2014/11/17

艪漕ぎでバック  
クリックすると元のサイズで表示します
釣査船うらどと檜艪に三島式艪受けを取り付け艪で
後進をする練習をしています。
艪脚が水を切る角度を前進の時と90度変えてやると
艪脚を押す水の力が前から後ろに変わります。
艪が後ろ向きの推進力を出すと、艪杭から外れてしまいますが、
三島式は外れないようになっているのでバックが出来ます。
早緒が役に立たないので握っている位置の高さも
手で保持しないといけないので、ちょっと難しいです。

写真は係留した状態で練習しています。岸壁からのロープが
ピンと張られて後進の力が出ているのが分かります。
時々間違えると舟が進んで舳先が岸壁にあたります。
港の出入りやスピードを落としたい時には便利です。

他にリーボードを固定する紐と金具を付けました。
セールの取り外しを簡単にするのにブームエンドの金具を
取り替えました。
パドルにボートフックの金具を付けました。

1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ