暖かい光で包みこむように  日記・お知らせ

こんにちは、混声合唱団トニカです。

定期演奏会まであと1ヵ月余りとなりました。
コンクールが終わっても絶賛ラストスパートで練習に励んでおります!
こちらでは今回から各ステージの聴きどころを紹介してまいります。

まずは第1ステージ、昨年と今年のコンクールで演奏した曲をお送りいたします。

今年の課題曲「Ave Maria」 (Tomas Luis de Victoria 作曲 伝)
多くの作曲家により紡がれてきた聖母への祈り。
崇高なものを前にしたときの畏れから、明るい光さすなかでイエスを抱くマリアのまわりを鳥や天使が舞うような動きのある旋律が展開します。
そして、安らかなときも、苦しみに震えるときも、聖母の祈りとともに在りたいといういつの時代にあっても普遍的な希求へと繋がります。

昨年の自由曲「光る道」 (尾形敏幸 作曲)
宇宙が無から始まったように、一つの音が広がり流れ出します。
光や風を受け、生命が宿った水は川となり、その流れは緩やかに、時に勢いを増して。
目に映るきらきらとした輝きやさまざまな表情への素直な感動がうねりとなって、途切れることなく続いてゆきます。

今年の自由曲「いのちのうた」 (混声合唱組曲「いのちのうた」より) (横山智昭 作曲)
穏やかな前奏、そして豊かに音が重なり稜線水平線いっぱいの生命の息遣いが描かれます。
繰り返される歌詩の「あなたに」。
わたしたちの演奏を聴いてくださる方々、子どもたち、手を差し伸べたいひと、一緒に音楽を奏でる仲間、まだ見ぬいのちたち、それとも、わたし。
たとえ忘れてしまうことがあったとしても、伝えたい「あなた」に、もう一度届けます。

柔らかなハーモニーとエネルギーの高まりで描く美しい風景の世界をお楽しみに!
0

九州大会、銅賞受賞しました  日記・お知らせ


こんばんは、混声合唱団トニカです。

昨日熊本県立劇場で行われました第74回九州合唱コンクールにて銅賞を受賞いたしました。
九州沖縄の出演合唱団のみなさまと同じ舞台で歌いあうことができ、多くの素晴らしい演奏に触れることができました。
たくさんの方が合唱を愛し、歌い続けていることを嬉しく思いました。
審査員の先生方からは、暖かくも鋭く丁寧な講評をいただきました。
トニカに声援を送ってくださったみなさま、ありがとうございました。

コンクールで演奏した曲は10月27日の演奏会においても再演いたします。
より大きなスケールで誰かを包み込めるような演奏を目指してまいります。
コンクール曲以外にもトニカの魅力たっぷりのステージが盛りだくさんです。
多くのみなさまのご来場をお待ちしております。
チケット購入ご希望の方はお近くの団員か定演チラシに記載の連絡先までお問い合わせください。
1

九州大会出演予定時刻決定!  日記・お知らせ

こんにちは、混声合唱団トニカです。

先日は鳥獣戯画の菊村先生レッスンがあり、初めて楽器奏者の方々をお迎えして練習しました。
フレーズのイメージが湧いたり、入りのタイミングの気をつけるポイントが分かったり、非常に貴重な機会でした。
皆ののびやかな表現が楽器の演奏と交わることで一層エネルギーを得ることができたように思えました。

コンクールの方では、九州大会のスケジュールが発表されております。
トニカは17:25頃演奏予定です。
演奏曲は県大会と同様、
課題曲 Ave Maria (Tomas Luis de Victoria 作曲 伝)
自由曲 いのちのうた (混声合唱組曲「いのちのうた」より) (横山智昭 作曲)
となっております。

熊本で多くの皆様にトニカの演奏をお届けできますことを大変嬉しく思います。
暖かく、アツい音楽を、お楽しみに!

-----------------------------------------------
第74回九州合唱コンクール大学職場一般部門
2019年9月15日(日)
熊本県立劇場 コンサートホール (熊本県熊本市)
9:50開会、10:00演奏開始
全日本合唱連盟九州支部のページに詳細があります
1




AutoPage最新お知らせ