2005/11/26  

オーストリアの温泉Bad Gastein  温泉(海外)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、オーストリアの温泉Bad Gastein に行ってきました。ここはザルツブルクから南下して、アルプスの山奥1000メートルのところにある温泉地であります。紀元前のローマ時代にもすでにあったらしく、めちゃめちゃ古い温泉地なのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

景色のいいところで、山の際に建物が連なってる感じは、いかにも山間の温泉地って感じですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

17箇所の源泉があるとのことで、もしかしたら日本のような源泉に入れる湯船ってのがあるかも、と思い、インフォメーションで聞いてみたいんですけど、やっぱりそういうのは公式にはないらしく、いわゆる公共のスパ浴場である、Felsentherme Bad Gasteinって所に行けと進められたので、時間もないので仕方なくここに行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
<公式HPはhttp://www.felsentherme.com/です。なぜかフラッシュダンスのテーマソングが流れますわ。>

いわゆる欧米によくある温泉プールなんですが、ここは残念ながら塩素臭バリバリのぬる−い湯で、無色透明なので、これは温泉ではなく、完全に温水プールって感じでした。まだ若干でも色がついてたりしたら温泉って感じするんでしょうけどね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まあいい景色とか露天とか、あと滑り台とかあって、そういうので楽しめますけどね。

ここの街の公式HPはhttp://www.gastein.com/これで、ちょっと読んでみると、17箇所の源泉があって、44.3°C の温泉が、一日に5百万沸いてるとのことです。ということは一分間に5百万÷1440分で3472.2222...≒3472リットルで、かなりの湯量だなあ。ENGLISHページもあるのでいいですね。

これだけ湯量があるのにいわゆる温水プール状態にしてるのは、日本人としてはかなり残念でなりませんですよ〜。あああくやしいぃ。

クリックすると元のサイズで表示します
<ここ製のミネラルウォーター、ですね。>

多分このBad Gasteinの街の何処かに、源泉がドボドボと沸いてるところがあるんでしょうね。あああ、今度行く時は絶対にそういうところ見つけて、入りにいってやるぞぉ!ホテルの中とかに小さな湯船であるのかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

HPでThermalkurhaus Bad Gastein http://www.thermalgastein.com/って所を見つけたんですが、ここはマジの湯治療養系っぽいので、ここではリアル温泉には入れるのかなとか思いますです。でも医者の推薦状とか保険証とかなかったらダメとか、ありそうだなあ。

てな感じで。

トラックバックURL



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ