2005/10/18  

島根県 小屋原温泉熊谷旅館  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、自然湧出温泉シリーズ、今回は、島根県の小屋原温泉熊谷旅館、を紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは珍しい炭酸の温泉なんです。サイダーみたいに飲むとシュバーっとした感覚になる温泉なのですよ。

三瓶山ふもとの清流沿いにある鄙びた一軒宿に、ちょうど貸切風呂みたいなこじんまりした木造浴室が、4つ仕切られてありました。

湯船の周りはほんと赤茶けててぼろぼろになってて、かなりの成分が濃いぃ感じしますよ。湯は見た目は若干淡く濁ってるが透明で、湯が出てるところから手ですくってみると、最初は普通の湯って感じなんですけど、しばらくすると気泡がプツプツプツっと現れてきて、おおお、炭酸ですよ〜。湯の匂いはないけど、重厚な成分を感じますねえ。重みがある湯って感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
<炭酸で手のひらに気泡がプツプツつくのだぁ!>

飲泉可なので飲んでみると、ほんと気の抜けた炭酸水みたいで、鉄っぽい味で少々塩辛くて、ちょうどサイダーを電子レンジでちょっとだけチンして温めて飲んだ感じですよ。シュバシュバします。こういうのはかなり珍しいですよほんと。

クリックすると元のサイズで表示します
<こういうこじんまりした家族風呂が4つあって、その浴槽の間に湯が沸いてる源泉があるんです。浴槽が鉄分で赤茶けてて、成分濃いぃ!

湯が沸いてる所から離れると気が抜けてしまうので、泉源の上に湯殿を作ってあるとのことです。その辺、温泉をわかってる旅館なのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

山間の静かな所なので、川のせせらぎを聞きながらのーんびりと&炭酸泉をちびちび飲みながら長湯するのは最高ございます。炭酸泉なので炭酸が湯部屋にたまると良くないので、窓はちょっと開けて入るようにとのことでした。

湯の温度は37度ぐらいで低いので、なんとなく沢水っぽくて、湯上りは重い感じでベトツキがあるんですが、でもしばらくするとすっきりしてきます。

入浴料金は400円。炭酸温泉って珍しいので、ほんと貴重な温泉ですよ!



サワサキヨシヒロ!の温泉を攻めるぅぅ!
http://www.sawasaki.jp/onsen/index.html
にも載ってますので、興味ある方はごらんくださいませ。ではでは。


トラックバックURL

2006/2/26  3:21

 
2005年11月下旬、埼玉から島根まで一般道を使って2週間にも及ぶ温泉めぐりをしてきました。
埼玉から島根への行きは小諸・松本・飛騨高山・福井・丹後半島・鳥取・岡山北部を経由、帰りは国道9号沿いに石見・出雲・伯耆大山・鳥取砂丘・但馬・丹波・京都・滋賀・岐阜・飯田・茅野・佐久を経由し、埼玉に帰ります。 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ