renaissancejapn2020@gmail.com

2021/5/7

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ  財閥(日本・世界)




クリックすると元のサイズで表示します






財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク(ロスチャイルドの鉱山会社)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html
エドモン・ド・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2659.html
ロイター通信 と ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2660.html
タイタニック と ロスチャイルド縁戚関係の3財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2663.html
ロシア革命とユダヤ人迫害(ポグロム) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2683.html
日露戦争とクーン・ローブ商会・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2684.html
ロシア革命 と明石大佐 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2685.html
ハリウッド と ナチス  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2688.html
2つの結婚行進曲 メンデルスゾーンとワグナー 
セシル・ローズとデビアス社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2694.html
哲学者プラトンと共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2695.html
ミルナーズ・キンダーガルテン(ミルナーの幼稚園)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2696.html
セシル・ローズ=ミルナーグループのメディア支配
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2697.html
セシル・ローズの秘密ネットワークに加わるロックフェラー、モルガン、ラザールフレール  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2699.html
英国きっての政治・金融権力者に上り詰めたミルナー卿
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2702.html
1919年ノーベル平和賞 ウィルソン大統領
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2703.html
2019年は国際政治学 生誕100周年
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2704.html
日露戦争とロシア革命そして共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2705.html
銀行のルーツと戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2706.html
イングランド銀行と紙幣銀行券
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2707.html
FRB(米国連邦準備制度理事会)設立 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2709.html
コミンテルン(国際共産主義活動組織)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2710.html
アメリカと日本を狙うコミンテルン(国際共産主義活動組織) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2711.html
ジョージタウン大学とキャロル・キグリー教授
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2712.html
モルガンに仕切られるCFR(外交問題評議会)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2713.html
ニュー・リパブリック誌の創刊 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2714.html
JPモルガンと円卓会議Grによる米国大学支配
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2715.html
オール・ソウルズ・カレッジ (オックスフォード大学) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2716.htm
ミルナー円卓会議グループと共産主義・社会主義グループの連携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2717.html
財団のルーツ ピーボディ財団
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2718.html
広告、プロパガンダの父  エドワード・バーネイズ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2723.html
第一次大戦後の好景気以後の世界大恐慌・関東大震災とコミンテルンの共産主義革命 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2724.html
帝国主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2728.html
太平洋問題調査会(IPR)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2729.html
実はまともな法輪功と大紀元時報(Epoch Times)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2730.html
黒人革命家と共産主義思想
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2731.html
約束の地カナンとは何か
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2732.html
ノアの呪い 黒人差別と支配者ユダヤ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
モルガン・ロックフェラー・カーネギー財団は中国を共産主義陣営に売り渡した
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2739.html
共産主義者の陰謀よりもさらに大きな謀略がある
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2740.html
サンフランシスコ平和条約 米国メンバーに潜む共産主義者とCFR関係者
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2742.html
Break Time  追憶【訳詞付】- バーブラ・ストライザンド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2744.html
財閥の大陸進出と三井物産の中国ビジネスそしてロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2746.html
アメリカ建国時から戦っていた愛国者vsエスタブリッシュメントそしてロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2748.html
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2749.html
CIA、米民主党と原子力産業、そしてロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2750.html
ヨハネの黙示録
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2751.html
ヨハネの黙示録 聖書の説明
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2752.html
ロシア革命とユダヤ人
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2753.html
巨大権力集団はどのように形成されるか イングランド銀行とFRB、銀行一族王朝そして共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2754.html
ロスチャイルドとモルガンの関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2755.html
ベルモント財閥とロスチャイルド、モルガンそしてペリー提督
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2756.html
結局はロスチャイルドに躍らせていたJ・P・モルガン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2767.html
ドルの起源
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2770.html
アホの一つ覚えMMT信者は馬鹿ばかり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2771.html
貨幣の種類
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2773.html
貨幣の種類 0.原始社会の物々交換
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2774.html
貨幣の種類 1.商品貨幣 そして金とタバコ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2775.html
商品貨幣の王者は金(ゴールド)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2776.html
通貨の種類 2. 預かり証貨幣
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2777.html
通貨の種類 3.不換紙幣 そしてMMT
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2778.html
貨幣の種類 4.部分準備貨幣
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2779.html
FRS(連邦準備制度)の機構と機能
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2780.html
ウォーバーグ財閥とクーン・ローブ財閥そしてFRS/FRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2781.html
アメリカ最初の中央銀行は北米銀行(Bank of North America)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2782.html
アメリカ最初の政党(共和党)が結成
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2783.html
ローズの遺言、ラスキン、ミルナー卿、そして円卓会議
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2784.html
東部エスタブリッシュメント
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2785.html
1857年ウォール街恐慌とロスチャイルドのモルガン、ピーボディ支援
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2786.html
南北戦争直前、欧州列強に狙われるアメリカ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2787.html
ロシアも参戦していたアメリカ南北戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2788.html
ロスチャイルドのアメリカ進出と南北戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2789.html
グリーンバック紙幣と南北戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2790.html
リンカーン暗殺と「黄金の輪の騎士団」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2791.html 
巨大財閥の100年 動画
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2792.html
合衆国銀行とロスチャイルドそしてトランプ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2793.html
アスター財閥とウォール街
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2794.html
アメリカ独立革命とトマス・ペインの「コモンセンス」 そしてフリーメーソン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2795.html
ジャーディン・マセソン商会と阿片そしてHSBC
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2797.html
ジェームス・サッスーン卿
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2798.html
サッスーン財閥と阿片そして上海
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2799.html
中国での阿片貿易を元々仕切っていてのはベアリングズ兄弟商会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2802.html
ベアリング財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2803.html
新型コロナの基礎知識 集団免疫信者はアホばかり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2804.html
COP21とCO2温暖化の嘘 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2805.html
グッゲンハイム財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2807.html
ラッセル商会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2808.html
ラッセル商会とスカル&ボーンズそれと米民主党とCIA 結局は阿片
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2809.html
ハインツ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2810.html
初めて来日したフリーメーソンはオランダ人
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2811.html
ジョン万次郎 と フリーメーソン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2812.html
ペリー財閥とボストン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2813.html
モルガン・グレンフェル投資銀行とマルバラ公爵そしてチャーチル首相
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2814.html
ロスチャイルド、カールマルクス、さらに現在の国際情勢を知る秀逸な動画紹介
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2895.html
ユダヤ教とグローバリズム、そして軍需産業
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2897.html
アメリカを動かす秘密クラブ「スカル&ボーンズ」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2900.html
ゴールドマン・サックスと NMロスチャイルド、そしてベルモント財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2913.html
ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html
ゴールドマン・サックスとメイ百貨店
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2924.html
三菱財閥とゴールドマン・サックス、そしてサッスーン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2933.html
歴史的背景 1/3:第一次大戦前後とロスチャイルド・モルガン・ロックフェラー
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2941.html
歴史的背景 2/3:第一次大戦前後とロスチャイルド・モルガン・ロックフェラー
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2942.html
歴史的背景 3/3:第一次大戦前後とロスチャイルド・モルガン・ロックフェラー 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2943.html



2

2021/5/7

ヘンリー・ゴールドマンとサム・サックス  財閥(日本・世界)





クリックすると元のサイズで表示します
ゴールドマンサックスとは
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2898.html

本Blogで、ゴールドマン・サックスのシリーズの情報の出所は、「Goldman Sachs」の著者である女性のリサ・エンドリック(Lisa Endlich)氏を中心に、収集したものです。
Lisa Endlich プロフィール
-------------------------
MITでマネイジメントと都市計画の修士号を取得後、ゴールドマン・サックスに入社、外国為替部門のトレーダーとなり、VP(ヴァイスプレジデント)の肩書を得る。 退社後は夫と三人の子供とロサンゼルスに在住。

日本に関する記事は、主に国際ジャーナリスト堤未果氏の著作物を中心に取集したものです。 インターネトでデービッド・アトキンスを敵視する三橋貴明氏と藤井聡氏ですが、彼ら自身も言っていますが、彼女(堤未果)が先生と述べています。彼女の著作物・記事・情報がベースになっているケースが多く見られます。
堤未果 プロフィール
-------------------
東京生まれ、NY度立大学大学院国際関係論学科修士号。 国連、野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍中。









クリックすると元のサイズで表示します
Marcus Goldman (December 9, 1821 – July 20, 1904)


クリックすると元のサイズで表示します
マーカス・ゴールドマン商店が入っていたビル
30 Pine street , New Yoork












ヘンリー・ゴールドマンとサム・サックス


サム・サックスと共に、ヘンリー・ゴールドマンは父の死後何年にもわたって会社経営に携わりました。


1904年(明治37年)マーカス・ゴールドマン逝去
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2915.html


彼は視覚に問題があってハーバード大学を中退しています。 外交営業員として働いた後、彼は28歳でゴールドマン・サックスに入社しました。

のちにシニア・パートナーとしてゴールドマン・サックスを経営することになるシドニー・ワインバーグは、ヘンリーを独創的な天才で、会社の事業に革命を起こした男と評している。

引き受けという新たな事業を導入して会社を投資銀行に変身させたのは他ならぬヘンリー・ゴールドマンでした。

















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html



2

2021/5/7

1904年(明治37年)マーカス・ゴールドマン逝去  財閥(日本・世界)






クリックすると元のサイズで表示します
ゴールドマンサックスとは
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2898.html

本Blogで、ゴールドマン・サックスのシリーズの情報の出所は、「Goldman Sachs」の著者である女性のリサ・エンドリック(Lisa Endlich)氏を中心に、収集したものです。
Lisa Endlich プロフィール
-------------------------
MITでマネイジメントと都市計画の修士号を取得後、ゴールドマン・サックスに入社、外国為替部門のトレーダーとなり、VP(ヴァイスプレジデント)の肩書を得る。 退社後は夫と三人の子供とロサンゼルスに在住。

日本に関する記事は、主に国際ジャーナリスト堤未果氏の著作物を中心に取集したものです。 インターネトでデービッド・アトキンスを敵視する三橋貴明氏と藤井聡氏ですが、彼ら自身も言っていますが、彼女(堤未果)が先生と述べています。彼女の著作物・記事・情報がベースになっているケースが多く見られます。
堤未果 プロフィール
-------------------
東京生まれ、NY度立大学大学院国際関係論学科修士号。 国連、野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍中。














クリックすると元のサイズで表示します
Marcus Goldman (December 9, 1821 – July 20, 1904)


クリックすると元のサイズで表示します
マーカス・ゴールドマン商店が入っていたビル
30 Pine street , New Yoork












1904年(明治37年)マーカス・ゴールドマン逝去

1904年(明治37年、ちなみに日露戦争開戦、孫文日本亡命の年)、サム・サックスの二人の息子、アーサーとポールがハーバード大学卒業すると同時に入社しました・。

そしてその夏、彼らの祖父にあたるマーカス・ゴールドマンが世を去りました。 マーカスの一生は驚嘆に値するもので、貧乏のどん底から、やがては総合投資銀行として繁栄する組織を遺しました。

融資機能、外国為替、トレーディング、そして引き受けの機能、・・・小規模で、まだ粗削りではありました、今日のゴールドマン・サックスの原型はマーカスの手によってすでにつくられていました。








ロシア革命とユダヤ人迫害(ポグロム) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2683.html
日露戦争とクーン・ローブ商会・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2684.html
ロシア革命 と明石大佐 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2685.html
日露戦争とロシア革命そして共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2705.html
コミンテルン(国際共産主義活動組織)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2710.html
アメリカと日本を狙うコミンテルン(国際共産主義活動組織) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2711.html
ロシア革命とユダヤ人
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2753.html
ユダヤ教とグローバリズム、そして軍需産業
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2897.html

















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html

2

2021/5/6

ゴールドマン・サックス がさつなアメリカ人  財閥(日本・世界)






クリックすると元のサイズで表示します
ゴールドマンサックスとは
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2898.html

本Blogで、ゴールドマン・サックスのシリーズの情報の出所は、「Goldman Sachs」の著者である女性のリサ・エンドリック(Lisa Endlich)氏を中心に、収集したものです。
Lisa Endlich プロフィール
-------------------------
MITでマネイジメントと都市計画の修士号を取得後、ゴールドマン・サックスに入社、外国為替部門のトレーダーとなり、VP(ヴァイスプレジデント)の肩書を得る。 退社後は夫と三人の子供とロサンゼルスに在住。

日本に関する記事は、主に国際ジャーナリスト堤未果氏の著作物を中心に取集したものです。 インターネトでデービッド・アトキンスを敵視する三橋貴明氏と藤井聡氏ですが、彼ら自身も言っていますが、彼女(堤未果)が先生と述べています。彼女の著作物・記事・情報がベースになっているケースが多く見られます。
堤未果 プロフィール
-------------------
東京生まれ、NY度立大学大学院国際関係論学科修士号。 国連、野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍中。
















クリックすると元のサイズで表示します
Marcus Goldman (December 9, 1821 – July 20, 1904)


クリックすると元のサイズで表示します
マーカス・ゴールドマン商店が入っていたビル
30 Pine street , New Yoork









ゴールドマン・サックス がさつなアメリカ人

1897年(明治30年)、サム・サックスはビジネスの拡大を願って、イギリスの大手コーヒー商人、ハーマン・ジールケンから得た紹介状を手に、ロンドンに行き、

フェンチャーチ街20番地にあるクラインウォート、サンズ&カンパニーを訪問しました。
クラインウォート家は1792年(寛政4年、ちなみにフランス革命が起こった年)に

キューバで事業を起こし、マーチャントバンキングを行うために、1830年(文政13年、ちなみにフランス7月革命が勃発、大コロンビアからベネズエラが独立)にロンドンに移っていました。

それから70年近く経った当時は、ロンドンで有力なマーチャントバンクとなり、小切手と、いわゆる手形を世界中から受け入れていました。

高い信用力のおかげで、ロンドンのシティでもっとも有利な利率を享受していました。 ハーマンんとアレキサンダー・クラインウォートは当時付き合いのあったアメリカの取引相手よりももっと積極的な相手を探しているところでした。

サム・サックスはゴールドマン・サックスのニューヨークでの業務を説明し、ニューヨークとロンドンの二つの市場間で、外国為替と裁定業務に大きな可能性がある事を力説しました。

サックスの提案は確かに気を引くものでありましたが、クラインウォート家は高い評判を打ち立てていたので、見知らぬ会社と手を組むことに慎重でした。

彼らはニューヨークで大手のユダヤ系銀行、NMロスチャイルドのニューヨークにおける代理店となっていたオーガスト・ベルモントを通じて、ゴールドマン・サックスの見識、誠実さ、熱意を評価しました。


ゴールドマン・サックスと NMロスチャイルド、そしてベルモント財閥 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2913.html


特に悪い話は聞こえてこなかったために、クラインウォート、サンズ&カンパニーは共同事業のの提案を受け入れました。

書面で契約書を交わすことなく、この事業は何年もの間、うまく経営されました。



しかしながら、仕事を離れた付き合いは仕事より難儀でした。 クラインウォート家はサックス家を郊外の自宅に招いて接待する習わしとしましたが、アメリカ人のがさつな振る舞いを見て面白がりました。

そしてサックス家が滞在しているときには、裕福で洗練されたイギリスの友人の誰を招くか注意をするようになりました。

ウォルター・サックスは15歳のときに訪問して、「はじめまして」言いながら握手をしようとしたときの事を思えています。 彼が手を差し出した相手は、クラインウォート家の執事でした。

若い研修生だったウォルター・サックスは、ゴールドマン・サックス=クラインウォートも手形が市場に大量に出回っていることを懸念する声をシティで聞きつけ、アレクサンダー・クラインウォートにうっかり伝えてしまいました。


この大物は、その言葉を石の様に黙って聞きました。 数週間後、サックスは自分の犯した罪を秘かに教わりました。

クラインウォートの信用に疑問を呈するなどという金輪際ありえないに等しいようなことを仄めかすのは、ビジネスマナーに反していると耳打ちされたのでした。


ヨーロッパ大陸の銀行ともコルレス関係が開かれました。 ゴールドマン・サックスは資本にリスクが及ぶのを避けるために、すぐ現金化できる取引に活動を限定しました。



***コルレスとは***
コルレス(Corres)は、外国為替において、コルレス契約により、別の銀行のために決済を代行する銀行をいいます。また、コルレス契約とは、通常、国内と海外の銀行間において、送金の支払委託や手形の取立依頼、信用状の授受、決済勘定などについて予め取決めたものをいいます。 現在、日本の銀行は、主要通貨などに対して、海外の銀行とコルレス契約を結んで、そのコルレス先に口座を開設し、外国為替業務の代行をしてもらっています。
※コルレスは、「コルレスポンデント(Correspondent)」の略で、日本語では、「コルレス先」や「コルレス銀行」、「コルレスバンク」とも呼ばれます。





1906年(明治39年、ちなみに 伊藤博文が韓国統監府の初代統監に就任、 アテネオリンピック開催、 ミラノ万国博覧会開催された年)、ゴールドマン・サックス外国部の収益は50万ドルに上昇。

収益の大半はミューヨークとロンドンの金利裁定でした。 90日物手形にかかる合弁会社の手数料0.5%を差し引いても、ロンドンの金利はまだはるかに低く、

ヨーロッパの金融市場で信用を確立すると、ゴールドマン・サックスは短期金融の活動を、少額ではありますが、南アフリカ、そして極東へと広げていきました。















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html


2

2021/5/5

ゴールドマン・サックスと NMロスチャイルド、そしてベルモント財閥  財閥(日本・世界)








クリックすると元のサイズで表示します
ゴールドマンサックスとは
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2898.html

本Blogで、ゴールドマン・サックスのシリーズの情報の出所は、「Goldman Sachs」の著者である女性のリサ・エンドリック(Lisa Endlich)氏を中心に、収集したものです。
Lisa Endlich プロフィール
-------------------------
MITでマネイジメントと都市計画の修士号を取得後、ゴールドマン・サックスに入社、外国為替部門のトレーダーとなり、VP(ヴァイスプレジデント)の肩書を得る。 退社後は夫と三人の子供とロサンゼルスに在住。

日本に関する記事は、主に国際ジャーナリスト堤未果氏の著作物を中心に取集したものです。 インターネトでデービッド・アトキンスを敵視する三橋貴明氏と藤井聡氏ですが、彼ら自身も言っていますが、彼女(堤未果)が先生と述べています。彼女の著作物・記事・情報がベースになっているケースが多く見られます。
堤未果 プロフィール
-------------------
東京生まれ、NY度立大学大学院国際関係論学科修士号。 国連、野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍中。









クリックすると元のサイズで表示します
Marcus Goldman (December 9, 1821 – July 20, 1904)


クリックすると元のサイズで表示します
マーカス・ゴールドマン商店が入っていたビル
30 Pine street , New Yoork









ゴールドマン・サックスとNMロスチャイルド、そしてベルモント財閥

1885年(明治18年)、マーカスは自分の息子ヘンリーと義理の息子ルートウィッヒ・ドレイフュスをジュニア・パートナーに招き入れると同時に、社名を現在のゴールドマン・サックスに変更しました。

1894年(明治27年にハリー・サックスが入社し、1896年(明治29年)、会社はニューヨーク証券取引所の会員となりました。

創業から50年の間、パートナーは全員結婚で結ばれた血縁関係者で結ばれた血縁関係者の中から選出され、すべてのビジネスは全員一致で決められました。

1890年代までには、ゴールドマン・サックスはアメリカで最大のCP取引業者になっていました。


売上は1890年の3,100万ドルから1894年には6,700万ドルと二倍になっていました。 二年後、会社はニューヨーク証券取引所に加入。

ニューヨークの外にも業務を拡大するために、マーカスの息子のヘンリー・ゴールドマンはシカゴ、セントルイス、セントポール、カンザスシティなどの中心都市や、プロビデンス、ハートフォード、ボストン、フィラデルフィアなどの金融センターを定期的に訪問し始めました。


1897年(明治30年)、サム・サックスはビジネスの拡大を願って、イギリスの大手コーヒー商人、ハーマン・ジールケンから得た紹介状を手に、ロンドンに行き、


フェンチャーチ街20番地にあるクラインウォート、サンズ&カンパニーを訪問しました。
クラインウォート家は1792年(寛政4年、ちなみにフランス革命が起こった年)に

キューバで事業を起こし、マーチャントバンキングを行うために、1830年(文政13年、ちなみにフランス7月革命が勃発、大コロンビアからベネズエラが独立)にロンドンに移っていました。


それから70年近く経った当時は、ロンドンで有力なマーチャントバンクとなり、小切手と、いわゆる手形を世界中から受け入れていました。

高い信用力のおかげで、ロンドンのシティでもっとも有利な利率を享受していました。 ハーマンんとアレキサンダー・クラインウォートは当時付き合いのあったアメリカの取引相手よりももっと積極的な相手を探しているところでした。

サム・サックスはゴールドマン・サックスのニューヨークでの業務を説明し、ニューヨークとロンドンの二つの市場間で、外国為替と裁定業務に大きな可能性がある事を力説しました。


サックスの提案は確かに気を引くものでありましたが、クラインウォート家は高い評判を打ち立てていたので、見知らぬ会社と手を組むことに慎重でした。

彼らはニューヨークで大手のユダヤ系銀行、NMロスチャイルドのニューヨークにおける代理店となっていたオーガスト・ベルモントを通じて、ゴールドマン・サックスの見識、誠実さ、熱意を評価しました。


ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html

ロスチャイルドとモルガンの関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2755.html
ベルモント財閥とロスチャイルド、モルガンそしてペリー提督
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2756.html
ペリー財閥とボストン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2813.htm



特に悪い話は聞こえてこなかったために、クラインウォート、サンズ&カンパニーは共同事業のの提案を受け入れました。

書面で契約書を交わすことなく、この事業は何年もの間、うまく経営されました。


















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
4

2021/5/4

1885年(明治18年)社名を現在の ゴールドマン・サックスに変更  財閥(日本・世界)







クリックすると元のサイズで表示します
ゴールドマンサックスとは
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2898.html

本Blogで、ゴールドマン・サックスのシリーズの情報の出所は、「Goldman Sachs」の著者である女性のリサ・エンドリック(Lisa Endlich)氏を中心に、収集したものです。
Lisa Endlich プロフィール
-------------------------
MITでマネイジメントと都市計画の修士号を取得後、ゴールドマン・サックスに入社、外国為替部門のトレーダーとなり、VP(ヴァイスプレジデント)の肩書を得る。 退社後は夫と三人の子供とロサンゼルスに在住。

日本に関する記事は、主に国際ジャーナリスト堤未果氏の著作物を中心に取集したものです。 インターネトでデービッド・アトキンスを敵視する三橋貴明氏と藤井聡氏ですが、彼ら自身も言っていますが、彼女(堤未果)が先生と述べています。彼女の著作物・記事・情報がベースになっているケースが多く見られます。
堤未果 プロフィール
-------------------
東京生まれ、NY度立大学大学院国際関係論学科修士号。 国連、野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍中。









クリックすると元のサイズで表示します
Marcus Goldman (December 9, 1821 – July 20, 1904)


クリックすると元のサイズで表示します
マーカス・ゴールドマン商店が入っていたビル
30 Pine street , New Yoork









1885年(明治18年)社名を現在の ゴールドマン・サックスに変更


1882年(明治15年)にマーカス・ゴールドマンは義理に息子サムを家業に招き入れ、綾名をMゴールドマン・アンド・サックスと変更しました。

社名を Mゴールドマン&サックスに改名 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2911.html

マーカス・とバーサ・ゴールドマンはサミュエル・サックスの両親、ジョーゼフとソフィア・サックスと暖かい友情を結びました。

サックス家の長男ジュリアスは互いの母に認められて、ゴールドマンの娘ローザと結婚。 二人の母親はもう一組、サックスとゴールドマン家で結婚があってもいいとして、

15歳で簿記係と働きだしたサム・サックスとルイーザ・ゴールドマンを結婚させていました。


マーカス・ゴールドマンは、サム・サックスが宇と何でいた洋装店をきちんとたたみ、パートナーシップに出資できるようにと、1万5,000ドルを貸し与えました。

この貸付は3年間に3回、5,000ドルの約束手形で返済されることになっていました。 サムとルイーザの3番目の息子が生まれた時には、サムはマーカスに3枚の約束手のうち、2枚を返済していました。

マーカスは、義理の息子のサムに「パートナーとしてのやる気と能力」を認め、ウォルターの出生を祝って、


1884年(明治17年)5月28日の最終の返済を免除すると、古いドイツ語の書体で正式な書面をしたためました。


そのために、後年ウォルター・サックスは、「この世に生まれ出た最初に日に、私はゴールドマン・サックスで最初の案件を締結させた」とよく言ったものでした。

ルイーザ・ゴールドマンは、感傷的なタイプで、父親の手紙と返済免除のメモを小型の金庫に保管しました。

彼女は息子達の金髪のの巻き毛を色あせたリボンで結び、その中に入れました。 彼らの乳歯もすべて日付と名前を書いて、その中にしまっておきました。


サムの息子は3人とも家業に加わり、特にウォルターは、1980年に96歳で逝去するまで、72年間に渡って会社に関与しました。



創業から50年近くの間、ゴールドマン・サックスのパートナーは両家の人間だけで構成されていました。

1885年(明治18年)、マーカスは自分の息子ヘンリーと義理の息子ルートウィッヒ・ドレイフュスをジュニア・パートナーに招き入れると同時に、社名を現在のゴールドマン・サックスに変更しました。

1894年(明治27年にハリー・サックスが入社し、1896年(明治29年)、会社はニューヨーク証券取引所の会員となりました。

















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
2

2021/5/3

社名を Mゴールドマン&サックスに改名  財閥(日本・世界)









クリックすると元のサイズで表示します
ゴールドマンサックスとは
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2898.html

本Blogで、ゴールドマン・サックスのシリーズの情報の出所は、「Goldman Sachs」の著者である女性のリサ・エンドリック(Lisa Endlich)氏を中心に、収集したものです。
Lisa Endlich プロフィール
-------------------------
MITでマネイジメントと都市計画の修士号を取得後、ゴールドマン・サックスに入社、外国為替部門のトレーダーとなり、VP(ヴァイスプレジデント)の肩書を得る。 退社後は夫と三人の子供とロサンゼルスに在住。

日本に関する記事は、主に国際ジャーナリスト堤未果氏の著作物を中心に取集したものです。 インターネトでデービッド・アトキンスを敵視する三橋貴明氏と藤井聡氏ですが、彼ら自身も言っていますが、彼女(堤未果)が先生と述べています。彼女の著作物・記事・情報がベースになっているケースが多く見られます。
堤未果 プロフィール
-------------------
東京生まれ、NY度立大学大学院国際関係論学科修士号。 国連、野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍中。










クリックすると元のサイズで表示します
Marcus Goldman (December 9, 1821 – July 20, 1904)



クリックすると元のサイズで表示します
マーカス・ゴールドマン商店が入っていたビル
30 Pine street , New Yoork









社名を Mゴールドマン&サックスに改名


1869年(明治二年、ちなみに南北戦争が終わったのは1865年)ニューヨーク、マンハッタンの南にあるパインストリートにマーカス・ゴールドマン商店を開業したマーカス・ゴールドマンですが、


マーカス・ゴールドマン商店の開業
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2910.html


マーカスは毎朝毎朝フロックコートを着込んで、メイドン・レインのダヤモンド卸商とか、「水たまり」と呼ばれるピークマン・ストリートの皮革商人などを訪ねて、約束手形を買い上げました。

マーカスの商売とは次のようなものでした。 特定の期日までに手形持参人の5,000ドル支払う事を約束する手形ぶ署名をさせて、マーカスは商人に4,850ドルほどの現金を支払う。

手形は当時の一般的な金利である8%から9%の間で割り引かれ、さらに額面金利の0.5%、つまり50ベーシス・ポイントがマーカスたち手形割引業者に手数料が支払われます。 これらの手形には譲渡性があります。


マーカスは、証書を束ねてシルクハットの中に入れて、チェンバーズ・ストリートのケミカルバンクやウォレン・ストリートの輸入貿易銀行、ウォール街のナショナル・シティ・バンクなどに持っていき、さらに割り引いてもらう。

手形ブローカーのその日の成功度合いはシルクハットの高さで計れると言われたものでした。 約束手形は今日のCP(コマーシャル・ペーパー、商業手形)の前身にあたり、それを扱う業者は手形屋、「高利貸し」と呼ばれていました。

開業の直後から、マーカスは一人で年間500万ドルほどを扱っていました。 それなりの成功ではありましたが、他のドイツ系ユダヤ人の銀行と比べれば足元にも及びませんでした。

セリグマンなどは1869年(明治二年)に600万ドルの運転資金を自由に操って、鉄道株の引受けやトレーディングを行っており、すでに近代の投資銀行の体裁を整えていました。



マーカス・ゴールドマンの末娘ルイーザは、バイエルン地方から移住してきた仲の良い友人の息子、サム・サックスと結婚しました。

ルイーザの姉ローザ・ゴールドマンと、サムの兄ジュリアス・サックスの二人は、既に結婚していました。

サムは五人兄弟の二番目の息子でしたが、両親が若くして死ぬと、彼が生計を支えるようになりました。

十五歳の頃から小さな貿易商の会計係として働いて、兄ジュリアスと弟バーニーの学費を払い、学校を卒業させています。また、弟のハリーが事業を始める手助けをしました。
ハリーは後にゴールドマン・サックスのパートナーとなっています。



エミリア・サックスは両親の死後すぐに結婚し、四人の兄弟の世話を見ました。 1882年(明治15年)、マーカス・ゴールドマンは義理の息子サム・サックスを家業に招き入れ、社名をM・ゴールドマン・アンドサックスと改名しました。

















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
1

2021/5/2

マーカス・ゴールドマン商店の開業  財閥(日本・世界)






クリックすると元のサイズで表示します
ゴールドマンサックスとは
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2898.html

本Blogで、ゴールドマン・サックスのシリーズの情報の出所は、「Goldman Sachs」の著者である女性のリサ・エンドリック(Lisa Endlich)氏を中心に、収集したものです。
Lisa Endlich プロフィール
-------------------------
MITでマネイジメントと都市計画の修士号を取得後、ゴールドマン・サックスに入社、外国為替部門のトレーダーとなり、VP(ヴァイスプレジデント)の肩書を得る。 退社後は夫と三人の子供とロサンゼルスに在住。

日本に関する記事は、主に国際ジャーナリスト堤未果氏の著作物を中心に取集したものです。 インターネトでデービッド・アトキンスを敵視する三橋貴明氏と藤井聡氏ですが、彼ら自身も言っていますが、彼女(堤未果)が先生と述べています。彼女の著作物・記事・情報がベースになっているケースが多く見られます。
堤未果 プロフィール
-------------------
東京生まれ、NY度立大学大学院国際関係論学科修士号。 国連、野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍中。









クリックすると元のサイズで表示します
Marcus Goldman (December 9, 1821 – July 20, 1904)



クリックすると元のサイズで表示します

マーカス・ゴールドマン商店が入っていたビル
30 Pine street , New Yoork









マーカス・ゴールドマン商店の開業

1848年(ちなみにペリー来航は1853年)にヨーロッパで保守派の反革命の紛争が起き、ドイツ・ババリア地方のシュワインフルトに近いバーブレベの村を出た、貧しい小作で牛飼いの息子、教師の27歳ユダヤ人マーカス・ゴールドマンは、何百万人という人々に交じって、ヨーロッパを後にする決心をしました。

数年間、学校で教えて六週間の大西洋横断の旅費に充てるお金を貯めると、アメリカに大挙して移住したユダヤ人の最初の一団に加わりました。

クーン家、リーマン家、ローブ家、セリグマン家など、「われわれ仲間」と呼ぶファミリーはドイツ系ユダヤ人として銀行業界で既に名を成していました。 彼らはアメリカの工業化とともに力を増していきました。


しかし、その仲間と何の縁もなかったゴールドマンは、ニュージャージーで馬に荷台を引かせて行商をしながら生計を立て、後にフィラデルフィアで店を構えるまでなりました。

そこで彼は当時十八歳のバーサ・ゴールドマンと結婚。 バーサも1848年にドイツから移住してきた一人で、同姓ながら二人の間に血縁関係はありません。

彼女の父はドイツ北部のダルムシュタットから移住してきた鍵前師、宝石職人でした。 彼らはフィラデルフィアに移り住みその後、



1869年(明治二年、ちなみにアメリカの南北戦争が終わったのは1865年でこの戦争で余った武器が上海のジャーディン・マセソン商会-グラバー商会を通じて維新軍に渡った)、

マーカスは妻と五人の子供を連れてニューヨークに移り、マンハッタンの南にあるパイン・ストリートで、借用証書のブローカー業を行うマーカス・ゴールドマン商店を開業しました。



それは狭苦しい、炭置き場の隣の地下の一室でした。 事務員の若い男の子一人と、午後になると葬儀屋で働くパートの経理員とともに、後の二十世紀の偉大な銀行は創業されました。

















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
3

2021/5/2

バーサ・ゴールドマンとの結婚  財閥(日本・世界)








クリックすると元のサイズで表示します
ゴールドマンサックスとは
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2898.html

本Blogで、ゴールドマン・サックスのシリーズの情報の出所は、「Goldman Sachs」の著者である女性のリサ・エンドリック(Lisa Endlich)氏を中心に、収集したものです。
Lisa Endlich プロフィール
-------------------------
MITでマネイジメントと都市計画の修士号を取得後、ゴールドマン・サックスに入社、外国為替部門のトレーダーとなり、VP(ヴァイスプレジデント)の肩書を得る。 退社後は夫と三人の子供とロサンゼルスに在住。

日本に関する記事は、主に国際ジャーナリスト堤未果氏の著作物を中心に取集したものです。 インターネトでデービッド・アトキンスを敵視する三橋貴明氏と藤井聡氏ですが、彼ら自身も言っていますが、彼女(堤未果)が先生と述べています。彼女の著作物・記事・情報がベースになっているケースが多く見られます。
堤未果 プロフィール
-------------------
東京生まれ、NY度立大学大学院国際関係論学科修士号。 国連、野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍中。










クリックすると元のサイズで表示します
Marcus Goldman (December 9, 1821 – July 20, 1904)




バーサ・ゴールドマンとの結婚

アメリカに渡ったマーカス・ゴールドマンは、ニュージャージーで馬に荷台を引かせて行商をしながら生計を立てていましたが、後にフィラデルフィアで店を構えるまでになりました。

そこで彼は当時十八歳のバーサ・ゴールドマンと出会い、結婚します。 バーサも1848年にドイツから移住してきた一人で、同姓ではありますが、二人の間に血縁関係はありません。

彼女の父は、ドイツ北部のダルムシュタットから移住してきた鍵前師、宝石職人でした。彼らはフィラデルフィアに移り住み、その後1869年にニューヨークに移りました。

















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
3

2021/5/1

海を渡った マーカス・ゴールドマン  財閥(日本・世界)






クリックすると元のサイズで表示します
ゴールドマンサックスとは
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2898.html

本Blogで、ゴールドマン・サックスのシリーズの情報の出所は、「Goldman Sachs」の著者である女性のリサ・エンドリック(Lisa Endlich)氏を中心に、収集したものです。
Lisa Endlich プロフィール
-------------------------
MITでマネイジメントと都市計画の修士号を取得後、ゴールドマン・サックスに入社、外国為替部門のトレーダーとなり、VP(ヴァイスプレジデント)の肩書を得る。 退社後は夫と三人の子供とロサンゼルスに在住。

日本に関する記事は、主に国際ジャーナリスト堤未果氏の著作物を中心に取集したものです。 インターネトでデービッド・アトキンスを敵視する三橋貴明氏と藤井聡氏ですが、彼ら自身も言っていますが、彼女(堤未果)が先生と述べています。彼女の著作物・記事・情報がベースになっているケースが多く見られます。
堤未果 プロフィール
-------------------
東京生まれ、NY度立大学大学院国際関係論学科修士号。 国連、野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍中。














クリックすると元のサイズで表示します
Marcus Goldman (December 9, 1821 – July 20, 1904)



海を渡った マーカス・ゴールドマン

今日の金融界の巨人は、社員も資本もほとんどないまま、一人の移民がひっそりと興した事業が始まりでした。

ゴールドマンは、貧しい小作の牛飼いの息子で、教師でした。
1848年にヨーロッパで保守派の反革命の紛争が起きると、彼はドイツ・ババリア地方のシュワインフルトに近いバーブレベの村を出ました。

27歳の時でした。 何百万人という人々に交じって、マーカスもヨーロッパを後にする決意をしたのです。


数年間、学校で教えて、六週間の大西洋横断の旅費に宛てるお金を貯めると、アメリカに大挙して移住したユダヤ人の最初の一団に加わりました。

クーン家、リーマン家、ローブ家、セリグマン家など、「われわれ仲間」と呼ぶファミリーは、ドイツ系ユダヤ人として銀行業界で既に名を成していました。


彼らはアメリカでの工業化とともに力を増していきました。 しかし、彼らと何の縁もなかったゴールドマンは、ニュージャージーで行商人として働き始めました。





















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ