2013/12/6

弘瀬和船  
クリックすると元のサイズで表示します
防舷材(高知ではセキ台と呼びます。)を分解しています。
りぐった(土佐弁で 選りすぐった という意味です。)材木を使って
上手な工作がなされていますが、重心位置が高くなりすぎています。
復原力が小さくなるという計算が出来なかったのでしょうか。

写真では分りにくいですが、船体外部に突き出た、
雨の当たる部分は木が腐っています。
セキ台は止めて、こべり にしようと思っています。
これで復原力が普通の舟になるでしょう。
2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ