renaissancejapn2020@gmail.com

2006/9/29

エルサレム  旧約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

エルサレムは現在のイスラエルの首都でありますが、古代イスラエル・ユダ王国の首都で、シオンの丘に建てられたエルサレム宮殿があった場所です。

また、イエス・キリストが処刑された地でもあり、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地でもあります。

続きを読む
0

2006/9/28

イスラエル統一 ダビデ王誕生  旧約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ Triumph of David

続きを読む
0

2006/9/27

サウル王の息子イシュ・ボシェト暗殺  旧約聖書
         旧約聖書(サムエル記下第4章1節−12節)

アブネルがヘブロンで殺されたと聞いて、サウルの息子イシュ・ボシェトは力を落とし、全イスラエルはおびえた。

このサウルの息子のもとに二人の略奪隊の長がいた。 名をバアナとレカブといい、共にベニヤミンの者で、ベエロトのリモンの息子であった。  ベエロトもベニヤミン領と考えられるからである。 ベエロトの人々はかつてギタイムに逃げ、今日もそこに寄留している。
続きを読む
0

2006/9/26

イスラエルの将軍 アブネルの死  旧約聖書
            旧約聖書(サムエル記下第3章1節−39節)

サウル王家とダビデ王家との戦いは長引いたが、ダビデはますます勢力を増し、サウルの家は次第に衰えていった。
続きを読む
0

2006/9/25

ユダ王 ダビデ  旧約聖書
         旧約聖書(サムエル記下第2章1節−32節)

その後ダビデは主に託宣を求めて言った。 「どこかユダの町に上るべきでしょうか。」
主は言われた。 「上れ。」

更にダビデは尋ねた。 「どこへ上ればよいのでしょうか。」
「ヘブロンへ」 と主はお答えになった。

続きを読む
0

2006/9/24

「弓」  旧約聖書
          旧約聖書(サムエル記下第1章1節−27節)

サウルが死んだ後のことである。ダビデはアマレク人を討ってツィクラグに帰り、二日過ごした。   三日目に、サウルの陣営から一人の男がたどりついた。  衣服は裂け、頭に土をかぶっていた。男はダビデの前に出ると、地にひれ伏して礼をした。

ダビデは尋ねた。 「どこから来たのだ。」  「イスラエルの陣営から逃れて参りました」と彼は答えた。

続きを読む
0

2006/9/24

サウル王の死  旧約聖書
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0

2006/9/23

アマレク人の侵略  旧約聖書
         旧約聖書(サムエル記上第30章1節−31節)

三日目、ダビデとその兵がツィクラグに戻る前に、アマレク人がネゲブとツィクラグに侵入した。 彼らはツィクラグを攻撃して、町に火をかけ、そこにいた女たち、年若い者から年寄りまで、一人も殺さずに捕らえて引いて行った。

ダビデとその兵が町に戻ってみると、町は焼け落ち、妻や息子、娘たちは連れ去られていた。  ダビデも彼と共にいた兵士も、声をあげて泣き、ついには泣く力もなくなった。
ダビデの二人の妻、イズレエルのアヒノアムとカルメルのナバルの妻であったアビガイルも連れ去られていた。

続きを読む
0

2006/9/23

ペリシテ軍とダビデ  旧約聖書
          旧約聖書(サムエル記上第29章1節-11節)

ペリシテ人は、その軍勢をすべてアフェクに集結させた。  イスラエル軍は、イズレエルにある一つの泉の傍らに陣を敷いた。

ペリシテの武将たちはおのおの百人隊、千人隊を率いて進み、ダビデとその兵はアキシュと共にしんがりを進んだ。

続きを読む
1

2006/9/21

サムエルの死  旧約聖書
           旧約聖書(サムエル記上第28章1節−25節)

そのころ、ペリシテ人はイスラエルと戦うために軍を集結させた。  アキシュはダビデに言った。

「あなたもあなたの兵もわたしと一緒に戦陣に加わることを、よく承知していてもらいたい。」
続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ