renaissancejapn@aol.com

2019/3/30

地球そして生命の誕生と進化  科学技術


地球そして生命の誕生と進化【増強版】
https://www.youtube.com/watch?v=INFpLsBhqfo



NHKスペシャル「生命」40億年はるかな旅 第2集 進化の不思議な大爆発
https://www.youtube.com/watch?v=5MaFwdygejo
2

2019/3/28

日本の政府研究機関の実力は?  科学技術

サイバーセキュリティはいうまでもなく国家にとって重要な課題で、東京五輪でも心配の種です。

日本の政府系研究機関である産総研やNICTでもサイバーセキュリティの研究をPRしていますが、
ニュースでは、ビットコインで北朝鮮にハッキングされて盗まれた、中国からもハッキング受け、政府系組織のHPが改ざんされた、またトヨタのレクサスが外国人素人にキーのハッキングを受けて簡単に盗まれているというニュースがメディア・TVで報道されています。

という事はトヨタの技術者のレベルは外国人素人以下、また産総研やNICTの研究所の技術レベルは北朝鮮の政府系研究以下という事なのだろうか?



本当に、産総研やNICTは、先ずは国家間のサイバーセキュリティと大げさな事は望みませんので、本当に優秀で高い技術力があると自称するなら、先ずは個人レベルのPCのサイバーセキュリティソフトを開発し、ベンチャー企業でも作り、日本国内限定でOKなので、販売して欲しいと思います。



私は、日本の政府系研究機関、トヨタの技術力に関してかなり懐疑的です。



5

2019/3/8

人類は本当に月に行ったのか?  科学技術


幻解!超常ファイル「人類は本当に月に行ったのか? NASAの陰謀!?(1)」2015 02 14
https://www.youtube.com/watch?v=eJ2bVmtHFO4&app=desktop

幻解!超常ファイル「検証!宇宙のUFO疑惑映像 NASAの陰謀!?(2)」2015 02 21
https://www.youtube.com/watch?v=uSokSyGNhL0&app=desktop



【衝撃】なぜ40年以上も月に行かないのか?
https://www.youtube.com/watch?v=S8i0_ANWVQ8&app=desktop




あえてコメントはさし控えたいと思います
1

2018/12/19

本庶先生 京都賞記念講演  科学技術

第34回(2018)京都賞 授賞式ハイライト
https://www.youtube.com/watch?v=8YLuygc08nU


第32回京都賞記念講演 本庶佑博士
https://www.youtube.com/watch?v=cNq5m3JEM-c


【海外の反応】衝撃!!「日本人は気高い…」功績だけじゃない!本庶教授の授賞式でのある姿に日本人の本質を見た!!世界から賞賛を受けた理由とは!?
https://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/postmsg?edit=2441



2

2018/10/3

祝 ノーベル医学生理学賞 京都大学 本庶佑教授(76)  科学技術

クリックすると元のサイズで表示します
ノーベル医学生理学賞受賞  京都大学 本庶佑教授(76)




 クリックすると元のサイズで表示します





ノーベル医学生理学賞に本庶佑氏、日本人2年ぶり
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3487374.htm


海外の反応】日本人開発のがん治療法がノーベル賞に!京大本庶教授「教科書を信じるな」小野薬品が年初来高値に
https://www.youtube.com/watch?v=5y9ADr5TpUA





2

2018/9/30

シンギュラリティ (Singularity)  科学技術



AIという言葉を聞かない日はありませんが、シンギュラリティ(Singularity)という言葉もよく耳にします。

なんとなく、AIが人間の脳の能力を超えると思っておられる人が多く、またITでの有名人もそのように使う人もいます。  まあ、人それぞれ自分で勝手に定義してもらっても良いのですが、

国際会議や、本当にAIを理解している業界人の前で、恥をかいてていけませんので、最初に誰が言いだし、どのような意味だったのか? をも理解しておいたほうが良いと思います。



現在のAIは特定の問題しか解くことができませんが、その特定分野ではメモリーの容量・高速計算という意味では既に人類を超えています。  学会では「弱いAIといいます」

ところが、人間の様に何でも考えれる(汎用といいます 学会では「強いAIといいます」)事は現在できません。  

先日、イスラエルのマイクロソフトの中央研究所の所長さんとお話しさせて頂く機会があり、今はAIは汎用という事を考えれば、6歳児の知能レベルらしいです。




世界的に脳科学の研究、脳を真似た汎用人工知能の研究が盛んに行われており、2030年には人間の脳と同程度の能力を持つ汎用人工知能が開発されると予測されています。

そうなると、AI(人工知能)は、「未知の状況に仮説を立てる能力」をもち、人工知能の自己改良による進化が始まります。

そうなると、加速度的に能力が向上し、AI(人工知能)が自分自身で猛烈な勢いで進化を続け、人間の知能をAI(人工知能)が追い越し、

ついには、「人類がその先の変化を見通せない段階まで進化する」という説があります。
この予測不可能になる状況は「シンギュラリティ(Singularity)」と呼ばれる事があり、

技術的変異点と訳されますが、これはアメリカのAI(人工知能)の研究者であるレイ・カーツワイル博士が2005年に発表した著書「シンギュラリティは近い」によって、世界に知られるようになりました。

カーツワイル博士は2029年にはあらゆる分野で、AI(人工知能)が人間の知能を上回ると予想しています。

そして、2045年には驚異的な能力を持つAI(人工知能)によって、k額技術の進歩や社会の変化が猛烈に速くなり、人類が予測不可能な状態に達する(シンギョウラリティが来る)と予言しています。



ちなみに、人間の脳も進化し、発展するではないかという意見もありますが、人間の脳は頭蓋骨の大きさで決まっており、それ以上に大きくなることはできず、やはり機械(CPU・メモリ)の

方が圧倒的な速さで進化するので、いずれはシンギュラリティは来ることになります。




AI x ビッグデータの本質
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2411.html

故障予知ツール MT法 のいい加減さ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2412.html








                       日本を守る八咫烏 Renaissancejapan











3

2018/9/28

故障予知ツール MT法 のいい加減さ  科学技術


最近、製造業ではエンジン含む部品単品売り切りから、それを使った故障予知診断サービスに、ビジネスモデルを転換するのが流行っています。

MT法(マハラノビス=タグチ メソッド)は、そのツールで数多くの会社が採用していますが、個人的見解ではよくもまあ信じる気になれるもんだと呆れています。 

実際、精度のいい加減さから、使い物にならないという声が多く、採用したものの頭を痛めている経営者が多くいるのが現状です。




書面の関係から、ベイズ統計学やMT法を知っている人を対象に、理論に潜む問題点がある事を、分かりやすく説明したいと思います。

MT法は「正常な状態は1点しかない=単一性定常仮定」と「正規分布に従わないデータの異常判定ができない=正規分布仮定」の2つの前提条件の下に成立します。


しかしながら、現実社会にそんな単純な挙動があるでしょうか?  分かりやすく例をあげれば、自動車や電車を想像してみてください。 先ずは停車してますから速度はゼロです。 っして徐々にスピードが上がっていきますが信号や人の飛び出しや様々な状況に応じて、速度を変えたり急停車や急発進を繰り返します。 定速度でずって運転する状況などあり得ないのです。

そうすると、正規分布の山はいくつもできます。 速度がゼロを中心とする山、定常運転した定速度の山、そして途中状態の速度の山がいくつも・・・。 そうすると、それぞれの山から見たら、他の運動は全て異常値になるのです。

だから、GEや日立製作所など重電・インフラの事業をやっている会社は、MT法の弱点を十分に理解し、それを解決する独自のアルゴリズムを開発し、保有しているのです。 

それぞれのHPにアクセスするとちゃんと設営してくれています。確か記憶では日立製作所は昨年の10月にプレスリリースした記事にもちゃんと書いています。 


原子力発電や電車などで、異常を、いい加減なMT法で、故障予知して、運絵中に、ちょっと待って、故障かも知れないので、一回止まって検査・部品交換しますわ! そして検査してみたら全く問題はなかった。 これを繰り返されると客は暴動を起こしますよ!


信じられないと思いますが、GEや日立以外の、超大手の日本の電機メーカーもMT法できますよ〜と言ってビジネスしようとしているのです。 そして結果はこんなんあかんやろ! 



AIを活用した故障予知は課題も多く、緩やかなペースで進展
http://techfactory.itmedia.co.jp/tf/articles/1709/11/news008.html



日本の電機業界(日立以外)の上から下まで物事を理解していない証拠です。   

やっぱりアホネ!  昔は賢いのが集まっていたのに(涙)

企業は超一流、そこで働いている人材は2流であるのが、今日の電機業界の現状です。




AI x ビッグデータの本質
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2411.html







3
タグ: AI 故障予知 MT法

2018/9/25

AI x ビッグデータの本質  科学技術


最近、AIとビッグデータの言葉を聞かない日はありません。  しかしながら、ビッグデータが何故騒がれているのか、正しく分かっている人は、技術者でも多くはいません。


AIを述べる時、統計学の話なしには語ることはできませんが、現在の統計学は1920-1930年代に統計学者のフィッシャーネイマン、ピアソンらが推計統計学を確立し、真実は一つであるという客観性を重視した正統派の「ネイマン・ピアソン統計学」が主流です。



AIが使っている統計学は、ネイマン・ピアソン統計学とベイズ統計学の融合ですが、ベイズ統計学とは、「Aである場合、Bの確率はどのくらいか?」という問いを繰り返し、答えを絞ってゆき、「最も高い確率パターンを、今与えられた情報から考えられる真実とみなす」というものです。


これは客観的真実は一つであるという発想はなく、主観的なものです。  これ故に、誰からも相手にされてこなかったのです。



ベイズ統計学は、ベイズ牧師(1702-1761)が一片の論文を残したものの、長い間バッシングを受け、忘れ去られたものでありましたが、「無尽蔵にデータが追加されるインターネット空間では、ベイズ統計学を駆使すれば、誰も知りえなかった真実にたどり着くのではないか? 」と考える若者がいました。  マイクロソフトのビル・ゲイツです。


彼は2001年に「ベイズ統計学をわが社の経営戦略とする」と宣言、これ以降、忘れ去られていたベイズ統計学は息を吹き返し、ネイマン・ピアソ統計学と融合し、AI第3次ブームが起こりました。




ベイズ統計学の特徴は、主観的確率を用いるので、データ数が少なくても成立する事が言われていますが、あくまでも主観的確率であり、客観的でないことを忘れてはなりません。 膨大なデータ(ビッグデータ)で真実(あくまでも客観的なものではない)に近づくという考え方です。





      



3

2018/9/23

HFT(ハイ・フリークエンシー・トレード)  科学技術


聞きなれない言葉かも知れませんが、これはスーパーコンピューターを使った、自動での株取引の事です。



HFTは大規模なシステムとAIを使って、超高速で超高頻度の取引を行うもので、自動で、最適と判断された銘柄に巨額の資金を使って分散発注してゆき、株式市場に近い場所にシステムを配置し、さらに世界最高速のネットワーク装置を使うことで、株式市場からマーケット情報を受け取り、

買い注文もしくは売り注文を出すまでの時間はわずか85ナノ秒(ナノ秒は10億分の1秒)と超高速です。  

今や、日本の株式市場では、海外の投資家による、日系企業の株は約20-30%占められており、えっこんな企業?と思われる一流企業も、20-30%海外の投資家に株買い占められています。 HFTは今に始まったことではなく、2010年5月6日に米国で、P&G株がわずか30分で、時価総額5兆円が失われ、他の銘柄だけでなく40ドルの株価が数分の間に1セントに暴落しました。

よって、世界ではスーパーコンピュータの開発競争が激化しているわけですが、その頃日本ではお馬鹿な民主党政権の、蓮舫のアホ丸出しの発言は記憶に新しいところです。


政治家には、政治家用の共通一次試験を受けてもらい、それぞれの出題分野での点数を公開し、有権者は投票するシステムが必要でしょう。

フランスでは、科学技術に関する政治家・官僚になるためには、グランゼコールと呼ばれる超一流大学で、科学技術のDr.をもっていないとなれません。

その頃、日本では科学技術庁長官が田中真紀子、山東昭子、アチャー!  本当に日本政治家はアホばっかりネ!!  有権者がもっとアホかも?




                      日本を守る八咫烏Renaissancejapan








3

2018/8/19

恐怖のハイテク時代  科学技術


恐ろしい時代です



【海外の反応】美少女がマッサージしてくれるVRだが実際に揉むのはオッサン…「まさに期待vs現実だな」
https://www.youtube.com/watch?v=KE611SHEAoA

3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ