2014/11/10

浦戸リーボード  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
浦戸の上り性能を向上させるために写真で立って持っている
リーボードを使ってみました。
和船にはセンターボードケースが無いので、
センターボードを風下船側に付けると
リーボードと呼び名が変わります。
風速4m位の北の風です。リーボード無しでは船首が風上に
向いていても横流れでアビームちょい上りを行ったり来たりですが
リーボードを風下船体のマスト真横に付けると、横流れが止まり
風上に向いて走りました。今日は手で持っての帆走でしたが
ロープを使って船側に固定する方法を考えましょう。

上れる自信が付いたので湾内の広い方に出て行きました。
後半 白波がチラホラ風上に見えるくらい風が上がってきて
アビームで航路を横切って帰港するときには5ノットくらいまで
スピードが上がり、快走しました。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ