renaissancejapn@aol.com

2006/6/14

シュメール文明 と 日本  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

これは、シュメールから出土した楔形文字の書かれた粘土板に、十字架と菊花紋(最高神アンのマーク)がある写真です。 今回は、この菊花紋を中心に、日本もシュメールからの影響を受けているのではないかという話をしたいと思います。

続きを読む
25

2006/6/15

天皇家の紋章  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

これは、日本の天皇家の紋章(十六菊花紋)ですが、この図柄はメソポタミアの古代シュメール文明の最高神アン(天と光の神)の図柄とよく似ています。 もとは星の光をイメージし楔形文字で表したものであったと思われますが、この菊花紋(便宜上、以後こう呼びます)は、メソポタミア地域、エジプト、イスラエル、インドあたりで、神や王家の紋として使われました。 

現在、世界の王家の中で、菊花紋を紋章としているのは、日本の天皇家だけのようです。

続きを読む
209

2006/6/16

天皇家 もう一つの紋章  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

この写真は、世界の金融界を支配している、国際ユダヤ系財閥 ロスチャイルド家の紋章です。 フランクフルト出身の、初代ロスチャイルド家のマイヤー・アムシェルには5人の息子達がおり、それぞれフランクフルト本家、ウイーン家、ロンドン家、ナポリ家、パリ家と主要都市に解き放たれ、ヨーロッパ中の王家に取り入り、金融界を支配してゆきました。 ヨーロッパの金融の中心がフランクフルトで、EUの中央銀行がフランクフルトにあるのも無縁ではありません。

続きを読む
176

2006/6/28

天皇家 と エフライム族  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

「日本固有文明の謎はユダヤで解ける」 P149の図
ノーマン・マクレオド、久保有政

旧約聖書に記述されているヤコブの系図と、日本神話に出てくるニニギの記述は、驚くほど一致しています。 以前、日本神話とギリシア神話の驚くほどの共通点を紹介しましたが、やはり古代日本及び天皇家は、シュメール、イスラエル、ギリシアナなどの文明や神話が伝承され、それらから大きく影響を受けたものであると考える方が自然であるような気がします。


天皇と記紀神話
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/115.html#readmore
続きを読む
87

2006/6/29

神社 と ダビデの星  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

この写真は、日本全国15万社以上ある神社の総本家、伊勢神宮のルーツである元伊勢の、丹後一ノ宮にある「眥(この)神社」の奥の院の 「真名井神社」の石碑に記されたダビデ紋です。 「眥神社」の宮司を代々務めてきた海部一族の、82代現宮司の海部光彦氏がそれまで極秘であった 「真名井神社」 の裏社紋を公開しましたが、驚く事に 「ダビデ王の紋章」 でした。

「元伊勢」 とは天王家の三種神器を、現在の伊勢神宮内宮に至るまでの間に、一時的に鎮座していた伝承を持つ神社・場所のことであり、 「日本書紀」 にはの伊勢神宮の鎮座に至るまでに、理想的な鎮座地を求めて各地を転々としたことが記されています。

続きを読む
30

2006/6/30

京都市の紋章  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

これは、京都市の紋章です。 放射状に6方向に伸びる線は、ダビデの星に似ています。
この紋章は、漢字の 「京」 の形をイメージして創られたのだと考えられます。

京都に、秦氏の拠点であった 「太秦(うずまさ)」 という地名がありますが、その地域の紋章はダビデの星であったと記憶しています。
6

2006/6/30

秦氏 と 日本の中のユダヤ文化  秦氏・日本とユダヤ文化

京都は、桓武天皇が、784年長岡京に、794年平安京に遷都し、1868年の東京遷都までの約1000年の長きにわたり、日本の首都として栄えました。

その平安京の建設に、大きな貢献をしたのが、渡来人の秦氏です。  秦氏一族は、中国で流浪の民とも呼ばれ、4世紀頃に日本にやって来ました。  また、秦氏に関しては分かっていない事が多いのですが、ネトリウス派キリスト教徒のヘブライ人であったとも言われています。
続きを読む
16

2006/7/1

山伏の兜巾 と ヒラクティリー  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

今日でもユダヤ人は祈りの時に 「旧約聖書」 の言葉を収めた 「ヒラクティリー」と呼ばれる小さな小箱を額部分に付けるそうですが、日本では山伏が頭につける兜巾(ときん)とよく似ています。  また、山伏が吹くほら貝の音は、ユダヤ人の祭りに使われる 「ショーファー」 という羊の角で作った吹奏器とそっくりでなのだそうです。  

いうまでもありませんが、世界の宗教で額にこのような物をつけるのは、ユダヤ教と日本の神道だけのようです。

続きを読む
8

2006/7/2

神輿 と 聖櫃(Ark)-1  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

これは、ユダヤ教で聖櫃(せいひつ)、Ark(アーク)、もしくは契約の箱、証の箱、掟の箱などと呼ばれるもので、モーゼの指示に従って、ベツァルエルが作成したもので、3種の神器が収められた、移動式の神殿です。

続きを読む
20

2006/7/2

神輿 と 聖櫃(Ark)-2  秦氏・日本とユダヤ文化

このユダヤの聖櫃(アーク)を見た時、多くの日本人がイメージするものは、神道の神輿(みこし)であると思います。 

続きを読む
18


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ