2006/9/2

RIVER BOAT仁淀川の川舟大工  
高知県では四万十川が 有名なので川舟の調査も皆そちらに行きますが
口の悪い人は 四万十川は ”最後の清流” ではなくて
”清流の最後”だと 言っています。
高知市のすぐ西に流れる仁淀川は無名ですが、比較すれば
四万十川よりも 格段に きれいな川です。

この川で川舟を作っている 能勢昭夫さんと連絡が取れました。
越知町の役場 観光課で教えてもらいました。
今船を建造中で 数日で完成したら引き取られていくので
早く見に来い。との お話。
4日にお訪ねすることになりました。

仁淀川の川舟は 5枚作りで 川舟としては 珍しい船型をしています。
高知県の中央の川の船は 海の船と似た構造になっています。
復元力が大きく網の仕事などでも 安定して作業が出来るという
話です。
5枚作りの川船は 他にも ありますでしょうか。

歴民館の中村さんは以前 能勢さんにお会いしたことが
あるそうで まだ60代で お元気な方のようです。
その 中村さんから お問い合わせですが、
足摺岬の西 大月町の教育委員会が
” いさはも ”という名前の船の情報を求めています。
何か ご存知の方が ありましたら 教えてください。
私は 初めて聞く名称です。

River boat builder, Mr.Akio Nose.
He is building a boat in Ochi-chou.
It takes about one hour drive from Kochi city.
He is under 70 and healthy, working as a house carpenter and
boat builder.I will meet him on 4th September.
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ