renaissancejapn@aol.com

2019/10/12

吉野彰先生 ノーベル化学賞受賞おめでとうございます  科学技術

クリックすると元のサイズで表示します


スウェーデン王立科学アカデミーは2019年10月9日、ノーベル化学賞の受賞者として、米国のJohn Goodenough氏、英国のStanley Whittingham氏、旭化成 名誉フェローの吉野彰氏の3名を選定しました。

王立科学アカデミーは、この電池の開発を「人類とその幸福実現への大きな貢献」と評価しています。

相次ぐノーベル賞受賞に、日本の基礎科学技術力の高さは改めて評価されることとなりました。




企業研究者の成功条件、吉野彰氏のノーベル賞受賞で考えた
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01023/101000010/
吉野氏が語るLi電池開発秘話(1)、「電池は第4の研究テーマ」
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01023/101000011/
吉野氏が語るLi電池開発秘話(2)、「プラスチックを電極に」
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01023/101000012/
吉野氏が語るLi電池開発秘話(3)、「プラスチックからカーボンへ」
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01023/101000013/
吉野氏が語るLi電池開発秘話(4)、「真の“誕生”は安全性を確認したとき」
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01023/101000015/
吉野氏が語るLi電池開発秘話(5)、「全く売れず、しかし1995年に突如ヒット」
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01023/101000016/

京都の反骨精神が研究も材料も強くする、ノーベル賞の吉野氏が会見で力説
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01023/101000020/


東大は、またまた京大に差をつけられましたね。

































3

2019/10/6

科学系Youtube 北極と南極の違い  科学技術


非常にQualityの高い Youtube Channnel 見つけました。
お馬鹿のYoutubeは飽きました。

このような勉強になる動画を皆さん作成目指してほしいです。



「北極」と「南極」の違い
https://www.youtube.com/watch?v=jGgztlw5TH4&app=desktop
2
タグ: 北極 南極 Youtube

2019/9/25

広がる「顔認識」技術規制、全米で禁止の可能性も  科学技術

今、自動運転、キャッシング、セキュリティなどで注目されている顔認証技術ですが、全米や英国で規制がかかり、一歩間違えば禁止の可能性がある記事が、MITから送られてきました。




019.09.24 広がる「顔認識」技術規制、全米で禁止の可能性も
https://www.technologyreview.jp/s/163893/a-facial-recognition-ban-is-coming-to-the-us-says-an-ai-policy-advisor/?utm_source=MIT%

米国のいくつかの都市では顔認識技術の使用を一部禁止する法律が制定された。こうした傾向は全米各地に広がりを見せており、最終的には連邦政府による規制が始まる可能性があると専門家は予測する。 カリフォルニア州のサンフランシスコ市とオークランド市、マサチューセッツ州のサマービルの3市はすでに、顔認識技術の特定の使用法を法的に禁止した。オレゴン州のポートランド市がこれに続く見込みだ。 

ハーバード大学の研究員でAI政策アドバイザーでもあるムタレ・ンコンデによると、これらの動きは事の始まりにすぎないという。 ンコンデ研究員は、この傾向はすぐに各州に広がり、やがては顔認識技術のいくつかの用途は連邦政府によって禁止されるだろうとMITテクノロジーレビュー主催のカンファレンス「EmTech(エムテック)」で語った。

具体的にどのような用途での使用が禁止されるのかについてはまだ明らかでない。警察当局による顔認識技術の使用を禁じた市がある一方で、ポートランドが注力しているのは民間部門による使用の制限だ。こうした顔認識をめぐ
2

2019/7/16

論文詐欺  科学技術

最近、Youtubeなどで健康に関する投稿が非常に多く、〇〇〇の良く品は体に良い、あるyoutuberは○○〇は体に悪い、・・・。

医学の知識が無いのに、先生ぶって、好き勝手言い出すので、一般の人はどちらを信じて良いのか混乱しますが、彼らのワンパターンは論文があると言っています。



学会の予稿集に投稿したモノを論文と言っている人が多いのですが、予稿集は学会の専門員は全く審査や精査しておりません。 すなわち、こんな報告もあるという程度なものです。


本来論文というのは、学界に投稿した時、専門家の委員たちが理論的的に間違っていないのか、実験のやり方でその結論を出していいのか、また文法までチェックし、その学会が正式に認め、ジャーナルを発行します。 よって御一般の人も安心して信じて良いのです。




ところが、今の風潮は例えば、1万人集めて、牛乳を飲ませたGrと牛乳を飲ませなかったGrを比較すると、牛乳を飲ませたGrは体に悪いという結論が出たというものです。 

問題は、実験方法として他の要素はなかったのか、他の要素は全て排除しているのか? また、体に悪いという判断基準は何なのか? というものです。




(結論)

本当に医学会として、理論的に矛盾がないのか、精査・審査され、学会が認めた論文でない限りはあまり信じないほうが良いでしょう。  

ほとんどは審査もされていない、ただの予稿集に投稿したレポートの事を論文と呼ぶ人も多いので、ご注意を!

ただ、嘘を書いていない限り、こんな実験結果もあるのかと、参考程度に知る事には意味があるでしょう。 ただ学会が本当に認めたものなのか、結論が本人の思い込みなのかは十分に注意する必要はあります。
 



PS.マーガリンが体に悪いと言っても、摂取する量によりますので、絶対に悪いなどと決めつけないように。  化学物資の毒性試験で、ラットを使った実験で、ラット(ねずみ)に何g食べさせたときに、半数が死んだか=これをLD50(リーサルドース)と言いますが、これによって体重1Kg当たりLD50の致死量は何gかにより、毒性があるなし、毒性のレベルを世界では毒性の基準としているのです。

日本はマーガリンの規制をしていないとお馬鹿さん達は騒いでますが、厚生省はちゃんといっているでしょうが、今の日本の触接勝では害にならない量だと。

ちなみに日本の食生活で摂取するマーガリン量は、アメリカで規制されている量をはるかに下回っています。 だから厚生省も規制していないのです。


どんな食材でも馬鹿みたいに食べたら毒になる、体に悪いのは常識、問題は量ですよ、当たり前。

本当にアホネ!




全ての食材に規制値を設けろというなら、キムチ、七味、コショウ、らっきょ、生姜、チョコレート、ケーキ、塩味だからと、ポテトチップ、かっぱえびせん、脂肪分が多いからと牛肉、糖質だからと、お米、パンなどすべてに厚生省が基準を設けなければなりませんか? また皆さん守れますか?


お馬鹿さん達が心配しなくても、日本の厚生省や民間企業は君たちよりは賢く、世界のどの国よりまともですよ。  特に厚生省はサリドマイド事件があったら特に薬の承認には世界のどこより厳しいのは。世界でも有名です。



 










4
タグ: 健康 論文 学会

2019/3/30

地球そして生命の誕生と進化  科学技術


地球そして生命の誕生と進化【増強版】
https://www.youtube.com/watch?v=INFpLsBhqfo



NHKスペシャル「生命」40億年はるかな旅 第2集 進化の不思議な大爆発
https://www.youtube.com/watch?v=5MaFwdygejo
2

2019/3/28

日本の政府研究機関の実力は?  科学技術

サイバーセキュリティはいうまでもなく国家にとって重要な課題で、東京五輪でも心配の種です。

日本の政府系研究機関である産総研やNICTでもサイバーセキュリティの研究をPRしていますが、
ニュースでは、ビットコインで北朝鮮にハッキングされて盗まれた、中国からもハッキング受け、政府系組織のHPが改ざんされた、またトヨタのレクサスが外国人素人にキーのハッキングを受けて簡単に盗まれているというニュースがメディア・TVで報道されています。

という事はトヨタの技術者のレベルは外国人素人以下、また産総研やNICTの研究所の技術レベルは北朝鮮の政府系研究以下という事なのだろうか?



本当に、産総研やNICTは、先ずは国家間のサイバーセキュリティと大げさな事は望みませんので、本当に優秀で高い技術力があると自称するなら、先ずは個人レベルのPCのサイバーセキュリティソフトを開発し、ベンチャー企業でも作り、日本国内限定でOKなので、販売して欲しいと思います。



私は、日本の政府系研究機関、トヨタの技術力に関してかなり懐疑的です。



6

2019/3/8

人類は本当に月に行ったのか?  科学技術


幻解!超常ファイル「人類は本当に月に行ったのか? NASAの陰謀!?(1)」2015 02 14
https://www.youtube.com/watch?v=eJ2bVmtHFO4&app=desktop

幻解!超常ファイル「検証!宇宙のUFO疑惑映像 NASAの陰謀!?(2)」2015 02 21
https://www.youtube.com/watch?v=uSokSyGNhL0&app=desktop



【衝撃】なぜ40年以上も月に行かないのか?
https://www.youtube.com/watch?v=S8i0_ANWVQ8&app=desktop




あえてコメントはさし控えたいと思います
1

2018/12/19

本庶先生 京都賞記念講演  科学技術

第34回(2018)京都賞 授賞式ハイライト
https://www.youtube.com/watch?v=8YLuygc08nU


第32回京都賞記念講演 本庶佑博士
https://www.youtube.com/watch?v=cNq5m3JEM-c


【海外の反応】衝撃!!「日本人は気高い…」功績だけじゃない!本庶教授の授賞式でのある姿に日本人の本質を見た!!世界から賞賛を受けた理由とは!?
https://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/postmsg?edit=2441



2

2018/10/3

祝 ノーベル医学生理学賞 京都大学 本庶佑教授(76)  科学技術

クリックすると元のサイズで表示します
ノーベル医学生理学賞受賞  京都大学 本庶佑教授(76)




 クリックすると元のサイズで表示します





ノーベル医学生理学賞に本庶佑氏、日本人2年ぶり
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3487374.htm


海外の反応】日本人開発のがん治療法がノーベル賞に!京大本庶教授「教科書を信じるな」小野薬品が年初来高値に
https://www.youtube.com/watch?v=5y9ADr5TpUA





2

2018/9/30

シンギュラリティ (Singularity)  科学技術



AIという言葉を聞かない日はありませんが、シンギュラリティ(Singularity)という言葉もよく耳にします。

なんとなく、AIが人間の脳の能力を超えると思っておられる人が多く、またITでの有名人もそのように使う人もいます。  まあ、人それぞれ自分で勝手に定義してもらっても良いのですが、

国際会議や、本当にAIを理解している業界人の前で、恥をかいてていけませんので、最初に誰が言いだし、どのような意味だったのか? をも理解しておいたほうが良いと思います。



現在のAIは特定の問題しか解くことができませんが、その特定分野ではメモリーの容量・高速計算という意味では既に人類を超えています。  学会では「弱いAIといいます」

ところが、人間の様に何でも考えれる(汎用といいます 学会では「強いAIといいます」)事は現在できません。  

先日、イスラエルのマイクロソフトの中央研究所の所長さんとお話しさせて頂く機会があり、今はAIは汎用という事を考えれば、6歳児の知能レベルらしいです。




世界的に脳科学の研究、脳を真似た汎用人工知能の研究が盛んに行われており、2030年には人間の脳と同程度の能力を持つ汎用人工知能が開発されると予測されています。

そうなると、AI(人工知能)は、「未知の状況に仮説を立てる能力」をもち、人工知能の自己改良による進化が始まります。

そうなると、加速度的に能力が向上し、AI(人工知能)が自分自身で猛烈な勢いで進化を続け、人間の知能をAI(人工知能)が追い越し、

ついには、「人類がその先の変化を見通せない段階まで進化する」という説があります。
この予測不可能になる状況は「シンギュラリティ(Singularity)」と呼ばれる事があり、

技術的変異点と訳されますが、これはアメリカのAI(人工知能)の研究者であるレイ・カーツワイル博士が2005年に発表した著書「シンギュラリティは近い」によって、世界に知られるようになりました。

カーツワイル博士は2029年にはあらゆる分野で、AI(人工知能)が人間の知能を上回ると予想しています。

そして、2045年には驚異的な能力を持つAI(人工知能)によって、k額技術の進歩や社会の変化が猛烈に速くなり、人類が予測不可能な状態に達する(シンギョウラリティが来る)と予言しています。



ちなみに、人間の脳も進化し、発展するではないかという意見もありますが、人間の脳は頭蓋骨の大きさで決まっており、それ以上に大きくなることはできず、やはり機械(CPU・メモリ)の

方が圧倒的な速さで進化するので、いずれはシンギュラリティは来ることになります。




AI x ビッグデータの本質
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2411.html

故障予知ツール MT法 のいい加減さ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2412.html








                       日本を守る八咫烏 Renaissancejapan











3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ