口選挙区では安倍氏の元秘書・秋山賢治氏が立憲民主党から出馬する。14年にわたって安倍事務所で私設秘書を務めた人物が反旗を翻した形だ。秋山氏から何らかの“暴露”があるのではとの声も上がる中、大切なのはそこではないと語るのは、元毎日新聞で政治部副部長などを務めたジャーナリストの尾中 香尚里さん。尾中さんは今回、秋山氏が立憲民主党から出馬した意味を解説するとともに、国民の政治不信を招いた「安倍政治」に対して強く批判しています。



安倍晋三の“息の根”を止めろ。元秘書が立憲から出馬、最強の刺客で戦々恐々の元首相
https://www.mag2.com/p/news/537650/3


安倍氏秘書が立憲民主党から出馬の衝撃

安倍晋三元首相の「口だけ番長」ぶりは相変わらずだ。例えば、ウクライナへの侵攻を指揮するロシアのプーチン大統領について「力の信奉者。戦国時代の武将みたいなもの」と評した(4月21日)。

何が言いたいのか全く分からない。「プーチン氏との個人的関係」というメッキがはがれ、この非常事態に自身が何の外交力も発揮できない現実から目をそらそうとしているわけだ。

一方、急激な円安が国民生活を直撃すると「右往左往する必要は全くない」「日本のように輸出の工業力があり、外国からの観光客が再び戻ってくれば、円安は日本にとって間違いなくプラスの環境になる」などと強弁した(25日)。アベノミクスのメッキがはがれた現実を、何としても認めたくないのだろう。

外交でも経済政策でもその失敗が次々と可視化されつつある安倍氏だが、そのお膝元の山口県でも興味深い動きがあった。

夏の参院選の山口選挙区(改選数1)で、安倍氏の私設秘書を務めていた新人の秋山賢治氏(52)が、野党第1党の立憲民主党から立候補すると、13日に発表したのだ。

山口と言えば、あの「桜を見る会」前夜祭問題の主要な舞台である。安倍氏に批判的な勢力からは早速「どんな爆弾発言が飛び出すか」といった期待の声が聞こえる。

しかし筆者は、秋山氏自身による何らかの「暴露」の有無には、あまり興味はない。「桜を見る会」問題については、現在表に出ている情報だけで、安倍氏を政界から去らせるには、すでに十分過ぎるからだ。だいたい「国会で118回の虚偽答弁」だけでも、安倍氏はすでに首相はおろか、政治家を続ける資格がない。

だが、筆者は秋山氏の出馬表明について、そういうこととは違う期待をしている。秋山氏のような、古い保守政治のど真ん中を生きてきた人が、その限界に気づき、自民党と異なる「目指すべき社会像」の模索を始めることへの期待である。

秋山氏は安倍氏の選挙区・衆院山口4区に含まれる下関市の出身。1993年から2007年まで、14年にわたって安倍氏の私設秘書を務めた。

1993年と言えば、安倍氏が初当選した年であり、2007年と言えば、第1次安倍政権が突然終わった年である。秋山氏は安倍氏の新人議員時代から首相に上り詰めるまでを見届けたわけだ。

安倍事務所退職後は、2度の地方選に無所属で立候補し落選した。注目されるのは、その後一度政界を離れ、老人保健施設で支援相談員を務めていたことだ。

秋山氏によれば、安倍氏は秋山氏が務めていた老健施設を訪ねたこともあるそうで、少なくとも出馬の動機は、この世界によくある「仲間割れ」「遺恨」などではないようだ。



何故、秋山氏は立憲民主党から出馬したのか?

おそらく秋山氏は、市井の人々の生命と暮らしの現場に身を置いた時、政治の世界から見てきた景色とはまるで違うものが見えたのだろう。

山口市のホテルで開いた記者会見で、秋山氏は「アベノミクスを提唱した安倍首相の地元でありながら、その恩恵が県内隅々まで行きわたるどころか、一般庶民の暮らしは厳しくなるばかり。『一強政治は強い者を強くする政治に過ぎない』ことに気づかされた」と出馬の動機を語った。

立憲民主党からの出馬を選んだ理由については「一強政治に対峙するもう一つの政治勢力が必要であり、(出馬するなら)野党第1党の立憲民主党しかない」と述べた。

言うまでもなく、山口は全国有数の保守王国だ。自民党は衆参両院で長年議席を独占しており、民主党政権の下野後3回の参院選ではすべて、自民党が得票率6割を超える圧勝だった。

おまけに今回の参院選は、野党が四分五裂している。秋山氏のほかにも国民民主党が候補擁立を決め、共産党も独自候補擁立を模索している。

全選挙区で野党候補が一本化した前回とは一転して、現時点では絵に描いたような「一強多弱」。簡単な戦いではないだろう。

それでも秋山氏は、あえて野党からの出馬を決めた。

「強い者を強くする政治」とは違う政治、つまり「弱い者を底上げし、支え合う政治」を求めた、ということだ。

だから、秋山氏はかつて所属した自民党と政策的に親和性が高いだろう保守系の「第三極」政党などではなく、立憲民主党という「野党第1党」からの出馬を決めた。

そこには「自民党と対峙する勢力を構築する」「選挙で有権者に『目指すべき社会像』を選択してもらう」という、明確な目的意識がある。政治を「分かっている」人の選択だと考える。



まだまだ終わらない「安倍政治」の清算

私たちは選挙のたびに「政治への無関心層に働きかけて投票率を上げよう」と叫んできた。「投票に行かなければ政治は変わらない」と訴えてきた。確かに、一人でも多くの人に政治への関心を持ってもらうことは、民主主義を守るためには死活的に大切だ。

しかし、国民の政治不信がこれほど根深いものになってしまった今、一から無関心層を掘り起こすのは容易ではない。そんな状況で政治を変えるためには、これまで政治の「内側」にいた人々や、常に当たり前のように「いつもの自民党」に投票してきた人々の意識が変わることが、より重要なのではないか、と考え始めている。

自民党の政策はおおむね正しい。アベノミクスは成功しているし、外交もうまくやれている――。長年とらわれてきたそんな「常識」は、コロナ禍対応の不手際やウクライナ危機の影響などを受けて揺らぎ始めている。

アベノミクスで経済指標がどんなに好景気を示しても、足元の地域で実感できない。「外交が得意な首相」の名を欲しいままにしていたのに、首脳間の個人的信頼関係を誇示していた国の蛮行に、全くなすすべもない。

「常識」を揺るがせた張本人の地元で、外野ではなく内側からそのことを指摘する存在が現れた。驚くとともに歓迎している。野党サイドが敗北した昨秋の衆院選の後、ともすれば忘れかけていた「この道しかないのか、別の道を歩むべきか」という選択肢の提示の大切さを、改めて思い起こされたからだ。

山口だけではない。日本各地で長年にわたり、誠実に自民党で政治にかかわって来た、どんなに低投票率の選挙でも必ず投票所に足を運んでいた人々の中から「このままでいいのか」という声が出始めた時、ようやく政治に地殻変動が起きるのかもしれない。

秋山氏が将来、その先陣を切った存在として記憶されることになるのか、それとも「2022参院選の注目選挙区の一つ」として記憶されるにとどまるのか。与野党各党の戦いぶりを含め注視したい。

なお、この記事の中で「桜を見る会」問題について「秋山氏の暴露には興味はない」と述べたが、「桜を見る会」問題そのものへの関心を失ってよいという話でないことは、念のため付言しておきたい。

この問題をめぐって最近、略式起訴された安倍氏の元秘書の供述調書の内容が報じられた。元秘書らが前夜祭の費用の補填について、違法性を認識していたことが明らかになった。

「安倍政治」の清算は、まだ決して終わってはいないのだ。




日本の総理大臣の長州閥、イスラエルの兵器商人・アイゼンベルグ、そして自民党の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3053.html

9.11テロの真実とアフガニスタン、そして米国中東からの離脱の背景
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3050.html
ロシア・ウクライナ問題の真相、ユダヤ系新興財閥と欧米軍需産業
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3051.html
プーチンとロシア正教
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3052.html


【重要】安倍首相、CFR(外交問題評議会)でのスピーチ 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2903.html

岸信介、安倍晋三の中韓利権と日中関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2998.html
朝鮮・李王朝に嫁入りした、梨本宮家・方子(なしもとみや・まさこ) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2999.html
中国に売却される日本の国土とお馬鹿首相
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2906.html
安倍政権下での日中スーパーシティ協力覚書締結
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2984.html
RCEPと一帯一路、そしてデジタル人民元とCIP 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2994.html
デジタルマネー戦争の黎明期
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2988.html
グレート・リセット 最終ゴールは「世界統一デジタル通貨」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2989.html
新韓銀行とゆうちょ銀行の提携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2990.html
水道事業売却、種子法廃止、国土売却、IR、習近平国賓、女系天皇、そして自民終わりの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2902.html
【重要】安倍首相、CFR(外交問題評議会)でのスピーチ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2903.html

日本国民の年金を運用するウォール街
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2905.html
ソフトバンク、日銀、そしてゴールドマン・サックス
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2907.html
安倍・高市・ソフトバンク北尾の悪だくみ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3001.html
グレートリセット・ダボス会議での岸田首相演説
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3038.html
岸田政権 デジタル田園都市構想 5.7兆円で地方のIT実装を推進
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3039.html
日本の総理大臣の長州閥、イスラエルの兵器商人・アイゼンベルグ、そして自民党の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3053.html
令和の長州(山口)内乱 安倍晋三の“息の根”を止めろ。元秘書が立憲から出馬
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/3054.html





モルガンに仕切られるCFR(外交問題評議会)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2713.html
ジョージタウン大学とキャロル・キグリー教授
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2712.html
サンフランシスコ平和条約 米国メンバーに潜む共産主義者とCFR関係者
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2742.html




















デジタル新世界「グレート・リセット」ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2982.html


ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html
モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html
デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめhttps://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html

財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-1
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ-2
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2950.html
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ