2006/4/24  

八戸郊外の「金吹沢ラジウム鉱泉」  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、青森の温泉巡りは続くのですが、八戸の市内にもいわゆるスパ系みたいな温泉がちょこちょこあるんですけど、そういうのは僕的にはグっと来ないので、いわゆる昔からある鄙びた地元系の温泉がないものかと調べたら、ここ「金吹沢ラジウム鉱泉」を発見しました。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ鉱泉ですから、源泉は冷たくて沸かし湯なのですけど、ラジウム泉なので、深呼吸とかすると空気中のラドンが肺に入ってきて、気持ちよくなりますよ。写真左側の小さな浴槽は冷たい源泉がそのまま蛇口から注がれてて、コップが置いてあって飲泉できるんです。飲泉できるってのはいい水(鉱泉)ってことですから、なんかやっぱりグっときていいですよ〜。

かなり地元常連さんが多くて、スミの入ったおっちゃんもいたりして、ここはタトゥーOKの温泉ですよ。湯上り後は、だらーっと出来るロビーもあって、結構くつろげました。

クリックすると元のサイズで表示します
スミのおっちゃん、隠し撮りぃぃぃ。おー怖わぁ。でもお見事!

で、ここはガラス張りの外の景色が良くて、桜の季節はめちゃくちゃ綺麗みたいですので、多分今時期、満開なのではと思いますんで、八戸周辺の方は是非行ったほうがいいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
<温泉の奥にある金吹沢神社の境内にある、湧き出てる源泉です。自然湧出みたいですね。すばらしいぃ!>

住所は〒031-0833青森県八戸市大久保字大山7
入浴料は500円です。

てな感じで〜。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ