renaissancejapn2020@gmail.com

2020/9/27

「魔笛」モーツアルトとフリーメーソン  映画・音楽・アニメ




クリックすると元のサイズで表示します
Die Zauberfloete(魔笛)


モーツアルト(1756年1月27日生誕-1791年12月5日没)が生涯の最後、1791年9月28日に完成させたオペラ。







W. A. Mozart: The Magic Flute (Levine, 1991) [Complete / Japanese sub.]日本語訳付き
https://www.youtube.com/watch?v=d0G_bFIL9f8









このオペラのハイライト『夜の女王のアリア』は、モーツァルトの歌劇『魔笛』(まてき/The Magic Flute K.620)第2幕に登場するアリア。 

夜の女王が娘パミーナにナイフを渡して、宿敵ザラストロを討ち果すよう命じる場面です。





La flauta mágica. La reina de la noche. W.A. Mozart
https://www.youtube.com/watch?v=8WNJyOKvKkM





あらすじ・ストーリー
------------------------------------------------

山の中で、タミーノ王子が大蛇に襲われているところを助けてくれた三人の女性は、夜の女王に仕える侍女だった。

タミーノ王子は、夜の女王の娘パミーナ姫が、邪悪な魔法使いザラストロに捕らえられていることを知り、さっそく取り戻しに出掛ける。

三人の侍女は、タミーノ王子に魔法の笛を与え、彼のお供をする鳥刺しのパパゲーノには、魔法の鈴を与えて送り出す。

ザラストロの神殿に到着したタミーノ王子は、ザラストロが邪悪な魔法使いではなく、高so僧であることを知る。

彼は、パミーナ姫と結ばれるために、ザラストロの試練を受けることを決意する。

 パミーナ姫は、愛するタミーノ王子が、ザラストロに課せられた試練のために口をきいてくれないことを嘆き自殺をはかるが、三人の童子に彼の変わらぬ愛を告げられ、共に火と水の試練に挑む。

一方、恋に憧れるパパゲーノは、魔法の鈴のおかげで難を逃れ、パパゲーナと言う可愛い恋人を得ることができた。

 ザラストロへの復讐に燃える夜の女王は、三人の侍女を従え、ザラストロの宮殿に乗り込もうとするが、電鳴と共に地獄に落ち、世界は平和で満たされる。











オーストリアに忍び寄るフリーメーソンとモーツアルト
----------------------------------------------------


日本では不利メーソンと聞くと何やら怪しげな秘密組織をイメージしてしまいますが、公然とどこにでもロッジはあり、東京タワーの下にも日本グランドロッジは看板を掲げています。

フリーメーソンの会員になるのは、その宗教を信じているかにはこだわらないと、フリーメーソンは主張していますが、発足当時においてカトリック教徒やユダヤ教徒が、フリーメーソンに参加したことはありませんでした。  フリーメーソンに参加したのは、理神論者か理神論的な思考に関心を寄せていた人々であります。

理神論とは、17世紀後半から18世紀前半にかけて、イギリスを中心に普及したもので、それまでキリスト教が容認していた超自然的な啓示、すなわち奇跡や予言を全く否定するもので、啓示性の代わりに人間の理性が根拠とされており、 「 理性の時代 」 といわれる18世紀にふさわしい、新しい宗教思想として登場しました。


すなわち、従来のヨーロッパは、キリスト教でガチガチに思想を固定化され、何をするにも神様が出てきて、神様がまるで人のように振る舞い、自分達の生活に介入してきていましたが、理神論では宇宙の創造者としての神は認めるものの、それ以後の宇宙は、神様の意思によるものではなく、人間が中心的につくっているというもので、

人間理性の存在をその説の前提とし、神を人格的存在とは認めず、啓示を否定する、新しい哲学・神学説なわけです。


この思想は、18世紀にイギリスで始まり、フランス・ドイツの啓蒙思想家に受け継がれました。




18世紀に、近代自然科学と知識を集大成した 「百科辞典」 が刊行されましたが、この百科辞典とフリーメーソンは深い関係があります。


18世紀の百科辞典といえば、1728年にイフレイム・チェインバースによって刊行された 「チェインバーズ百科辞典」 と1751年から1572年にかけてフランスで刊行された 「百科全書」 が有名でありますが、この2つの百科辞典はともに、フリーメーソンと密接な関係があります。


この2つの百科辞典を特徴づけているのは、ニュートンに象徴される近代科学・科学技術に関する情報を、いち早く積極的に集録している事にあります。



フリーメーソン-139  フリーメーソンとは何か-14 (理神論) 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/733.html
フリーメーソン-140  フリーメーソンとは何か-15 (チェインバーズ百科辞典) 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/734.html
フリーメーソン-141  フリーメーソンとは何か-16 (フランス百科全書) 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/735.html



オーストリアにもフリーメーソンは啓蒙主義と共にやってきました。
  

マリア・テレジアの夫であるロレーヌ公爵は、既に1731年、オランダのハーグにある 
「臨時ロッジ」 において、フリーメーソンに加入しています。


そのときマスターを勤めたのがデザギュリエで、オランダ大使として赴任中のチェスターフィーリド卿も同席しています。

後に、ロレーヌ公爵は、ロバート・ウォルポール卿のノーフォークの館で開かれたロッジで、マスターの位階を受けています


1730年代は、ヨーロッパ全土にフリーメーソンのロッジが創設されていった時期であり、この動きを無視できなかったローマ教会は、1783年に教皇クレメンス12世の名で、フリーメーソン活動を禁止しています。



その理由としては、フリーメーソンの「秘密性」がり、当時カトリックでは懺悔のときに、神の前では全てを打ち明け、秘密は一切持たない、という重要な教義と矛盾するからでありました。


カトリック教会から言わせると、 「悪事を企てていないのなら、どうしてフリーメーソンの会を秘密にする必要があるのだ?」 というものでした。

また、フリーメーソンは、カトリック、プロテスタント、英国教会、ユダヤ教、などあらゆる宗教に寛容であったため、カトリックに対抗する一大勢力となり、もはやローマ教会がコントロールしきれない事を恐れていた一面もあります。


それまで、カトリックのローマ教会は、神の名の下で、全ての権力を掌握してきたので、その利権が崩れるのを恐れていたわけです。

それと、何よりもフリーメーソンの儀式やシンボルマークが何やら怪しげ過ぎて、不気味であり、悪魔崇拝の黒魔術をしているようにも思われ、かつ秘密主義ときているために、怪しげな陰謀をたくらんでいるに違いないと思ってしまったのも、無理ないことだと思います。



フリーメーソンに加入したり、その思想を広めたりすれば、カトリックから破門するという厳しいものでありましたが、この禁止令の実施に当たっては国家元首の承認が必要でありました。

しかしながら、フリーメーソンの拡がったヨーロッパの国々では、国王ははじめ、政財界の大物たちの多くが加入しているので、現実は禁止令を出しても、バチカンへの外交辞令だけで、実際の警察による取り締まりはほとんど行われることはありませんでした。


バチカンのローマ教皇も、各国が禁止令を無視しているのが分かっているので、だんだんヒステリックになってきて、次の教皇ベネディクト14世は、「教会法」の中にフリーメーソン活動を禁止する条項を付け加えました。


これによって、 「反フリーメーソン」 は、カトリックの正式な教義になってしまったのです。


この条項は今でも残っており、第2335条には次のようにあります。

「教会、または合法的な国家機関に対抗して活動するメーソン派、または他の結社の名を使う者は、破門の罰に処せられる」



これを受けて、カトリックであるスペインでは悪名高き異端審問所が動き出し、この頃の民間にフリーメーソンは 「悪魔のシナゴーク」 である、と主張するパンフや本が出回りはじめました。


内容は、魔女裁判やユダヤ人迫害と大同小異の代物で、 「メーソン会員は、この世の快楽と引き換えに悪魔に魂を売る儀式を行ってる」 というようなもので、今日にも残るフリーメーソンに対する偏見は、この頃のデマが大きな影響を与えていると言えます。


また、バチカンが禁止令を出すにも関わらず、勢いを増すフリーメーソンに対して、ローマ教皇はさらにヒステリックになり、ピオ7世は、またもや破門令を1814年に出しました。


文面も威厳に満ちた厳しいものから、単なる口汚い罵詈罵倒に変わって行きます。
例えば、「地獄の集会の殺人的発展と陰謀」など。  しかしながら、これまたフリーメーソンの勢いは増すばかりであったということは、言うまでもありません。


クリックすると元のサイズで表示します
クレメンス12世(Clemens XII、1652年4月7日 - 1740年2月6日)は、18世紀のローマ教皇(在位:1730年7月12日 - 1740年2月6日)


オーストリアにおいて、フリーメーソンが全面的に禁止されるのは、マリア・テレジアの夫であった神聖ローマ皇帝のフランツ1世(Franz I. Stephan von Lothringen)が在位していたときでありました。


クリックすると元のサイズで表示します
フランツ1世(Franz I. Stephan von Lothringen)
神聖ローマ皇帝(在位1745-1765)、ロレーヌ公爵(在位1729-1737)、
トスカーナ大公(在位1737-1765)、マリア・テレジアの夫



1780年にマリア・テレジアが亡くなり、その息子で神聖ローマ皇帝のヨーゼフ2世が、その後を継ぎましたが、啓蒙思想に傾倒していた彼は、フリーメーソンにも寛容な態度でのぞみ、その保護の下でオーストリアのフリーメーソンは全盛期を迎えました。



クリックすると元のサイズで表示します
マリアテレジア 11歳の時



クリックすると元のサイズで表示します
ヨーゼフ2世(Joseph II Benedikt August Johann Anton Michael Adam)
神聖ローマ皇帝(在位1765-1790)、オーストリア大公、ハンガリー王、ボヘミア王
フランツ1世とマリア・テレジアの息子、マリーアントワネットの兄




そうして、知識人・芸術家・貴族・富裕商人などが、続々とロッジに集まり、このような時代背景のなかで、天才音楽家のモーツァルトも1784年12月にフリーメイソンに加入し、

翌1785年には名作 「フリーメイソン葬送音楽」を作曲するなどフリーメイソンの運動に積極的に参加し、フリーメイソンの関連作品を10点ほど残しており、


1) 歌曲「ヨハネ分団の儀式のための讃歌“おお、聖なる絆よ”K.125h」
2) カンタータ「あなたに、宇宙の魂よK.468a」(未完) 1785-91年?
3) 歌曲「会員の旅K.468」 1785年 
4) カンタータ「フリーメイスンの喜びK.471」 1785年
5) 管弦楽曲「フリーメイスン葬送音楽K.479a」1785年 
6) 合唱付き歌曲「あなた方、我らの新しい指導者よK.484」 1785年 
7) 合唱付き歌曲「親しい友よ、今日こそK.483」 1785-86年初 
8) 独語小カンタータ「無限の創造者を崇敬するあなた方がK.619」 1791年
9) 小カンタータ「我らの喜びを高らかに告げよK.623」 1791年  
10) 歌曲「我らの手に手をとってK.623a」 1791年 



これとは別に、最後の年に作曲されたオペラ「魔笛K.620」 は、フリーメイソン運動が生み出した最大傑作と言われています。






フリーメーソン-13  魔笛 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/603.html


フリーメーソンとは何か  まとめ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/770.html





3

2020/9/27

Break time  オペラ鑑賞  フィガロの結婚  映画・音楽・アニメ



クリックすると元のサイズで表示します
ボーマルシェこと本名ピエール=オーギュスタン・カロン(1732-1799)
18世紀フランスの実業家、劇作家。

ボーマルシェは、『セビリアの理髪師』、『フィガロの結婚』、『罪ある母(英語版)』からなる「フィガロ3部作」で有名。





クリックすると元のサイズで表示します
オペラの舞台セビリアのスペイン広場










『フィガロの結婚』(フィガロのけっこん、伊: Le nozze di Figaro、仏: Les noces de Figaro、英: The Marriage of Figaro、独: Die Hochzeit des Figaro)は、フランスの劇作家ボーマルシェが1778年に書いた風刺的な戯曲、ならびに同戯曲をもとにヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1786年に作曲したオペラ(Le Nozze di Figaro, K.492)である。

オペラのリブレット(台本)は、ボーマルシェの戯曲に基づき、イタリア人台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテがイタリア語で書いた。     wiki  




この作品は、流麗かつ華麗な曲調で、モーツアルト(1756–1791)の中でも大変人気のあるオペラです。





クリックすると元のサイズで表示します
オペラ フィガロの結婚の1シーン










W. A. Mozart: The Marriage of Figaro (Böhm, 1976) [Complete / Japanese sub.]
フィガロの結婚(日本語訳付き)
https://www.youtube.com/watch?v=xKhY7aV3KzY











あらすじ・ストーリー
---------------------------------------------------

 フィガロとスザンナは、結婚を目前にして気持ちもはずむ毎日。一方、二人の雇い主アルマヴィーヴァ伯爵は、スザンナをものにしようとたくらんでいる。そのことに気づいたフィガロは、急いで結婚式をあげてしまおうと画策するものの、伯爵にじゃまされて上手くいかない。

フィガロは、伯爵夫人あての偽の恋文を作って伯爵を嫉妬させようとしたり、小姓のケルビーノを女装させたりと、あの手この手で伯爵の目をスザンナからそらそうとする。しかしフィガロに夢中の女中頭のマルチェリーナや、フィガロに恨みをもつバルトロに邪魔され、どうしても思うようにいかない。

ところがなんと、フィガロはこのマルチェリーナとバルトロの実の息子であることが判明。二人の協力で、ようやくフィガロとスザンナは結婚式をあげることができた。

結婚式の最中に、スザンナからこっそりと恋文を受け取ったアルマヴィーヴァ伯爵は大喜び。逢引の場所に忍んでいくと、伯爵夫人がフィガロと逢引しているのを目撃してしまう。

自分のことは棚に上げ、怒って割り込んでいくと、伯爵夫人だと思ったのは変装したスザンナだった。

 これは、浮気な夫を懲らしめようとした伯爵夫人の計略で、すべてを知った伯爵は伯爵夫人に許しを請う。

---------------------------------------------------





Break time オペラ鑑賞 セビリアの理髪師
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2691.html
Break Time 愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2687.htm








3

2020/9/26

Break time オペラ鑑賞 セビリアの理髪師  映画・音楽・アニメ




クリックすると元のサイズで表示します
セビリア大聖堂

16世紀に完成したスペインの世界遺産「セビリア大聖堂」は、カトリックの大聖堂としては、バチカンの三ピエトロ大聖堂に次ぐ世界最大規模であり、新大陸を発見した探検家コロンブスの墓も聖堂内に収められています。






クリックすると元のサイズで表示します
セビリアの春祭り








Rossini: The Barber of Seville (Il barbiere di Siviglia) (Abbado, 1972) [Complete / Japanese sub.] (オペラ セビリアの理髪師)
https://www.youtube.com/watch?v=aFSQfi2loZQ








ロッシーニ『セビリアの理髪師』の舞台セビリアは、闘牛やフラメンコが有名なスペイン屈指の観光名所で、ビゼーのオペラ『カルメン』、モーツァルトのオペラ『フィガロの結婚』、『ドン・ジョヴァンニ』など、数々の有名な歌劇の舞台としても有名。


中世より港湾都市として栄えたセビリアは、アメリカとの貿易が独占的に行われ、16世紀から17世紀にかけて、スペインで最も人口の多い都市として繁栄を極めました。


セビリア(Sevilla)はスペインの都市で、セビーリャ、セビージャとも表記されますが、イタリア語ではスィヴィッリャ(Siviglia)、フランス語ではセヴィーユ(Séville)、英語ではセヴィル(Seville)となります。





本作は元々オペラ・コミックとして1772年に制作されたが、イタリア劇団に上演を断られたことから喜劇として書き直された。戯曲は1775年2月23日に初めて上演されたものの、上演数日前に四幕で描かれたものを五幕に変更したため評価は悪く、2月26日に四幕に修正されたうえで再演された。

喜劇『フィガロの結婚』(第2部 1786年/モーツァルトがオペラ化、同年初演)、正劇『罪ある母(英語版)』(第3部 1792年)とともに3部作と言われている。
                                     wiki





あらすじ・ストーリー
---------------------------------------------------


オペラ 「セビリアの理髪師」 のあらすじは、医者の姪に恋をした伯爵が、理髪師フィガロの助けを借りて、悪者の医者の目をかいくぐりながら、彼女に思いを伝え恋を成就させるコミカルなラブストーリー。




























第一次世界大戦とモルガン財閥 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2682.html
ハリウッド映画産業とユダヤ人、そしてジャポニズム  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2686.html
Break Time 愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2687.html
ハリウッド と ナチス  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2688.html
2つの結婚行進曲 メンデルスゾーンとワグナー 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2689.html
アイネ・クライネ・ナッハト・ムジークが普及したのは第一次世界大戦後のレコード
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2690.html







2

2020/9/25

アイネ・クライネ・ナッハト・ムジークが普及したのは第一次世界大戦後のレコード  映画・音楽・アニメ




クリックすると元のサイズで表示します
Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

1756年ザルツブルグで生まれたオ-ストリアの音楽家。 ハイドンベートーベンと並んで古典派音楽、ウィーン古典音楽派を代表する一人。






Mozart: Eine kleine Nachtmusik - Concertgebouw Kamerorkest - Live Concert - HD
https://www.youtube.com/watch?v=QZWKUszkbXU





この曲は、旧モーツァルト全集の楽譜に通し番号の13番が充てられたため「セレナーデ第13番」と表記されることもあります。





第1楽章 アレグロ ト長調、4分の4拍子、ソナタ形式。
    
第2楽章 ロマンツェ:アンダンテ ハ長調、2分の2拍子、複合三部形式。

第3楽章 メヌエットとトリオ:アレグレット ト長調(トリオはニ長調)、4分の3拍子、複合三部形式。

第4楽章 ロンド:アレグロ ト長調、2分の2拍子、ロンド形式。




クリックすると元のサイズで表示します












第一次世界大戦で、ヨーロッパは没落しアメリカに覇権が移り、1920年、1930年代にアメリカは黄金の時代を迎えた事を既に紹介しました。


第一次世界大戦とモルガン財閥 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2682.html


そして戦争から解放され、格別豊かになったアメリカでは人々は、ラジオ放送、音楽や映画を楽しみました。 黒人音楽のジャズが普及したのもこの頃です。  


今日では誰もが知る天才音楽家モーツアルト作曲の、アイネ・クライネ・ナッハト・ムジーク(Eine kleine Nachtmusik)は、フランス革命(1789年)の2年前、1787年8月10日にウィーンで完成していましたが、世界に知られるようになったのは、約150年後の第一次世界大戦後で、1930年代になってからです。


何が起こったのかと言えば、SPレコードで発売されたからです。 SPレコードは片面4分半程度しか収められないことで、各楽章が片面に入る「アイネ・クライネ・ナッハト・ムジーク」をSP2枚にすることを、誰かレコード会社の担当者が発見し録音販売したのが、一躍人気曲になりました。



私、オーストリアに住んでいた頃、毎日この曲を聴いていたので懐かしい思い出がよみがえります。








2つの結婚行進曲 メンデルスゾーンとワグナー
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2689.html
ハリウッド と ナチス  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2688.html
Rothschild-98  アウシュビッツ強制収容所
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1196.htm
ハリウッド映画産業とユダヤ人、そしてジャポニズム  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2686.html
Break Time 愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2687.html
















カテゴリ 「財閥(日本・世界)」の投稿記事
-----------------------------------------------------


財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク(ロスチャイルドの鉱山会社)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html
エドモン・ド・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2659.html
ロイター通信 と ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2660.html
タイタニック と ロスチャイルド縁戚関係の3財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2663.html
太陽の沈まない帝国スペイン と ハプスブルグ帝国
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2664.html
アルマダの海戦 スペイン無敵艦隊の敗北
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2665.html
石見(いわみ)銀山・ポトシ銀山 と ブリオリズム
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2668.html
スペイン vs オランダの代理戦争だった 豊臣 vs 徳川
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2669.html
フランス革命 と マリー・アントワネット 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2670.html
フランスを脱出するデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2671.html
アメリカに渡ったデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2672.html
デュポン社の設立とナポレオン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2673.html
アメリカ独立戦争と銀行 そしてデュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2674.html
政商としてのデュポンの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2676.html
南北戦争 と デュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2677.html
風と共に去りぬ と モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2678.html
モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2679.html
(予告編) 第一世界大戦とモルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2680.html
第一次世界大戦とモルガン財閥 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2682.html
ロシア革命とユダヤ人迫害(ポグロム) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2683.html
日露戦争とクーン・ローブ商会・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2684.html
ロシア革命 と明石大佐 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2685.html
ハリウッド映画産業とユダヤ人、そしてジャポニズム  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2686.html
Break Time 愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2687.html
ハリウッド と ナチス  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2688.html
2つの結婚行進曲 メンデルスゾーンとワグナー 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2689.html
アイネ・クライネ・ナッハト・ムジークが普及したのは第一次世界大戦後のレコード
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2690.html







2

2020/9/24

2つの結婚行進曲 メンデルスゾーンとワグナー  映画・音楽・アニメ





対照的な2人の音楽家の結婚行進曲があります。

ユダヤ人でキリスト教徒から迫害を受けた天才音楽家フェリックス・メンデルスゾーン とナチスが好んだリドイツ民族主義の音楽家リヒャルト・ワグナー。








クリックすると元のサイズで表示します
Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy (1809 - 1847)

Mendelssohn: Wedding March, Toscanini & NBCso (1947) メンデルスゾーン 結婚行進曲 トスカニーニ
https://www.youtube.com/watch?v=gGgTnVSkj9c



クリックすると元のサイズで表示します
Wilhelm Richard Wagner(1813-1883)

Wedding March Wagner 結婚行進曲 ワーグナー
https://www.youtube.com/watch?v=0rgmE0nTXDU

















メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html


Rothschild-122  イスラエル建国
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1220.html
Rothschild-98  アウシュビッツ強制収容所
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1196.html





ハリウッド と ナチス  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2688.html

ハリウッド映画産業とユダヤ人、そしてジャポニズム  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2686.html













Break Time 愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2687.html





フランス革命 と マリー・アントワネット 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2670.html

フランスを脱出するデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2671.html
アメリカに渡ったデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2672.html
デュポン社の設立とナポレオン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2673.html
アメリカ独立戦争と銀行 そしてデュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2674.html
政商としてのデュポンの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2676.html
南北戦争 と デュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2677.html




風と共に去りぬ と モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2678.html
モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2679.html
(予告編) 第一世界大戦とモルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2680.html
第一次世界大戦とモルガン財閥 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2682.html





ロシア革命とユダヤ人迫害(ポグロム) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2683.html
日露戦争とクーン・ローブ商会・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2684.html
ロシア革命 と明石大佐 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2685.html















2

2020/9/23

ハリウッド と ナチス  映画・音楽・アニメ







クリックすると元のサイズで表示します

マレーネ・ディートリッヒ Marlene Dietrich (1901-1992)
出生地 ドイツ帝国 ベルリン
映画女優・歌手


幼くして父が病死、継父も第一次世界大戦で戦死した。生活費を稼ぐため酒場などで歌っていた。また、フランス語を独学で習得。18歳で国立ヴァイマル音楽学校に入学。

1930年、ベルリンの舞台に立っていたところを映画監督ジョセフ・フォン・スタンバーグに認められ、ドイツ映画最初期のトーキー『嘆きの天使』に出演。 大きく弧を描く細い眉に象徴される、個性的かつ退廃的な美貌は、「100万ドルの脚線美」と称えられ、加えてセクシーな歌声で国際的な名声を獲得した。

同年、パラマウントに招かれてアメリカ合衆国に渡り、ゲイリー・クーパーと共演した『モロッコ』でハリウッド・デビュー、アカデミー主演女優賞にノミネートされた(『モロッコ』は日本語字幕映画の第1作である)。『上海特急』でスターの座を確立する。ユダヤ人監督スタンバーグとのコンビで黄金時代を築く。




リリー・マルレーン【訳詞付】- Marlene Dietrich
https://www.youtube.com/watch?v=pXekoM97Bt0











世紀の発明カラーフィルムとジャーナリズムのプロパガンダ
------------------------------------------------------


アメリカで、ユダヤ人を中心に、華ひらいたハリウッド映画は、大衆と呼ばれる大きな集団を、あっという間に味方につけ、彼らの製作する映画は政治的にも大きな影響を与える物になっていました。 


反ユダヤの、ナチスドイツでは、ユダヤ人を中心とし、急速に成長していくアメリカ映画界に敵意を持ち、1923年にヒトラーがナチ党による政権獲得を目指したクーデター、ミュンヘン一揆で行動を共にした、ルーデンドルフ将軍が映画会社を設立する事になります。


カラーフィルムを世界で最初に開発した、ドイツの「AGFA(アグファ)社」、既に火薬原料の新しい製造法を開発。



カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html



それによってドイツが第1次世界大戦に踏み切る決断をしたとも言われる「BASF社」、


19世紀に木綿を青く染める染料の開発をした化学者デュースベルグによって育てられた「バイエル社」、


医薬品会社である「ヘキスト社」と共に、


合併して出来た世界最大の化学会社「IGファルベン(Interessengemeischaft Farben)社」に組み入れられており、ナチスのつくる映画やジャーナリズムのプロパガンダに、世紀の発明であるカラーフィルムは利用されていく事になりました。










ナチスのIG-Farben(イーゲー・ファルベン)とICI(大英帝国化学工業)
-----------------------------------------------------------------


1925年に設立されたドイツのIGファルベンに対抗すべく、イギリスでは翌年の1926年に、「ノーベル産業」と「モンド社」を中心に4つの化学会社が合併し、「ICI社」が誕生します。 ICI(Imperial Chemical Industries : 大英帝国化学工業)


モンド社は、ドイツ生まれでイギリスに渡ったルイードヴィッヒ・モンドが設立した会社で、モンドは言うまでもなく酢酸・アンモニア・硫黄を製造する技術を開発し、ソルヴェイ法を確立した化学者です。


モンド家2代目のアルフレッドは、無煙炭の利権を買占め、鉄鋼産業の溶鉱炉も支配するようになっており、火薬をつくるのに必要な化学品や、鉄、石炭によるエネルギーをも支配していた事からも、軍事的に重要な地位を占める企業でありました。 ノーベルの火薬も、軍事的に重要で会った事は言うまでもありません。


かくして、当時のヨーロッパを2分する「IGファルベン」と「ICI」のマンモス企業の対立、反ユダヤのキリスト教勢力、ドイツ民族主義の「IGファルベン」とユダヤ資本ロスチャイルド勢力「ICI」、ここに芽生えた敵意が第2次世界大戦の大きな誘因のひとつにもなっています。











ドイツの映画会社UFA(ウーファ)と パルファメット協定
-----------------------------------------------------


こうして、IGファルベンが設立された1925年には、第1次世界大戦での総司令官であるヒンデンブルグが大統領選挙に当選し、その右腕のルーデンドルフ将軍が映画を支配するようになりました。


「IGファルベン」が設立した1925年は、ドイツの映画界には大きな出来事がありました。 


それは、ドイツ国内でハリウッド映画を上映し、その見返りにドイツ映画人をハリウッドで売り出し、1700万ドルをドイツに支払うという交換協定で、事実上ドイツ国内の映画館がハリウッドに乗っ取られ、ドイツの才能ある俳優や女優達がハリウッドに引き抜かれてしまい、ドイツ映画産業を崩壊させるに等しい物でした。


この協定を「パルファメト協定」と呼びますが、この名前は、ハリウッド側は、パラマウント社のParと、MGM社のMetの間に、ドイツの映画会社UFA(Universal Film
Aktiengesellshaft)を挟んで名づけられたものです。 Par−UFA−Met


このUFA(ウーファ)と呼ばれるドイツの映画会社は、前述のヒトラーとミュンヘン一揆を起こしたルーデンドルフ将軍が、ドイツ銀行の頭取シュタウスに映画会社の設立を呼びかけられ、資本金3000万マルクのうち、25%を超える800万マルクをドイツ帝国が負担し、設立されたものです。










カリガリ博士とドクトルマブゼ
--------------------------------------------------


ドイツ映画の歴史は、フランスと同じく古く1895年のビデオスコープの公開に遡る
事ができますが、昔ながらの舞台をそのまま映画のフィルムに収めたものとか、フランス映画の模倣に近い物があり、あまり表舞台にでてくるものではありませんでした。 


折りしも、第1次世界大戦では国策宣伝映画を作製しますが、敗北と同時に経済破綻、絶望をもたらし、ロマンチシズムの深まりを示していくと同時に、民衆の圧迫された心理状態を巧みに表現した異常心理劇として成功を収めたウイーネの「カリガリ博士」が製作されました。 


さらに、ユダヤ人監督のフリッツ・ラングは、ナチスが第1党になった1932年に、「ゲシュタポ」と「カリガリ博士」を組み合わせたシナリオで、ナチスを皮肉った「怪人マブゼ博士(=ドクトルマブゼ)」を完成させました。 



しかしながら、やはりドイツでの大作は、ヒトラーの愛人レーニ・リーフェンスタール監督の、ナチス宣伝映画1936年のベルリンオリンピックの記録「民族の祭典」でしょう。



1932年に、ユダヤ人監督のフリッツ・ラングにより完成した「ドクトルマブゼ」は、ナチ批判色が強かった為、激怒したナチス宣伝相ゲッペルスは、翌年上映禁止第1号に指定しました。 


しかしながら、ゲッペルスはこの監督の才能を見抜き、フリッツ・ラングを宣伝省に招き、ナチス礼賛映画制作を依頼しましたが、ラングはその夜のうちにパリに逃亡し、ハリウッドに渡り、


開戦と同時に「死刑執行人」「恐怖省」などの作品を世に送り出し、ナチスへの攻撃を続けました。 ゲッペルスから依頼された映画は、ヒトラーの愛好するシラーの作品「ウイリアム・テル」で、条件としてユダヤ人のラングを「アーリア人」として認めるというものでした。


「ドクトル・マブゼ」が上映禁止となった1933年にUFA(ウーファ)が作成したのは、ナチスの宣伝映画「ヒトラーユーゲント・クヴェックス」です。













マレーネ・ディートリッヒのアメリカ逃亡
---------------------------------------------------


ドイツの有名な大女優である、マレーネ・ディートリッヒは、ヒトラーから熱烈に惚れられ、それを嫌ったディートリッヒは、アメリカに亡命し、ゲッペルスを激怒させる事になります。


また、オーストリア系ユダヤ人監督のビリー・ワイルダー監督はマリリンモンローの「7年目の浮気」「お熱いのがお好き」等で、オスカー賞を6回も受賞し、ハリウッドの映画産業を牽引した来た人物ですが、彼もまたナチスの手を逃れて、ハリウッドに渡った映画監督でした。


こうして、醜悪なナチスドイツの映画界にはもはや才能ある映画人はほとんどいなくなってしまい、ナチスドイツの映画産業に君臨した女王は、マレーネ・ディートリッヒではなく、ヒトラーの愛人で、元ダンサーのレーニ・リーフェンシュタールでありました。


ただのダンサーに過ぎなかった彼女の家に何故、毎日のようにヒトラーが車で乗りつけ、夜を過ごしていたのか、何故ナチ政権下の外務大臣の山荘を譲り受ける事ができたのか、また彼女がナチスのプロパガンダの民族の祭典、ベルリンオリンピックの女流映画監督に抜擢される事になります。















ベルリン・オリンピック映画フィルム 「民族の祭典」
-------------------------------------------------


彼女の名前は、あまり知られておりませんが、1936年のベルリンオリンピックを映画フィルムに収めた「民族の祭典」は誰もが知るところです。


8月1日の華麗な開会式には、空軍元帥ゲーリング、陸軍元帥マッケンゼン、宣伝相ゲッペルス、ナチス総統ヒトラーの勇士が収められ、ナチスによる第3帝国の確立を祝う決定的瞬間が、大衆を扇動する巧みな技法により、全編を通して余すことなく、描き出されている物です。


1938年に、レーニは「民族の祭典」の実績と共に、ハリウッドに乗り込みますが、そこで受けた仕打ちは、ナチスの代弁者として扱われる冷酷なものでありました。


深く傷ついたレーニは、アメリカを後にし、そして年が明け、1939年には第2次世界大戦が始まります。


この年の8月31日に、パルファメト協定は切れ、翌日9月1日にナチスがポーランドに侵攻することになります。


ヒトラーに関係した、エヴァ・ブラウン、ゲリ・ラバウル、レナーテ・ミュラー、ユニティ・ミトフォードなどの女性達が、ほぼ全員自殺を遂げる事になりますが、


この厚顔なレーニ・リーフェンシュタールは、戦後に自分は何も知らなかったと言い張り、「無実」を主張し、生き延びました。 


また、ヒトラーやゲッペルスは映画だけでなく、音楽をも大衆扇動の道具に用い、民族主義音楽のワグナーの音楽や、熱烈なナチス党員の指揮者カラヤンも、ヒトラーの下で活躍する事となりました。 


今でも、ヨーロッパには、カラヤンやワグナー禁止の劇場があると聞いています。


ただ第二次世界大戦で同盟国で会った日本では、東京大学はじめ旧帝国大学などでは、恒例として入学式に必ず学生たちによりワグナーの「マイスタージンガー」が演奏されています。 



Furtwangler conducts Die Meistersinger in 1942
https://www.youtube.com/watch?v=3rM96_RS1Os&feature=related



このマイスタージンガーという曲は、アウシュビッツでユダヤ人たちがガス室に運ばれていた時に流れていた曲です。




Rothschild-122  イスラエル建国
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1220.html
Rothschild-98  アウシュビッツ強制収容所
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1196.html




第2次世界大戦後は、ドイツ映画界は2分され、東ドイツは国策宣伝映画に走り、西ドイツはアメリカのハリウッドに圧倒され、東西ドイツが統一した今も、人材を失ったドイツ映画産業界の復活の声は聞かれません。




























カテゴリ 「財閥(日本・世界)」の投稿記事
-----------------------------------------------------


財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク(ロスチャイルドの鉱山会社)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html
エドモン・ド・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2659.html
ロイター通信 と ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2660.html
タイタニック と ロスチャイルド縁戚関係の3財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2663.html
太陽の沈まない帝国スペイン と ハプスブルグ帝国
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2664.html
アルマダの海戦 スペイン無敵艦隊の敗北
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2665.html
石見(いわみ)銀山・ポトシ銀山 と ブリオリズム
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2668.html
スペイン vs オランダの代理戦争だった 豊臣 vs 徳川
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2669.html
フランス革命 と マリー・アントワネット 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2670.html
フランスを脱出するデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2671.html
アメリカに渡ったデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2672.html
デュポン社の設立とナポレオン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2673.html
アメリカ独立戦争と銀行 そしてデュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2674.html
政商としてのデュポンの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2676.html
南北戦争 と デュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2677.html
風と共に去りぬ と モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2678.html
モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2679.html
(予告編) 第一世界大戦とモルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2680.html
第一次世界大戦とモルガン財閥 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2682.html
ロシア革命とユダヤ人迫害(ポグロム) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2683.html
日露戦争とクーン・ローブ商会・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2684.html
ロシア革命 と明石大佐 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2685.html
ハリウッド映画産業とユダヤ人、そしてジャポニズム  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2686.html
Break Time 愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2687.html
ハリウッド と ナチス  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2688.html





2

2020/9/22

Break Time 愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene  映画・音楽・アニメ







クリックすると元のサイズで表示します




愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene(シャーリーン)
https://www.youtube.com/watch?v=lkmDzuXrJYM

3

2020/5/21

コロナの長い夜の勉強会ー44  映画・音楽・アニメ


今まで忙しく、ゆっくりした時間がなく、自分自身の人生を考える時間もなかったのが多くの人
だと思いますが、コロナで与えられたゆったりした時間。 自分自身を考える勉強会です。


今回は、 そろそろ暖かくなる季節なので、音楽ボサノバ です。















ボサノバ Mas Que Nada Bossa Nova 小泉ニロ bossa@NILO

https://www.youtube.com/watch?v=823yYUVmvXc&list=PL8F3BE590F61823F6&index=2









イパネマの娘 (Garota de Ipanema).flv
https://www.youtube.com/watch?v=Arg_TAEZjPE












1

2020/5/9

コロナの長い夜の勉強会ー33  映画・音楽・アニメ


今まで忙しく、ゆっくりした時間がなく、自分自身の人生を考える時間もなかったのが多くの人
だと思いますが、コロナで与えられたゆったりした時間。 自分自身を考える勉強会です。

今回は、 乃木坂46 です。   


JPOPシリーズが続いたので次の投稿から話題を変えたいと思います。

















乃木坂46 『せっかちなかたつむり』-Short Ver.-
https://www.youtube.com/watch?v=fYJe1mMnlEI















世界へ伝えた乃木坂46の魅力♥ Japan Expoで魅せた初海外ライブ、大興奮の現場をお届け!Nogizaka46 stage Full ver.
https://www.youtube.com/watch?v=9TcXlmJs8Yo















乃木坂46 16th 「サヨナラの意味」 Best Shot Version.
https://www.youtube.com/watch?v=1Qz-c4FCl1c















1

2020/5/8

コロナの長い夜の勉強会ー32  映画・音楽・アニメ


今まで忙しく、ゆっくりした時間がなく、自分自身の人生を考える時間もなかったのが多くの人
だと思いますが、コロナで与えられたゆったりした時間。 自分自身を考える勉強会です。

今回は、 AKB48 です。












【MV full】 ヘビーローテーション / AKB48 [公式]
https://www.youtube.com/watch?v=lkHlnWFnA0c














【MV full】 Everyday、カチューシャ / AKB48[公式]
https://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/postmsg














【MV full】 恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式]
https://www.youtube.com/watch?v=dFf4AgBNR1E


















1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ