2013/1/16

琴平神社  
クリックすると元のサイズで表示します
南国市十市の金毘羅さんの本殿です。

黒っぽい船体の鯨舟の手前には
明治時代に種崎の造船所で沢山建造されていた
丸型船型の洋式帆船の模型が奉納されています。

金毘羅は日本語には珍しい音感の言葉です。
もとはサンスクリット語でガンジス川の鰐
クンピーラが水や航海安全の神様になり
東南アジアを経由して黒潮に乗って
日本にやって来たそうです。
南に位置する金毘羅神社が歴史が古く
讃岐の金毘羅さんより 十市の金毘羅さんの方が
建立は古いのです。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ