定期演奏会、無事終演いたしました  日記・お知らせ

こんばんは、混声合唱団トニカです。
昨日の混声合唱団トニカ第31回定期演奏会にご来場くださいましてありがとうございました。

団員それぞれがエネルギーを存分に出し切った演奏をすることができました。
多くのお客様にトニカの挑戦を暖かく聴いていただき、大変感慨深く思います。
また、演奏会開催にあたりご協力くださいましたみなさまに感謝申し上げます。

トニカは月曜夜が練習日。
また今日から次のステージに向かって新しい曲の練習が始まっています。

いつかどこかでみなさまに再びトニカの演奏をお届けできますように。

ありがとうございました。
4


混声合唱団トニカ
第31回定期演奏会

2019.10.27 sun
FFGホール(旧福岡銀行本店大ホール)
開場13:15 開演14:00



T.コンクールステージ
指揮:稲永恵子
ピアノ:野中陽子

・混声合唱組曲「いのちのうた」より (詩:ごとう やすゆき/曲:横山智昭)
いのちのうた

・Ave Maria (曲:Tomás Luis de Victoria)

・混声合唱とピアノのための「光る道」(詩:桑名小弓/曲:尾形敏幸)


U.無伴奏混声合唱のための「三つの南九州民謡」(編曲:信長貴富)
指揮:福田晃大
・鹿児島おはら節(鹿児島県民謡)
・稗搗節(宮崎県民謡)
・牛深ハイヤ節(熊本県民謡)


V.Disneyステージ
「ディズニーのうた」「ディズニーのうたPART2」(編曲:青島広志)より
指揮:稲永恵子
ピアノ:野中陽子

・Alice In Wonderland (詩:Bob Hilliard/曲:Sammy Fain)

・So This Is Love (詩・曲:Mack David,Al Hoffman,And Jerry Livingston)

・It's A Small World (詩・曲:Richard M.Sherman And Robert B. Sherman)

・When You Wish Upon A Star (詩:Ned Washington/曲: Leigh Harline)


W.合唱のためのコンポジション第5番 鳥獣戯画 (曲:間宮芳生)
指揮:菊村隆史
コントラバス:森田良平
パーカッション(太鼓・鈴 その他):
越智亮太,永田和也


<アンコール>
・群青(詩:福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生(構成:小田美樹)/曲:小田美樹/編曲:信長貴富)

・You Raise Me Up(詩:Joseph Graham/曲:Rolf Loyland/編曲:山室紘一)

1

絵巻物鳥獣戯画を飛び出して  日記・お知らせ

こんにちは、混声合唱団トニカです。
本番前ギリギリの更新となってしまいましたが、今回で定演のステージ紹介は最終回となります。

第4ステージ、客演指揮に菊村隆史先生をお迎えしての合唱のためのコンポジション第5番「鳥獣戯画」(間宮芳生作曲)。
コントラバスと打楽器と声の織りなす、緊張感と躍動感。

民謡がモチーフになったフレーズはあるものの、歌詩は現代日本語ではなく、表現にも抽象的なものが多くあります。
4曲構成で、
I
何か儀式めいたものが行われるような男声合唱。
II
広々とした中に草木が風のままに生い茂り、その中をすこし遠くに見える生き物たち。
III
かわいらしくおどけた女声合唱から始まり、男女が交わり、ふざけあったり、色めきあうやりとり。
IV
ええじゃないかー!と歌い踊る!!
のようなイメージも解釈の一つです。

ソロでの歌唱が多いのもこの作品の特徴です。
歌唱、というというよりも掛け声、雄叫び、セリフのような節回しです。
練習を重ねるたびに、楽譜に書いてあるのではなく、曲の世界にほんとうに生きているものから発せられる音だったり声のようなリアリティが感じられるようになってきました。
そこに触発されてコーラスの反応も、みるみるうちに変化してきており、眉をひそめたり、驚いたり、ヒソヒソと話したり、自由に鳥獣戯画の世界を駆け回っているようです。

わたしたちが今日も嬉しくなったり、笑ったり、悔しがったり、寂しくなったりするように、鳥獣戯画の時代の世界もあったのだろうと、これからもそうであったらいいなあと思えるおおらかな表現を。

五線譜や小節線に収まらない、生の躍動を、福岡で!
みなさまのご来場をお待ちしております!
1




AutoPage最新お知らせ