2007/7/20  

かなり脱力系の鉱泉、岩下温泉。  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、夏ですから、温泉というよりは冷たい鉱泉、もいいんじゃないかということで、山梨の岩下温泉、なのです。

クリックすると元のサイズで表示します
<昔の鄙びた湯治場の感じです>
甲府盆地の北側の山沿いにある古い冷泉一軒宿で、新館と旧館があって、旧館の方に昔ながらの混浴源泉があるんです。

で、ここ、かなり脱力系のゆる〜い温泉で、先ず玄関を入ると誰もいない。「すいませ〜ん」と何回呼んでも誰も出てこない。で、仕方なく中の湯船の所まで入っていったら、地元のじいちゃんと兄ちゃんが入浴してて、「玄関に300円置いといて勝手に入ったらいいんよ」とのこと。料金箱も何も無くて、仕方なく台の上に置いて、勝手に入らせてもらいました。で、最後まで旅館の人は出てこなかったです。ゆるすぎますほんと。

クリックすると元のサイズで表示します
<沸かした浴槽です。ここで温まれます。>

源泉温度は28℃で無味無臭の青く澄んだ若干暖かみのある冷泉が満ちていて、殆ど水風呂感覚なんで、冬場は寒いでしょうけど夏場はいいですね。沸かした温かい浴槽もあるんで交互に入ったら気持ちいいです。

クリックすると元のサイズで表示します
<半地下に浴槽があって、上は畳の部屋です>

クリックすると元のサイズで表示します
<石壁とタイル張りがいい感じぃ。>

地元の人はポリタンク5個ぐらい汲んで持って帰ってました。 湯口ではほんのり硫黄臭も感じられて、美味しい水なんで他の水が飲めない、と言ってましたねえ。じいさんも腰痛治るって言ってましたねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
縄文時代から温泉が湧き出ていたという伝説があるらしく、隅に小さな祠もお祭りしてあって、まさに、冷泉であり、霊泉ですね。

公式HPはここで、新館は新しいビッとした旅館ですね。

住所は、〒405-0034山梨県山梨市上岩下1053
ですね。

ほんと鄙び系が好きな人にはいいよ〜。ではでは〜。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ