2014/2/1

板をハグ  
クリックすると元のサイズで表示します
四万十川舟のカワラ板に三枚の杉板をハグ(接合)します。
生徒さんに説明するのに余り板でクギ穴を作ってみました。

写真の二枚の板を密着させてハギ(接合し)広い板を作ります。
頭の小さい船クギ(トオリクギ)を左の台形状のクギ穴から
打ち込んで、右の板にあらかじめ掘ってあるクギ穴に通します。

クギ穴の細工をする特殊な工具がツバノミです。
クギ穴を開けるために板に打ち込みます。
手で引っ張っても抜けなくなるので
大きなツバを叩いて板から引き抜きます。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ