2014/3/6

少年バトル  スケートボード

いつもSoulskatersparkをご利用いただいている皆さんありがとうございます。
徐々にローカリズムも出てくると思います。

今のところ私の理想通り子供たちのコミュニティーを中心とした練習場所として活用していただいているようです。

日によって顔ぶれが少年たちだけになる時もあります。

そんな時は少年たちのバトルがみられます。

保護者が憩の場で雑談中に行われている時に火花対決です。

そんな模様動画に収めてみました↓

昔何かのcmで親が寝ている時に赤ちゃんカンフー対決をするcmを見たことがあります。
それは大人顔負けのカンフー対決でしたけど。もちろんCGです!
ハイハイもままならない赤ちゃんですがカンフー対決! CGでしか表すことができませんけど。

それに近い感覚を私は経験した気がします。

いくつもの技の重ね合い、持久戦に持っていくそんな戦いが繰り広げられています。

そこに大人が1人入って圧倒されて、調子が狂う場合がよくあります

もし大人の方がランプに入るのであればその持久戦はおそらく30分以内に解決するのでそのあとぐらいからそっと入るのがお勧めです。笑!

とにかく体力を使い切った後でも1休憩するとすぐに体力が回復するようで5ラウンドは次から次繰り返されて行きます。

私の中でもまだペースがつかめていないので少年たちが集う感覚的な日にちは、よくわかりませんが

見るということが楽しいと思えるバトルです。ぜひ見に来てください。

私のブログもそろそろ平常通り周遊記録に戻していきたいと考えています。

あ!それとbarを作るという計画があったのですが、保護者の憩いの場を優先した形をとっていくことにいたしました。

綺麗にすると言う意味では室内の改装は予定通りに行います。

その中でそういったbarみたいな役割もできればなと考えています。

それとランプのステージに少しスペースを作りアコースティックなもので演奏してくれる人や、駆け出しのストリートミュージシャンの場数の1つとし演奏ができるコーナーを設けたいと思っています、もしかしたらデッキが飛んでくるかもしれませんけど、笑!

今はどうつながっていいか私自身もよくわかりませんが何となくイメージで実現するような気がします。

いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。

また何かとブログに掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。


3

2014/3/3

風船ボール  スケートボード

soulskatersparkも昨日無事初日を迎え最初の火蓋を切ることができました。
ありがとうございます。

いろいろ企画を考えていきたいと思いますが、また皆さん何か提案などございましたらコメント欄に書き込んでください
第一弾目標として考えているのが風船ランプのイベントパーティーが面白いのではないでしょうか?

日本で今だかつてこういった類のイベントをやったことがないのではないでしょうか?

私自身技術もないので、偉そうなことは言えませんが、技術的な部分にこだわるような感じではなく子供や大人がスケートボードを使ってどう楽しむかというテーマをいつも心に持つようにしています。

よく見るのが、大会などで点数こそが全てという人達をよく見ます。

それはそれでアリだと思うのですが、そこまで辿り着くための練習は、もはや超人間という感じでしょうか?
もはや難度の高い技や複合技など行き着くところまでいきついた気がします。

それを楽しいと捉える人もいれば、苦痛だけどステータスが必要だという人もたくさんいるので一概には言えませんが
私のパークはそれの正反対、癒しという意味のパークになればいいなと考える次第です。

コンテスト形式というよりも集いやパーティーやコミュニティといった面が前面に出ていれば幸いです。

そして今1つの自分の理想!風船ランプをつくりたいという想いがあります。

こういうことに賛同してるくれる方が、いれば大変私はうれしいです。
近いうちに実現させたいと思います。


Youtubeに外国で行われた映像シーンがあるので記載しておきます、こういうイメージに、なるかどうかは実際やったことがないのでわかりませんが、子供はおそらく大喜びしてくれるのではないでしょうか?

何となく怖さもありますけど誰よりも早い最初のドロップはスリル満点ですね!
ともに協力してくれる方募集します。よろしくお願いします・・・・

めちゃ楽しそう!
5

2014/2/28

道のりの1歩  スケートボード

クリックすると元のサイズで表示します

今年の1月初旬にランプを作る材料を一括で購入しました現場は港区になるのですが東大阪のほうにしか取り扱いがない
Nf ボードがネックになり最初はすべて東大阪方面で揃えることにしました。

アクシデントで手配していた1tトラックも使うことができなくて急遽キム氏のアイシスにすべてをまかせました。

写真を見ていても分かる様にヤンキーのシャコタンよりさらに上の、メガ・シャコタンこれに路面の凹凸が加わると
後部分そこにあるスペアタイヤのカードにジリジリとあたり始める、東大阪市から中央大通りよ直進して港区までの道中は
生きた心地がしませんでした。2x4はブレーキをかける度に後頭部ギリギリまで滑り込んできます。

そしてなるべく高架使わないコースを選びゆるゆると目的地に着きました。

そこからまた地下へのスロープの積み降ろしは過酷そのものです。

そしてこのパークの最大の難関は地面にコンクリートの残骸ステコンと呼ばれる昔の建築の土台作りの跡があり
これがランプのレベルを妨げるものになっていました。普通はどまに木材を張レベルを合わすのですが、
私の作りたかったランプの高さが1メーター10センチここに木材を張ることは天井に頭ついてしまう可能性が
ありました。

そこで考えたのが土間打ち作業です。

工事現場で使う電動ハンマーを使い地盤から掘り起こしそしてそこにランプを合わす日々だ続きました。
ランプをデザインするというよりも完全な土方作業です
50前の私には、かなりきつい作業でしたが、このランプで老若男女もライドしているイメージを楽しみに
作業を進めていきました。

クリックすると元のサイズで表示します
ステコンの日々

そしてキム氏のサポートもあり3月2日のオープンにたどり着くことができました。
応援してくれた皆さんには感謝しかありません。

ありがとうございます。
そして今から新たに小さなショットバーの制作にも取り掛かっていきたいと思っています。

昼下がりは憩いの場にそして夜は少し大人のショットバーになればいいなと考えています、
これもまた頑張り次第でいつできるかわかりません。

しかし近いうちに完成をするようにもっていきたいと考えています。

余談ですがsspは、地下ということもあり外部の温度に左右されにくく冬は暖かく夏は少しひんやりとした感じがします
去年の夏場所の下見に訪れたときひんやりとした感じを体に受けた覚えがあります。

もちろん扇風機の導入は絶対条件ですけどね!笑!取りあえず真冬の間暖房は本当にいらなかったです、
いちども暖をとったことがありません。

最後まで読んでいただいてありがとうございます

経過報告はまたブログにて公開していきます・・・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ