2006/11/6  

谷保天満宮の「うそ替神事」です!  寺社仏閣
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、先週の11月3日(金)文化の日、谷保天満宮では「大庭燎祭」という、ちょっとしたお祭りが行われまして、「おかがら火」というマキの山を2つ作って、そこに火をたいて、炎の高さを競い合うという、お祭りなんです。

クリックすると元のサイズで表示します
で、それはそれで神々しくて、その煙を吸い込むと無病息災ってことで、すばらしいんですけど、それと同時に、なにやら張り紙がしてあるんですよ。で読んでみたら、なんと「うそ替神事」!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

”一年の「うそ」を「まこと」に替えましょう”だって。うわ〜、なんちゅう都合のいいぃ。

クリックすると元のサイズで表示します
<11月3日の午後六時からしか、この「うそ鳥」は買えませ〜ん。500円でした。>

「うそ鳥」っていう小鳥の型物におみくじが入ってるのが売ってて、それを買ったらうそがまことになるとのことで、まあそんなたいしたウソはついてないんですけど、いわゆる「うそみたいな出来事」とかも吉にとりかえるってことらしいので、縁起物なんでじゃあ買ってみよう、と思いました。

クリックすると元のサイズで表示します
巫女さんに「では1つ選んでください」って言われたんで、置いてあるところから、うそ鳥を一つ選らんで「じゃあこれで」ってお金を払おうとすると、なんと、とっさに間髪入れず、それを巫女さんにとりあげられて、ささっと、別の物に取り替えられるんです。あっけにとられて「ええぇっ〜!」って感じですよ。「はい、これでうそがまことになりましたぁ」とのこと。 面白い慣わしですよ、ほんま。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
<野菜たっぷりの煮団子汁とかも無料振る舞いされてて、そんなに混んでなくて地元っちーな感じで、すばらしいぃ>

この「うそ替神事」、亀戸天神さんのが有名みたいですね。まあいくらこういう都合のいい「うそ替神事」があるとしても、やっぱりねえ、うそはねえ、つかないほうがいいですよねえ、たぶん。

てな感じで〜。

トラックバックURL



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ