renaissancejapn@aol.com

2008/7/24

フリーメーソン-136  フリーメーソンとは何か-11  ヒラム伝説  フリーメーソン

近代フリーメーソンの初期の頃の入会儀式は簡単なものでしたが、それが次第に本格的な参入儀礼を備えたものとなりました。  

未だフリーメーソンに入会していない者は、入念につくられ、複雑な意味を持つ儀式によって、新しい人間に生まれ変わる事を目的とするようになり、その鍵となったのが、1730年以降フリーメーソンに現れたヒラム伝説であります。
続きを読む
7

2008/7/23

フリーメーソン-135  フリーメーソンとは何か-10  王族の入会  フリーメーソン

1730年代のイギリスでは、貴族だけではなく、待望の王族がフリーメーソンに入会してきました。  1737年3月5日、ジョージ2世の長男であり、皇太子でもあったフレデリック・ルーウィスが、ロンドンのキュー宮殿で開かれた 「臨時ロッジ」 でフリーメーソンとなりました。
続きを読む
1

2008/7/22

フリーメーソン-134  フリーメーソンとは何か-9  フリーメーソン憲章  フリーメーソン

クリックすると元のサイズで表示します
「フリーメーソン憲章」 (1723年版)の口絵
モンタギュ公爵から後継者のウォートン公爵に憲章が手渡されている場面を描いており、右端の人物がデザギュリエ


イギリスの近代フリーメーソンの歴史は、1717年に始まります。 1716年にコヴェント・ガーデンの居酒屋 「アップル・トゥリー・タヴァン」 で、グランドロッジ結成のための準備会が開かれ、毎年6月24日に集会を持つことが決められました。  ちなみに、6月24日は聖ヨハネの日です。

1717年6月24日に、ロンドンにあった4つのロッジが予定通り、居酒屋 「グース・アンド・グリドアイアン」 に集まり、グランドロッジが結成されましたが、近代フリーメーソンは、一般にこの時をもって発足したとされています。



続きを読む
1

2008/7/21

フリーメーソン-133  フリーメーソンとは何か-8  コーヒーハウス  フリーメーソン

17世紀にイギリスのロッジには変化が起こり、従来の石工のフリ-メーソンの集会に、一般の善意の人々、司法官、聖職者、新しい思想を求める人々の参加を認めるようになりました。  この新しいメンバーは、公認メーソンと呼ばれます。

1600年にはスコットランド人貴族ジョン・ボスウェルがエジンバラ・ロッジに入会した記録が残されていますが、何故貴族階級の人々の入会を認めたかというと、庇護と財政的援助を期待したからで、このような新会員は次第にロッジの中で多数派を占めるようになり、1670年にはスコットランドのアバディーン・ロッジでは、新会員が75%以上を占めるようになりました。

続きを読む
4

2008/7/20

フリーメーソン-132  フリーメーソンとは何か-7  薔薇十字  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
薔薇十字の見えない学院


薔薇十字団は、ルネサンス時代の代表的な神秘主義結社ですが、近代フリーメーソンは、薔薇十字団から派生したという説があります。  その根拠となるのは、記録上の最初のフリーメーソンである17世紀の古代文化史家エリアス・アシュモールが残した記録によるものです。 オックスフォード大学にアシュモール博物館がありますが、この博物館を寄贈したのが、エリアス・アシュモールです。


Ashmolean Museum in Oxford University
http://www.ashmolean.org/about/historyandfuture/

続きを読む
4

2008/7/18

フリーメーソン-131  フリーメーソンとは何か-6  フリーメーソン語源  フリーメーソン

英語のフリーメーソンという言葉が、最初に文献に登場するのは1376年でありますが、この語源には二種類の説があります。 
続きを読む
3

2008/7/17

フリーメーソン-130  フリーメーソンとは何か-5  テンプル騎士団  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
テンプル騎士団の紋章
二人の騎士は清貧の精神、および騎士にして修道士であることを示しています。


テンプル騎士団は、中世ヨーロッパで活躍した騎士修道会の事で、正式名称は「キリストとソロモン神殿の貧しき戦友たち」、日本語では「神殿騎士団」や「聖堂騎士団」などとも呼ばれます。

十字軍活動以降、いくつかの騎士修道会(武器を持って戦闘にも従事する修道会)が誕生しましたが、テンプル騎士団はその中でももっとも有名なものであります。 十字軍は、イスラム教徒から聖地エルサレムを奪回しましたが、巡礼者たちの安全までは確保することが出来ず、聖堂騎士団は、こうした巡礼者たちの保護を目的として、1096年の第1回十字軍の終了後に創設されました。

「ソロモンの神殿」 の置かれていた王宮の跡地に本拠があった為、聖堂(テンプル)騎士団という名称がつき、この騎士団はまたたくまにヨーロッパ全土に普及し、貴族だけでなく様々な階層からなる巨大な組織に発展してゆくことになります。


続きを読む
1

2008/7/16

フリーメーソン-129  フリーメーソンとは何か-4  11世紀 大聖堂  フリーメーソン

11世紀になると、大聖堂のそびえる西欧諸国に大工、石工、ステンドグラス職人などの職業別団体が出現しますが、この建築師の組合は、BC8世紀に古代ローマ王ヌマ・ポンピリウスによって創設された職人組合の 「 コレギウム 」 がそのルーツとなっており、このコレギウムは、ソロモン神殿を建設した、 「 フラムの子たち 」 であります。


フリーメーソン127  フリーメーソンとは何か-2  (ソロモン神殿)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/721.html#readmore
フリーメーソン-128  フリーメーソンとは何か-3 (ローマ コレギウム)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/722.html#readmore


続きを読む
1

2008/7/14

フリーメーソン-128  フリーメーソンとは何か-3  ローマ コレギウム   フリーメーソン

長老派協会の牧師、ジェームズ・アンダーソンによって作成され、1723年に出版された、 「 フリーメーソン憲章 」 第一部は歴史編で、フリーメーソンの歴史を建築史として捉え、始祖アダムからジョージ1世までの時代を述べています。 フリーメーソンでは、天地創造を紀元前4004年の出来事とし、A.L.( Anno Lucis =光の年 )をつけて年代を記述します。

アンダーソンによれば、フリーメーソンの歴史は、 「 宇宙の偉大な建築者である神のかたちに似せて造られた最初の父アダム 」 にまで遡り、アダムは神によって、幾何学の奥義が与えられていたとされています。 

このように、フリーメーソン思想は、西洋文明の根幹をなすものであるとも言えます。 イエスキリストの父ヨハネ、またイエスキリストの職業が大工であったのも、宇宙の偉大な建築者である神であったということでしょう。

続きを読む
5

2008/7/13

フリーメーソン127  フリーメーソンとは何か-2  ソロモン神殿  フリーメーソン

西洋文明は、シュメール文明を基礎とし、その天文学から派生した占星術によって、信仰の対象が、牡牛(シュメール・フェニキア・他)→牡羊(ユダヤ)→双魚(キリスト)→水瓶(フリーメーソン)と物語が創られている事は、既に説明しました。 

牡牛、牡羊、双魚、水瓶、・・・それぞれの時代は、春分の日に太陽が昇る位置にある、黄道12宮の星座です。 地球の歳差運動が25800年周期で、それを12の星座で割ると、一つの星座の時代が2150年となり、紀元0年に双魚座の時代に入り、イエスキリストの時代に入りました。  イクトゥス ( ΙΧΘΥΣ )=ギリシア語の魚 とは、ΙΗΣΟΥΣ ΧΡΙΣΤΟΣ ΘΕΟΥ ΥΙΟΣ ΣΩΤΗΡ (ギリシア語でイエス、キリスト、神の、子、救世主)の頭文字を並べたものであります。


フリーメーソン-126  フリーメーソンとは何か-1  (天文学的考察)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/720.html#readmore


続きを読む
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ