2007/10/13  

山形県高畠町の「伊澤」のそばは旨いんです!  旨いぃ
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、武蔵野うどんばかり攻めてた小生ですが、実はこの夏ぐらいから、そばモードに入っておりまして、うどんよりそば食いたいぃ、モードなんです。半年ぐらいの周期で、ラーメンモードになったりもしますが、今はグッーっとそばモード、ですぅ。

クリックすると元のサイズで表示します
で、米沢で米沢ラーメンとか赤湯ラーメンとかいろいろ旨いといわれるものを食べたのですが、「オクトパスジャパン」のオーガナイザーのイザワさんのお店「つけものと手打ちそばの伊澤」「あたたかい鴨せいろ」一番サワサキ的に旨かったでございます!

クリックすると元のサイズで表示します
まあ米沢牛とか高級なのは旨いに決まってますが、そういうのじゃなくて庶民の食、として、「鴨せいろ」ほんと絶品です!

クリックすると元のサイズで表示します
つなぎ無しの十割り蕎麦と、ゴボウ風味の温かい鴨漬け汁が、絶妙のマッチングで、根物の無骨さを保ちながら、けっして田舎臭くなく鴨と蕎麦の繊細なハーモニーをかもし出してる、そんな一品でございます。ザ・田舎蕎麦、の醍醐味ですよ。夏場はやってない季節限定のお蕎麦みたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
江戸の更科とか、結構あっさりと繊細な感じで、「蕎麦で一杯引っ掛ける」って感じで、酒をちびちびやりながら蕎麦つまむって感じ、あると思うんですが、いわゆるそういう江戸とかとは違って、山形の蕎麦は「主食としての蕎麦」って感じで、ガッツリしたボリュームと穀物として腹にとっちり来る重み、みたいなのが、武蔵野うどんとかを攻めてるサワサキと致しましては、もうたまらないわけです。
クリックすると元のサイズで表示します
<このガタイの大きいイザワさんが、朝からガッツリと精魂込めて打ってるわけですよ。ああ、旨いぃぃぃ。>

クリックすると元のサイズで表示します
HPはここで、住所は山形県高畠町大字高畠629−1です。なつかしの昭和的店が並ぶ『昭和縁結び通り』の中にあります。

で、冬場12月から3月末日までは場所を移して、蔵王温泉スキー場の「ロッジイザワ」で営業されるということです。今度は蔵王に雪見温泉に行って「ロッジイザワ」に行かねば。スキーも殆どやったこと無いんですけど、やるかぁ〜。

ああ、思い出したらまた食べたくなってきたぁ。てな感じで〜。


トラックバックURL



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ